豆腐ダイエット!たった1週間で効果的にする秘訣


普段私たちが必ず食べているといっていいものに炭水化物があります。この炭水化物は、ごはんを始め麺やパンなど日常生活の中で必ず目にし食べる機会も多い食べ物です。

豆腐ダイエットはこうした主食の代わりに豆腐を主食とすることでできるダイエットなのです。豆腐ダイエットをすることで1週間~2週間と効果がでる方法があります。その具体的な秘訣を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

豆腐ダイエットとは

豆腐ダイエットとは、1日3食の食事のうちの1食~2食を豆腐に置き換えることでできるダイエット方法です。この豆腐ダイエットの大きな魅力には、豆腐に含まれているイソフラボンによる働きです。

 

豆腐は、普段の食事でも必ず摂っている肉や魚といったタンパク質が含まれている食べ物なので、肉や魚の変わりとしても摂ることができます。また女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンによっての美容効果もダイエットと合わせて効果を発揮することができる優れものなのです。

 

豆腐ダイエットは、栄養面とダイエットとのバランスがとれるダイエットによい食べ物です。

 

豆腐ダイエットの効果

豆腐ダイエットでなぜ痩せることができるのかについて紹介します。

 

カロリーを抑えることができる

豆腐と言ってもその種類がいくつかありますが、よく食べる豆腐で見るとカロリーがかなり低く抑えることができます。これは100gあたりのカロリー数を表したものです。

 

絹ごし豆腐 もめん豆腐
56Kcal 72Kcal

 

これを豚肉と比較した場合に、豚のロース肉100gになると291Kcalになります。このカロリー数からもわかるとおり、豆腐そのものがいかにカロリーが低いのかがわかると思います。

そして主食と置き換えることを考えた場合に、ごはんと比較すると、お茶碗1杯のごはんであれば約200Kcalにもなります。主食と置き換える豆腐ダイエットを見ればいかにカロリーーを抑えることができるのかがわかると思います。

 

脂肪を減らす効果もある

私たちのカラダに脂肪がつきやすくなる原因の一つには、代謝を促進するビタミンB群が不足していることも関係しています。このビタミンB群が不足することで食べたものをエネルギーにうまくできずに脂肪を貯め込みやすくするのです。

 

しかし、豆腐にはこの代謝を促進するビタミンB群が含まれています。主食と置き換えるだけで代謝に欠かせない栄養を補うことができるのです。また、大豆と言えばカラダの脂肪を減らす大豆レシチンがたっぷり含まれているのも魅力の一つです。

 

中性脂肪やコレステロールを減らし、さらに無駄な体脂肪を落とす効果も期待できるのです。

 

代謝を高める!筋肉に欠かせない栄養をとれる

ダイエット中に不足しがちな栄養の一つとしてタンパク質があります。このタンパク質は筋肉をつくるためには欠かせない栄養の一つです。このタンパク質が不足することはダイエットにとって基礎代謝の低下を招くことになります。

 

タンパク質というのは、筋肉を増やすためや強くするために必要なものです。これは人のカラダがアミノ酸で構成されていることで、筋肉を増やすことができるのです。また酵素やホルモンの働きにも関わっているためにタンパク質はなくてはならないのです。

 

そしてタンパク質をとるということは基礎代謝を高めることを意味していますが、豆腐を食べることで具体的には・・・・

 

  • ビタミンB1・・・糖質の代謝に関わりエネルギーの代謝に役立てカラダの脂肪を減らす
  • ビタミンB2・・・脂質の代謝に欠かせない栄養素。脂肪のエネルギーを消費させることで体脂肪を消費させる
  • 亜鉛やマグネシウム・・・新陳代謝促進しする酵素を助ける補助をしています。筋肉で脂肪を燃えやすくする
  • サポニン・・・脂質の代謝を促進させ、中性脂肪を脂肪細胞に蓄積されるのをおさえる

 

こうしたことから基礎代謝を高めながら筋肉をつくることができるのです。

 

便秘を予防し解消も!!

豆腐が便秘の解消や予防によい理由には・・・・

 

  • 不溶性食物繊維
  • オリゴ糖
  • マグネシウム

 

この3つの効果によって便秘を予防や解消につながります。

  • 大豆オリゴ糖・・・善玉菌のエサになりことで大豆オリゴ糖が腸内まで届き腸内環境を整えてくれる。善玉菌を増やしてくれる
  • 不溶性食物繊維・・・大豆には食物繊維のうち、不溶性食物繊維が多く含まれています。この不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らむことで腸の蠕動運動を促します。
  • マグネシウム・・・マグネシウムの特徴には、腸にまで消化吸収されずに届きます。特に便が硬いなどの場合には水分が不足していることも考えられます。こうした場合にマグネシウムには、便の保水力を高める便を軟らかくすることができるのです。

 

豆腐はダイエットだけでない!美容効果も!!!

豆腐には、様々な栄養が含まれている食べ物です。そのためにダイエットだけでなく美容にもよい効果を与えてくれる食べ物です。

 

美肌効果がある

豆腐に含まれる大豆イソフラボンやビタミン類が豆腐には含まれているために女性にとっては嬉しい効果もあるのです。まずイソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをしてくれるために美肌効果があります。

 

特にエストロゲンが不足することで、肌は酸化した状態になってしまいます。しかし、イソフラボンには抗酸化作用があるために、肌の酸化を防いで、肌の潤いの元にもなるコラーゲンの分解も防いでくれるのです。

 

またイソフラボンをとることでホルモンが増えればバストアップの効果も期待することができるのです。つぎに豆腐に含まれるビタミン類。このビタミン類は血行を促進する働きや皮膚や粘膜を強くする働きをもっています。

そうすることで活性酵素を抑えてくれるために肌の老化を抑えてくれるのです。

 

髪がキレイに

イソフラボンによって女性ホルモンと似た働きをすることによって髪ももちろん嬉しい影響を与えてくれます。

 

ストレスを解消

私たちのカラダには、気持ちを安定する事や睡眠にも関わってくる神経伝達物質のセロトニンが大きな役割をもっています。このセロトニンが不足することによって・・・

 

  • ネガティブ思考
  • イライラする
  • 代謝が下がる

 

といったことが起こってきます。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれていて精神バランスをよい状態にするために働きてくれています。しかし、セロトニンが不足すると落ち着かなくなったり、起こりやすくなったりという症状がでてしまいます。

こうしたいわゆるストレスになってしまいますが、豆腐に含まれるビタミンB1やナイアシンが含まれていることでセロトニンを作るための栄養素を豆腐から摂ることができるのです。

 

そうすることで、リラックス作用をもたらし心身ともに落ち着かせてくれるようになるのです。

 

生活習慣病を予防

豆腐はいまや正解共通の食材として健康食として知られています。豆腐を始めとする大豆食品には生活習慣病を予防する効果があるといわれています。これは大豆のイソフラボンの効果によって・・・・

 

  • コレステロールを下げる
  • 癌の発症が少ない
  • 抗酸化作用がある
  • 体重を減らしリバウンドも抑えられる

 

といった効果が見込めるからです。とくに大豆を食べることによって満腹感が高まるために食べ過ぎの予防にもなることで悪玉コレステロールを減らすことができるのです。

 

豆腐ダイエットのやり方は!痩せない失敗をしないために

豆腐ダイエットは、主食を豆腐に置き換えるシンプルなダイエット方法ですが、実際に豆腐ダイエットをして痩せない人もいます。そして豆腐ダイエットで成功している人は約半数に届くなどうか・・・・という声もあります。

 

豆腐ダイエットで痩せない理由

豆腐ダイエットの具体的な方法は主食と置き換えるダイエットです。これを守らずにストイックすぎたダイエットをしている人は思うように痩せなかったことが多いようです。

 

  • おかずを食べずに豆腐ばかりを食べる
  • すぐにお腹が空いてしまう
  • 豆腐の味に飽きる
  • 油っこい食べ物が食べたくなる
  • 外食が多い

スポンサードリンク

豆腐ダイエットを続けていくことで、こうした無理なカロリー制限から栄養の偏りを招くことを始め、続けることで味に飽きるなど理由もいくつかあるのです。

 

豆腐ダイエットのルールは必ず守る

ダイエットをするときに、できるだけ早く結果と出したいがために無理な制限をかける人がいます。しかし、短期間で一気に痩せるということは、それだけリバウンドをするリスクもついてきます。

あくまで即効性しかなく注意したいところですが、こういった豆腐を使って極端な制限をかける(豆腐だけ)ようなダイエットをすると栄養バランスがどうしても偏ってしまいます。

 

そうすれば食事制限によるストレスだけでなく、栄養バランスが崩れることで代謝自体が下がった状態になるために、よりダイエットとは離れた結果がついてくるようになります。

豆腐ダイエットで決められたルールは、1日1食を主食と置き換えることです。

 

豆腐ダイエットのお具体的な方法

豆腐ダイエットをする時間帯!(朝・昼・夜)のどれがおすすめ

豆腐ダイエットは、就職を豆腐と置き換えるだけのダイエットです。つまり、ただ置き換えるだけでカロリーを大幅にカットすることができるということです。これは夜の食事で豆腐に置き換えることが大きな効果を期待することができるようになります。

 

そもそも夜の食事は、1日の食事の中でも特にカロリーをとりがちになってしまう時間帯です。特に食べる時間帯も人によっては、夜遅くなることも仕事などや付き合い上しかたがないものです。

 

特に夜の時間帯になると、日中よりも活動する量を大幅に減ります。つまり、カロリーを消費しにくくなる時間帯になるということです。こんな時間帯に食事をしっかりととっていればカロリーもしっかりとカラダに蓄積される原因です。

 

夜の食事は太りやすいのは、このためなので朝食や昼食の時間よりも夜の食事に主食を豆腐と置き換えることで大きなダイエット効果になるのです。

 

夜に豆腐だけはしない!

人のカラダは夜に脂肪を貯め込みやすくなります。そこで豆腐はタンパク質のために、良質なタンパク質をおなかいっぱい食べることでも問題はありません。そもそも豆腐はバランスのよい食べ物です。

カラダに必要な栄養も含まれているために豆腐をメインに食べてみてください。また豆腐だけにするのではなく、あくまでもカラダにとって必要な栄養バランスを考える必要があるために必ずおかずと一緒に食べるようにしてください。

 

木綿豆腐!絹ごし豆腐!おすすめは

どちらも豆腐には変わりありませんが、せっかくならよりダイエット効果のある豆腐でダイエットしたいものです。また、料理によってアレンジする時に使い分けることもできます。

こうした木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いを見るとこうなります。

 

木綿豆腐 絹ごし豆腐
  • 木綿豆腐を作る過程で水分を絞り栄養価が圧縮される
  • タンパク質、カルシウム、鉄分が絹ごし豆腐に比べて2~3割栄養分が多い
  • 水分を絞るためにビタミンB群やカリウムが流れ出やすい
ビタミンB群やカリウムが木綿豆腐よりも多い

 

  • こうした違いを見るとカルシウムや鉄分をとりたい・・・・木綿豆腐
  • ビタミンB群やカリウムをとりたい・・・絹ごし豆腐

 

という選ぶ方もできます。またダイエット効果としては、どちらもそれほど大きな差はないためにレシピで使い分けるのもよいでしょう。

 

豆腐ダイエットに必要な量は

豆腐ダイエットで1日にどの程度の豆腐を置き換えて食べるのがよいのか?!!これは1日に摂っても良いイソフラボンの量を考える必要があります。大豆イソフラボンの1日摂取量は70mg~75mgです。

 

このことを考えると豆腐は1日に1丁までということになります。

 

キムチ豆腐 ダイエットはいいいの?

キムチにはダイエットに効果のある2つが含まれています。

 

  • カプサイシン
  • 血糖値の上昇を抑える

 

キムチの色にもあるように赤い色にはトウガラシの辛み成分であるカプサイシンが含まれています。このカプサイシンには、脳の神経を刺激することで褐色脂肪細胞の働きをよくしてくれる効果があります。

 

この褐色脂肪細胞を活性化させることで脂肪が燃えやすくなり、熱を作りだすことでカロリーも消費され痩せやすいカラダ作りに役だってくれるのです。そしてさらにキムチには血糖値の上昇を抑えることで脂肪を貯め込みにくくすることにも役立ちます。

 

またキムチは発酵食品のためにキムチの乳酸菌が腸内環境を整えてくれることで便秘を始め肌にも良い効果に繋がるのです。

 

生姜豆腐ダイエットはいいの?

豆腐のダイエット効果に合わせて効果を高める食材として生姜もおすすめの一つです。生姜には、キムチとは違ったカラダを温める成分が含まれており生姜を温めることで成分が変化することで強くなる食べ物です。

この働きをうまく利用することで、生姜を加熱させることや生で生姜をとることでジンゲロールからショウガオールに変化させ効果を変えることができるのです。

 

  • ジンゲロール・・・生のショウガに含まれる。カラダの中心の熱を手足に運ぶ
  • ショウガオール・・・カラダの中心部とカラダの表面を温めてくれる

 

この2つの効果をよりダイエットに生かすのであれば生姜は熱を加えることでダイエット効果も期待することができます。そして生姜ダイエットをするときのポイントはたった一つです。

 

普段の主食のごはんを生姜豆腐に置き換えるだけです。そしておかずは普段通りのバランスよく食べることで生姜豆腐ダイエットができるようになります。

 

肉豆腐ダイエットはいいの?

肉豆腐ダイエットは正直あまりおすすめではありません。というのも、肉豆腐のカロリー自体が100gで170Kcalあります。これだけ見れば決してカロリーが高いわけではありませんが豆腐でかさましする分、低カロリーな食べ物になります。

 

しかも肉には、良質なタンパク質も含まれています。豆腐を食べることで腹持ちが悪いデメリットをうまく肉を入れることで空腹感をおさえることもできるために、肉豆腐ダイエットもおすすめなのです。

そして肉豆腐ダイエットも、通常の豆腐ダイエットと同様に夜の主食を豆腐に置き換え、おかずはバランスを考えることです。

 

豆腐ダイエット!! 一週間の効果は?

豆腐ダイエットを1週間実践してみて、その効果ははっきりと二つに別れる結果がついています。

 

豆腐ダイエット1週間で失敗した理由

  • 豆腐のメニューを食べてみたが体重は変わらなかった
  • 毎日、豆腐と野菜、果物だけにし失敗した
  • 満足感がなく続かなかった
  • 夜を豆腐のみでリバウンドした

豆腐ダイエットを実践してダイエットに失敗した人の声をまとめるとこうなります。これらの原因になっていることには、豆腐のみを食べるだけの置き換えをしたことがリバウンドや失敗に終わった理由の大きな原因です。

 

豆腐ダイエット1週間で成功した理由

  • ダイエットの目的を忘れていない
  • 夜のみ白米から豆腐に置き換えた
  • おかずはいつも通り食べた
  • 冷ややっこの日はカラダを冷やさないように温かい食べ物もとり入れた
  • 豆腐を使ったレシピを増やした

ダイエットに成功した人の成功例を見ると、豆腐ダイエットを忠実に守って実践したことで成果に繋がっているといえます。豆腐ダイエットのポイントにもなる置き換えはあくまで白米のみで、おかずはいつも通り食べることを忘れず栄養バランスを意識したことがダイエットになったのでしょう。

 

豆腐ダイエットは最低でも2週間は必要

豆腐ダイエットの魅力はなんといっても豆腐を食べながら痩せることができ、さらにキレイになることができることです。大豆イソフラボンの効果によって優秀なダイエット食材に変化します。

豆腐に含まれている・・・・

 

  • オリゴ糖
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • ナイアシン

 

など豆腐に含まれる栄養には、エネルギーとしてしっかりと消費できる役割のある栄養が含まれています。こうした豊富な栄養がバランスよく含まれた豆腐を主食と置き換えることでダイエットになるわけです。

しかも豆腐は、どんな料理でもバリエーションをかえることで飽きを感じさせない事ができるのも特徴的な食べ物です。そのため続けやすく実感しやすくなります。そのための効果としてはまずは2週間実践してみることです。

 

そのダイエット中の2週間はもちろん揚げ物や肉の多い食べ物は控えることも大切です。主食を豆腐に置き換え、おかずはいつもとおりのバランスを考える。豆腐ダイエットはそうすることで2週間で効果が現れる期待ができるのです。

 

まとめ

豆腐ダイエットは、いかに正しい方法で食事を管理できるかで効果が変わってくるダイエットです。豆腐の栄養バランスだけで頼らずにおかすからもバランスよく摂ることがダイエットのカギになるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。