食べて痩せるダイエット方法!リバウンドしない秘訣


食べてしまうと、すぐに太ってしまうと思っている人も多いと思います。でもそれって本当に正しいことだと思いますか?現実的な問題としてあるのが栄養が足りていないという事実なんです。

食べても痩せることができて、しかもリバウンドしないための方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

痩せるホルモンってなに?食べても太らない人の特徴

食べても太らない!!こんな理想的な言葉を聞くと、そんなのあり得ないと感じてしまうこともあると思います。特に食べたらすぐに太ってしまう女性からすれば半信半疑に思う事ですよね。ですが、現実にはたくさん食べても太ることもなく痩せている女性もいます。

この大きな違いにあるのが痩せるホルモンと言われているGLP-1が関係しているのです。そもそもこのGLP-1という痩せホルモンって何なの?と思うはずです。

 

GLP-1ってなに?

GLP-1とは、痩せている人の多く分泌されているホルモンで、いわゆる痩せホルモンと呼ばれていますが、これは誰もが持っているホルモンの一つです。通常、食事をすることでこの痩せホルモンが分泌されます。

ただ個人差があるために、食べてすぐに太る人、痩せる人の違いが生まれてくるのです。そしてGLP-1は血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。これは胃から腸へ食べ物が送られてくる糖の吸収を遅くすることができます。

また、血糖値が高い場合には、膵臓に働きかけることでインスリンの分泌を促進させることができるのです。さらに満腹中枢を刺激することで、少ない量で満腹感を感じることができ、お腹が空きにくくなるのです。

 

そして気になるのが、始めのほうでも伝えている通り、痩せホルモンは個人差によって、分泌する量が違っているということです。ただこの痩せホルモンの分泌量は増やすことができるのです。

 

痩せホルモンを増やしたい!どうすれば?!

乳酸菌を増やしてあげる

痩せホルモンをできる限り分泌させる鍵となるのが、腸にあるために腸内環境を整えていくことが大きなポイントになります。そこでできることが、腸内環境を整えてくれる乳酸菌を増やすことです。

乳酸菌に加えて、乳酸菌を増やす働きのあるオリゴ糖や、腸内環境を整えるためにも食物繊維を摂ることも大切なことです。

 

EPAを摂る

EPAと聞くと、青魚のイメージがあるとおり、青魚に多く含まれているため、なるべくしっかりと摂っておきたいものです。中でも特にサバには、EPAが多く含まれているために痩せホルモンを多く分泌させるためにも摂っておきたいものです。

また、加工品としてあるサバ缶を食べることでもEPAを摂ることができるためにおすすめです。この他にEPAを含む青魚は・・・

 

  • いわし
  • さんま
  • あじ
  • サバ

 

サプリを使ってEPAを摂る

EPAを摂る方法としてもう一つあるのがサプリメントを利用することです。細菌ではドラッグストアでも手軽に買うこともでき、青魚が苦手な人でも積極的に摂ることもできるためにおすすめです。

またいくら青魚が好きだと言っても、毎日の食卓に並んでいると嫌気もさすこともあると思います。サプリメントであれば、必要な時にすぐに摂ることもできるためにおすすめです。

 

痩せホルモンの天敵!

痩せホルモンをいかに分泌させるかで、腸内環境も大きく変わってくることがわかりましたが、ただ気をつけておかなければならないこともあります。腸内に住んでいる菌の一つにカンジダ菌があります。

本来、カンジダ菌は善玉菌やカラダの免疫機能によって常に監視されていることで抑えられている状態にあります。これは、腸内フローラには大きく善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つのグループに分けることができます。

このうちの日和見菌に関しては、腸内環境の中で7割ほど占める菌で、この中の菌にカンジダ菌が含まれています。そして日和見菌は普段は何もせずおとなしい菌。しかし、ある一定の条件がそろうことで日和見菌は悪玉菌の味方をするようになります。

それが・・・・

 

  • 砂糖や精製炭水化物の多い食事
  • アルコールの摂りすぎ
  • 免疫力が低下している時
  • 抗生物質やステロイド剤の使用

 

こういった事によって、日和見菌が暴走を始めることで、腸内環境が悪玉菌が優位な状態になることです。

 

痩せたいなら食べるべき!痩せるためのストレスを予防する方法

食べたら痩せるというのは、少し誤解があります。むしろ、今のダイエットでは何かを制限することで痩せようとするダイエットが多いように思います。そしてこれが実はダイエットや健康から考えても栄養をカラダに不足させてしまっている現状があるのです。

そして食事制限をしたら痩せることができるのは、当たり前のことです。食べる量を減らせば痩せるわけですから・・・・。ただこの結果としてカラダに残るものは・・・

 

  1. カラダに飢餓状態を作る
  2. 内臓の働きが低下する
  3. カロリーが消費しない
  4. 脂肪は燃焼されない
  5. 代謝が低下する

 

といった悪循環にステップアップしていくのです。つまり、ダイエットでみた場合、これほどダイエットに反した行動はあってはならないのです。ただ前提としてはそもそも食べ過ぎてカロリーを摂りすぎているなどは別の問題です。

本当に必要なことは、食べて痩せるために必要な食材を食事の中で摂り、脂肪が燃焼されやすいカラダ作りをすることです。そしてそのためにすることは、1日3食の食事を摂ることです。つまり、バランスの摂れた食事です。

 

そして特に気にすることが炭水化物ダイエットのように、ごはんを食べないでおくダイエット。これはもちろん全く食べない事はダイエットにはなりません。あくまでも必要な量は摂ることです。

 

空腹は血糖値を上げやすくするため食事は抜かない

食事をすることで、食事に含まれている糖分が吸収されることで血糖値が上がるようにカラダはできています。この血液中の糖分をエネルギーとして使うようになっていますが、この糖分が余ってしまうことでカラダに脂肪として蓄えられるようになります。

そしてこれは食事をしないことで空腹の状態を作ることほど、次の食事をしたときに糖分や脂肪分の吸収をしやすくなり血糖値が急激に上昇させてしまうことになります。つまり、食事と食事の間の間隔、時間が開くほど血糖値の上がり方が急になってしまうのです。

 

特にダイエットと称して朝食を抜く人も多いと思いますが、血糖値を上げやすくしているために脂肪がつきやすいカラダに自分自身で作り上げていることになるのです。つまり、毎食きとんと食事を摂っている人のほうが脂肪にもなりにくいのです。

 

食事を抜くことは筋肉量を減らす

食事を減らすことは正しい方法であれば問題ないかもしれませんが、ただ制限し食事を抜くことでカラダに起こってくることがあります。それは栄養が不足したカラダになることです。これはカラダに必要な栄養がなくなることで次にカラダの筋肉の部分から栄養を摂ろうとします。

 

人のカラダの生命を維持するために一番の問題になるのが、筋肉は一番カロリーを消費させることです。つまり、必要な栄養がないために、カロリーを多く消費させる筋肉があると生命を維持させることが難しくなるとカラダは判断するわけです。

つまり、筋肉を分解し必要な栄養を補おうとします。そしてこれは同時にダイエットとは正反対の基礎代謝を低下させる原因にもなるのです。痩せやすくするためには、基礎代謝を上げることで普段なにもしない状態でもカロリー消費量が増えることで痩せやすくなります。

 

つまり、栄養不足になったカラダは「痩せる」は確かですが、正確には「やつれていく」という意味の方になってくるのです。この結果、やつれて、ダイエットだけでなく肌も髪もボロボロの状態。

キレイにダイエットできるはずがないのです!!

 

食べて痩せるカラダづくり!食事の摂り方は

ダイエットを考える時に、食べて痩せるは理想的ですが気になるのがカロリーや脂肪分、糖分といった問題です。このワードは特に太りやすいイメージの象徴ともいえるワードですが、本当にカラダに不必要な栄養はないはずです。

栄養は不足すれば、それだけでバランスを崩し、カラダに糖分や脂肪分を貯め込みやすくなるために、食べて痩せるためには食事のバランスをトータル的に考えることが本当の食べて痩せるダイエットといえるのです。

 

朝食

朝食はあまりたくさん食べる必要はありません。食べ過ぎることで食欲を増し、刺激になることもあるので、適度に満足感がある量を食べるようにしてください。朝食を食べない人も多いと思いますが、朝食を摂る理由やメリットなどについてはこちらの記事を参考にしてください。

ダイエット中の朝食メニューが食べ方で痩せる!」

http://diet-marurun.com/tyousyoku-menyu-763

 

朝食では、朝に水分を摂る事と見た眠ミネラルを含む食べ物を摂るようにしてください。
スポンサードリンク

 

朝10時におやつを食べるなら・・・

間食を10時にするとなると、やっぱり気になるのは太ったりしないだろうか!?ということだと思います。どうしてもお腹が空くことは避けることができないことです。そんな時に10時のおやつをおすすめする理由があります。

それは、いつ、どんなおやつをどのように食べるかを意識することで、おうやつを太りにくい食べ方に変えることができるのです。その考えに基づくのが人のカラダには時間帯によって代謝機能の働きが違うということです。

そのカギはBMAL-1という脂肪をため込む働きをするタンパク質の時間帯です。これは朝起きてから夜寝るまでの時間で考えた場合、明るい時間帯であれば分泌量は夜の時間帯と比べると少ないので脂肪になりにくいのです。

 

 

「BMAL-1」の画像検索結果

出典:http://からだイズム.com

 

また、おやつを食べる時に気をつける事として、100Kcal以内を目安とすることでダイエットへの影響も心配することもなくなります。タンパク質やくるみなどのミネラルが豊富でしかも脂肪燃焼効果のある脂が豊富な栗やくるみなどのナッツ類がおすすめです。

 

昼食のバランスは

昼食にがっつりと食事をしたくなると思います。ただダイエットだからといって制限している人も多いはずですが、昼の時間から夜にかけてのこの時間帯は代謝がよくなる時間帯でもあります。

そのため、できれば昼食は満足ができる食事の内容でもかまいません。特にダイエット中にお肉を食べたくなることがあると思います。そんな時は、赤身のステーキをがっつりと食べてもらってもかまいません。

この時間帯は脂肪やタンパク質の消費も多くなる時間なので、満足できる内容を食べることです。また合わせて摂っておきたいのが、野菜や汁ものなどでバランスを摂るメニューにすることです。

ただ、天ぷらなどの油を使った食事は避けておくことです。ここで昼食の摂るポイントです。

 

  • 主食は少なめにする
  • 野菜、汁もののバランスを摂る
  • バランスが取れれば、おかずはたっぷりでもよい

 

 

3時のおやつ

おやつもBMAL-1の考え方から、夜に食べるよりは脂肪になりにくい時間帯です。特に、おやつにおすすめなのが、食べ痩せスナックとも言われているポップコーンです。タンパク質も豊富で脂質が少ないのも特徴です。

また、ドライフルーツもおすすめです。ドライフルーツには、食物繊維のバランスがよく便秘を解消してくれる効果もあります。また食物繊維ということもあって、腹持ちも良く、しかも噛みごたえもあるために満腹中枢を刺激しやすくなります。

 

夕食のバランスは

夜の時間帯になるにつれて代謝が落ちていくので、夜の食事の摂り方は少し気を使わなければなりません。特に脂肪を貯め込みやすくする時間帯に差し掛かっていくことを考えると主食の炭水化物は減らすことです。

また、ごはんから玄米に変えることもおすすめです。副食メインも魚にするなど、野菜も含めて、できれば低脂肪のメニューに変えることで、魚や煮物といった和食中心の夕食にすることが脂肪を貯め込まないための食事になります。

また、夕食に発酵食品を摂りれることで、食べた物をしっかりと燃やす食物酵素も摂ることができます。

 

ファーストフードが食べたくなったら・・・・

ジャンクフードは太るには間違いないと言えます。しかし、ストレスのかかりすぎるダイエットもただ苦痛でしかないと思います。そのため、どうしてもファーストフードのような食べ物が食べたくなったら、食べ合わせを少し工夫するとよいです。

もちろん、夜遅い時間や夕食は避けるべきですが、食べたくなった時は、必ず酵素を補う食べ方をすることです。ファーストフードのような、こういった加工食品は特に油が多く、野菜が少ない特徴があります。

そのため食べ物から食物酵素を摂って消化酵素の働きを助けることができないのです。そこで酵素を補うために生野菜やフルーツ、発酵食品を合わせて摂るようにしましょう。

 

食べ過ぎたら時は18時間以内にリセットをして!

食べ過ぎた時に、あとで公開することが脂肪としてカラダに蓄積されていく結果になることです。私たちのカラダは食べ過ぎた場合、すぐに食べたものが脂肪になるわけではありません。脂肪になるには、約2週間の期間が必要になります。

つまり、この期間までにリセットさせることができれば、その心配も少なくなるということなんです。そのためにする事は、肝臓にストックされた糖をリセットさせることです。具体的なポイントは18時間という時間です。

食べ過ぎた直後から18時間何も食べないでいる事でリセットすることができます。また、18時間何も食べないのが辛い場合は48時間で考えて対応することもできます。

 

夜食べ過ぎる⇒翌朝抜く⇒昼食は半分に⇒夕食は抜く

 

といった48時間を使いリセットすることもできます。具体的な方法はこちらの記事を参考にしてください。「夜に食べ過ぎたらリセットできる!翌日と次の日の食事は!」

http://diet-marurun.com/yoru-tabesugi-976

 

食べても太らないと思っている人も注意

痩せホルモンを多く分泌させることができている人によって、太ってしまう事とこれまで無塩ともいえる生活をしている人もいると思います。しかし、太らないと自覚することが最もダイエットにおいても危険だといえます。

それは、気づいたら食べ過ぎてしまっていた!!ということにもなるからです。今は痩せホルモンのおかげで太る心配がないかもしれませんが、腸内環境が悪化すれば太る可能性も出てくることもありえます。

そのために食べ過ぎることはしないこともそうですが、食事を摂るときは、しっかりと良く噛んで食べることも大切で、噛む回数が増えることでお腹に満足感を少ない量で感じることもできるので、カラダに無理な脂肪がたまらずにいられるようになります。

 

まとめ

本当にダイエットして痩せたいのであれば、食べるべきです。ただあくまでも食事の栄養バランスを考えることが大きなダイエットと太る分かれ道になります。食べて痩せたいと思うのは誰でもそう思うはずです。

ストレスなく食べて痩せるためのダイエット方法をうまく利用してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。