痩せる生活習慣を身につけるリズム法で明日がかわる


ダイエットを実践した人にとって、必ずといっていいほどに

リバウンドを体験したという声が多いんです。

 

その一方で、特に気をつけずにいる人が痩せている・・・・

これは生活習慣の違いと生活リズムが関係しているんです!

スポンサードリンク

 

生活リズムが痩せない身体を作っている

ダイエットに毎日励んでいる人にとって、意外な落とし穴に

なるかもしれないことが、この生活リズムなんです。

 

 

 

 

ダイエットを始まる時に、まずすぐに目に飛び込んで

来る事といえば、どんなダイエットを試そうか・・・・・

 

 

 

自己選択から自分にあったダイエット法を探す

人も多いと思うんですが、実はこれは大きな

間違いの可能性があるんです。

 

 

 

 

世の中になぜ痩せている人と太っている人が

存在するのか!!

 

 

 

 

もちろん、痩せやすい体質、太りやすい体質は

あると思うんですが、多くの痩せないと感じている

人にとっては、日々の生活のリズムが知らず知らずと

乱れている可能性があるかもしれないんです。

 

 

 

 

まずダイエットを始める前に、自分自身の生活の

リズムを見直す事も必要ではないかと思うんです。

 

 

 

 

まずダイエットで大切なことは基礎代謝を上げる

ことではあるんですが、生活のリズムが乱れていると

この基礎代謝自体も大きく乱れるために、思ったような

いい結果が中々出ないんです。

 

 

 

 

それは日々の基礎代謝量にバラつきが起こる

ことが痩せない原因になっているんです。

 

 

 

 

そしてこの乱れを直す方法がこんな方法なんです!!

 

 

 

 

体内時計が原因

人は一日の周期でリズムを刻む体内時計が

備わっているんですが、これは意識的にするものでは

なく自然と当たり前にしていることなんです。

 

 

 

 

日中は心と身体が活動状態に入り、夜を迎えると

自然と休息状態になって行く。

 

 

 

 

体内時計にはこんな自然な働きがあるんですが、

これが乱れているとダイエットにも影響が出てくるんです。

 

 

 

 

これは日々の生活の仕方で、消費するエネルギーに

バラつきが起こり、その結果、睡眠時間の偏りや、

朝食を抜くといったことをしていると、肌荒れや便秘と

いったことまで起こってくるんです。

 

 

 

 

これが不規則な生活リズムを作っている大きな

原因になってくるんです。

 

 

 

 

その結果、身体が疲れやすいと感じたり、太りやすい

身体に繋がって行くんです。

 

 

 

 

体内時計をリセットし改善する

 

体内時計の乱れがダイエットには悪影響であることが

わかったと思うんですが、まずこの体内時計を一度

リセットして正しい生活リズムに戻す必要があるんです。

 

 

 

体内時計をリセットするために必要な事4つ!!

 

 

1 起きる時間を毎日同じにする

 

仕事をしている平日であれば、これも十分にできる

ことではあるんですが、休日の日はどうしても

ゆっくりと布団の中で寝ていたいと思いますよね。

 

 

 

 

こういった時は、平日との起床時間を2時間までに

抑えて起きるようにしましょう。

 

 

 

2 朝起きたら必ず太陽を浴びる

 

これは、人の体に備わる体内時計が関係しており、

光を浴びることで、体内時計がリセットされ、活動を

促進させる効果があるんです。

 

 

 

 

3 朝食は毎日食べる

 

これは体内時計とも深くかかわりがあり、光を

浴びる事と同時に、朝食を摂る事で、脳への

刺激が伝達され、目覚めやすい身体に変わって

行くんです。

 

 

 

4 夜はなるべく光をあびないようにする

 

これはテレビの明かりにも同じことが言えるんですが、

これはメラトニンという物質が関係していて、

夜になるとこのメラトニン、つまり眠りを促すホルモンが

分泌されるんですが、光を浴びることで、分泌する量が

低下し眠りを妨げる原因になるんです。

 

 

 

 

こういったことで体内時計をリセットすることができ、

ダイエットをするための準備がようやく整うわけなんです。

 

 

 

 

そしてここからがさらに気をつけなければならない

事として、痩せるための生活習慣を考えていく

必要があるんです。

 

 

 

 

痩せる生活習慣とは

 

1 一日3食を食べる

 

 

生活リズムを整えるためにも、必ず一日3食の

食事は必ず摂るようにしないといけないんです。

 

なかでも、重要な事としては、食べるタイミング

なんです。

 

 

 

 

仕事上、不規則な生活を強いられる人にとっては、

中々難しいものかもしれないんですが、ここで言う

タイミングと言うのは、朝、昼、夕の食べる量を

考えるということなんです。

 

 

 

 

多くの人はまず朝食を抜く人がほとんどだと

思うんです。

そして、昼、夕食をがっつりと食べる人の

パターンが多いはずなんですが、まず肝心な

事としては、朝食は必ず摂る事!!

 

 

 

そして昼に関しては、しっかりと食べてもらっても

問題はありません。

ただ、食事のバランスだけは考える必要がありますが!

 

 

 

そして夕食については、食べる量を抑えなければ

ならないんです。

仕事が終わってお腹がすくのもわかるんですが、

ここで一気に食べてしまうと逆効果になって

しまうんです。

 

 

 

 

基本夜の時間と言うのは、日中に比べると

大きく動く時間が減るために、エネルギーの

消費自体は少なくて済むんです。

 

 

 

ここに大きなカロリーが上乗せされれば当然、

体内に蓄積させる原因になってしまいますよね。
スポンサードリンク

 

 

そのため、夕食は、一番食事の量を控えることが

望ましいですね。

 

 

 

 

また、寝る前の2時間前までに夕食を済ませて

おく事をおすすめします。

 

 

 

 

これは、胃や腸が活動してしまうために、

夜中に目が覚めることになったり、睡眠自体の

質の低下を招く事に繋がるために、控えた方が

良いですね。

 

 

 

 

2 水分を摂る

 

ダイエットをする上で、意外と水分不足の人が

多いのも現状としてあるんです。

 

 

 

 

水分を摂るということは、同時に代謝を促進

させる働きがあると同時に、身体に残っている

老廃物を体外へ排出してくれる働きがあるために

水分はしっかりと摂る必要があるんです。

 

 

 

1日に1.5リットルから2リットルほどを飲むように

すると理想だと言われています。

 

 

 

3 睡眠をしっかりととる

 

体内時計によって、夜になると自然と身体は休息

状態になって行くんですが、これはメラトニンの物質が

分泌され始めることが原因なんです。

 

 

 

 

メラトニンはおよそ、22時以降から2時くらいまでの

時間に多く分泌するため、この時間を目安に寝るのが

よいですね。

 

 

 

ただ、眠くなったと感じる時が睡眠に適している

ため、あまりこだわり過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

4 運動をする

 

一番よいのは、ウォーキングなんですが、仕事の合間に

は、中々難しいと思うんです。

 

 

 

そういった人のためには、普段の生活の中で取り入れる

という事をすることがよいですね。

 

 

 

普段から歩く事をあまりしない人にとっては、

少しでも歩く事を心がけ、エレベーターを使わず、

階段を使用する。

 

 

 

 

なにかしら意識して運動する機会を作ることが

生活習慣を変えることに繋がり、ダイエットにも

繋がっていきますね。

 

 

 

 

まとめ

 

ダイエットをしていても痩せないどころか太って

しまったと感じる人も多いと思うんですが、まずは

ダイエットをする前に、もう一度日々の生活習慣や

生活リズムの見直しをしてみるのもいいと思います。

 

 

 

 

意外に気づかなかった事や、生活習慣やリズムを

改善しただけで痩せたという人も実は意外と

いるものなんです。

 

 

 

 

是非一度見直してみては、どうでしょうか!!

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。