チーズダイエット!種類別の驚き効果とおすすめ


チーズダイエットで気になるイメージがカロリーが意外と高いのではないか?ということです。しかし、食べ方やチーズの種類別によってもしっかりとしたダイエット効果があるのです。

その驚きの効果と種類別チーズを紹介します。

スポンサードリンク

 

チーズは太りにくいのか?

チーズの栄養は、牛乳と比べると約10倍の栄養価がチーズにはあると言われています。しかし、その一方でチーズはカロリーが高いイメージがあります。

それは高タンパクであるためにダイエットとしては不向きではないかというイメージです。しかし、実際にはチーズはダイエットをする上では効果的な食べ物の一つなのです。

 

これは最近の調査でわかったことにチーズに含まれているタンパク質が満腹感を促してくれることで食べすぎる心配を予防してくれるためです。

また、チーズは約半分はタンパク質で残りの約半分は脂肪分でもあるのですが、チーズに含まれている脂肪分(乳脂肪)というのは、消化の過程で分解されやすいことも理由にあります。

 

チーズの驚く効果

チーズがダイエットに良い理由以外にもチーズは普段の食事に摂り入れた方が良い理由があります。それが・・・

 

  • 骨粗鬆症を予防する
  • 虫歯を予防する
  • 認知症を予防する
  • 血圧を下げる効果がある

 

といった働きがあるためです。

 

チーズは大きく2種類ある!!

チーズといってもその種類も数多くダイエットには、どのチーズが効果があるのか探すことになりますが、そもそもチーズは大きく分けると2種類のチーズに分けることができます。

 

  • ナチュラルチーズ
  • プロセスチーズ

 

チーズもカロリーに大きな差がある

チーズといっても、作る製法によってカロリーが自体が大きく変わってきます。つまり、ダイエットとシチェおすすめできるチーズもあれば、そうではないチーズもあるということです。

まずはこのカロリーの差をどのチーズにあるのか。カロリーが高いのか低いのか、ダイエットに向いているのかそうでないのかといったことをしる必要があるのです。

 

そしてダイエットに向いていないチーズが・・・・

 

  • クリームチーズ
  • チェダーチーズ
  • パルメザンチーズ
  • ゴーダーチーズ

 

といったチーズです。そしてこれとは反対にダイエットに向いているチーズというのが・・・・

 

  • カッテージチーズ
  • モッツアレラチーズ

 

この2つのチーズがダイエットに向いたチーズです。このうちのカッテージチーズについてはカロリーが100gで100kcalです。

またモッツアレラチーズは100gあたりで250kcalとなります。この2つのチーズ以外になるとカロリーも大きく変わり、カマンベールチーズで言えば、310kcalと大きく数字をあげることになります。

 

チーズダイエットの驚きの効果

腹持ちが良い

チーズダイエットに限らずダイエットをするとなると必ずといって良いほどあることが食事を制限することです。

食事制限をすることで確かに摂取かろりーを抑えることができるために痩せることもできます。ただ食事制限することで食欲に対してかなりの我慢を強いられることになります。

 

これもダイエットが続かなくなる原因の一つです。そのために、ついつい我を忘れて食べすぎてしまったりすることもあると思います。

しかし、このチーズにはチーズを食べることでお腹に満足感を与えやすく、しかも腹持ちまで良いためにダイエット中に起こる空腹によるストレスに対しても有効なのです。

 

そうすることで食べ過ぎを予防できながらダイエットをすることができるのです。

 

イライラを抑えてくれる

食事制限をしていることで、やってくるのがストレスによってイライラすることだと思います。これはカルシウムが不足していることで起こることです。

イライラした時には、カルシウムが良いことはよく聞くことだと思います。そのため、牛乳を飲むことも勧めれていますが、牛乳よりもチーズ100gで600ml分の牛乳を飲むのと同じくらいの効果を得ることができます。

 

こういった例からもチーズはイライラする時にも効果的なのです。

 

脂肪の燃焼を助けてくれる

チーズには、カラダを維持していくために欠かすことのできない栄養をほとんど含んでいることも大きな魅力的で・・・・

 

  • ビタミン
  • ミネラル
  • タンパク質
  • 脂肪など

 

欠かせない栄養素が含まれていますが、チーズにはダイエットにも欠かせない脂肪を燃焼させるためのビタミンB2が含まれています。

このビタミンB2は、取るほどにカラダお脂肪を貯めにくくし脂肪を燃やしてくれます。また、ビタミンB1は炭水化物の代謝を助けてくれ、ビタミンB6はタンパク質の分解と合成を助けるために合わせて摂っておくのもおすすめです。

 

ダイエット中のタンパク質を摂ることができる

ダイエットで大切なことは、ただ体重を落としさえすれば良いわけではありません。体重を落とすだけなら摂取カロリーを抑えればすむ話です。

 

しかし、ダイエットとなると大切なのは、脂肪を燃焼させることに加えて大切なのが代謝をあげるカラダ作りができているかどうかです。

これができているかどうかでダイエット後のリバウンドにも大きな影響を与えるため、代謝をあげることはかなり重要なことなのです。

そしてその一つの方法としてあるのが運動をすることです。運動などの筋トレを取り入れることで筋肉をつけることができれば、代謝も上がり太りにくく痩せやすい体質作りが出来上がるのんです。

 

それだけ代謝をあげるカラダ作りは大切なことなのです。筋肉をつけることは修復と損傷を繰り返し代謝が上がるようになるのです。

 

睡眠の質が高まる

ダイエット中だけでなく睡眠の質が低下していると太りやすくもなります。しかし、睡眠がしっかりと取れていれば成長ホルモンが分泌されやすくなります。

また、チーズには睡眠を促す効果もあります。

 

「睡眠の質」における総合的評価(アンケートの合計得点)および「健康感」「抑うつ」などについて分析した結果、よく眠れたと感じる「睡眠の質」の他、睡眠に入る「入眠時間」や「睡眠時間」、睡眠薬などの「眠剤」の使用、「日中の覚醒困難」の5項目で差が認められ、牛乳乳製品の摂取量が多いものは、ソフトドリンク高摂取者に比べ睡眠の質が良い「良眠」であることもわかりました。

Jミルク

 

美肌になれる

チーズに含まれているビタミンB2は脂肪燃焼にも効果的な栄養素でしたが、ビタミンB2は皮膚や粘膜のビタミンとも呼ばれるほど肌にも欠かせない栄養素なのです。

 

その理由には新陳代謝を高めてくれる働きがあるために肌をキレイにすることができるためです。またチーズに含まれるセレンには肌の老化を予防する働きや乾燥を防ぐ働きもあるために肌をキレイにしてくれるのです。

 

正しいチーズダイエットの方法は

食事と一緒に食べる

チーズダイエットの基本となるところですが、チーズダイエットは1日1回〜2回を食事の時に一緒に食べることになります。食べ方自体には特に決まりはないためにサラダとして、そのまま食べるのもよし。料理として使うのもありです。

 

チーズは1回あたり20g〜40g

チーズダイエットで1回で食べる量は決められた量を守るようにしてください。食べ過ぎはカロリーの取りすぎになってしまいます。
スポンサードリンク

チーズダイエットで気をつけること

食べ過ぎないこと

チーズはその種類にもよりますが、決してどのチーズもカロリーが低いわけではありません。そのために1回で食べすぎてしまえばかなりのカロリーを摂ることにもなります。

そのために食べ過ぎないようにしてください。

 

食事そのものの量も考える

食べ過ぎないことにも関わることで、チーズ以外の普段の食事もお腹いっぱい食べれば良いというわけでもありません。

チーズダイエット中なら、腹8部目程度で済ませ、また食事中はしっかりと噛んで食べるようにしてください。しっかりと噛むことによって食べる量も制限することにもなるため量を減らしながら満腹感を作り出すこともできるようになります。

 

しっかりと噛むことは、満腹中枢を刺激させることに意味があるのです。

 

食物繊維も合わせて摂る

ダイエット中に不足しやすい物に食物繊維があります。これはチーズには含まれていない栄養の一つでもあるために不足させないように摂る必要があります。

 

食物繊維の働きには、腸の働きを活発にすることで腸の蠕動運動により便秘を解消する働きにも繋がります。

また、お腹に満足感を与えてくれる効果もあるためにダイエット中には欠かさず摂っておきたい栄養素の一つなのです。

 

チーズの種類別でダイエット効果は変わるの?

カッテージチーズ ダイエット

カッテージチーズの素晴らしいところは、何と言っても低カロリーで高タンパクなところです。これはダイエットとしてはかなり良い食べ物と言えます。

特にカロリーが低いだけでなく脂肪分も少ないのも特徴です。例えば、プロセスチーズと比較した場合の差がこのようになります。

 

カロリー タンパク質 脂肪
カッテージチーズ 105 13.3 4.5
プロセスチーズ 339 22.7 26.0

 

モッツァレラチーズ ダイエット

モッツアレラチーズもカロリーの低いチーズの一つで、100gあたりで250kcalしかありません。しかし、大きく違うところは、脂質を抜いて作っているというところです。

 

つまり、腹持ちが悪くなりやすいために、ついつい他の食べ物を食べすぎてしまうことで結果的に太る可能性に気をつけなければならなくなることです。

 

しかも味も何かボソボソとした感じのためにダイエット中であっても満足したいと考える女性からすればあまりお勧めできないかもしれません。

また栄養バランスも少しバランスが悪いのも特徴です。つまり、栄養バランスが悪いために、他の食事をする時にバランスを考えなければならなくなるために、間違った食事をしてしまうと太る可能性も高くなるということになるのです。

 

100gあたり タンパク質 脂肪 炭水化物
モッツアレラチーズ 18.0 20.0 1.5

 

カマンベールチーズでダイエット

チーズの大きな魅力の一つがビタミンB2が含まれているということです。特にビタミンB2は摂る程、脂肪を燃焼しやすくなるためにダイエットには欠かせません。

 

特にカマンベールチーズに関しては、このビタミンB2が特に豊富にあります。その差は、カッテージチーズと比べると実に3倍もビタミンB2を含んでいます。

 

プロセスチーズでダイエット

プロセスチーズの何よりの魅力は、価格の安さです。安いがために買いやすく続けやすいメリットがあります。

またカロリーは、カマンベールチーズと比べれば少し高くはなり、さらにビタミンB2の含まれている量も少なめにはなってしまいます。

価格の安さで考えたいのであればこのチーズで決まりです。

 

ブルーチーズでダイエット

ブルーチーズは、青い色がはいった食用の青カビを繁殖させることで発酵させたチーズですが、この青カビこそがカラダにとってよい効果を与えてくれるのです。

 

ビタミンB2

バルミチン酸

セレン

  • 皮膚や粘膜を守りながら新陳代謝を促すことで肌トラブルを減らす
  • 抗酸化作用がありシミやニキビを予防する
  • 肌の老化を防ぎ毒素をカラダから排出する
タンパク質
  • 良質なタンパク質をとることができ筋肉をつくる
  • 脂肪燃焼できる
乳酸菌
  • 腸の働きを活性化させる
  • 毒素を排出する
  • 食べ物の消化を助ける

 

こうした効果以外にも健康によい効果やアンチエイジング効果も含め、PMS症状を和らげる働きももっているのです。

 

クリームチーズでダイエット

クリームチーズで気になるのが、カロリーが高いということかもしれません。クリームチーズは200gで646Kcalにもなるためダイエットと考えると不向きなチーズだと思うかもしれません。

しかし、クリームチーズもダイエットとして考える場合に必ず悪いというわけではないのです。クリームチーズは確かにカロリーが高く脂質も多いという欠点がありますが腹持ちがよいという点ではおすすめなのです。

 

ダイエット中は、低カロリーな食事を意識しがちですが、このせいでストレスになりイライラすることもあります。その結果、食べ過ぎてカロリーを摂りすぎるということにもなりかねません。

クリームチーズをつかってダイエットをする場合には、カロリーの摂り過ぎに気をつけることはもちろんですが、糖の吸収を抑える食物繊維を一緒に摂るようにすることもおすすめです。

 

糖質はどうしても腸の中では吸収が早いために肥満を招くことになります。そのため食物繊維を一緒に摂るようにしましょう。

 

ベビーチーズはダイエットによい?

ベビーチーズは、タンパク質やカルシウム、脂肪分のバランスがよく、GI値も30前半となるためにダイエットに使うのもおすすめですが、やはり食べ過ぎてしまえばカロリーの摂り過ぎになるのは当然です。

 

とろけるチーズでダイエット

とろけるチーズの種類にもよりますが、カロリーの違いはあれど高カロリーな食べ物になってしまいます。100gあたりで約380Kcalほどになります。また糖質をみても他のチーズと比べてもやや高くなっています。

 

また摂るけるチーズの場合、固形のチーズと違いトッピングなどで使うために他の食材と合わせた総カロリーになるためにカロリーの摂り過ぎにも注意しなければなりません。

また塩分が含まれていることも食欲を増す原因になることも考えられます。そこでとろけるチーズでダイエットをする場合は、チーズそのもののダイエット効果はあるので、食べ方に注意すればいいのです。

 

  • 炭水化物と合わせない
  • オリーブオイルを少量垂らす

 

まとめ

チーズダイエットが成功するかどうかの、もう一つの鍵にもなるのが栄養バランスです。特にチーズで取れる栄養とは別に不足しやすい栄養もあります。

ビタミンCや食物繊維、鉄分といった栄養は不足しやすくなるために普段の食事で必ずバランスよく取っておきたいところです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。