痩せる飲み物でダイエット!脂肪燃焼ドリンクと作り方


ダイエットで痩せるためには人苦労が待っていると思うことは多いと思います。できれば無理なく簡単に痩せることができればこれ以上のない幸せです。そこで飲むだけで痩せることができる飲み物を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

飲み物だけでダイエットができるの?

飲み物だけで本当に痩せることができるの?と思っている人も少なくないでしょう。しかし、飲み物だけでダイエットは十分にできることです。しかもダイエットの場合には、ダイエットを始めようと考えてそこからダイエットが始まります。

 

つまり、ダイエットを始めてみても、成果として痩せることができるまでにそれなりに時間がかかってしまうということです。これもダイエットが長続きしなくなる理由かもしれませんが、飲み物を飲むダイエットの大きなメリットは食事制限をすることになります。

 

これはダイエット効果としてはかなり高く、しかしダイエットを失敗に終わらせる確率もたかくなってしまうダイエットです。また食事を制限する以外にも飲み物の種類には腸内環境を整える飲み物。

お腹に満足感を与えてくれるような飲み物もあります。つまり飲み物でダイエットをする場合には、こうした飲み物の特徴をうまく利用することでダイエットに繋げることができるのです。

 

コーヒー(ブラック)

コーヒー好きな人も多い一方でブラックコーヒーが苦手という人もいますが、ダイエットをするならブラックコーヒーがおすすめな理由があります。それが・・・

 

  • カフェイン
  • クロロゲン酸
  • 利尿作用

 

この3つがブラックコーヒーを飲むことでのダイエット効果につながります。カフェインの働きには、消化酵素の働きを活発にする働きがあります。これは脂肪を分解する役割になるもので、脂肪分解するためにはよく有酸素運動などを一定の時間行うことで燃焼されるイメージがあります。

 

これはこれは脂肪がリパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されるまでにかかる時間があって脂肪燃焼に繋がるのです。そして代謝を上げて消費エネルギーを多くすることでダイエット効果が生まれます。

 

またブラックコーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。このクロロゲン酸はコーヒーポリフェノールとも呼ばれていて抗酸化作用によって酵素によるダメージを守ってくれることで老化を防ぐことができます。

 

また脂肪の蓄積を抑える働きもあるので、肝臓に脂肪肝を予防することもできます。こうしたダイエット効果を高めるためにはブラックコーヒーを飲むポイントがあります。それが・・・

 

  • 入浴・運動の前の30分~1時間前に飲む
  • 3~4時間おきに飲む
  • 浅煎りコーヒーを選ぶ

 

この3つが重要になります。カフェインには効果が持続する時間があるために必ず3~4時間置きに飲むことが必要ですし、クロロゲン酸の働きを上手に利用するためにも浅煎りのブラックコーヒーで飲んでください。こんなダイエットもおすすめです。

「バターコーヒーダイエット効果!痩せた作り方が簡単すぎる!」

http://diet-marurun.com/bata-ko-hi-1557

 

ダイエットにいいお茶に緑茶!!

緑茶といえば最初にイメージするのはカテキンがイメージしやすいかもしれません。特にダイエットとなると尚更カテキンのよる効果も気になると思います。このカテキンによるダイエット効果の一つに脂肪の吸収を抑えることにあります。

 

カテキンと緑茶から摂ることで脂肪の吸収が抑えられるようになると、カラダは必要のない余分な脂肪をカラダの外に排出してくれるためにダイエット効果になります。またカテキンには脂肪を分解する働きもあるので運動を合わせることでより効果を高めることができます。

 

運動を摂りれてカテキンを飲むのであれば運動前に1杯の緑茶を飲む。そして運動後に2杯程度の緑茶を飲むことで代謝も上がりやすくなります。そして普段の食事で緑茶を飲むのであれば・・・

 

  • 食事の前や食後に飲む

 

そうすることで脂肪の吸収をおさせることができます。

 

ミネラルウォーター

 

ダイエット中に水は重要な飲み物です。ダイエットをしている最中に水分が摂れていないことは意外と多かったりします。特にミネラルウォーターをダイエットに利用するメリットはたくさんあります。

 

  • エネルギー消費の働きをサポートする
  • 胃腸の刺激になり便秘の解消になる
  • 老廃物を排出させてくれる

 

こうした働きは、水を飲むことでもできることですが、ミネラルウォーターを飲む方がより効果を高めることができます。こうしたダイエットはカラダの水分を補給することが欠かせないわけです。

しかし、ダイエット中に水分が不足すれば、血液の流れも悪くなり代謝が悪い状態になります。これがいくら頑張っても痩せなくなる理由の人うでもあります。血液がドロドロの状態では痩せる事は難しくなります。

 

ミネラルウォーターを飲むことで3つの働きをサポートし、さらにミネラルを摂ることができることで、普段食べている食事もエネルギーに変えやすくすることができダイエット効果になります。

ミネラルウォーターを飲む時のポイントは・・・

 

  • こまめに少しずつ飲む
  • 温めて飲む
  • 食事中はあまり飲み過ぎない

 

オレンジジュース(100%)

オレンジジュースを飲むことでのダイエット効果は、代謝を上げる機能を高めることにあります。ただ気をつけたいのが、オレンジジュース100%はカロリーも高く、糖分と炭水化物が多く含まれていることです。

 

ただ一方でダイエットにも関係してくる食物繊維やプロテインも多く含まれているのも事実です。またオレンジの果糖が空腹感を満たしてくれもします。しかし、カロリーや都分は高い。

そこでオレンジジュースで痩せるためには毎朝コップ1杯に留めておくことです。またオレンジジュースには女性にとっては嬉しい効果もあります。それがシミやそばかす、色素沈着といった原因になるメラニンの生成を抑えてくれることです。

 

またそれ以外にも・・・

 

  • 皮脂の分泌を抑える
  • メラニンの生成を抑える
  • 抗酸化作用がある
  • コラーゲンの生成を助ける

 

といったビタミンCによる効果も期待することができます。

 

トマトジュース

トマトはダイエットや美容によい働きがあるのは聞いたことがあると思います。ただトマトよりもトマトジュースのほうが美容やダイエットに欠かせないリコピンの量が倍以上多く含まれていることがわかっています。

 

このリコピンの働きには・・・

 

  • カラダの酸化を防ぐ
  • 病気予防
  • 老化の予防

 

といった効果がありますが、リコピンには、活性酵素の増加を抑えることで老化の原因を抑える働きがあるからです。しかもダイエットに関わってくる脂肪の吸収を抑えて代謝を上げてくれる働きもあるためにリコピンの働きは欠かせないものです。

 

しかも食物繊維も含まれていることから便秘の解消にも役立ってくれます。またリコピンは血糖値を下げることで中性脂肪やコレステロールを減らし代謝をあげ、体脂肪を燃やしやすいカラダにしてくれます。

しかも、ついつい食事を食べ過ぎたりしたことで摂りすぎた栄養を体脂肪にさせにくくする働きがあるためにダイエットには欠かせないのです。ただ一つ気をつけることは、トマトジュースを飲むことでの塩分の量です。

 

飲み過ぎないことがトマトジュースダイエットのキーワードになるために、毎朝コップ1杯くらいの量までにしておいてください。

 

炭酸水

炭酸水を飲むことで、炭酸ガスが発生することで胃の中で膨れることで、食欲をおさえることができ、今まで食べてた量や食べ過ぎていた量を少なくすることができるメリットがあります。

これは炭酸水に溶けている二酸化炭素を取り込むことで、カラダの中では二酸化炭素濃度が上がります。そうすると血管では酸欠状態を起こしたような事が起こります。そうすると酸素をとい入れようと血管を拡張させることで血流がよくなります。

 

このときにエネルギーが消費することでダイエット効果に繋がるです。しかもこの働きは、運動でいえばランニングにも相当する消費エネルギーになるためダイエット効果も高まるのです。

 

そして炭酸水を選ぶときは必ず無糖の炭酸水を選ぶようにしましょう。ダイエット効果を高めるために・・・

 

  • 食前に飲む

 

豆乳

美容や健康、そしてダイエットと幅広く利用できるのが豆乳です。豆乳に働きには・・・

 

  • 悪魔玉コレステロールを低下させる
  • コレステロールを排出
  • 血行促進
  • 抗酸化作用
  • ホルモンバランスを整える
  • 体脂肪を燃焼する
  • 満腹中枢を速く感じやすくする
  • 脂質の代謝を促進する

 

といった効果があります。そして豆乳をつかってダイエットをする時に重要なのがどの豆乳を選ぶのかによります。そこで中でも特に効果の高い豆乳を選ぶために知っておく事は無調整豆乳を選ぶことです。

無調整豆乳は大豆を搾ったもので、塩や砂糖が含まれていないので大豆の風味が強くなってしまいますが効果は一番高くなります。そしてダイエットに摂り入れ方は・・・

 

  • 1日300mlを食前に飲む
  • 間食がわりに飲む
  • 生理7日前から生理日まで飲む

 

といった飲み方があります。生理日に合わせて飲むことをしなければ、毎日の食事の前に豆乳を飲むのがおすすめです。

「豆乳が生理前に痩せないのは嘘!効果の秘訣は」

http://diet-marurun.com/tounyuu-seirimae-yasenai-458

 

ココア

冬の時期には、おいしくココアを飲むことができるため冬の定番の飲み物の一つです。しかし、ココアのイメージからもわかるとおり、ココアは太るイメージが強くあります。これは確かに過剰に飲んでいれば太るのは確かです。

 

しかし、ココアにはポリフェノールやデオブロミンが含まれていることから、血管を拡張し代謝を上げる働きからダイエットになるのです。しかもリグニンという食物繊維が含まれていることで腸を刺激し便秘解消にも役立ちます。

 

そこでココアを飲むことで効果を高めるためには・・・

 

  • カップに対して山盛り2杯まで
  • プレーンで飲む
  • 牛乳を使う場合は低脂肪
  • ミルクココア・調整ココアは選ばない

 

低脂肪牛乳

普段飲むこともある牛乳と低脂肪牛乳との違いは、乳脂肪分の差にあります。そしてもう一つがカロリーの差です。
スポンサードリンク

 

牛乳(200mlあたり)
  • 約134Kcal
  • 乳脂肪分 3%以上
低脂肪牛乳(200mlあたり)
  • 約92Kcal
  • 乳脂肪分 0.5~1.5%

 

たったこれだけの差かもしれませんが、1カ月ダイエットをしてみればその差ははっきりとわかるほどの差が生まれてくるはずです。そして基礎代謝を上げるために必要なのが筋肉をつけることです。

 

筋肉量を増やすことで結果的にみれば、太りにくく痩せやすいカラダ作りができるため、低脂肪牛乳と運動を合わせることでより効果的になります。そこで低脂肪牛乳を飲むタイミングは・・・

 

  • 運動後30分以内に飲む
  • 就寝前に飲む

 

運動などのトレーニングをした後の30分以内に低脂肪牛乳を飲むことで、タンパク質を吸収しやすく筋肉を増加させることにつながるために筋肉の成長促進につながるのです。

また、睡眠時にはタンパク質の吸収を促すホルモンもでるためにコップ1杯の低脂肪牛乳を飲むことでタンパク質を効果的に摂ることができます。

 

ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶は、トクホ(特定保健用食品)の認定を受けている飲み物です。このヘルシア緑茶の大きなポイントは、高濃度のカテキンが含まれていることです。この高濃度のカテキンが含まれていることで脂肪の燃焼へとつながります。

 

特に脂肪燃焼に効果的にするためには運動をすることにありますが、運動の前や運動中にヘルシア緑茶を飲むことでダイエット効果を発揮することができるようになります。

 

体内での脂質代謝の変化について、肥満モデル動物を用いた実験を行いました。高濃度茶カテキン摂取時、肝臓での脂肪燃焼酵素(β酸化関連酵素:ACO*1、MCAD*2)の遺伝子発現量が40%近く増加していること、さらに脂質のβ酸化活性が約3倍に上昇していることが報告されました。
(Murase T. et al., Int.J.Obes.Relat.Metab.Disord., 26, 1459-1464, 2002)
この結果は、高濃度茶カテキンを摂取することにより、肝臓での脂質代謝が活発になり、結果として脂質の燃焼によるエネルギー消費の増加が起こっていることを示唆しています。

*1) ACO : acyl-CoA oxidase (ペルオキシソームβ酸化酵素の1つ)
*2) MCAD : medium-chain acyl-CoA dehydrogenase(ミトコンドリアβ酸化酵素の1つ)

以上のことから、高濃度の茶カテキンは、エネルギー消費量を増加させることにより、体脂肪を低減する効果が発現しているものと推察されます。

http://www.kao.co.jp/

 

黒ウーロン茶

黒ウーロン茶は食事と一緒に飲むことで血液中の中性脂肪を20%抑えることができます。この血液中の中性脂肪は食後から4時間後が最もピークになりますが、食事と一緒に黒ウーロンを飲むことで脂肪の吸収を抑える事ができるのです。

 

また脂肪の排出効果もあるために痩せやすい体質作りやダイエットに役立つのです。またダイエットにもう一つ関係することがその後のことです。ダイエットをしていくことで気になるのがその後の脂肪のつき方です。

 

黒ウーロン茶を飲み続けることでカラダに脂肪をつきにくくする効果もあるため食事の時に一緒に飲むこと。そして脂っこい食べ物を食べる時には欠かさないようにすることです。

 

マテ茶

マテ茶というのは、「マテ」という植物の葉や茎を乾燥させてお茶として飲むものですが、マテ茶がダイエットのよい理由が・・・

 

  • ポリフェノール
  • ミネラル
  • 食物繊維

 

この3つが含まれていることにあります。そしてそれぞれの成分の量が普段飲んでいるようなお茶と比較して場合に、多く含まれているためにダイエットに繋がるのです。それが脂肪が固まるのを防いで消費しやすくする効果なのです。

 

ルイボスティー

ルイボスティーはダイエットというよりも美容としての効果のほうが注目されています。その理由にあるのが、SODという酵素が含まれていることです。このSDO酵素によって活性酵素を除去してくれることでアンチエイジング効果を期待することができます。

 

また活性酵素を除去し新陳代謝を高めることによって痩せやすくするだけでなく、腸内環境を整えてくれる効果から便秘の解消としてダイエット、美容とつなげてくれます。

 

杜仲茶

杜仲茶の特徴は即効性のある飲み物ではなく、じわじわと少しずつ効果が表れるのが特徴ですが、杜仲茶に含まれているゲニポシド酸という肝臓の働きを活発にすることで脂肪分解酵素を分泌させることで脂肪やコレステロールの吸収を抑え分解してくれるのです。

 

またダイエット効果にもなるアスペルロシドが基礎代謝力を高めることも効果の一つです。

 

プーアル茶

プーアル茶には、脂肪を燃焼する効果があることで脂っこい食事などで摂った脂質や脂肪に対して脂肪の吸収を抑える働きと燃焼する働きをしてくれます。またプーアル茶には利尿作用もあります。

 

カラダにとって必要のない老廃物や毒素を排出することで体質を改善することにもなります。

 

ダイエット中に飲み物を夜に飲む!これだけは守らなければならないこと

寝る3時間前に食事をすることはもちろん、直前に食事をすることも寝る前にはしていはいけないことです。これは睡眠中に食べたものが消化するために活動が起こることで睡眠の邪魔をすることになります。

また成長ホルモンの分泌そのものもうまくいかなかったり、自律神経のバランスにも影響がでてきます。そこで寝る前に飲み物をダイエットとして飲む場合に大切なことは、睡眠の質を上げることです。

 

そこで寝る前に飲んではいけない飲み物として・・・

 

  • アルコールは摂らない
  • カフェインを摂らない

 

寝る前におすすめの飲み物!痩せる飲み物の作り方

寝る前におすすめの飲み物としては2つです。

 

はちみつホットミルク

牛乳自体には、安眠効果もあるため夜の眠りにつきやすくする働きがあります。またこれに加えて、はちみつに含まれているブドウ糖によって、牛乳の中に含まれる必須アミノ酸によってカラダに吸収を助けることができストレスの緩和や気持ちを落ち着かせてくれることで睡眠の質を上げてくれます。

 

睡眠の質を高めることで成長ホルモンがしっかりと分泌できれば代謝や自律神経の安定により痩せやすくなります。ただはちみつを選ぶときは必ず余計なものが含まれていない純はちみつがおすすめです。

 

生姜豆乳

生理前などによってホルモンバランスの崩れはダイエットにも大きな影響を与えています。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれることこから不調を和らげてくれます。

また豆乳に生姜を加えることでカラダを温めてくれることで胃腸を温め、内臓の働きが活発になれば代謝アップにも役立ちます。この時に使う豆乳は無調整豆乳がおすすめです。

 

 

まとめ

ダイエットをするときに、できればキツイ制限をするのは避けておきたいと考える時には、普段の食事から毎日摂り入れやすい飲み物でダイエットをするのもおすすめかもしれません。

また合わせて効果的にするためにも運動はやはりはずせないかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。