チョコレート効果で美容ダイエットに!高カカオの決めては70%以上


チョコレートは甘くておしいイメージが強い食べ物ですが、今や健康食品として、美容にいい食べ物として、そしてダイエットにいいものとして人気のあるチョコレートです。そんなチョコレートで様々な効果を体感するためにはどんな事に気をつけなければならないのかを紹介します。

スポンサードリンク

 

チョコレートはダイエットに最適

ゆで卵ダイエット2

チョコレートといってもその種類はかなり多くのバリエーションにとんでいます。子供から大人まで楽しめるチョコレートには、ホワイトチョコレートやミルクチョコレート、生チョコレート、トリュフ、ビターチョコレートとどれも一言でいえば「おいしい」に限ります。

しかしこういったチョコレートの中でもダイエットに適しているチョコレートもあります。それが高カカオのチョコレートです。いわゆるお店で並んでいる商品にカカオ72%と表記されているチョコレートやカカオ95%と書かれているような高カカオの含まれるチョコレートです。

こうしたチョコレートはいってしまえば、お菓子であってもダイエットできる食品ダイエットとしても人気になっている一つです。これまでには、ダイエット食品として、りんごダイエットやキャベツダイエットなど、こういったダイエットの種類はかなり多くあります。

こういったダイエットに取り組んだ人も多いと思いますが、幾度となく失敗に終わった人も多いのではないでしょうか?そして高カカオのチョコレートもこれらのダイエット食品と同じもの!!と考えている場合には、それは大きな誤解になります。

チョコレートダイエットの場合は、ダイエットとしてみても、その成功例はかなり高いものになっています。ただここで間違ってはいけないことは、チョコレートの種類を間違えないこと、食べるタイミング、そして食べる量などを把握した上で取り組むと大きな効果を得ることができるのです。

 

チョコレートはカカオ70%以上のものを選ぶ

チョコレート

チョコレートでカカオが含まれる量は各メーカーや作り方、チョコレートに含まれる成分によってかわってきますが、こうした成分で大切なのがカカオがどれだけ多く含まれているかです。それがカカオ70%以上含まれたチョコレートということです。

これはカカオ70%以上含まれるチョコレートと一般的に売られているミルクチョコレートやホワイトチョコレートと比較してカカオの量が多く含まれているところが大きく違うところです。こうした普通に甘いチョコレートの場合は、固形脂肪や砂糖などを多く含んでいるために、太りやすくさせてしまいます。

しかし高カカオのチョコレートにはこういった余分なものが少ないために、通常のチョコレートのように甘さを感じることが少なく逆にほろ苦い味がするのが特徴です。ブラックチョコレートやダークチョコレートといった言い方をするものも高カカオの証拠です。

 

カカオは貴重な食べ物だった

voice-image-001

チョコレートに含まれるカカオは、もともとカカオ豆といわれるカカオの樹の果実の中にある種子のことをさしています。そしてカカオの学名にある「テオブロマ属カカオ」というテオブロマと言う言葉には特別な意味が込められています。

テオブロマの言葉の意味には「神様の食べ物」という意味があり、メキシコ・アステカ族の神話に由来する食べ物なのです。昔にはカカオは高級品として扱われていて、王様や貴族といった身分の高い人が食べていた食べ物だったのです。

このカカオの樹は少し他の樹とは違っていることろがあって通常は、枝に実がなることが一般的な樹の特徴ですが、カカオの樹は成長していくと高さ7メートル~10メートルになる樹ですが、幹の太さが10cm~20cmにまでなります。

この幹の枝にカカオの実がなるのですが、枝以外にも幹にも実がなるちょっとかわった樹なのです。またカカオ豆の栽培の歴史は古く、1256年までさかのぼります。当時、スペインで最初のカカオ豆栽培が行われ、南米、ジャマイカ、ドミニカ、ブラジル、西アフリカと伝わっていくのです。

 

チョコレート効果

20160203193732

動脈硬化を防ぎ、癌を予防

ポリフェノールときくと、赤ワインや緑茶、オリーブオイルなどを想像すると思いますが、カカオにはカカオポリフェノールと言う成分が含まれています。このカカオにはカカオポリフェノールは動脈硬化を防ぎ、癌を予防するといわれています。

これは癌が発生する仕組みに変異原物質が細胞のDNAに突然変異を起こすことから、促進物質ががん化した細胞を活性化することで癌が発生するといわれています。この突然変異にカカオにはカカオポリフェノールを加えると細胞の抑制が確認できたことから、癌の予防にも効果があるといわれています。

 

ストレスに強くなる

身体的、心理的にストレスを感じる人にカカオにはカカオポリフェノールを摂取させるとこういったストレスに対して抵抗力が強くなることがわかっています。またチョコレートの香りにはデオブロミンという成分が含まれています。

この成分は脳内であるセロトニンの働きを助けるが働きがあるため、ストレスを解消させることができるようになるのです。

 

アレルギーやリウマチにも効果がる

アレルギー症状は個人差がありますが、花粉症やアトピーといったアレルギーに対して、大きな原因となっているのが、活性酵素の過剰な働きです。カカオにはカカオポリフェノールにはこのアレルギーの原因となる活性酵素を抑える効果があることからアレルギーやリウマチにも効果があるのです。

とくにアレルギーの場合、カカオはアレルギー症状が出た後でも、アレルギーを重症化するのを防いでくれる効果もあります。

 

便秘を解消してくれる

e1391398737135_1

ポリフェノールが美容に言い成分であることは知っている人も多いと思います。ポリフェノールには腸を活性させる働きがあります。また腸内環境を改善する働きまであるため便秘に効くということなのです。またカカオに含まれるカフェインにも同じように便秘を改善するために働きがあります。

それが、腸の働きを活発ししてくれるということです。カフェインときくとコーヒーが思い浮かぶかもしれません。こうしたカフェインには覚醒作用がまずイメージとして先に考えてしまいますが、カフェインにも便秘を解消する力があるのです。

また、カカオには食物繊維が豊富に含まれています。特にカカオに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維が豊富に含まれています。この不溶性食物繊維の作用は、胃や腸で水分を吸収することで膨張します。また同時に、体にたまった腸内の老廃物や腸壁についた汚れまでもキレイに取り除いてくれます。

つまり悪玉菌の増加を予防し善玉菌が優位な環境を作ってくれるのです。

 

便秘解消にチョコレートなどれでもいいの?

便秘解消を狙ってチョコレートを食べる時に気をつけなければならないことは、カカオの保有量が70%以上のチョコレートを選ぶことです。またそれ以外の砂糖やミルクが含まれるチョコレートは便秘解消に効果があっても、いつのまにか太っていた!!

なんてことにもなりかねません。便秘解消の場合に選ぶチョコレートはカカオ70%以上のものを選ぶようにしてください。

 

冷え性の改善

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

知っていましたか?チョコレートでも砂糖が多いものは冷えを招きやすくなります。というのも、砂糖を摂取することでインスリンが分泌されます。このインスリンが多く分泌されると脂肪の分解がしにくくなり、体温が上がりにくくなるのです。

そのためにもチョコレートは砂糖の影響が低い高カカオのチョコレートがいいでしょう。これを知った上でチョコレートには冷え性を改善してくれる効果があります。カカオに含まれるカカオポリフェノールとテオブロミンという成分。

カカオポリフェノールには、血管を拡張させ、血流を促す効果があり、テオブロミンには毛細血管を拡張させ血流をよくする作用があります。またポリフェノールには活性酵素を除去する働きがり、血液のドロドロしたのを防いでくれることから、血行不良による冷えやむくみを解消してくれるのです。

 

食欲を抑える

太らない夜食2

カカオポリフェノールが体内で吸収されると脂肪細胞の届き、レプチンというホルモンをつくります。このレプチンには満腹中枢を刺激させる働きがあるので食べ過ぎを抑えてくれるようになります。そもそも空腹感を感じる原因には、血液中の糖の減少によるものです。

カカオにあるアディポネクチンという物質が血糖値の上昇を緩やかにさせ、糖が長時間血液中に滞在できるようになることで食欲を抑えることができるようになるのです。甘いものを食事の前に食べた経験がある人はわかると思います。

食欲が減退しませんか?チョコレートもそういった効果があるということです。

 

代謝を上げる

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、基礎代謝を上げる効果があります。基礎代謝が上がるということは、それだけ摂取したカロリーが消費しやすくなるということです。
スポンサードリンク

 

炎症を治す効果がある

A woman doing yoga
A woman doing yoga

ココアに原料であるカカオマスにはプロシアニジンという成分が含まれています。このプロシアニジンはカテキンがいくつか結合した構造をもっていて、強い抗酸化作用によって様々な効果を発揮します。リンゴやブドウ、緑茶にも含まれています。

 

  • 抗アレルギー作用
  • 抗がん作用
  • 抗アレルギー作用
  • 美白効果
  • 育毛効果
  • メラニン生成抑制効果
  • 消臭効果
  • 中性脂肪低下効果
  • 虫歯予防効果など

 

ダイエット効果がある

チョコレートの効果によって食前などにチョコレートを食べることによって、血糖値が上昇することによって満腹中枢が刺激されることで食欲がおさえられ、食欲が低下することができます。また食事でとった余分な脂肪や糖分を絡めて吸収するために、腸に吸収されるカロリーが少なくなるのです。

また代謝を上げることによって、脂肪も効率よく燃焼させることができ、痩せれるようになります。

 

チョコレートで美容とともにダイエット効果を高めるために!

862eecaceaff0e1470e864b2b6930421

まず前提としては、チョコレートを選ぶには、カカオ70%以上のチョコレートを選ぶようにしてください。ここで間違ってもホワイトチョコレートなどの甘いタイプのチョコレートは選ばないことです。ダイエットをするためには、カカオの健康成分を考える必要があるため、70%以上のチョコレートを選んでください。

 

食事はバランスよく

ダイエットにおいて何かしらの食事制限を強いられることはよくあることです。しかしチョコレート効果を使うのであれば、食事は変に偏った食事バランスではなく、食べる量が極端に少ない食べかたをするのではなく、あくまでも食事はバランスよくしっかりと食べるべきです。

チョコレートはそもそもチョコレートに頼ったダイエットを指しているのではなく、あくまで普段の食事をサポートさせるためのものだと思ってください。しっかりと食事から必要な栄養素を摂った上でチョコレートを食べる!!

これが美容や健康においてのチョコレートの効果を出す秘訣になります。またもちろん食べるだけではありません。必要なのは、適度な運動も心がけることも大切です。ウォーキング、ジョギング、ヨガと何でも運動をするのであれば、どんな運動でもかまいません。

脂肪燃焼を考えるのであれば、有酸素運動がより効果的でおすすめです。

脂肪燃焼させる有酸素運動の効果的な時間と秘訣とは

 

食前と食後を意識する

ダイエットにおいて何よりも辛いのは空腹との闘いです。お腹がすくことを我慢するということは、それだけ辛いことでもあります。そういった空腹を少しでも抑えるためには食前にチョコレートを食べることです。

食前にチョコレートを食べることによって空腹を満たし満足感を先に感じやすくしてくれます。また食欲を抑えられることで、食事の食べ過ぎを抑えることができ、またチョコレートに含まれる食物繊維が食事で食べた脂肪や糖分などの余計なカロリーの吸収を妨げてもくれます。

そして食後に食べる時には、10分の時間を開けてからチョコレートを食べるということです。よく食後のデザートなんて言葉を口にすることがあると思いますが、発想はまさにこれにあたります。食事をおえてから10分後にチョコレートを食べると、デザートを食べている感覚に陥ると思います。

また食べたという感覚による満足感もより一層高めることができます。そして満腹感が身体に生きわたれば、我慢しなければならない欲求もなくなり、リラックスでき効果もあらわれるでしょう。

 

目安は1日に50gまで

チョコレートって太るんじゃないの?そう思うかもしれません。しかしこれは食べ過ぎた場合の話です。チョコレートは食べれば太るしダイエットとは程遠いなんてことはありません。これまでのイメージを覆すのが70%以上のチョコレートであれば変えることができます。

そのためには1日に合計50g!!この量はだいたい市販されている板チョコレートで考えると半分から1枚の大きさになります。これが1日50gの食べてもいい量です。

 

チョコレートの苦みに慣れない!そんな時は

カカオ70%のチョコレートを食べてみたことがない人によって、個のチョコレートはただ苦いだけと感じるかもしれません。通常のミルクチョコレートなどと比べれば当然、甘さはかなり抑えられていて、カカオの苦みの方が強く感じるかもしれません。

慣れの問題もありますが、初めにどうしても慣れない場合には、ココアでもその効果をだすことができます。ただ、ココアの場合もチョコレートと同じように70%以上のココアで同じ効果を得ることができます。

 

高カカオにある注意点

食べ過ぎ1

ここでいうチョコレートでの注意点は、食べすぎないということです。カカオの効果を得るためには1日に50グラムまでですが、これ以上に食べ過ぎてしまえば、はっきりいって太ります。というのも個形状にしてあるチョコレート全てに言えることは資質を多く含んでいるということです。

つまり摂りすぎれば資質を必要以上に摂りすぎてしまうことになります。太るのは当然ということです。そしてカカオにはカフェインも含まれています。カフェインにはリラックスさせる作用がありますが、摂りすぎれば興奮作用が強くでて、リラックスできるどころではなくなります。

そしてもう一つが意外と知られていないのが、チョコレートのカロリーは高カカオになればそれだけカロリーが高くなるということです。初めのお話ししたとおり、ミルクチョコレートのようなチョコの場合は、砂糖などが余分に使われていると伝えたと思います。

つまり砂糖が多いほどカロリーが高いと思っていたかもしれませんが、性格には高カカオには砂糖がそれほど使われていない分、かわりに脂肪をより使っているのです。つまりどちらにも言える事は決められた量以上は食べないということです。

 

喘息の人は注意

喘息を持っている人の場合、神経をリラックスさせるテオブロミンが喘息薬に含まれるテオフィリンという成分との相性がわるいということです。またそれどころか喘息を高カカオのチョコレートを食べることで喘息を引き起こす可能性もあるからです。

チョコレートにはもともと咳を止める効果がありますが、ただ大きく違うのが喘息を持っている人の中にチョコレートによってアレルギー反応が起こってしまう場合もあるからです。つまりアレルギーを持っていなければ、チョコレートを食べても問題はないということです。

チョコレートに対してアレルギーの有無がこういった反応を示すことがあるのです。

 

頭痛や片頭痛持ちの人は注意

頭痛や片頭痛を持っている人もチョコレートの摂取には気をつけておいたほうがいいです。これはチョコレートに含まれる成分チラミンが血管を収縮される作用があるからです。ただこれは個人差があるため何とも言えませんが、片頭痛を持っている人は、なるべく避けておいたほうがいいかもしれません。

 

まとめ

チョコレートをダイエットや美容に使うためには、うまく高カカオを摂りいれることが大きなポイントになります。1日に食べてもいい量を守りつつ、うまく食べるタイミングを合わせて様々な効果を体感してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。