トマトは太る?カロリーと糖質をダイエットにするには


トマトは糖質も低くカロリーも低いことからダイエットだけでなく、リコピンの栄養からも美容まで万能な食材の一つだと言えます。そのために、トマトダイエットも人気なダイエットの一つですが食べ方を間違えると太る可能性があるのです。

トマトダイエットで痩せるための正しい方法を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

トマトのカロリーは本当に低いの?

トマトのカロリーは低いと言われていますが、これはトマト1個で考えた時のカロリーは低いと言えます。1個あたりのトマトのカロリーは約31kcal。

 

これを普段食べている食べ物を比較した場合にどの程度変わってくるのかを見てみると・・・

 

  • パン 約129kcal
  • ご飯 約250kcal
  • うどん 約242kcal

 

こうしてみれば、主食になる食べ物と比べればカロリーの差は大きくちがうことがわかると思います。ただし、トマト1個のカロリーと比較になることは忘れてはいけません。

 

ミニトマトのカロリーは?

ミニトマトのカロリーはトマトと比べてみるとさらに低カロリーな食べ物になります。1個(10g)で約3kcalほどしかありません。

また100g中で見てもわずかに29kcal程しかないためにミニトマトは低カロリーな食べ物と言えます。

 

トマトは低糖質!?気になる糖質

トマトは低カロリーで低糖質と言われています。このトマト1個あたりの糖質の含まれている量はわずかに0.6gしかありません。これもご飯やパンといった主食と比べて見た場合にはその差は歴然で・・・

 

  • パン 約26kcal
  • ご飯 約55kcal
  • うどん 約52kcal

 

この差をみれば大きくトマトが低糖質であることがわかると思います。そして糖質がパンやご飯などは大きな量が含まれていることから糖質が多いと太るというのは間違いありません。この・・

  • 糖質=太る

というのは、糖質をとるというのは消化をする過程の段階でブドウ糖の一部がグリコーゲンになりエネルギー源になります。こおエネルギー源を基礎代謝エネルギー以上にとってしまうことで血糖値が急激に上がりインスリンが分泌され、余ったブドウ糖は中性脂肪としてカラダに蓄えられるために太ってしまうのです。

 

ではなぜトマトは低糖質で低カロリーなのに太る原因になるのか・・・。

 

トマトが太るのは食べ過ぎが原因?

太る原因になるのは、糖質を取り過ぎることから太るリスクを作り出すことはあると思います。しかし、これ以外にも無理な食事制限をすることでリバウンドから食べ過ぎてしまい結果的に太るということが起こります。

 

トマトは低糖質であることは間違いありません。ただ極端な食事制限からリバウンドを招くことによって太る心配があるのです。

また生のトマトの場合、カラダを冷やす作用があることから、たくさんトマトを食べていると内臓を冷やすことも考えられるために代謝が下がることから太る心配はあります。

 

トマトの食べ過ぎは太るだけでない!!

トマトを食べていて気をつけたほうがいいこともあります。それがトマトの成分にあるリコピンを過剰にとった場合です。その過剰摂取から起こる可能性が考えられることがあります。

 

  • アレルギー反応
  • 胃の不調
  • 肌の色の変化
  • 低血圧

 

こういった症状が起こると言われています。

 

アレルギー反応 発疹などが現れる可能性がある
胃の不調 吐き気・お腹が張る・嘔吐など
肌の色の変化 赤い色の食べ物をとり過ぎると肌の色が変色することもある
低血圧 GABAには血圧を下げる効果がある

 

トマトのダイエット効果は

代謝が上がる

トマトに」含まれているリコピンには痩せやすいカラダ作りに欠かせない働きがあります。血液の流れが悪くなることが代謝を悪くする原因の一つにあります。

 

このドロドロな血液の原因にもなる悪玉コレステロールを減らす働きをしてくれ、血液の流れをサラサラにすることで代謝をあげることに繋がります。

また中性脂肪を減らしてくれるのも嬉しい効果です。

 

脂肪を燃焼する

リコピンには代謝を高める働きがあることから脂肪の燃焼にも促す作用があります。

トマトに含まれている成分(リノール酸の一種の「13―oxo―ODA」)が脂肪を燃焼させ、中性脂肪を分解してメタボリックシンドロームを改善することを発見したからです。実際にマウスによる実験を行ったところ、血中と肝臓の中性脂肪や血糖値も減少したことが確認された。

 

生活習慣病にも

トマトに含まれている栄養には様々な働きのある栄養が含まれています。そのために・・・

 

  • 血糖値を下げる
  • 血圧を下げる
  • 心臓病の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 抗がん作用
  • 脳卒中の予防

 

などトマトを食べることによって生活習慣病を予防し改善する働きを持っているのです。

 

便秘を解消してくれる

トマトには便秘に良い栄養がたくさん含まれています。

  • リコピン・・新陳代謝を高め、内臓の温度があがると便秘解消につながる
  • カリウム・・・筋肉の収縮をサポートすることから腸の蠕動運動を高める
  • 食物繊維・・・腸に溜まった便を柔らかくする
  • ビタミンC・・・腸の蠕動運動を活発にする
  • ビタミンE・・・腸の働きをコントロールする自律神経を整えてくれる

 

むくみを解消

トマトにはカリウムが含まれています。カリウムは、尿と一緒にむくみの原因になる余分な水分や塩分をカラダの外に排出する利尿作用があります。

脂肪で太るのとはまた違い水分でカラダがむくんでいる場合には、カラダの見た目だけでなく、そのまま放っておくことで脂肪を肥大化させる原因にもなります。

 

また肌荒れやくすみを作る原因にもなります。

 

紫外線を予防する

リコピンには、カロテノイドという色素が含まれています。この色素には、太陽からの強い日差しを守ってくれる作用があるために紫外線に対する耐性をあげてくれることで予防ができるのです。

 

トマトダイエットで注意したいこと

トマトを食べるときに、トマトだけで食べることはあまりないかもしれません。まして食事の中で食べるとなると一品料理としてサラダなどとして食べると思います。

 

こういった時に注意したいことが、ドレッシングオイルなどを使ってしまうことです。こういったドレッシングはカロリーも高くなりがちです。

上手にカロリーを抑えた食べ方をすることがダイエットに失敗しない方法です。

 

トマトを毎日食べた結果ダイエット効果は?(体脂肪は)

トマトを毎日食べ続けた結果どうなると思いますか?やはり太る原因になるのか・・・・それとも健康やダイエットになるのか・・・!!

 

まず運動をそれほどしていない場合には、見た目はそれほど大きな変化は怒らないこともあるようです。しかし、体脂肪率を見ると内臓脂肪を減らす結果が現れるようになります。

 

こうしたことから考えれば劇的なダイエットとはいかなくても体脂肪率を減らせる程度のダイエットはできるということになります。

 

ただ毎日トマトを食べ続けると、どうしても飽きがきてしまうものです。調理の方法も色々と工夫をしていかなければなりません。
スポンサードリンク


トマトダイエットで変わること

毎日トマトを食べ続けた結果!肌はどうなる?

ここでもう一つ大切なのがダイエットと並行して肌の状態がどう変わるのかです。口コミを見ていると肌荒れといったところまでの効果は期待するのは個人差が大きいようです。

 

しかし、肌のくすみについてはトマトジュースを12週間飲み続けると肌の色調が改善される効果が期待できるようになります。

これはメラニン量がトマトを食べ続けることで減ったことによって起きた効果なのです。つまり、くすみやシミへの軽減には期待できるということです。

 

トマトダイエットの効果を高める方法は

トマトよりもジュースで効果アップ

トマトはそのまま食べるよりも、より効果を高める食べ方があります。それがトマトジュースとして飲むことなのです。この理由にはトマトが完熟しているかどうかによります。

 

というのもトマトを出荷する時に、完熟する前に出荷したものを食べるためにリコピンなどの栄養が本来の栄養素の含まれる量には届いていないのです。

 

しかし、完熟したトマトジュースであればリコピンなどの栄養がしっかりと含まれているためにダイエットとして欲しい栄養を取ることができるのです。

 

夜の食事にトマトはおすすめ

トマトを夕食の時に食べるメリットはトマトの栄養をしっかりとカラダに吸収することができるためです。これは朝食や昼食と違い夕食の時間は栄養の吸収が高くなることを利用し吸収されやすい夕食の時間に食べることで効果を高めることができるのです。

 

寝る前の夜トマトも良い

夜トマトのもう一つの方法が寝る少し前にトマトを食べるというダイエット方法です。この寝る前に食べることによって成長ホルモンを多く分泌させることを目的としています。

 

これは寝る前にトマトを食べることで筋肉を増やして代謝を高める成長ホルモンに必要なビタミンやミネラルを一緒に取ることができるためです。

またトマトの赤い色にもあるリコピンには抗酸化成分が含まれていることで活性酵素を除去する作用もあります。

 

特にカラダで活性酵素がたくさん発生してしまうと炎症も起きやすく、そこにビタミンやミネラル、酵素を使ってしまうために代謝の低下を招くことにもなります。

 

こうしたことを予防していくためにもトマトを寝る前に1〜2個食べるようにするのも良いのです。

 

オリーブオイルをプラスしたトマト効果

トマトにオリーブオイルを足してしまうとカロリーが高くなる心配があるかもしれませんが、オリーブオイル大さじ1杯のカロリーは111kcalになります。

 

カロリーだけを見れば確かに高く感じると思います。しかしオリーブオイルの効果がトマトの効果と合わせてダイエットにつながる働きをしてくれるのです。

 

オリーブオイルの効果
  • コレステロールを減少させる
  • 中性脂肪をつくにくくする
  • 食べ過ぎを予防してくれる(満腹感を早く感じることができる)

こうしたオリーブオイルの効果と合わせてトマトを一緒に食べることでダイエット効果になるのです。ダイエット効果をさらに高めたい時にはおすすめです。

 

牛乳と一緒に取るとさらにアップ

トマトに含まれるリコピンの働きを高める方法として牛乳と一緒に取ることもおすすめです。これは牛乳と一緒に飲むとことでリコピンの吸収が高まりながら、さらに不足しがちなカルシウムも牛乳で補えることで効果を高めることができるのです。

 

まとめ

トマトを上手に使ったダイエットをすることで、ただのダイエットだけでなく肌にも良い効果と合わせて効果を体感することができます。

またアレンジをすることで一手間加えたオリーブオイルによってもさらに効果を高めることができるために是非チェレンジしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。