体重が停滞期に増える!脱出するための期間と方法


ダイエットとを続けると必ず来るのが

停滞期の期間です。

エゴマ油1

体重が増える期間を脱出する

ためにするべき事とは・・・

スポンサードリンク

 

停滞期が起こるのは

 

 

まず停滞期を迎えた事自体は決して

ダイエットが失敗したからでは

ありません。

 

 

停滞期が起こる事こそがダイエットが

順調に進んでいる証拠になります。

 

 

そしてダイエット中に停滞期が起こる

原因には、ホメオスタシス機能が関係

しています。

 

 

ホメオスタシスとは・・

人が生きるために重要な体温や血糖値の

調整などが、外部環境が変わっても

常に正常に保つための働きです。

 

 

ダイエット中は痩せるために何らかの食事

制限や運動を行う事で、身体からこれまで

に取っていたエネルギーから少ない

エネルギー量で身体を維持しようと

するために、これ以上の体重の減少を

防ごうとすることで起こる危機管理

システムなのです。

 

 

停滞期で必要な事は

 

停滞期を迎えた時に必ず焦る必要は

ありません。

この停滞期の期間をどう過ごすかで

ダイエットが大きく変わる期間に

なってきます。

 

 

リバウンドをするのか・・・

ダイエットを成功させるのか・・・

 

 

こここそが運命の別れ道になるのです。

 

 

停滞期の期間

 

まず停滞期を迎えた時に、いつまで

停滞期があるのか!!

この停滞期の期間には答えはないのが

事実なのかもしれません。

つまり個人差があり一概にこれだけの

期間は停滞期ですとは言えないのです。

 

 

停滞期は大まかに言われていることは

2週間から1カ月前後は続きます。

永い人の場合では2カ月くらいの

期間停滞期になるといわれています。

 

 

そして停滞期に入った時にやるべき

ことは、ダイエットを続けた時の

状態を維持することです。

 

 

つまりダイエット中の食事の管理や

運動はそのまま続けることが重要に

なります。

逆にかえって、停滞期に入ったからと

いってより食事制限をしたり激しい

運動をすることは逆効果になって

しまいます。

 

 

こんなときこそ、心にゆとりを持つ

意識を心がけ疲れやすい身体に

必要以上の刺激は避けるべきです。

 

 

とにかく停滞期の期間中は体重を

減らす意識よりも期間を乗り切る

意識を持つ方がいいでしょう。

 

 

停滞期を迎えずに痩せる方法

 

ダイエット中であれば早く痩せたいと

思い必死で体重を落とそうと努力

しますが、この短期間で体重を落とそうと

する事が停滞期を迎え、苦しいダイエット

に繋がる可能性があります。

 

 

しかし、先ほどにもお話しした通り

ダイエットが順調にいっている証拠

でもあります。

 

 

ただ停滞期の辛さを乗り切る事が

できず毎回リバウンドしてしまう

人にとっては、停滞期を迎えない

方法で痩せる方がよいかもしれません。

 

 

停滞期に入らず痩せるためには、

ゆっくりと痩せる事が重要です。

 

 

停滞期に入らないためには身体の

危険信号を気づかせない痩せ方に

する必要があります。

 

 

これがゆっくりと痩せていく方法

なのです。

つまり一カ月で1キロ~2キロの

ペースでゆっくりと褪せていく

ことが唯一の方法です。

 

 

ただそれでも身体が停滞期に入って

しまった場合は、無理な痩せ方を

せず今の方法を維持させましょう。

 

 

体重が増える原因

 

停滞期中の体重が増えてしまった

時に考えられることを紹介します。

 

 

1 運動による筋肉量の増加

筋肉と脂肪の関係でいえば、重さの

比較はあきらかに筋肉の方が重さが

あります。

 

 

ですが、これはダイエットが失敗

したわけではありません。

 

 

筋肉にはダイエットと密接関係が

あり、しっかりと筋肉がついたと

いうことは、身体の代謝が上がった

ことを意味します。

 

 

つまり基礎代謝が上がる事は、

太りにくく痩せやすい体質に変えて

くれる役割をもっているので、筋肉を

付けることは一時的に体重が増える

かもしれませんが長く見た場合に

リバウンドを心配する必要が減り

痩せやすい体質に導いてくれるために

必須なのです。

 

 

2 挫折した

 

停滞期にはいって一番心配することは

体重が中々減らない事によって起こる

ストレスです。

 

 

このストレスをどう、うまく乗り切り

ダイエットにつなげるかが重要に

なってきますが、この期間にダイエット

を辞めてしまうことはリバウンドに

繋がります。

 

 

食事などをある程度制限することで

停滞期に入った場合は、ある程度の

飢餓状態になっていることも

考えられます。

 

 

つまりこの状態にある時にダイエットを

やめ食事を戻してしまうと、太る結果に

つながります。

 

 

3 勘違いをする

 

ダイエット中に食事や運動をすることで

よい結果につなげようとしますが、

このダイエット中にもう一つ重要な

ことが水分をどれだけ取っているかが

関係しています。

 

 

水分を摂って太ってしまった。

体重が停滞期中に1キロ、2キロと

太ってしまったと焦るかもしれませんが

むしろ心配はありません。

 

 

人の体重が1キロ~2キロの増減を

するのはごく当たり前のことです。

 

 

むしろ水分はダイエット中だからこそ

しっかりと飲むべきです。

 

 

水分不足は脂肪を貯め込みやすくします。

身体の中が水分不足の状態だと

老廃物が蓄積されやすく、脂肪も

溜まりやすくなります。

 

 

ダイエット中こそ水分を摂る事は

大きな鍵となります。

「ダイエットで脂肪燃焼させる水分の

飲み方と効果」

http://diet-marurun.com/sibounennsyou-suibun-801

 

 

停滞期を脱出させる方法

 

ダイエットに必要なことはたった3つ

しかありません。

バランスのよい食事と適度な食事制限。

適度な運動として有酸素運動と筋トレ。

そしてストレスを変える力を身につける

この3つが成功させる鍵となります。

 

 

そして停滞期を脱出させるために

必要なの事がこの3つのバランスを

考える事が早く脱出させることに

つながります。

 

 

1 食事のバランスの再認識

 

食事でダイエットをする時に意外と

気にしていない事に、一日三食の

食事の栄養についてしっかりと記録

しているのかどうかです。

 

 

頭ではわかっていても、いざ記録を

するとなると出来ていない事が

多いです。

 

 

その日に食べた食事が何か、

カロリーはどれくらいになるのか、

バランスよく栄養素は摂れているのか

などを記録することもダイエットに

必要なことです。
スポンサードリンク

 

これはあとで、見直すことで

気づかされるポイントも意外と

多くあります。

 

 

ダイエット中こそ、食事の記録は

付けるようにしましょう。

 

 

2 ホメオスタシス機能を解除

ホメオスタシス機能が起こる理由は

これまで述べて来たように停滞期と

飢餓状態にあることが原因です。

 

 

しかし、この事自体はダイエットの

成功に導いてくれる証拠ではあります

が、一時的な手段で停滞期を抜ける

方法もあります。

 

 

もし、今続けている食事の量から

減らした状態でダイエットをしている

場合に気になる事として、食事を

戻すとリバウンドする可能性があると

感じる人も多いと思います。

 

 

この時に、食事を元に戻してしまえば

もちろん、リバウンドに繋がります。

ただ一時的に戻すのであれば、問題は

ありません。

 

 

まずダイエット中の食事のカロリー

や食べる量を覚えておいて下さい。

仮に1200Kcalとします。

 

 

そしてダイエット前の食事のカロリー

数を思い出してみてください。

1800Kcalと仮定します。

 

 

この数日間であれば、食事の

カロリーをもとに戻しても

かまいません。

 

 

数日間行う事で、ホメオスタシス

機能が一時的に解除されるきかっけに

なります。

 

 

こういったことで一時的な飢餓状態

から脱出することが出来ますが、

数日間だけにしておいてください。

 

 

長い期間してしまえば、リバウンド

になりますし、食欲の増進を余計に

招く恐れもあるので、数日間だけに

しておいてください。

 

 

3 運動と休息

 

ダイエット中こそ、休息は必要です。

ここでいう休息と言うのは運動に

ついての休息です。

 

 

運動の場合にダイエットに必要な

ことは有酸素運動と筋トレのバランス

です。

 

 

有酸素運動をする目的は脂肪燃焼を

図る目的があります。

ただ脂肪だけ燃焼しても身体の代謝

自体はそれほど大きく変わっていません。

大きく変えるために必要な事が筋トレ、

つまり筋肉を付けることにあります。

「有酸素運動と筋トレ順番方法!

脂肪燃焼と時間とバランス」

http://diet-marurun.com/yusansoundou-kintore-1074

 

 

筋トレには効果を最大限に発揮させる

ための条件があります。

それは筋トレ後の休息の時間なのです。

いかに筋肉を休息させる時間をしっかりと

作ってあげるかで、その効果は大きく

変わってきます。

「筋トレは毎日しない!女性が効果を出す

自重トレーニング」

http://diet-marurun.com/kintore-mainiti-1082

 

 

4 意識の見直し

 

ダイエットをしようと決意したことは

素晴らしいことですが、ダイエット

ほどある意味過酷なものはないのかも

しれません。

 

 

痩せるまでに時間がかかる上に

ストレスも感じてしまい肉体的にも

精神的にも苦痛になる事は間違い

ないかもしれません。

 

 

ですが、まず考えるべき事は

なぜダイエットをする必要があったのか!

 

 

そもそも太ったと自分自身で感じ

なければダイエットをしようとは

思わないはずです。

 

 

つまり普段の生活に何らかの

問題があったと言う事になります。

 

 

食事の偏りによるバランスの悪さ、

運動不足からくる脂肪の蓄積など

何かしら原因があったはずです。

 

 

ダイエットに一度でも成功したので

あれば、まず振り返ることを意識して

見てください。

 

 

ダイエットを始めたきっかっけ、

太った理由など、普段の日常生活で

何に問題があったのかを洗い出し

ここを改善すること。

 

 

これこそが、次のダイエットに向かう

必要がなくなり、意識を改善すること

ができます。

 

 

まとめ

 

体重が落ちないで停滞期に悩む人も

多いと思いますが、この停滞期こそが

ダイエットが順調にいっている証拠

です。

 

 

ですが逆にいえば停滞期こそが

ダイエットを失敗に繋げる危険な

時期でもあると言う事です。

 

 

停滞期にダイエットを辞めれば

リバウンドに繋がる可能性はかなり

高くなってきます。

 

 

辞めてリバウンドして太るのか

苦しいこの停滞期の期間を乗り越えて

理想のダイエットを目指すのかは

あなた次第です。

 

 

ただ停滞期の期間やどんな状態に

なるのかがわかっていれば、これから

停滞期に入る人にも少なからず

心の準備ができるかもしれません。

 

 

停滞期だからといってモチベーション

を下げる必要はありません。

むしろ、果実に痩せる道を歩んでいる

最中です。

 

 

いい結果が待っているはずです!!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。