体脂肪率の落とし方は筋トレと食事で決まる


体脂肪率を落としたいのであれば

食事と筋トレを効果的に行う必要が

あります。

 

ダイエットを効果的にする方法とは

スポンサードリンク

 

体脂肪率の平均的理想とは

 

体脂肪率とは体重のうち、体脂肪の

重さが占める割合のことを言いますが

この体脂肪率を計算する方法が

あります。

 

 

ただ体脂肪率は性別や年齢でも大きく

違ってきます。

まずは自分自身の体脂肪率を計算して

みるといいでしょう。

 

 

体脂肪率(%)=[体脂肪の重さ(kg)÷

体重(kg)]×100

 

 

 

女性の体脂肪率目安

5.0%~19.9%  低い

20.0%~29.9% 標準

30。0%~34.9% やや高い

35.0%~      高い

 

 

体脂肪率の理想的な数字は標準値の

範囲が理想の体脂肪率といえます。

ただこの数値はあくまで目安として

参考にしておいてください。

 

 

男性が惹かれる魅力的な女性の体脂肪率は

 

女性にとっては体脂肪と聞くと嫌な

イメージしかないかもしれませんが

体脂肪は人が生きていくためには

欠かせないものなのです。

 

 

人が生きていくために必要なエネルギー

を蓄えておくために必要な上に

身体の内臓を保護するために必要な

ものです。

 

 

ですが体脂肪があり過ぎることは

もちろん身体にとって悪影響なのは

間違いありません。

 

 

ただ女性らしさやキレイなスタイルを

維持していくためには必要なものでも

あります。

 

 

特に男性にモテたいと思う女性や

女性らしいスタイルを維持させるために

必要な体脂肪率が存在します。

 

 

これは女性目線から見た場合と

男性目線から見た場合とでは少し

違うかもしれませんが、理想的な

体脂肪率は22%~23%あたり

理想的なスタイルに多い事がわかって

います。

 

 

これは女性らしい丸みや、余分な脂肪が

ない理想的なスタイルがこの体脂肪率

なのです。

 

 

体脂肪を効率的に落とす方法は

 

体脂肪を効率的に落とすために

するべきことは、たった二つしかあり

ません。

 

 

それは食事の管理を行う事と運動する

事が最も効果的に体脂肪率を落とす

ことに繋がります。

 

 

体脂肪を落とす食事編

 

食事のコントロールで体脂肪を落とす

場合に気を付けることは食事を

一食食べずにいればカロリーを減らす

ことができ、体脂肪が落ちると

思う人は注意が必要です。

 

 

体脂肪を落とすための食事で一番

必要な事は極端な食事制限や食事を

抜くといった事をすることでは

ありません。

 

 

大切なことは一日三食の食事を

バランスよく食べる事が最も効果的な

食事方法になります。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

 

ただ一日の食事の摂取カロリーを

減らしていく必要がありますが

極端に食事の量を減らしたりすると

体脂肪を減らすどころか筋肉の量が

減ってしまう事がわかっています。

 

 

体脂肪と筋肉の関係性には、体脂肪を

燃焼させるためには、運動が必要ですが

運動をするために必要な筋肉が低下

した状態だと脂肪燃焼効果が弱くなる

ことがわかっています。

 

 

つまり食事を一日三食食べても

無理な食事制限で極端に量を減らして

しまえば、代謝が下がり体脂肪は

落ちにくい状態になります。

 

 

食事で気を付けることは、極端に

食事制限をせず、一日三食バランス

よく食事をすることです。

 

 

食事のカロリーバランスを考える

 

そして一日三食の食事のバランスが

大切だと言いましたが、もう一つ

大切なことは、一日三食の摂取

カロリーを朝昼晩の間でバランスを

とることも大切なことです。

 

 

朝と昼の食事は特にそれほど気を

つける必要はありませんが、夕食の

時間は摂取カロリーを抑える必要が

あります。

 

 

夕食後の時間帯は日中の活動時間と

比較した場合にそれほど大きな

エネルギーを使う事がありません。

 

 

つまり就寝までの短い時間帯で

大きなカロリーを摂る食事をすれば

脂肪蓄積に繋がる恐れがあるために

夕食の摂取カロリーは抑えるように

しましょう。

 

 

そして朝の食事はしっかり食べても

何ら問題はありません。

ダイエット中こそ、朝食はしっかりと

摂る必要があります。

「ダイエット中の朝食メニューが

食べ方で痩せる!」

http://diet-marurun.com/tyousyoku-menyu-763
スポンサードリンク

 

体脂肪を落とす運動編

 

体脂肪を効率よく落とすために必要な

ことに運動があります。

運動をするために必要なことは二つ

目的があります。

 

 

その一つには有酸素運動があります。

有酸素運動にはウォーキングやヨガ

水泳、ジョギングといった運動が

あります。

 

 

そしてこれらの運動に共通して言える

ことは脂肪を燃焼する効果があります。

 

 

体内に酸素を取り入れて脂肪を

燃焼させる運動が有酸素運動です。

そしてこの有酸素運動は20分以上

有酸素運動をしなければ効果がない

と今までは言われてきましたが、

最近ではこの定説が変わってきて

います。

 

 

有酸素運動は継続して20分以上の

運動をするではなく、トータルで

20分以上の有酸素運動をすれば

その効果は見込めると言う事です。

 

 

二つ目には筋トレがあります。

筋トレには脂肪燃焼効果はそれほど

期待する事はできません。

 

 

ただ筋トレをする効果には、基礎代謝

を上げるために必要な事です。

基礎代謝を上げることによって

太りにくく痩せやすい体質に改善

することができるようになります。

 

 

これは筋トレをすることで筋肉を

つけることがカロリーをより消費して

くれるからです。

 

 

筋肉は脂肪と違いただ筋肉を維持する

だけでもカロリーを消費します。

 

 

これに加え筋トレ後であればさらに

脂肪燃焼効果が持続されていきます。

 

 

つまり筋トレをした後に有酸素運動を

することで脂肪燃焼効果はさらに

高まり効率よく体脂肪を下げる事が

できます。

 

 

ただ筋トレといっても毎日する必要は

ありません。

筋トレによって筋肉痛になった時に

筋トレをすると効果がなくなってしまい

ます。

 

 

そのため筋トレ後は必ず筋肉を休ませる

時間を作る事が大切になります。

筋肉が回復するまでの時間はおおよそ

48時間~72時間で回復すると

言われています。

 

 

この回復するまでの時間はしっかりと

筋肉に休息を与えることで効果的な

筋トレが実現します。

「筋トレは毎日しない!女性が

効果を出す自重トレーニング」

http://diet-marurun.com/kintore-mainiti-1082

 

 

そして筋トレと有酸素運動のバランス

を考えることも大切な一つです。

「有酸素運動と筋トレ順番方法!

脂肪燃焼と時間とバランス」

http://diet-marurun.com/yusansoundou-kintore-1074

 

 

筋トレと有酸素運動の効率のよい

バランスと時間を知ることでより良い

結果に繋げる事ができるようになります。

 

 

体脂肪率を落とし過ぎると・・・

 

ダイエットは痩せるためにする為の

ものと思われがちですが、ダイエットは

ただキレイに痩せるだけの効果がある

だけではありません。

 

 

ダイエットは健康的に痩せるための

手段でもあります。

これは女性らしいスタイルを維持する

ことが最も女性ホルモンをスムーズに

します。

 

 

この女性ホルモンは体脂肪率が

20%~30%の範囲で正常に

機能する範囲こそが健康的な身体を

維持させ促すことができます。

 

 

ただ体脂肪率を下げ過ぎると

女性ホルモンのバランスを崩すこと

になり、新陳代謝が滞ることや

自律神経のバランスを崩すことになり

体調不良を招く恐れに繋がります。

 

 

ダイエットをして痩せたいと思うことも

大切ですが、体脂肪率の比率にも

意識して目を向けることも大切な

ことです。

 

 

まとめ

 

ダイエットを決意した時に自分自身の外見

や体重に目が行きがちですが、本当に

大切なことは体重ではなく体脂肪率に

目を向けることも必要な事の一つです。

 

 

体脂肪を落とすために必要な筋トレ

や有酸素運動をすることも大切ですが

体脂肪を落とし過ぎる危険性にも

配慮が必要です。

 

 

ダイエットと聞くとどうしても

体重や見た目を気にしすぎる反面

本当に大切な女性らしいスタイルを

作るためには何が必要なのか、もう一度

改めて考えてみてください。

 

 

そうすることで、本当の女性にきれいさ

や美しさを再認識することができる

でしょう。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。