低炭水化物ダイエットは危険!結果女性は太る


炭水化物の摂取量を制限することで

痩せるダイエット方法なのですが、最近

では女性には危険性があると言われています。

その食事には何が問題があるのか!!

スポンサードリンク

 

低炭水化物ダイエットとは

痩せる体質

低炭水化物ダイエットというのは、炭水化物

の量を減らすダイエットの食事方法として

あります。

 

 

炭水化物が多く含まれるごはん、パン、麺類

といった物を食事の中から食べることを

控えることで炭水化物の量を減らそうと

するダイエットです。

 

 

そして炭水化物を減らす代わりに、

高タンパクな食べ物を食事で摂ることで

栄養を補うことがてい炭水化物ダイエット

なのです。

 

 

低炭水化物ダイエットの危険性とは

夜 食べ過ぎ リセット

最近の調査でわかったことに低炭水化物

ダイエットをすることに、かなりの

危険性があるといわれています。

 

 

それは低炭水化物ダイエットを続ける

ことで様々な身体の箇所に不調が生じる

可能性が高くなっていくということです。

 

 

それは長期間続けることで心筋梗塞や

脳卒中になる危険性が高まるということ

です。

 

 

普通の食事で生活している人と低炭水化物

をした食生活をした群と分けて調査した

ときに、その差はじつに1.6倍もあると

言われています。

 

 

しかも極端に炭水化物と高タンパクに

偏った食事をとっている人では病気に

対するリスクが6割増しになる結果まで

あります。

 

 

そしてダイエットとして考えた場合に

起こる危険性には3つの危険性が指摘

されています。

 

 

1 筋肉までも分解する

ジム筋トレ

通常ダイエットをする目的は身体に

溜まった脂肪を燃焼させ痩せようと考える

はずです。

 

そしてこの脂肪を燃焼させるのに必要

なのが基礎代謝を上げることによって

脂肪を燃焼していきます。

 

 

基礎代謝にはが高まる理由には筋肉の

存在があるために代謝が良くなるわけですが

低炭水化物ダイエットなどで極端に炭水化物

をセーブしてしまうと、脂肪だけでなく

筋肉までも分解してしまうのです。

 

 

筋肉が減るということは、つまり代謝も

下がることに直結するために、今まで

消費してこれたエネルギーがうまく消費

できない状態になります。

 

 

ここにダイエット食事を止めてしまう

ことでエネルギーが余分に余ってしまい

脂肪として蓄えられていくのです。

 

 

筋肉量が減っている状態では基礎代謝

も下がった状態のため、消費効率も

悪くなることで太ってしまうのです。

 

 

2 脳が栄養不足状態になる

炭水化物にあるブドウ糖は脳にとっては

欠かせないエネルギー源の一つですが、

低炭水化物ダイエットなどで極端に炭水化物

を制限することで、女性からすれば炭水化物

は太る天敵!!

 

 

なんてことも言われています。

ですが、炭水化物が不足することで脳には

危険なことしかありません。

 

 

頭がぼーっとしたり、ふらふらする、

すぐに眠くなるといったことが起こる

ようになります。

そして集中力が続かなくなり無気力や

疲労感といった悪循環になってしまう

のです。

 

 

3 肝機能の低下が起こる

食事などで摂った栄養はエネルギーに変える

ために肝臓でエネルギを生産しています。

ですが、炭水化物が不足した状態になる

ことで肝臓にも重い負担をかけてしまう

ことになります。

 

 

これは炭水化物を制限することで

肝臓に糖の蓄えがなくなると筋肉の

タンパク質を分解してブドウ糖を作り

だそうとします。

 

 

これを糖新生といいますが、糖質が

不足することで、こういったことが起こり

、これを繰り返していくことで肝機能が

低下していくのです。

 

 

肝機能が低下すると解毒作用が低下する

ことになるために、疲れやすくなったり

倦怠感、食欲不振、肌荒れやシミといった

症状につながっていきます。

 

 

炭水化物を長期にわたって制限する

とこういった様々な危険性と病気を

誘発させる原因となってきます。

 

 

必要なことは長期にわたって炭水化物

を制限しない事が大きなポイントです。

そして炭水化物を短期間で制限することも

あまりよくはありません。

 

 

結果だけ見れば、短期間で痩せることが

できますが、長い目で見ていけば、必ず

どこかでダイエットを始めているでしょう。

 

 

炭水化物は摂ることに意味がある

炭水化物1

炭水化物を食事の中に取り入れると

太ると思っている人は意外と多いものです。

ですが、じつは必ずしも太るわけではなく

間違った制限をしていることが太る

原因になっているかもしれないのです。

 

 

まず炭水化物が太りやすい理由には

食べ過ぎてしまっていることが大きな

原因です。

これは炭水化物に限らず食事の食べ過ぎ

全てに言える共通のことだと思います。

 

 

そして炭水化物は食事で摂ることに

意味があります。

まず炭水化物を制限は抜く事をすると

様々な疾病やダイエットの不調を招く

ことになりかねないとお伝えしてきました。

 

 

それがいわゆるリスクとして上げられる

ことですが、本当に必要な炭水化物

ダイエットは食べることに意味が

あります

 

 

炭水化物を摂らない食事と炭水化物を摂った

食事とでどちらがカロリーを消費するのか

調査した結果がります。
スポンサードリンク

 

条件としては同じメニュー、同じカロリー

で炭水化物が含まれているか、いないか

の違いによる調査ですが、この結果から

いえば、炭水化物を含む食事を摂った

人の方がカロリーをよく使っている

ことがわかっているのです。

 

 

つまり。、炭水化物は燃えやすく

カロリーを消費しやすいという

ことです。

 

 

そしておすすめがごはんなのです。

 

 

炭水化物ダイエットの本当の意味

ダイエット 食事 置き換え

日本人の食生活は欧米化したことで

様々な国の文化とともに食文化も大きく

変わってきました。

 

 

つまり食生活にもかなり大きな影響

が出てきているということなのです。

私たちの食事に洋食化が進むことで

食事の中でのバランスが崩れていって

しまっていることが、よりダイエットを

始めるきっかけになっているのかも

しれません。

 

 

じつは洋食の食事が多い人で太って

いる人が和食中心の食事生活に変える

ことで痩せたなんてことはよくある

ことです。

 

 

和食はそれほど日本人のあった食事

ということです。

一汁三菜がまさにダイエット食になる

ということです。

 

 

ごはんがあって、主食、主菜、副菜など

のバランスの良い食事メニューをただ

食べるだけでダイエットになるのです。

そしてダイエットだからといって食事を

一食でも抜けば太る原因にもなります。

一日三食の食事をバランスよく食べる

ことが成功の鍵なのです。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!

 

 

ごはんは3食には必ず取り入れ炭水化物を

とらなければなりません。

 

 

そして食べる順番にも気を使うことでも

効果はあります。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

ダイエットは食事の順番で効果が決まるって本当!?

 

 

ごはんといった炭水化物は確かに

太りやすいかもしれませんが、それは

バランスの悪さと食べ過ぎの場合の話しです。

ごはんほどエネルギー消費を高めてくれる

ものはないでしょう!!

 

 

そして最後に一日三食の食事はしっかりと

良く噛んで食べる事です。

良く噛むだけでもダイエット効果はかなり

あります。

「よく噛むことがダイエットになる!

痩せ方が変わる食事」

よく噛むことがダイエットになる!痩せ方が変わる食事

 

 

食事は簡単に済ませてしまう人も

いるとは思いますが、食事の時間は

落ち着いてゆっくりと食事をするだけ

でも変わります。

 

 

早食いをせずに良く噛んで食べること

で食べ過ぎを防止する効果もあります。

 

 

まとめ

おにぎりダイエット

低炭水化物ダイエットの危険性には

こういった炭水化物を制限することで

様々な疾病やダイエットとは逆効果に

なることもあります。

 

 

本当に必要な事は炭水化物を摂ることで

エネルギー消費をしやすくする必要が

あります

そして何より全ての食事をバランスよく

摂るために和食が最も効果的になるで

しょう。

 

 

そしてもう一つ気にしなければならない

ことは朝食の時間です。

朝食をしっかりと摂ることが、その日の

一日の代謝を上げることに大きく左右

します。

「ダイエット中の朝食メニューが食べ方で

痩せる!」

ダイエット中の朝食メニューが食べ方で痩せる!

 

 

一日の始まりを作るためには朝から

ダイエットを意識する必要もあります。

是非実践してみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。