女性の体脂肪を減らす食事と運動!きれいに痩せない原因は!


女性ならきれいに痩せたいと思う人も多いはずです!!そんな人のために体脂肪を減らす食事の摂り方をお話していきます。

スポンサードリンク

 

体脂肪が増える原因って!

そもそも体脂肪がなぜ増えていくのか!これさえわかれば、体脂肪を身体に蓄積させることも少なく出来るはずなのです。ただ体脂肪が増える原因には、全ての人に共通して同じ事が言えるわけではないためにそれぞれが自分自身に該当するところから考えてみる必要があります。

 

まず多くの人に共通して言えることには食事で食べた物、つまり摂取したカロリーが消費するはずのカロリーを上回っていることが大きな一つの原因です。そしてこれらの大きな元となる原因には3つの原因があります。

 

  • 食事の食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 年齢

 

食事の食べ過ぎが原因

大きくこの3つの原因が関係しています。まず食事の食べ過ぎについては、言葉通りで、食事で摂ったカロリーをしっかりと 食べた分だけ消費できる環境になければ 当然、体脂肪の蓄積へと繋がって いきます。

その細かな理由には、食事を一日三食食べない事。食事を抜く事で太りやすい身体に変わっているということ。またその中でも、ファストフードやお腹が空いていないのに、おやつなどをついつい食べてしまう事も、その理由にあります。

 

そして次に食事の時間を楽しんでいない ということにも関係しています。これには、感情的になって食事を摂ってしまうことになるストレス がその原因にもなっています。また食事をおいしくしっかりと噛んで 食べると言う事が、実はかなり大きな 原因にもなっています。

 

よく噛むことでダイエット効果が高いといわれるほど、食事をしっかりと噛むことがそれほど重要な役割をもっています。

運動不足が原因

食事を食べていても適度な運度をしなければ当然、消費させなければならないカロリー数を運動することで補えなくなってきます。また体質が関係していることもありますが、特に低体温の人は脂肪が蓄積されやすい事もわかっています。

 

これは、代謝にも繋がることで食事を食べることで代謝を上げることができますが、食事を抜くことや週一度程度の運動をしていないことも基礎代謝が下がる原因にも なっています。

 

脂肪が蓄積されやすい事に運動不足がありますが、根本的に体脂肪が増える原因には、基礎代謝の低下です。つまり身体の筋肉の量が落ちたことで脂肪が溜まりやすくなっていることなのです。

 

加齢が原因

人の身体は年齢を重ねていくとどうしても基礎代謝が落ちていくことは仕方ない事なのですが、この年齢を重ねていくことがその原因の一つにもなっています。

年を取ると代謝が落ちている状態にあるのに、食事の量は変わっていないとなれば、消費しなければならないカロリーよりも食べたカロリーの方が上回るのも当然です。

さらに運動をしなくなることも大きな加齢に追い打ちをかけているのも事実です。

 

体脂肪を減らすには

女性にとっていかに体脂肪を減らしてスタイルをキープさせるかは永遠のテーマなのかもしれませんが体脂肪を減らすというところでは大きく二つのことをすれば改善することができます。

それが食事の改善と適度な運動をすることです。

 

食事改善に必要なこと!!

食事改善には低カロリー食材を!

食事で改善する場合に必要な事の一つとして、低カロリー食材をうまく利用した食事の献立を考えることが重要なこととしてあります。それには、ダイエット食材としても大切なビタミンやミネラル、食物繊維をしっかりと摂ることが重要なのです。

 

これらは低カロリー食材として必要な栄養素のためにしっかりと摂っておく必要があります。

 

きのこ類

 

低カロリーで食物繊維が豊富に含まれている食材。便秘改善効果も高くおすすめの食材です。

海藻類

 

海藻類には、ミネラルが多く含まれていてさらに食物繊維も摂る事ができます。海藻の種類によっては鉄分やカルシウムこれステローロールを下げる効果のある食材もあります。

 

こんにゃく

食事で満足させたい時には、こんにゃくがおすすめです。食事中のカロリーを増やさずに満腹感そして満足感を得るためには必要な食材です。

 

野菜類

 

野菜にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、カロリーも低いことや食物繊維を摂る事ができるために、おすすめな食材です。

 

炭水化物と糖質を制限

体脂肪を減らすためには、まず食事の中でも炭水化物と糖質を制限する必要があります。ただ間違ってもしてはならない事には炭水化物を一切摂らないといったことは必ずしないようにしてください。
スポンサードリンク

 

あくまで食事で体脂肪を減らすためには食事のバランスが必要なために、あくまで制限をすることをしてください。炭水化物には、ごはんや麺類など様々な ものがありますが、ごはんの場合でしたら 玄米などの雑穀米と置き換えることで炭水化物を資源する事ができます。

 

タンパク質と脂質を摂る

食事でのダイエットをしていて意外と摂れていない栄養素に、このたんぱく質があります。たんぱく質がダイエットにとってはかなり重要な要素と言えるところには基礎代謝をあげるために必要な栄養といえます。

 

これは基礎代謝を上げるためには、筋肉を作る必要がありますが、筋肉を作るために必要な栄養がこのたんぱく質という事です。そして脂質ですが、どうしてもダイエットの観点からすると嫌われがちになってしまいますが、脂質が減ると筋肉が増えにくくなることが わかっているので、体脂肪を減らしながら筋肉をつけていくためには 必要な栄養です。

 

ナッツ類

 

ナッツ類には良い脂質が摂れることはもちろんですが、ビタミンなども含まれているために、体脂肪を減らしながら筋肉を付けるためには必要な栄養です。

 

酵素をとる

酵素ときくと、酵素ドリンクを使った酵素ダイエットをイメージしやすいと思いますが、酵素がそもそもダイエットになぜ必要なのか。酵素は生命活動を行う上では欠かせない物質で、人のカラダでは栄養を取り込むために、化学反応が様々行われています。

 

消化や代謝などに関わる化学反応を起こす、小さな歯車のような役割を持っているのです。そしてこの酵素には大きく3つの酵素がります。

 

  • 代謝酵素
  • 消化酵素
  • 食物酵素

 

このそれぞれの酵素がそれぞれの役割を果たすことで、カラダは機能しているのです。しかし、この酵素の不足やバランス崩れることで起こることは、カラダの代謝機能が低下し、不調が起こるということです。

そしてカラダで酵素が必要な理由とは反対に、酵素は年齢を重ねていくことでも減っていきます。これは20代半ばを過ぎるころから急激に減っていくこともわかっています。これgは痩せにくく、太りやすくさせる原因にもなっています。

 

酵素を摂るということは、一言でいえば新陳代謝を活性化させることです。

 

これがダイエットや美容、健康に繋がるわけです。ダイエットで考えた場合に、必要な酵素を摂りこむことで、代謝力が上がることで太りにくい体質へ変えることができるのです。これが酵素を摂る大きな理由の一つです。

そしてもう一つが、普段の食事で不足しやすい栄養素。食事制限をすることで、カロリーを減らそうとする考えが先になることで、食事でのバランスが摂れた栄養が失われてしまうのです。

しかし、酵素を摂るということは、不足した栄養を補うことにもなります。普段の食事から酵素を摂ることもそうですが、不足しやすいのであれば、サプリメントや酵素ドリンクといったものから摂ることで不足を解消できるのです。

詳しいことはこちらの記事を参考にして下さい。

酵素ダイエットの効果的な方法!痩せない理由は酵素にある」

http://diet-marurun.com/kouso-1365

 

食事の回数は減らさない!増やすことも考える

ダイエット中にやってしまいがちな事は、ダイエットと称して食事制限をすることです。ただここえいう食事制限というのは、消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えることです。

摂取カロリーが明らかに消費カロリーを上回っていれば、当然として食事制限をしなければなりません。ただ、食事制限をするといっても大切なことは、食事の栄養バランスを考えた上で消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えることです。

 

そしてこのバランスを考えた答えとして、食事回数を減らすのは間違いだと知ってください。むしろ、食事回数を減らすことによって、逆に脂肪を貯め込みやすくしてしまう恐れがあります。

 

それが飢餓状態に陥るということです。

 

食事を抜くことで、カラダが次の食事まで栄養を摂ることができないと判断することで、飢餓状態を勘違いをしてしまい、脂肪を貯めこもうとしてしまいます。こうなってしまうとダイエットどころではなくなるために、食事の回数は減らさずに1日3食摂るようにしてください。

 

そして、もう一つの方法が食事の回数を増やすことです。これは1日3回の食事を5回に増やすことで飢餓状態を作らない事と、空腹感を作らないことで、食事から摂った栄養を摂った分だけ吸収し、体脂肪として残さないようにすることができます。

 

ただこの時に、1日3食も1日5食も同じカロリーでなければなりません。つまり、1日5食の場合は、1食あたりのカロリーを減らし、1日の総量は同じにすることです。そして1日のカロリーの目安として・・・

 

女性1800Kcal以下にする

 

もちろん年齢によってもかわってきますが、ひとつの目安としてはこの数字になります。

 

漢方をつかってみる

体脂肪を減らす方法としてあるのが、漢方をつかうことです。漢方には自然の成分によって、健康的に代謝をあげることができ痩せる手助けをしてくれます。そのおすすめとしてあるのが、防風通聖散です。

ただあくまでもダイエットといっても、防風通聖散は痩せるための漢方ではありません。あくまでも、漢方を飲むことで発汗機能を高めることで、余分なエネルギーを外に出してくれる効果があります。

 

体力充実して,腹部に皮下脂肪が多く,便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘,蓄膿症(副鼻腔炎),湿疹・皮膚炎,ふきでもの(にきび),肥満症

 

これが代謝を高めることになり、痩せやすいカラダ作りに繋がっていくのです。そこで防風通聖散でダイエット効果を高めるための飲み方を紹介します。

 

飲むタイミングと回数

基本的な飲み方は、食前に飲むのが良いとされています。この時に飲むタイミングとしては、食事の30分~1時間前に飲んでおくことです。この時間に飲むことによって胃に何もない状態にあることで漢方の成分が吸収されやすくなるからです。

 

そして、漢方を飲む時にしてはいけないことがあります。それは正しい飲み方をすることです。服用量や回数は、それぞれの漢方に従った飲み方をすることが効果を高める方法です。例えば、1食抜いたからといって漢方を飲まないのはNGです。

基本的に漢方を飲んだ場合は、必ず何か口にすることです。

 

運動をすることで効果を高める

ダイエットに欠かせないのが運動です。漢方を飲むことでより効果を高めるためには、カラダに滞りがちな血液の流れを運動をすることでスムーズにすることです。そうすることでカラダの巡りがよくなれば、漢方を飲む効果も高まります。

 

ただ運動をするといっても激しい運動をするよりも、普段から継続してできるような運動のほうがおすすめです。普段から歩く機会がないのであれば、歩くだけでもかまいません。ちょっとしたことでも普段から継続できる運動を身につけることが漢方の効果を高める方法です。

 

副作用も考える

防風通聖散といった漢方は副作用がないイメージがありますが、必ずしも副作用がないとは言い切れません。そこで漢方を飲んでカラダに異変が起こるようなことがあれば中止し受診するなどするようにしてください。

 

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 腹部膨満感
  • 腹痛
  • めまいなど

 

水を飲む

ダイエット中に水分が不足することは意外と多くあります。水を飲む事で太るを思っている人も多いかもしれませんが、水ダイエットという言葉があるように、水を飲むことはそれだけでダイエット効果にもなります。

 

これは私たちのカラダの7割ほどが水分でできていることからも分かるとおり、カラダに水が不足することはダイエットとしても大きなデメリットにしかなりません。水ダイエットで水を飲む量の基準としてあるのは、自身の体重の4%の水を飲むことです。

 

この時の飲み方としては、水か常温、白湯として飲むことです。そして水を飲むことでの効果がこれだけあります。

 

  • 代謝が活発になる
  • 便秘を解消する
  • デトックス効果がある
  • 体温が上がる

 

油を摂る

油もどうしても太るイメージがついてしまいますが、じつは太る脂と痩せる油があります。ここでおすすめしたい油は2つです。

 

  • ココナッツオイル
  • オリーブオイル

 

まず油が太ると言われているのは、油に含まれる脂質の部分です。ただこれは油を過剰摂取した場合に限ってこういった太る結果がついてきます。そして痩せる油というのは、良質な油であることです。

つまり、質のよい油を適した量だけ摂ることが痩せる結果に結び付くのです。そして痩せる油として、おすすめするのがこお2つです。

 

ココナッツオイルの場合

普段使っている油からココナッツオイルに変えるだけで太りにくくなります。ただ、一部のココナッツオイルには製法の途中でトランス脂肪酸が添加されているものもあるために成分表は確認する必要はあります。

成分表を確認するとともに未精製のココナッツオイルを選ぶようにすることです。

 

そしてココナッツオイルを食事の中で1日に3杯分を摂ることに加えて運動をすることでより脂肪燃焼効果が高まります。これはエネルギー消費量でみると5.6倍変わってきます。

 

オリーブオイルの場合

オリーブオイルでダイエットする場合は、減らしたい体重に合わせてオリーブオイルを1日に摂る量を決めると効果的にダイエットに繋がります。そしてオリーブオイルは1日に3回に分けて飲むことです。

目安としては、おおさじ1.5杯~3杯のオリーブオイルを摂ることになります。

 

  • 9Kg以下で体重を落とす       おおさじ1.5杯
  • 9Kg~18Kg以下で体重を落とす  おおさじ3杯

 

この基準でオリーブオイルを摂ることになります。また体重が順調に減ってきて、基準の数値より下回った場合は、その数値にあった量を摂るようにしてください。

 

適度な運動と筋トレ

 

体脂肪を減らすために必要な一つとして適度な運動をすることが必要になって きます。ここで言う適度な運動というのはウォーキングやランニング、ヨガ といった有酸素運動をすることで、脂肪を燃焼させようというわけです。

 

日々、忙しくてウォーキングやランニングをする時間がない人や外に出ること自体が億劫な人には、自宅で出来る運動がお勧めです。

「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

家で運動をすることで、脂肪を減らせる適度な運動と筋トレ!!体脂肪を減らすため有酸素運動は効果的ではありますが、それ以上に筋トレをプラスすることでその効果のかかる時間は短縮されます。

 

ただし、運動は止めてしまうと効果がなくなるために、コツコツ地道に続けることをしなければなりません。そういった点では、家で出来る運動はおすすめかもしれません。

筋トレをする目的は、有酸素運動とはまた違います。脂肪を効率よく燃焼させる有酸素運動に比べて、筋トレは有酸素運動ほどその時の燃焼は少ないかもしれません。ですが筋トレをする目的は筋肉をつけることにあります。

 

筋肉量をふやすことで普段から消費されるエネルギーも高くなり、基礎代謝を高めることになります。そうすることでカロリー消費も上がるために、体脂肪を減らすことに繋がっていきます。

ただどうしても筋トレをするイメージが筋肉をつけることで、体格が太くなってしまいはしないだろうか心配になると思います。ですが、ダイエットで行う筋トレはスポーツをするような筋トレとは違い、大きく筋肉を作るものではありません。

 

こういった心配はダイエットでの筋トレでは心配する必要はないと思いますが、どうしても気になる場合は、インナーマッスルを鍛える筋トレをすることがおすすめです。インナーマッスルはカラダの中にある筋肉を鍛える筋トレです。

普通の筋トレと違い、強い負荷もかかりすぎないためにおすすめです。ここで一つインナーマッスルを鍛える筋トレを一つ紹介します。

 

 

まとめ

脂肪を減らすためには、食事の管理そして適度な運動がメインになってきますが、根本的な原因には、加齢や運動不足、食事のバランスが悪いことが挙げられます。年齢に限らず基礎代謝が下がった状態にあると太りやすくなることは仕方がありません。

 

ただ改善する事は可能です。一度、身体についた脂肪は考えている以上に減らすことは難しいです。食事の管理と運動で筋肉量を増やしながらコツコツ地道に行っていくことが一番の近道です。

そうすることで身体はゆっくりと変化が生まれてきます。目先の変化を求めず、先にある理想を現実に変えるための手段を続けていれば、理想の身体に変わるでしょう!

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。