有酸素運動と筋トレ順番方法!脂肪燃焼と時間とバランス


有酸素運動と筋トレの順番には脂肪燃焼

にっかる時間とバランスが深く関係して

います。

 

最も良い効果的な方法とは・・・・

スポンサードリンク

 

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動

 

ダイエットをする場合には必ず目にする

言葉ですが、身体に溜まった脂肪を

落とすためにはどうしても食事など

だけでは十分な効果を得る事が

できません。

 

 

より効果的に脂肪を燃焼させるために

必要なことには運動があります。

この運動こそが脂肪を燃焼させるために

必要な運動であり、有酸素運動を

することが脂肪燃焼に繋がります。

 

 

有酸素運動はダイエット方法の中の

一つですが、有酸素運動こそが脂肪を

燃やし、太らない体質を手助けする方法です。

 

 

そして有酸素運動には、ウォーキングや

水泳、ヨガといった運動がありますが、

どの有酸素運動をするにも効果を出す為

の時間は20分以上する必要があります。

 

 

「ウォーキングダイエットの正しい

運動方法と効果は」

http://diet-marurun.com/wokingu-876

 

「水泳ダイエットで得られる効果的な

メニューと成功の秘訣」

http://diet-marurun.com/suiei-syokuji-237

 

「ジョギングダイエットを効果的に

する方法と食事」

http://diet-marurun.com/jyogingudaietto-kouka-126

 

 

こういった有酸素運動は20分以上の

時間を継続して初めて効果が現れます。

 

 

ですが有酸素運動をするにしても

かなり時間を要することもあり身体に

溜まった脂肪を燃やすには中々大変

だったりもします。

 

 

そこにもう一つ必要な事が

筋トレなのです。

 

 

筋トレの必要性とは

 

有酸素運動に筋トレを組み合わせる

ことでさらに脂肪を燃焼させることが

より効果的になります。

 

 

筋トレが脂肪を燃やすために必要な

理由には、脂肪を燃やす手助けを

効率アップさせるからなのです。

 

 

じつは筋トレそのものには脂肪を燃焼

させる効果はありません。

 

 

着目すべき点は筋トレをすることで

起こる身体への変化が重要なポイントに

なってきます。

 

 

まず筋トレをする目的は筋肉との

関係性があり、筋肉をつけることで

身体の代謝が上がるようになります。

 

 

代謝が上がると言う事は、脂肪が燃焼

しやすい身体になるということです。

 

 

また筋トレ効果によって代謝が

上がりやすくなることで太りにくい

体質にも変化していきます。

 

 

ただ疑問に思う人もいるかもしれませんが

筋肉がつなかければ脂肪が燃えやすく

ならないのか?!

 

 

そんなことはありません。

筋トレを行っている最中であっても

筋トレを行った直後の状態は代謝が

上がった状態のために、脂肪はしっかりと

燃焼されています。

 

 

また筋トレを行った事で代謝が上がった

状態はその時だけでなく、筋トレ後の

48時間程度は持続されます。

 

 

これは筋トレを行った事で脂肪を分解

してくれるホルモンが関係している

ことがわかっています。

 

 

筋トレをすることで身体からは

アドレナリンが分泌されます。

このアドレナリンが脂肪を分解して

くれるのです。

 

 

そしてさらにその後に成長ホルモンが

脳の下垂体から分泌されることで

脂肪を分解するのです。

 

 

 

つまり有酸素運動と筋トレの関係性は

筋トレ=脂肪を分解し代謝を上げる

有酸素運動=脂肪を燃焼

筋トレをする理由には、この組み合わせが

より脂肪燃焼に効果的になるからなのです。

 

 

 

有酸素運動と筋トレの順番は

 

有酸素運動と筋トレのそれぞれの役割が

わかったところで、この二つの効果を

最大限に発揮するためには、どうすれば

よいのか!?

 

 

ダイエット目的で効率的に脂肪を燃焼

させるためには、筋トレ後に有酸素

運動を行う事が最も効果的だと

いえます。

 

 

筋トレをすることで脂肪を分解する酵素

ノルアドレナリンが分泌されます。

脂肪が分解された後に有酸素運動を

行えば分解された脂肪が燃焼

されていきます。

 

 

また筋トレ直後の有酸素運動も

効果的ですが、筋トレ後の2時間~3時間

後の時間も有酸素運動が効果的になる

時間帯です。

 

 

筋トレをする事によるアドレナリンの

分泌以外にも成長ホルモンが分泌されます。

 

 

この2~3時間後の時間帯こそが

成長ホルモンが分泌される時間のために

この時間で有酸素運動をすると

脂肪が燃焼されやすくなります。

 

 

有酸素運動を効果的にするには・・・

筋トレ直後と2時間~3時間後の有酸素運動がおすすめ

 

筋トレでの注意点

 

ダイエットを目的に筋トレをする場合に

気をつけなければならない事には

おそらく運動不足の人が多いかも

しれません。

 

 

つまり急に筋トレなどの激しい運動を

行う事で身体へのダメージが心配に

なってきます。

 

 

無理な筋トレなどの激しい運動を

行う事で怪我や事故といったアクシデントに

みまわれることにもならないように

始める時には、十分なストレッチを

行い、始めから多くの筋トレを行う

のではなく徐々に少しずつ身体に

負荷をかけていくようにしましょう。
スポンサードリンク

 

また無理な筋トレをすることで、

自分自身を追い込むことでダイエットが

継続できなくなる恐れもあります。

 

 

ストレスを感じない程度から始める

ようにしてください。

 

 

 

ストレッチの重要性

 

ストレッチをすることで怪我の予防などに

効果がありますが、筋トレの前に

ストレッチを行う事は、筋トレの効果が

損なわれる場合もあるとも言われています。

 

 

これはストレッチには大きく2つの種類の

ストレッチがあります。

 

 

それがダイナミックストレッチ

スタティックストレッチです。

 

 

普段私たちが運動の前にストレッチを

行う場合はこのスタティックストレッチ

ゆっくりと時間をかけて筋肉を伸ばしたり

しています。

 

 

じつはこのストレッチをおこなうと、

筋肉を長く伸ばし続けることで

筋肉の就職速度が遅くなることから

筋トレを行うとうまく効果が得られない

ことがあります。

 

 

筋トレ前に行うのであれば、

ダイナミックストレッチを行うと良いです。

ダイナミックストレッチの方法がこちら!

 

 

そして運動後に行うストレッチに必要な

ことがスタティックストレッチです。

 

 

このスタティックストレッチの目的は

筋トレをおこなった事で硬くなった

筋肉をほぐす役割があります。

 

 

スタティックストレッチの方法がこちら!

ストレッチの効果は運動前後で

それぞれの役割がありますが、最も

大切なことはダイエットを継続する

ためには怪我をしない事です。

 

 

まとめ

 

有酸素運動をより効果的にするために

必要な脂肪燃焼方法は、筋トレをうまく

取り入れることで効果は変わってきます。

 

 

有酸素運動を効果的にする時間や

順番などの方法を知っていれば

より効率良いダイエットに繋がるでしょう。

 

 

そして同時に食事管理をするのであれば

バランスの良い食事を摂る事も重要な

一つです。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

 

また脂肪燃焼を手伝ってくれる飲み物や

ダイエットする上での水分の取り方でも

効果は変わります。

 

 

「ダイエットで脂肪燃焼させる水分の

飲み方と効果」

http://diet-marurun.com/sibounennsyou-suibun-801

 

 

「脂肪燃焼に効果的なお茶に必要な事!

効能の違い!」

http://diet-marurun.com/sibounensyou-742

 

 

是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。