痩せるプロテイン知識!痩せない女性がダイエットから脱出【筋トレと置き換えの法則】


プロテインがダイエットのよいということは聞いたことがあると思います。プロテインは上手に摂り入れることで女性にも大きな効果として痩せないことはなくなります。運動をしなければならない。

また筋トレなどハードな運動や置き換えダイエットなどあらゆる制限を強いられるのが苦痛に感じるかもしれません。そこでプロテインです!!よくあるイメージにプロテインが太るというイメージがありますが、これは太るためのものではなく求めているスタイルを作り出すための方法をしれば変わるはずです!!

 

具体的は飲み方などの方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

プロテインが痩せる!痩せない!の真相

プロテインをダイエットに活用している女性がいると思いますが、こうした理由にダイエットの良いからということから痩せると言われていることからプロテインを飲んでいると思います。

また現在、プロテインでダイエットをしてみようかなと考えている人もいると思いますが、そもそもプロテインを飲むことで痩せるのか、痩せないのかとどちらが正しい情報なのかというと・・・

 

プロテインを飲んでも痩せないとだけ言っておきます。ではなぜプロテインダイエットという言葉があるのに痩せないのか?またダイエットにならないのかというとその理由には3つの原因があるからです。

 

プロテインは言葉通りタンパク質である

プロテインはそもそも英語ですが、これを日本語で表すとタンパク質になります。タンパク質は栄養として考えた時に、三大栄養素の一つになります。つまり、普段の食事の中から摂っているタンパク質をプロテインを使って飲むだけになるため、タンパク質をプロテインとして飲んだからといって痩せるわけではないのです。

 

タンパク質の働き知ると・・・

タンパク質をプロテインとして摂ることがダイエットに良いことや痩せると言われていることには、ちゃんとした理由があります。そもそも私たちのカラダは年齢を重ねていくことでカラダの組織が老化することで基礎代謝が低下したり、筋肉量が減ったりします。

 

これが結果的に太ることになるわけですが、これはそもそもタンパク質が不足していることで太っていることもあるのです。このタンパク質不足によって起こることは・・

 

  • 体力の低下
  • 免疫力の低下
  • 肌荒れを起こす
  • 抜け毛が起こる
  • 疲れがとれにくくなる

 

といたことが起こります。そして基礎代謝と筋肉量は比例するために、筋肉量が少ない人は太りやすいというのは正しいことなのです。これがいくら制限したり、ダイエットをしてもすぐにリバウンドをする原因です。

そこでプロテインをつかってダイエットをしようとするわけですが、プロテインを飲むことで痩せることができるのは間違いです。これはただプロテインを飲むだけでは筋肉を維持することができても筋肉量を増やすことにはならないからです。

 

基礎代謝を上げるためには、運動をすることをセットとすることで初めて基礎代謝を上げることができるのです。そのためにプロテインを飲んだところで痩せないのはこのためなのです。

 

基礎代謝を上げれば、普段私たちが毎日をおくる生活の中でも自然と消費できるエネルギーが増えます。つまり、今まで以上に消費できるカロリー量が上がるために痩せやすくなるのです。

 

痩せるためには

ダイエットをして痩せていくためには、プロテイン以外にも考えることがあります。それが糖質の摂り方です。太る原因としてお馴染みの糖質は、男性、女性でも1日に摂る量が違います。

 

そして糖質の摂取量の基準は総エネルギー量の50%~65%が糖質の基準になります。ただダイエット目的やダイエット中であれば1日の糖質摂取量に対して制限する量が決められています。

 

1日の糖質摂取量の目安=体重(Kg)×1g以内

 

これをダイエット中に目安として考えることになります。

 

プロテインを飲むことでのメリットを知っておこう

プロテインの飲み方は各商品に記載されているやり方で問題ありません。牛乳に溶かして飲む方法や水に溶かして飲む方法などがありますが、そうすることで1日に必要なタンパク質を摂ることができます。

 

そして1日に摂らなければならないタンパク質量が成人の場合・・・

 

  • 女性 1日に40g以上

 

と決められています。これは、厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)で定められている内容になりますが、年齢や体質によっても前後するもので、これにダイエットとして考えると1日以下量を摂ることになります。

ダイエットとしてタンパク質を摂るなら・・・・

 

1日のタンパク質摂取量の目安=体重(Kg)×1g~1.5g

 

そこでタンパク質を摂る時に、おすすめなのがプロテインです。このプロテインで摂る理由には、普段の食事からタンパク質を摂ることになると、1日の必要量を摂ろうとするとかなりの量を食べなければならなくなります。

 

つまりタンパク質だけを摂ることができないため、結果的にカロリーを摂りすぎてしまうことになるのです。これがいわゆる太る原因であったり、リバウンドに繋がる可能性を作り出す原因でもあるのです。

 

プロテインには、糖質やカロリーを抑えることができ、なおかつ手軽に摂ることができます。タンパク質が不足することでのカラダへの影響を上で説明しているとおり、不足させない事も大切なことなのです。

またプロテインを飲むメリットには、カラダへの吸収が速く、筋肉をつけるための栄養のバランスに優れているところです。

 

筋肉をつけやすい

プロテインを飲んだところで基礎代謝が上がるわけでもなければ痩せることができるわけでもないと説明してきました。プロテインを飲むことで効果を高めるためには運動が必要になってきます。

 

特に効果的なのが筋トレをすることです。筋トレをすることでこれまでの筋肉が壊されていくと、壊れてしまった筋肉を修復するために筋肉そのものが大きくなります。そうすると筋肉がつきやすくなるのです。

 

もしここでプロテインを飲んでいないと、筋肉への修復や必要なタンパク質が不足しプロテインを飲んでいる人との差を見ると筋トレする前にプロテインを摂っているとスムーズに働いてくれるようになります。

 

プロテインを有効利用するための方法

ダイエットの場合にいかに痩せることができるかはプロテインも大きく関係していることがわかると思います。筋トレをしたことによってダメージを受けた筋肉を回復させるためにはタンパク質は不可欠になります。

またタンパク質そのものが不足していれば、筋トレ後の筋肉の回復も追いつかず、これを知らずに筋トレをすることで筋肉を分解させてしまうこともあります。そうならないためにもプロテインを摂り基礎代謝の維持をするとともに向上させるために摂るようにしてください。

 

そこでプロテインの効果を上手に使うための方法を紹介します。

 

週に2回以上筋トレをすること

筋トレなどを運動を最低でも週に2回。またはそれ以上の運動をすることが必要になります。基礎代謝を上げるためには筋トレをし基礎代謝を上げることです。そのため筋トレを必ずするようにしてください。

腕立てやスクワットなどの筋トレをするようにしてみてください。初心者でも簡単にできる入門編はこちらの動画がおすすめです。

1日にタンパク質を決められた量を摂る

1日に必要なタンパク質を摂ることです。ただタンパク質を食事から1日分を摂ろうとするとかなりカロリーが高くなってしまうため、上手にプロテインから摂るようにしてください。

 

1日のタンパク質摂取量の目安=体重(Kg)×1g~1.5g

 

これを目安に摂るようにしてください。

体重40Kg 40g~60g
体重50Kg 50g~75g
体重55kg 55g~82g

プロテインをうまく使って摂るようにしましょう。

 

糖質を1日必要分以内に抑える

ダイエット中であれば、糖質を制限することも大切なことです。糖質を摂りすぎることもリバウンドや太る原因になるため、できる限りは1日の摂取目安量に対して少ない量に抑えることが大切です。

 

1日の糖質摂取量の目安=体重(Kg)×1g以内

 

この摂取量を目安に糖質をうまくコントロールし抑えるようにします。

 

プロテインダイエット!置き換えは正しいの?痩せない理由

プロテインを使ったダイエットの代表的なものがプロテインダイエットだと思います。このプロテインダイエットの特徴は1日の3食の内のどれかを置き換えることで摂取カロリーを抑えるだけでなく、不足しやすいタンパク質をプロテインを飲むことで補うダイエットです。

 

ただやはり誤解をしている人がいる中で、どうしてもプロテインを飲んだから痩せるという意識をもっている人も少なくありません。しかし、これまでにもお伝えしてきたといおりプロテインを取り入れただけでは痩せることはできないのです。

 

必ずプロテインを補ったら、基礎代謝を上げるための運動を必ず加えることをしなければプロテインダイエットの成功にはなりません。痩せないどころか太ってしまう理由にはプロテインを飲むだけに終わっている人はこうした痩せない現実が起こるのです。

 

プロテインはどう選べばいいの?

プロテインをノ飲んでダイエットをこれから始めてみようと考えている人もいるはずです。そんな女性にとって、どのプロテインが良いのかを考えることも大切なことです。しかもプロテイン商品はかなりのメーカーからも販売されていて悩むことにもなります。

 

値段と相談

プロテインを飲みながらダイエットを続けていくためには、価格も大切な要素の一つです。いくら評判がよいプロテインであっても価格が高過ぎたり、先々のことを考えた時に出費に悩むことになります。

そこで財布と相談しながら決めることになります。プロテインでダイエットをする時に飲み続けることになります。数か月から半年とまとまった期間飲むことになるため価格は続けやすい値段を選択するようにしてください。
スポンサードリンク

 

味も大切

プロテインには、様々な味がラインナップされています。ダイエットにおいて続けれるかどうかも、プロテインの味によっても決まってくるといって良いでしょう。そこで自分自身が続けていける味や商品の味のバリエーションが豊富なものを選ぶとよいです。

 

もっとも大切なタンパク質の含有量!

価格や味もプロテインを摂るためには必要なことですが、その中でも特に大切なのが、プロテインに含まれている含有量です。含有量が多く含まれていればいるほどタンパク質をしっかりと摂ることができます。

しかし、タンパク質の含有量が多いということは同時にタンパク質を効率よく摂ることができる以外にデメリットにもなることがります。それが・・・

 

  • 値段が高くなっていく

 

ということです。これは仕方のないことですが含有量が多いければそれだけしっかりとカラダに摂りれることができます。そして逆に含有量が少ないものを選べば値段も安くなりますが、タンパク質は効率的に摂ることが難しくなるということです。

 

できる限りは値段とタンパク質の含有量が自分自身の値段設定のバランスの摂れたプロテインを選ぶようにしてください。

 

プロテインを効率よく吸収させる時間帯を考える

プロテインにもいつ飲んで、効率よく効果を発揮させるかも大切なことです。プロテインを飲むことで基礎代謝を上げ、筋肉量を維持しながら向上へと持っていくために良い時間帯を考えて飲むことです。

 

朝に飲む

夜寝て朝に起きるまでの時間帯というのは食事を摂っていない状態から栄養が摂れていない状態にあります。この状態でいると軽い飢餓状態にもなっているため、基礎代謝が低い人にとっては筋肉が分解されていてもおかしくはありません。

 

そこで朝起きた時にプロテインを飲むことで不足するタンパク質を補うことで筋肉の分解を防ごうということです。

 

筋トレの1~2時間前に摂る

筋トレ前にプロテインを摂ることもおすすめです。筋トレをすることによってえけるぎーを消費していきますが、これはカラダに負荷をかけることで起こることです。ところがこの負荷に耐えるためのエネルギー源が不足しているとどうなるのか想像がつくと思います。

 

カラダに筋トレをするだけの負荷をかけることができなくなるとエネルギー源が不足した状態です。すると不足するエネルギー源を補おうとするために筋肉に含まれているタンパク質を分解してエネルギーとして使うようになります。

 

これが基礎代謝を低下させる原因です。基礎代謝を維持するためにはタンパク質が不可欠なはずなのに、エネルギーが不足しているために筋肉を分解してエネルギーを確保しようとするわけですから・・・・・。

 

こうした筋肉からタンパク質を分解してエネルギー源にしないためにも、筋トレをする前の段階で予めプロテインを摂っておくことで不足なく筋トレ効果を得ることができるのです。

ただ、筋トレ前に卵などのタンパク源を摂っているのであればわざわざ筋トレ前にプロテインを摂る必要はありません。

 

寝る前に摂る

筋肉を作っていくためには、筋トレをすることからその後に筋肉を成長させなければなりません。そのために必要なことは睡眠をとることにあります。ただ当たり前のことですが睡眠中にタンパク質をとることができないため寝る前に予めプロテインを飲んでおくことが筋肉を成長させてくれます

 

これまでにもあるように朝、筋トレ前、筋トレ後、寝る前のどこかでプロテインを飲むようにすることで筋肉を成長させ基礎代謝を維持し向上させることができるようになります。

そうすることでリバウンドへの心配をはじめ、痩せにくかったカラダから痩せやすいカラダへ変えることができるようになります。

 

プロテインと食事のバランスの摂り方

まずプロテインをダイエットに摂りれる時に気をつけたいことがあります。それは極端な制限をする置き換えダイエットはしないことです。こうした極端な制限をした場合にプロテインを摂り入れようが摂りれまいが体重は落ちます。

 

ただ体重が落ちるだけです。そしてリバウンドに繋がるという負の連鎖になりかねません。そこで大切なことは、食事はあくまでもバランスを意識して摂ることです。バランスの摂れた食事を心がけて普段の食事に不足する栄養(タンパク質、ビタミン、ミネラル)などを補うことです。

 

このバランスが重要で、ここからダイエットを始めなければなりません。確かに制限をすることは大切なことです。そのため食事量を無理のない範囲で量を減らしながらプロテインで不足する栄養だけを補うということです。

 

主食、主菜、副菜、汁物などのバランスを摂るようにしてください。

 

プロテインダイエットにザバスはおすすめ

プロテインを使ってダイエットをするときに、どんなプロテインを使うのかに悩むことになります。まずプロテインには動物性のホエイプロテインと植物性のソイプロテインがあります。

この2つはそれぞれ特徴が違うものですが、簡単にいってしまうと・・・・

 

ホエイプロテイン
  • 筋肉の合成に役立つアミノ酸BCAAが含まれている
  • 吸収が早く筋肉を大きくしたい人向け
ソイプロテイン
  • 中性脂肪を下げる働きがある
  • 体重を増やさずに必要な筋肉をつけたい人向け(カラダを引き締めたい)

 

こういった違いから考えるとソイプロテインを飲んでダイエットをすることがおすすめですね!!ソイプロテインは大豆からできているプロテインのため大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

そしてソイプロテインは消化吸収が遅いのが特徴にあるため、ダイエット中に悩む空腹感に対して、満腹感が持続しやすいことからもダイエットに向いたプロテインと言えます。

ただソイプロテインの特徴にもある吸収が遅いということを考えると、筋トレ後の摂取には向いていないといえるでしょう。筋トレの1~2時間前に摂ることがおすすめです。そしてソイプロテインと反対なのがホエイプロテインです。

 

これは動物性タンパク質のため、個売る知的に期肉量を増やしたり維持するといったところに優れています。つまり、日常的に運動をしている人であれば、代謝アップさせる効果も高くなるということです。

またプロテインダイエットで必ず運動をすると決めているのであればおすすめです。

 

プロテインで痩せた口コミ

 

 

 

 

 

 

まとめ

痩せるためにプロテインを摂ることは決して飲めば痩せるということではないことがわかると思います。多くの失敗に終わるプロテインダイエットの実態は、運動を摂り入れたのかどうかによって変わっていくと言うことです。

 

またタンパク質を摂るだけでなく、糖質についてもしっかりと1日に必要な糖質量以下に抑えることもダイエットの大きなポイントになります。糖質制限とプロテインをうまく合わせて行う事がプロテインダイエットを成功させる秘訣と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。