【たった1日】停滞期を脱出する特別な方法!過ごし方が鍵になるダイエット


最近、体重が落ちないと感じることはありませんか?これはある日突然やってくる停滞期というものです。そしてダイエットに失敗するほとんどの人が停滞期の秘密を知らずに、暴飲暴食などによって失敗に終わることになっているのです。

そこで!!停滞期を乗り越えることができない原因と停滞期を制すために具体的な方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

停滞期を制せ!これがダイエットの鍵になる!!

ダイエットを始めてすぐに体重が落ちたと喜ぶ事があると思います。ただその後にいくら頑張っていても思うような体重の落ち方がしない経験をしたことがあると思います。しかも体重が全く落ちなくなったという経験もあるでしょう。

 

特にダイエットに励んでいて結果がついてこなかった日にはやる気もなくなりダイエットが長続きしなくなる原因にもなりますよね。

 

停滞期に入るとなぜ体重が落ちない?

ダイエットを始めた直後は、なにかしらの制限をすることでスッと体重が落ちるものです。好きな食べ物を制限することで、揚げ物を控える、炭水化物を減らすなどすることで摂取カロリーと消費カロリーのバランスが消費カロリーが増えることで体重が落ちていきます。

 

ただ必ず訪れるのが、ダイエットを始めて1カ月頃を時期に体重が落ちなくなる時期がきます。または体重の5%を目安に減量できるとカラダの機能が働くことで停滞期が始まるわけです。

この時期をホメオスタシスという省エネに変わる節約モードに突入するのです。ただこの時期にはいっても、これまでの間に体重が落ちているにしても、じつはカラダの脂肪はまだまだしっかりと残っている状態なのです。

 

このホメオスタシス機能をわかりやすくいうと・・・・

 

  • 生命を守るシステム
  • 少ない栄養の吸収率を上げる
  • カロリー消費を最小限に抑える

 

といったことをカラダが反応することで起こすのがホメオスタシスなのです。そしてダイエットにおいてこのホメオスタシスとうまく付き合う事ができているかどうかでその後のダイエットが成功するのか失敗に終わるのかの鍵になります。

 

停滞期に入った!何をすればいいの?

停滞期に入ったと自覚するには、体重が落ちなくなた時期として1カ月や体重の5%を目安にすることになりますが、停滞期に入った時にまずすることがあります。それは何もしないことです!!

この意味には、まず焦らずに今までと同じ食事続けること。そして運動を続けることが最も需要になります。ここではあくまでも同じ状態を続けることになります。間違ってもさらに食事量を減らしたり、運動量を増やしたりすることはしないでください。

 

ここでもし食事や運動を必要以上に制限やしすぎることをすると飢餓モードをさらに助長させてしまい逆効果になります。またさらに無理な状態から追い込むことで精神的にも大きな負担となってリバウンドを招くことになりかねません。

 

ダイエット中の停滞期の期間

停滞期に入ったら何もしないでおくというのはこういうことなのです。そして停滞期は個人差があります。2週間から1カ月の期間は続くと言われています。この時期は体重を減らす意識を持つよりもじっと何もせずに停滞期を抜けだすのを待つようにしてください。

 

停滞期を早く脱出したい!何をするのがいいのか

食事は記録しておく

食事を摂る時に、何を今日は食べて、カロリーはどれくらいになるのかなどを具体的に書き出して見るのもおすすめです。そうすることでカロリーを摂りすぎていたことに気づくこともあります。

また必要な栄養の内の不足している分の栄養も知ることができます。ただ記録をつけるということは、結構面倒と感じることでもあります。しかし、食事の記録をとることは、それでけでもダイエットになります。

 

食事の内容を思い返す

食事を記録することにも言えることですが、ダイエット中の食事でカロリーや油ものに気をつけることがあると思います。ただ大切なことはダイエット中こそ食事のバランスを考え見直すことがその後のカラダに影響としてでてきます。

 

悪くなればリバウンドです。そこで痩せるための食事として考えるのではなく腸内環境をよくする食事としてデトックスに特化したような食事をするという意識を持つこともダイエット後のカラダにリバウンドを作らない方法です。

 

プロに相談するのもいい

ジムへ行くと個人でも見てくれるようなところもあります。そこでトレーニング内容であったり食事の内容を一度見直してもらうことも一つの方法だと思います。自分だけでダイエットをするよりもプロに相談することでより確実にステップが踏めるのも早く結果をだす方法です。

 

また直接ジムにいかずにネットを利用してパーソナルトレーナーに直接相談のメールを入れてアドバイスを聞くことも一つの手段です。

 

体を休める日をつくる

カラダを休めることができていますか?普段から仕事やダイエットなどでカラダを酷使しすぎているとカラダにも負担になることもあります。疲れている時はリラックスできる環境作りや睡眠をしっかりと摂ることも大切です。

 

数日間だけ食べる量を戻す!チートデイを試す

ダイエット中に心配なのはリバウンドしないかという不安から、少しでも食べる量を増やしてしまったらまた太るのではないか!!という事も常に頭にあるはずです。ただ、数日間だけであれば食事のカロリーを戻すことは逆によいこともあります。

 

これをチートデイという方法によって体重が落ちにくくなっている時期から、2日~3日間だけカラダにエネルギーを補給することで、省エネモードからエネルギー消費モードに切りかえることができるのです。

 

ただ気になるのは、いつ、どのタイミングでチートデイをすればいいのかだと思います。そもそもチートデイを摂りれることで4つのメリットがあります。

 

  • 暴飲暴食をしづらくなる
  • 食べたいものを我慢することができるようになる
  • 停滞期を乗り越えることができる
  • 素人でも始めやすい

 

これらのメリットがチートデイをすることでのメリットです。特にダイエットに関係なく全くの素人でもすぐに実践できることが大きな特徴かもしれません。停滞期で悩んでいる最中に入っていれば暴飲暴食になる前に始めることがおすすめです。

 

またリバウンドという心配になる前にもチートデイをすることでダイエット中のリバウンドの心配も回避することができ、さらにダイエット中の食欲として食べたい時に食べれない苦痛に対してもチートデイをすることで我慢をする習慣にもなります。

 

またチートデイのよいところは、食べたい欲求があるときに我慢をすることも大切ですが、週に1回だけチートデイをすることで食べたい欲求も緩和することになります。

 

チートデイの考え方2つをますは知っておこう

チートデイを始める前に必ず知っておいてほしいことがあります。それは食べ物を食べれば体重は増えるということです。普通に考えて当たり前のことですが、たとえば食事で2Kgの食べものを食べたとします。

そうすれば体重も2Kg増えるのは当たり前のことです。ただチートデイの場合は、その翌日から脂肪も燃焼しやすくなるために、食べて太ったという認識は捨てておくことが大切です。

実際には、翌日から1週間のダイエット中で体重も落とせるようになるので心配はいりません。

 

チートデイは完璧にする必要はない

ダイエットに一生懸命になることは素晴らしい事です。ですが、その反動で体重が増えてしまったり、負の感情が襲ってきたときに精神的にも苦痛となってしまいます。特に暴飲暴食をしてしまった時には後悔することでダイエットが続かないようになることもあります。

 

そこで仮に暴飲暴食をしたら、次の日には元のサイクルに戻してあげることです。一度や二度ダイエットで暴飲暴食してもヤケにならずにまた始めようと考えることです。失敗してももう一度を考えることが大切です。

 

チートデイを始めるなら知っておくと得する秘密

チートデイをする日は計画し考えておく

週に一度は自分に対してご褒美を与えてあげることは、気持ち的にもカラダ的にも嬉しくなるものです。そこでチートデイをする時にたべるチートミールを考えることです。週に1度だけ自由に食べることができるチートミールシステムを予め計画しておくことです。

 

これはダイエットなどで長期間、糖質を大幅にカットするとカラダは糖質が不足した状態になります。するとカラダがそれに慣れてしまい、かえって体重や脂肪が落ちにくくなってしまうのです。

 

これを1週間に1度の割合でチートミールを摂りれることで代謝が促進されるようになるのです。ただここで気をつけておきたいことがあります。

 

  • チートミールは心を満足させる

 

この意味は、ただドカ食いをすればいいというわけではなく、無理に時間や曜日をつくるのではなく自分の予定に合わせてつくることが大切です。そして食いだめをしないことです。

 

脂肪が燃えやすくなる

ダイエットの停滞期に差し掛かった時にチートデイをすることで体重を落とすことができるのにはレプチンが関係しています。これは食事でとったエネルギーが大幅に超えている場合に消費できなくなりますよね!!

 

このときにレプチンが働いてくれると食欲を抑えるだけでなく、体重を調整してくれる働きをしてくれるのです。これは食欲を脳の視床下部で食欲調整神経と結合することで、食欲が抑制されるだけでなくエネルギー消費が増加するのです。

 

これがチートミールを利用してレプチンの働きを促すことで脂肪を燃焼させるのです。そしてこのレプチンの働きを活性化させるには炭水化物が必要になります。

 

チートデイはお腹がすくからするものではない

チートデイは1週間に1回の目安ですることに意味があります。ただお腹が空いたからといってむやみにチートデイをすることはダイエットにもならずに逆にリバウンドすることで太ってしまう可能性を大きくします。

 

たとえば、仕事を一生懸命にしたことで特別な日に自分にご褒美として何かを買ったりすることがあると思います。言いかえればチートデイもこれと同じようなことが言えます。

あくまで特別であることの意識を持つことも必要なのです。また大前提としては、停滞期にカラダが入っている状態であることです。この停滞期にそもそも突入いsていない状態でいくらチートデイをしても太るだけになります。

 

チートデイはやっぱり週に1回が目安になるの?

チートデイで食べる時におおまかなカロリーは普段食べているカロリーとどれくらい違うかしっていますか?チートデイではしかkりと食べていい事になっていますが、チートデイで食べる量は普段の1.5~2倍くらいになるといわれています。

 

つまりこれ以上の限度を超える食べ方をしてしまうと意味がなくなってしまうために気をつけたいところですが、チートデイの効果がかなり効果的なことを踏まえて、回数を増やすことができるのかどうかも気になると思います。

 

一つの目安として考えてください。

体脂肪率が20%くらい 1週間に1度の目安
体脂肪率が30%くらい 2週間に1度の目安
体脂肪率が35%くらい チートデイをする必要なし

これはしっかりと定期的にダイエットをしていることが前提になります。

 

食べ過ぎてしまった!そんな時に脂肪にさせないためにできること

ついつい食べ過ぎてしまったと思った時は、すでに遅かったりするものですが、食べたものをなかったコトにできる都合のいいものなんてあるわけがないと思っている人も多いでしょう。

要は考え方の問題です。一番怖いのは、食べたものがすべて脂肪にかわってしまうことです。そこで脂肪にならないための方法が2つあります。

 

チートミールの数時間前に一番食べたいものを食べる

たとえば、夜にチートミールを食べるのであれば、その昼に一番食べたいものを食べることです。そして2番目に食べたいものを夜に食べるようにすることです。そうすることでカロリーを貯めずに脂肪を燃焼する方向へもっていくことです。

 

おなかがすいてもチートミールを食べないでおく

これは血糖値を上げない食べ方をすることにあります。そのためにチートミールを食べる前に高タンパクな食べ物や食物繊維の豊富な野菜を先にたべておくことです。またこの代用としてサプリやプロテインもおすすめです。

 

この2つが翌日に太らないための予防策です。
スポンサードリンク

コンディションは予め整えておく

チートデイのメリットは栄養を脂肪に変えることを最小限に抑える事とすでに蓄積されている脂肪を減らしていくための方法です。そのためチートデイを失敗に終わらせないためにもチートミールを食べ始める前に運動を軽くしておくことがおすすめです。

 

この時に脂肪を燃焼させてくれるような緑茶などを飲んでおくこともよいことです。

 

食べる順番を守る

ここでいうたべる順番というのは、偏った食べ方をしないで、複数の料理をまんべんなく食べるようにすることです。また普段の食事ではできるかぎり炭水化物は少しずつでもいいので量を減らすようにしてください。

 

初めは腹八分目から、そこから少しずつ炭水化物を減らすようにしましょう。そして体重の減少が停滞した時期に炭水化物をしっかりと摂るようにすることでレプチンが一気に急増し代謝が増進されます。

 

チートデイは何でも食べていいは誤解

チートデイだから好きなものを食べていいというわけではりません。もちろん好きなものを食べてよい日ではありますが、たとえば夜寝る前にカップラーメンを食べることやジャンクフードやデザートなど。

こういった食べ物ははっきり言って誰がみても太るとわかってしまう食べ物だと思います。チートデイとして考えた時には適切ではないので、ここで大切な事はカラダのよい食べ物を食べるということを意識して摂るようにしてください。

 

特に夜のジャンクフードはかなり危険です。

 

ながら食べはしない!できれば一人で食べない

家にいるとどうしても一人で食べることもあると思います。一人暮らしであれば、よりそうなると思いますが、個室のような一人でいる環境でテレビをみながら食事をすることはテレビをみずに食べる時と10%もカロリーを多く摂ることがわかっています。

 

そして個室で一人という環境になると、さらにカロリーを多く摂ってしまうこともわかっています。よく友達と食べにいくと会話に弾むことがありませんか?話しながらたべることで余分に食べる心配がなくなります。

 

チートミールに適した食べものを摂る

チートミールに適した食事というものがあります。それが炭水化物とタンパク質を摂る食事内容です。これまでにもお伝えしているところで、炭水化物がレプチンを活性化させることで脂肪燃焼に役だってくれます。

またタンパク質には、食欲抑制後瑠モンに影響を与えることでエネルギーの発散を助ける働きをしてくれます。そこでこの2つのバランスを比率で考えると8:2のバランスで摂れる食事がチートミールに適しています。

 

やってはいけないチートミールとは

チートミールで適しているものもあれば、やってはいけないチートミールの食べ方もあります。そもそもチートデイの目的は、レプチンを活性化させることに意味があります。しかしこれに対して脂質の高い食事はタンパク質と比べてもより早く脂肪として蓄えられてしまうためチートミールの食事としては適していません。

 

具体的にいえば、揚げ物やバター、生クリームなどを使った料理を食べることです。

 

水分はしっかりと摂ること

チートミールの食事で意外と塩分が含まれていることもあります。特に塩分はホルモンを酸化させて鈍くさせてしまうために、食べた栄養がしっかりと吸収されたり、循環されるには水分をしっかりと摂ることが必要です。

 

チートデイでは栄養価を考える

チートミールを食べる時に思うことがあります。本当にダイエットとは離れた食事であることです。ですがダイエットを成功させるためのチートデイの考えをおこなうことでチートミールに何が必要なのかがわかると思います。

 

それが・・・

 

  • 炭水化物はしっかりと摂る
  • タンパク質は通常の量は摂る
  • 脂のある食事は少なめにする

 

大切なのは栄養を考えることです。そうすることを意識してチートミールを食べる時に考えておけばよりダイエットの成果も高くなるでしょう。

 

チートデイの翌日の食事はどうすればいい

チートデイができているかどうかで停滞期も変わってきます。そしてチートデイをした翌日からはまた普段行っているダイエットに戻す必要があります。週に1回のチートデイをどうするのかを考え楽しみを作っておくこともチートデイができる方法です。

「チートデイの翌日の食事はどうする?カロリー・体脂肪率見極める頻度と運動は?」

http://diet-marurun.com/ti-todei-1491

 

ダイエットだからジムへいくは必要ない

自己管理がうまくコントロールできないのであればジムなどで運動をすることはいいかもしれません。しかし、ある程度自分自身でコントロールできるのであればわざわざジムへ行って運動をする必要もないと思っています。

 

そもそもジムへ行くだけでも月額費用もかかってきますし、交通機関を使えばさらに費用もかかります。それであれば自宅で運動をするなど時間を有効に利用することのほうが効率がいいように思います。

そこでここでは自宅でできる運動を紹介します。

「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

停滞期中に生理だけど・・・どうすれば・・・

停滞期の期間に必ずやってくるのが生理の期間です。生理のあいだは体重が1~5Kgほど体重が変動する時期でこれはどうしようもありません。ただここで気をつけたいのが生理中の体重の増減を忘れて無理な食事制限をしないことです。

 

生理前や生理中には食欲が増す時期です。これを無理して抑え過ぎることで過食に繋がることもあります。そうなるとむくみから体重の増えも拍車がかかってきます。そして生理中は体重が落ちないものと改めて認識することです。

 

こうした生理中の停滞期の時期で気をつけることは・・・

 

  • 脂ものは避ける
  • 糖質が高いものは避ける

 

いくらトレーニング使用が効果がでにくい時期です。食事の摂り方に気をつけましょう。

こちらの記事が参考になります。「生理中の過ごし方!食事や運動で効果的な時期は」

http://diet-marurun.com/seirityuu-1392

 

ダイエット中の停滞期の過ごし方は

ダイエット中の停滞期でも特に生理中の過ごしたは特に気をつける必要があります。

 

  • 急激なダイエットはしない
  • 停滞期に食事の量を戻すと高確率でリバウンドする

 

大きくはこの2つです。急激なダイエットの場合、糖質制限であったり、カロリー制限、断食などありますが、カラダにとって負担になるダイエットをしているようであれば生理中の停滞期は危険です。

こうした負担がかかり過ぎている制限を食事でしているのであれば少しずつ食事の内容を戻すことです。

 

ダイエット中の停滞期は長い?

停滞期は個人差によるところが大きいですが、短い人であれば1カ月ほどの期間が停滞期になります。また長い人であれば3カ月は続くとおわれています。また特に速い人では2週間という短さで終わりを迎える人もいます。

 

こうした停滞期を早く脱出させるにはチートデイをとりいれる他には軽い負荷がかかる運動を始めるのもよいです。また便秘になっていると痩せにくくなるために水分不足になっていないか。また栄養が偏っていないかなども確認するとよいです。

 

まとめ

停滞期を脱出するためにチートミールを食べる時に必要なことはいくつかあったと思います。特に中でも意識しておきたいこと。

 

  • 炭水化物の多い食事
  • タンパク質もしっかりと摂る
  • 脂質はなるべく摂らないようにする

 

チートデイはうまく利用すれば停滞期を上手にコントロールすることができます。リバウンドないためにもうまくチートデイを活用してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。