食物繊維の重要性!食事ダイエットに必要な理由


食物繊維を食事に取り入れることは

何より大切な事の一つですが、

意外と一日に必要な量を摂れていない

のです。

 

ダイエットになぜ必要なのか・・・

スポンサードリンク

 

 

食物繊維って!?

 

 

食物繊維は皆さんがイメージしている

事としては「繊維」という言葉から

想像するように噛んでいると口に何か

残る食べカスのようなものが

食物繊維と思う人が多いと思います。

 

 

じつは食物繊維は、繊維状だけでなく

ハチの巣状のものやへちま状のものと

形状も様々なものがあります。

 

 

そして食物繊維の性質も形状に

合わせて様々な性質があります。

 

 

 

 

食物繊維の種類

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

食物繊維には大きく分けて2種類

あり、水に溶けやすい水溶性食物繊維

水に溶けにくい不溶性食物繊維

に分けられます。

 

 

 

 

食物繊維の効果とは

 

食物繊維は水溶性と不溶性によって

その効果は変わってきます。

 

 

まず水溶性食物繊維の特性と

しては、時の通り水に溶けやすい

性質を持っているために、

ゲル状に変化 します。

 

 

粘着性を持つことで胃や腸の中を

ゆっくりと移動することで、

お腹が空きにくい効果があります。

 

 

つまり食べ過ぎを予防できる

効果があります。

 

 

また、糖質やコレステロールなど

の吸収を抑える働きを持っており

食後の血糖値の上昇を抑える効果も

あります。

 

 

また整腸作用の効果があり、

便秘や 下痢で悩んでいる人には

おすすめ です。

これらの働きが肥満を予防する

効果があります。

 

水溶性食物繊維は・・・・

  • 食べ過ぎを予防できる
  • 血糖値の上昇を抑える
  • 整腸作用がある
  • コレステロールを排出する

 

そして不溶性食物繊維の大きな

特徴としては、胃や腸で水分を

吸収する事で大きく膨らみ

腸を刺激させることで起こる

蠕動運動を活発にさせることで

便通効果が期待できます。

 

 

不溶性食物繊維は・・・

  • 食べ過ぎを予防する
  • 満腹感が得られる
  • 整腸作用がある
  • 肥満を予防できる

 

 

食物繊維の多い食品

ダイエットをする上でできれば

効果的に食物繊維を摂りたい人に

おすすめなのが果物と野菜の

食物繊維が多いベスト5を水溶性と

不溶性とに分けて紹介します。

 

 

 

水溶性食物繊維の多い果物ベスト5

 

1位 あんず(乾)

 

 

2位 いちじく(乾)

 

 

 

3位 プルーン(乾)

 

 

4位 なつめ(乾)

 

 

5位 ゆず(果皮・生)

 

 

 

 

 

不溶性食物繊維の多い果物ベスト5

 

1位 干し柿

 

 

2位 なつめ(乾)

 

 

3位 かりん(生)

 

 

 

4位 いちじく

 

 

5位 すだち(果皮・生)

 

 

 

 

 

水溶性食物繊維の多い食品 ベスト3

1位 こんにゃく

 

 

2位 白きくらげ

 

 

3位 干しわらび

 

 

 

 

 

不溶性食物繊維の多い食べ物 ベスト3

 

1位 アラゲキクラゲ

 

 

2位 きくらげ

 

 

3位 白きくらげ

 

 

 

 

食物繊維を取り過ぎるとどうなる?

 

食物繊維をただ摂取すれば便秘

の改善に効果があるわけでは

ありません。

 

 

最初にお話しした通り、

食物繊維 には2種類の食物繊維、

水溶性と不溶性との分類されますが、

便秘改善を考えた時に、この2種類の

バランスを考えた取り方を

しなければなりません。
スポンサードリンク

 

便秘であるために、食物繊維を

しっかりと摂っているのに改善され

ないのには実は、不溶性の食物繊維を

摂り過ぎている可能性があるから

かもしれません。

 

 

不溶性食物繊維を摂り過ぎていると

この特性上、腸の蠕動運動を刺激

させるだけでなく、不溶性によって

お腹が膨らむことになります。

 

 

これは不溶性の食物繊維が刺激

することでこういった現象が起こる

ために不溶性食物繊維の取り過ぎは

禁物なのです。

 

 

そして食物繊維を効果的に摂る

ために必要なことは水溶性と不溶性

とのバランスを考える必要があります。

 

水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2

 

ダイエットどころか便秘で悩む

人の場合はこの割合を意識して、

食事の中に取り入れるように

しな ければなりません。

 

 

しっかりと野菜を摂っている

はず なのに・・・・・

便秘が治らない!!

 

 

こう感じた人は、一度食物繊維の

種類を見直してみてください。

 

 

食物繊維を摂る時の注意は

 

食物繊維は水溶性や不溶性のものと

どちらにも共通する事としては、

食べ過ぎを予防することができ

ダイエットに効果的と思うことに

なると思いますが、これが大きく

注意しなければならない事です。

 

 

食べ過ぎを予防出来るということは

お腹が満腹になる事ができると

いうことなのです。

 

 

つまり、食物繊維にばかり気を

付け過ぎてしまったばかりに

他の食事からバランスよく栄養を

摂る事ができなくなる可能性が

起こってきます。

 

 

また食物繊維の摂り過ぎに

よって 起こる事として身体に

大切な栄養素、 ビタミンやミネラル

といったものを身体の外に排出

してしまう結果にもなります。

 

 

こうなってしまうとダイエット

どころか 痩せることも難しく

なってきます。

 

 

そして脂肪の蓄積に繋がって

いきます。

 

 

ダイエットに必要なことは

バランスのよい食事が基本と

なるために必ず偏った食べ方は

控えるようにし バランスの良い食事を

心がけて ください。

 

 

こちらを参考にしてください。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

 

まとめ

 

食物繊維はダイエットにはかなり

大切な役割を果たしていますが、

くれぐれも注意しなければならない

ことが食物繊維の食べ過ぎは

逆効果だということです。

 

 

便秘改善にはならず、便秘をかえって

悪化させる結果になります。

 

 

ダイエットは偏った食事をすれば

それだけ痩せる事は難しくなって

きます。

 

 

普段の食事の中でうまく食物繊維を

一つの食材として利用することと

他の食材でバランスを摂っていく

ことが食事ダイエットで必要な

ことです。

 

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。