チートデイの翌日の食事はどうする?カロリー・体脂肪率見極める頻度と運動は?


チートディをうまく利用することで痩せる

ことができる、身体に刺激を与えて停滞期

を乗り越える方法です。

チートディはやり方さえ間違えなければ

痩せることができる一方でリバウンドする

可能性があります。

翌日の食事やカロリー・体脂肪率・運動は

どうするのかを見極める方法をお伝えして

いきます。

スポンサードリンク

 

チートデイとは?痩せる秘密の言葉

 

チートデイという言葉にあるチートは英語

(Cheat)で騙すという意味を持っています。

つまりチートデイで「騙す日」をいう意味を

もつことになります。

 

 

このチートデイはダイエットでいうところ

はごまかす日をつくることで痩せることが

できる方法なのです。

1週間~2週間に一度の割合でたくさんの

食事をしてカロリーを摂取する日を作ること

で、好きなものを好きなだけ食べれる日を

わざと作り、身体に飢餓状態に陥ることを

防ぐ目的(だます)ことをすることが

痩せる仕組みを作るためには必要なこと

なのです。

 

 

停滞期と飢餓状態がダイエットの失敗を招く?

 

ダイエットをしていると必ず食事制限など

から停滞期を迎える時期がきます。

この時期になにをしても思うように痩せる

ことができなくなるどころか、飢餓状態に

なってしまうことで、余計に食欲が抑えられ

なくなり食事を食べ過ぎてしまいリバウンド

する・・・・

 

 

ダイエットに失敗する人はこういった

リバウンドを自ら作り出していることで

痩せるどころか太ってしまっていることが

あります。

 

 

この停滞期を作ることがそもそもダイエット

として見た場合必ず通る道になるわけですが

ダイエット中に起こる停滞期には人の身体に

危機を感知させてしまうことに原因があります。

 

 

つまり「ホメオスタシス機能」という

危機管理システムが関係しているからです。

ホメオスタシス機能とは人が生きるために

重要な体温や血糖値の調整など、外部の環境

が変わっても常に正常に保つための働きを

する機能です。

 

 

これは体重の5%が減少したタイミングで

始まると言われており、ダイエットなどで

食事を摂らない状態が続くことでホメオ

スタシス機能が働き、少ない食事から

摂った栄養やエネルギーの吸収率が

高まります。

 

 

さらに基礎代謝量や運動時の消費エネルギー

も低く抑えようと身体が反応するために

体重の5%減少から1カ月前後続くことが

わかっています。

 

 

こうした一種の飢餓状態に陥ることで

身体が節約モードに入るために停滞期

は痩せにくい時期になるのです。

 

 

そして通常であれば、お腹がすくことで

膵臓からグルカゴンというホルモンが分泌

され、肝臓のグリコーゲンを分解して

血糖値を上げたり、リパーゼに働きかけ

体脂肪を分解したりします。

 

 

ですが飢餓状態になるとリパーゼの働きが

鈍ることで脂肪分解がうまく行うことが

できなくなるのです。

 

 

  • 脂肪を節約しようとする
  • 脂肪を取り込もうとする
  • 筋肉量が減る

 

 

こういった状態になってしまうのです。

食べていないのに太るのはこういった

身体の機能から太りやすくさせてしまって

いるのです。

 

 

チートデイは停滞期に効果が出せる!

 

停滞期に悩む人は意外と多いものです。

しかし太りやすくリバウンドしやすい

時期ではありますが、逆にダイエットが

順調にすすんでいる証拠にもなります。

 

 

この停滞期に身体が入ったかどうかを判断

するためには、1カ月で5%以上の体重が

減少することでホメオスタシス効果に

よって停滞期が起こっているのかがわかり

ます。

 

 

そして停滞期は間違った方法をしていな

ければ停滞期を迎えた後は必ず痩せることが

できます。

ですが身体が飢餓状態になっていると判断

した場合に少ない食事から摂った栄養や

エネルギーを身体に少しでも蓄えておこうと

することから体重も体脂肪も落ちなくなる

のも事実です。

 

 

こういった時期に身体が少ないエネルギー

や栄養で慣れてしまったところに大量の

エネルギーを供給することで、食べても

たくさんのエネルギーがまた来ると錯覚させ

ることができるのです。

 

 

つまり停滞期の原因となるホメオスタシス

の効果が解除され、もとの状態に戻す(だます)

ことで停滞期を一時的に解除させることが

できるのがチートデイの役割なのです。

 

 

そうすることで飢餓状態に慣れた身体が

騙されて再びエネルギーの消費を始める

ようになるのです。

 

 

チートデイの効果

省エネモードからの脱出(停滞期の脱出)

食事をある程度制限するなどをすることで

体重が1カ月で5%以上減少することで、

ホメオスタシス機能が働きます。

 

 

こうすることでホメオスタシス機能が

働いている間は食べ物から摂った栄養を

エネルギーとして吸収率を上げてしまい、

身体が消費するエネルギーを減少させて

しまいます。

 

 

ですがチートデイでわずか1日の間に

食べる量やカロリー数を増やすことで

一時的にホメオスタシスを解除することが

でき停滞期から脱出することができ

本来の状態に戻すことができます。

 

 

代謝をもとに戻しアップさせる

ホメオスタシスの解除が行うことができる

ことで、身体も省エネモードから脱出すること

ができ、代謝ももとに戻すことができ、本来

あるべき代謝に戻すことで消費カロリーも

アップすることができます。

 

 

ストレスの一時的な解放

ダイエット中の食べることへの欲求を抑える

ことはかなりストレスになってきます。

食べたいのに食べる事が出来ないことは

予想以上にストレスが身体に溜まって

きます。

 

 

しかし、チートデイによって停滞期を

脱出させるために、食べることで食欲から

のストレスを一時的に解放することができ

食べれないストレスを解消してくれます。

 

 

停滞期前と同様に体重が減る

 

一度停滞期に入ってしまうと身体は

少ないカロリーで身体を維持させようと

ホメオスタシスが機能してしまいます。

ですが、チートデイをすることによって

ホメオスタシスの解放と同時に身体の

消費エネルギーも本来の状態に戻すことが

できるために、ここからまた体重を減らして

いくことができるようになります。

 

 

チートデイをしてもいい人の条件とは

 

チートデイをしてもいい人には条件があり

ます。それは毎日の食事で摂っている

カロリーをしっかりと把握している人が

その対象となります。

 

 

これはきちんとカロリー計算ができて

いないと、いわゆる食べ過ぎで太ることにも

なりますし、停滞期がくる時期も人によって

個人差があるために、しっかりと自身で

把握できておかなければなりません。

 

 

チートデイの目的は食事でのカロリーを

大量に摂ることにあります。

つまり飢餓状態や停滞期を感じた時に

騙すためのカロリーをとらなければ

なりません。

 

 

つまり極端にカロリーを増やすために

  • 普段の食事のカロリーを把握すること。
  • 普段の消費カロリーを把握しておく事。
  • 中途な量を摂取しないこと。

 

 

これらを把握した上で普段の食事の摂取

カロリーに+2500Kcal程度を摂らなければ

ならないのです。

 

 

またチートデイを行える条件としては

  • 男性の体脂肪率が25%未満
  • 女性の体脂肪率が35%未満

 

 

この場合にのみチートデイをできる対象と

なります。逆に言ってしまえば、この基準値

以上になる体脂肪率の人にはチートデイは

必要がないといことです。

 

 

チートデイをするための体脂肪率の目安と頻度

 

チートデイは停滞期の訪れる時期や

体脂肪率によって個人差があります。

そのために体脂肪率のパーセンテージを

一つの目安としてチートデイを行う日を

設定するといいでしょう。

 

 

女性の場合

体脂肪率20%以上~25%未満 1週間に1回
体脂肪率25%以上~30%未満 10日に1回
体脂肪率30%~35%未満 2週間に1回

 

 

チートデイはあくまで体脂肪率に合わせて

行うほうがいい理由には、痩せる事ことが

できるからといって決められた回数

以上行うことは逆にうまく痩せることが

できなくなります。

そしてチートデイは何日もするものではなく

1日だけで終わらせることで効果があるため

チートデイは必ず一日で終了させるように

しなければなりません。
スポンサードリンク

 

チートデイが1日だけなのは?

 

チートデイが1日だけで終わらせなければ

ならないのには、チートデイで食べるカロリー

は普段の食事のカロリーと比較しても

かなり多いカロリー数になってきます。

 

 

これは停滞期を一時的に脱出させるための

「騙し」であるために、1日で摂るカロリー

を2日、3日と続けてしまえば当然カロリー

摂取オーバーとなるわけです。

 

 

つまり食べ過ぎによるリバウンド!!

なんてことにも繋がりかねません。

またチートデイをした翌日の体重は当然

ながら増加します。

 

 

ですが翌日の体重増加はむしろ増えても

問題ない増加です。

逆に問題となってくるのは、チートデイで

食事のカロリーが大幅にアップしたことで

翌日から新たな誘惑が襲ってくることに

あります。

 

 

翌日からの食事はまたある程度抑えた

食事をしなければならない上に食欲が

また湧いてくる時期でもあります。

こういった翌日からは本当に大変で、ここで

ダイエットを断念してしまう可能性もある

くらいに過酷になってきます。

 

 

食欲が解放されたことによって食欲が

湧いてくる。そして食欲を我慢するといった

繰り返しをすることでのストレスを感じる

ことにもなってきます。

 

 

チートデイでのダイエットで重要なもう

一つが、やり遂げる強い意志がなければ

ならないのにはこういった理由からです。

そのためにもチートデイは必ず1日で

終わらせ次の周期まで耐えなければ

なりません。

 

 

チートデイの食事の摂り方と翌日からの食事のやり方

 

チートデイのメリットは何といっても

おおまかに言えば好きなものを好きなだけ

食べることができる食事ができることに

ありますが、細かく言えば好きなものと

いうのは糖質の摂取をメインにする食事で

なければなりません。

 

 

もちろん、体重や体脂肪率、カロリーを

計算した上での話ですが、チートデイが

終わった翌日の食事をどう摂るかでその後の

効果がはっきりと変わってきます。

 

 

翌日以降の食事の摂り方はチートデイを

始める前と同じように量質タンパク質と

ビタミンやミネラルを積極的に摂取しなけ

ればなりません。

 

 

つまり毎日の食事に高タンパクで低カロリー

な食品に野菜や果物などでビタミンミネラル

を効率的に摂ることでバランスを考えて

いかなければならないのです。

また普段の食事では糖質に入る炭水化物は

できるだけ制限するようにします。

 

 

チートデイの日だけが逆に炭水化物を

しっかりと摂っても良い日になります。

 

 

チートデイをおすすめ出来ない人とは

 

チートデイをするにあたっての一つの

基準としてあるのには、体脂肪率が

目安となります。

 

 

  • 男性体脂肪率 25%未満
  • 女性体脂肪率 35%未満

 

 

この基準より体脂肪が多い人はチートデイ

には向かないのです。その理由には停滞期

に入るために必要な基準値以上の体脂肪を

身体に蓄えているためです。

 

体脂肪率が多いということは体脂肪が

減るまでにかなり時間がかかるということ

です。消費できる体脂肪が多いと、身体に

貯めている脂肪が多いために停滞期には

中々入りにくくなるのです。

 

 

つまりチートデイによって痩せるためには

体脂肪率を基準値まで落とす必要があります。

まずは体脂肪を落とすダイエットを始め

なければならないということです。

 

 

そしてチートデイでダイエットをしよう

としても向かない人もいます。

チートデイの効果がしっかりと見込める

反面かなりリスクも伴うダイエット法

だからです。

 

 

それは食欲との闘い出会ったりする

「欲」に対してどこまで我慢できるか、

または負けないための強い意志を持って

いるかで向き不向きが変わってきます。

意思の弱い人にはチートデイは過酷かもしれ

ません。

 

 

チートデイの口コミは?

先週、ラーメンやピザや寿司食べてからドーンと体重増えちゃったけど、昨日今日でなぜか、1ヶ月間停滞してた体重がガクンと減った。
チートデイ効果?1週間時差があったけどな

 

チートデイ効果なしかな?
翌々日に増えてすぐ減ってそのまま変化なし。
チートデイ前より減ってくらしいと思ってたからただのドカ食いになてるのかも(;・ω・)

 

ねえチートデイ効果あった停滞期抜け出したやばい嬉しい

 

チートデイ効果あった!ビビる!

 

 

まとめ

チートデイでダイエットに向いている人と

向かない人の特徴をするだけでも大きな

情報になります。

チートデイで痩せるためには、停滞期を

うまく利用して「だます」ことをしなければ

なりません。

 

 

ですがやり方を間違えてしまうと食欲が

抑えられないだけでなく、必要以上に何日も

食べてしまうことで確実にリバウンドを

招く可能性が大いにあります。

 

 

チートデイを利用してダイエットをする

場合は必ず強い意志と行動力をまず持つ

ことが大切になるでしょう。
そしてチートデイをしている間に運動に

よるダイエットをするべきかどうかに

対しては、結論から言ってしまえば、どちら

でもかまわないということです。

 

 

チートデイは思っている以上に過酷な

ダイエットかもしれません。

食欲を抑えることによる大きなストレス

を解消できる機会はチートデイの日のみ

になります。

 

 

こういった意味では運動を取り入れて身体

を少しでも動かすことでストレスの解消に

繋げることができるかもしれません。

 

 

食事の栄養バランス、カロリー、体重

体脂肪率などをしっかりと計算し記録する

事に加え、チートデイ以外で必要な栄養、

そしてチートデイで必要な栄養をしっかりと

摂ることも必要です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。