食事制限なし!運動制限なしで痩せた簡単ダイエット


食事制限なく痩せる事ができるのか信じ難いことかもしれませんが、時間を効果的に使いさえすれば痩せる事ができます。しかも運動制限なしで痩せるための方法って、かなり気になりませんか?簡単にできるダイエット法を紹介します。

 

スポンサードリンク

ダイエットを始める前に知っておくこと

太った理由は分かっているのか!?

ダイエットを始める時に、まず取りかかる事としては、どのダイエットをしようか考えると思います。「○○ダイエット」「痩せるには○○がいい」などの口コミから始める人も少なくありません。

しかし、本当にダイエットを始める時には、まずは自分がなぜ太ってしまったのかを振り返り考えることが必要なんです。

 

  • 食べ過ぎてしまった
  • 甘い物に目がない
  • カラダが冷えてしまっている

 

太ってしまった原因は人によって様々だということです。もちろん食べることが嫌いな女性はいませんよね。多くの女性に食べ過ぎてしまったという意見は共通することかもしれません。痩せたいと思うのであればまずはその原因を考えるようにしましょう。

 

甘いものに目がない!覚えておいて!脂肪分との組み合わせは最悪なの!

甘い物を食べるとすぐに太ってしまうのは、なぜだかわかりますか?それは肥満ホルモンと呼ばれるホルモンの影響を直接受けていることが大きな原因です。この肥満ホルモンという言葉!あまり聞き慣れないかもしれません。

この正体はインスリンなんです。お腹が空いた時に甘い物を食べることはより幸せを感じある一面ですが、空腹時に甘い物を食べると血糖値を急激に上げることになります。その結果、カラダでは上がった血糖値を下げようと働きます。

これがインスリンという肥満ホルモンが大量に分泌されるようになります。そしてインスリンも万能ではありません。血液中の糖分の全てを上手に代謝してくれればいいのですが、そうはいかないのです。

 

余った糖分はカラダに脂肪として蓄えられるようになるのです。

 

そして食べる組み合わせが悪いことで、さらに悪循環になり太りやすくなります。まず糖質1gあたりのカロリーは4Kcalです。そしてタンパク質の1gあたりも4Kcalしかありません。

同じカロリーであっても糖質は血糖値を上げるために太りやすく、ここに脂質が加わればさらに太ってしまいます。食べ物の組み合わせでこれだけ変わることも知っておくことも大切なことなんです。

 

血糖値をコントロール術を知る

お腹が空くと何か食べたくなると思いますが、じつはお腹が空くというのは実際には胃の中が何もない状態ではなく、脳からの指令によって、お腹が空くのです。そして、日によって不思議に思ったことがあると思います。

 

さっき食べたところなのに・・・・またお腹が空いてきた!!

 

こんな経験をしている人は意外と多いかもしれませんね。じつはこれも血糖値が大きく関係しているんです。少し前にお腹が空いている時に、甘い物を食べると血糖値が急激に上昇すると話していますが、その結果、血糖値の降下も急がつくほど早いのです。

そしてお腹が空いたと感じるようになるのです。つまり、空腹感をなくすためには急激な血糖値の上昇を抑える食事をすることが血糖値をコントロールする方法になるんです。

 

食事制限なしの8時間ダイエットとは

 

8時間ダイエットこそが食事制限なく痩せる事ができる夢のようなダイエット方法なのですが、このダイエットは一体どんなダイエットなのか気になる人も多いと思います。なにせ食事制限をする必要がないダイエット方法ですから!

しかもこのダイエット方法を実践した人の多くは、たった1週間で5キロほど痩せることができたという結果までついてくるわけですから、これだけ効果的なダイエットはないかもしれません。

 

まずこの8時間ダイエットの大きな特徴は8時間の間の中で食事を済ませてしまう必要があるダイエットです。

 

その時間と言うのが朝の9時から午後の5時までの時間帯。もしくは午前11時から午後7時までの間の8時間で食事を摂る必要がありますそしてこのダイエット方法の特徴の食事制限がいらないというのには、8時間以内の時間帯であれば何を食べてもよいということなのです。

つまり、食事は抜かないで食べることができるということです。職位をぬくことや極端な食事制限をすることは、次の食事までに時間が空いてしまう事で飢餓状態を作ってしまうことになってしまうのです。

これが血糖値を急激に上げる原因にもなるので、8時間以内で何を食べてもいい8時間ダイエットのルールはたったこれだけです。つまり逆を言うと、この時間帯以外での食事は一切してはならないということです。

 

だからといって食べ過ぎてはいけませんよ!

 

8時間の間に食事を摂ることによって夜の間にその日に食事で摂ったカロリー、そして体内にある蓄えられているエネルギーを消費してくれる効果があります。つまり一日8時間の間に食事を済ませ残りの16時間の間に脂肪が燃焼されていく仕組みです。

 

 

食事はよく噛んでゆっくりと食べる

食事の基本とも言えることですが、意外と忘れがちになっていることでもありますよね。特に知らずに早食いになっていることでより太りやすくさせている事にもなっています。これは食事をしてお腹に満足感が現れるまでに20分かかることがその理由にあります。

早食いであれば、ものの10分ほどで食べ終わっているでしょうし、さらに食べることになり食べ続けてしまうのです。そのために満腹中枢を刺激する食べ方として時間をかけてゆっくりと良く噛むことが必要になります。

1口を30回~50回噛むようにすると食べる量も減り、満足感も得ることができます。そもそも噛むことはダイエットにもなります。

よく噛むことがダイエットになる!痩せ方が変わる食事」

http://diet-marurun.com/kamu-syokuji-713

 

食事の順番を見直すことも!

太りやすい傾向にある人の特徴として、初めにご飯を食べることが多いと思います。ご飯を含め炭水化物を先に食べることを止めるだけでも血糖値の上がり方は変わるものです。そして血糖値を自分でコントロールする食べ方が・・・・

 

野菜類⇒汁もの⇒タンパク質⇒炭水化物

 

となります。野菜類を先に食べる目的は、お腹に溜まりやすい食物繊維や汁ものを先に食べることでお腹に溜まりやすくなることです。また食物繊維には血糖の上昇を緩やかにする働きと脂肪の吸収を抑える働きもあるためです。

 

スーパーフードで効率アップ

8時間ダイエットをするために効果的にさせる食材が以下の8つの食材になります。

 

  • 卵と脂身の少ない肉
  • 乳製品(ヨーグルトなど)
  • 豆類
  • ベリー(いちご、ブルーベリー)
  • 色の明るい果物(りんご、オレンジ)
  • 穀物(玄米・全粒粉パン)
  • 緑の葉野菜

 

この8つの食材を一日に2種類ずつ食事の中に取り入れるようにしてください。

 

8つの食材からわかる事

 

8つの食材をみると大きくダイエットと共通する部分があります。それはたんぱく質と穀類と果物そして緑の葉野菜の4つ!!大きく分けるとこのような効果が8時間ダイエットで実感する事ができます。

 

たんぱく質の効果

 

卵や脂身の少ない肉、豆類に含まれるたんぱく質の大きな効果としては内臓や血液を作ることが大前提にあります。これは食事で摂った栄養や酸素を全身に運ぶことで、人が日々抱える身体へのダメージを修復させるために必要な栄養素の一つです。

 

ストレス、睡眠不足など・・・こういった環境から身体を修復するためにはたんぱく質が必要なのです。大きくダイエットに関わることとしてはやはり筋肉を作ることが代謝を上げる効果があるためにスーパーフードの一つにある理由ですね。

 

 

穀類

 

穀類がダイエットに向いている理由には、消化されるスピードが遅い事で食べた後でも腹持ちがよく空腹感を少なくしてくれる効果があります。また食物繊維とミネラルが豊富に入っていることも大きな理由の一つです。

 

色の明るい果物

 

果物の大きな効果には食物繊維が豊富に入っていることで便通効果や果物に含まれる酵素が身体の中の老廃物や毒素を排出する効果があるために身体の外と中と両方からきれいにする効果があります。

そして新陳代謝があがり効率よくダイエットすることができます。

 

 

緑の葉野菜

 

緑の色が濃い野菜の特徴にはクロロフィルという成分を多く含んでいることがわかっています。このクロロフィルの効果としては腸をきれいにしてくれるデトックス効果と血液をきれいにする効果があります。

 

 

代謝酵素の働きを良くすることもポイント

食材からわかることは、できるかぎり消化によい食材を選ぶことにあります。カラダの中で酵素は消化酵素と代謝酵素があり、カラダの酵素の量は決まっています。つまり、消化に悪い食べ物ばかりを食べていると、消化酵素を大量に使うはめになり代謝酵素が減り、新陳代謝が悪くなってしまうのです。

 

つまり消化に時間のかかる揚げ物などの食べ物ほど消化酵素を使ってしまうということです。野菜を摂ることで酵素を補うなどをすることで不足する酵素を増やし働きを活発にすることも大切なことです。

ただ野菜などの食物酵素は熱に弱い性質があるのでできるかぎりはサラダなどの生で食べるようにすることで働かせることができるようになります。

 

16時間食べないことでのメリット

 

16時間食べないと言う事はその何も食べていない時間こそが断食をしている事と同じ効果をもたらしてくれます。これは始めに述べたように夜のうちにその日に食べたものを消化させることができ、脂肪として体内に蓄えることがなくなり、16時間という時間が胃腸に休息させる時間を作ることができます。

 

そしてもう一つには脂肪が蓄積されやすい時間が関係しており夜の10時ころからの食事が最も太りやすく、午前2時~4時の間までがピークとなる時間帯です。

 

スポンサードリンク

 

夜に太りやすいと言われるのはたしかなことで8時間ダイエットを実践すると当然この太りやすい時間での食事を回避することができ太りやすい生活習慣を改善することができます。

 

飲み物にも気をつけよう!

 

食事で気をつけなければならないところは8時間ダイエットで説明したとおりですが、このダイエット方法に飲み物をプラスして考えるとされに効果的になります。まず食事の基本は8つのスーパーフードを一日のうちの2食に取り入れる事と8時間以内であれば食事制限はありませんが、基本は必ず一日三食の食事を心がけなければなりません。

 

バランスのよい食事の取り方はこちらを参考にしてください。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

そしてこの食事に合わせて飲むものも考えるとより効果的になります。まず朝食を食べる時は起床後すぐの食事ではなくコップ1杯程度の水を飲むようにしましょう。水を飲むことで代謝を上げる効果もあります。

またその他にも代謝アップに水分は欠かせないためにトイレの後やお風呂の後など、ちょっとした時にこまめに水分を摂るようにするとよいです。

ダイエット中におすすめの飲み物はこちらを参考にしてください。

「ダイエットによい飲み物はこれだ!

運動前におすすめ8つ」

http://diet-marurun.com/nomimono-unndou-564

 

食事制限なし!運動制限なしもいいが・・・・運動はやはり効果的

 

8時間ダイエットは食事制限なしにできるダイエット法ですが、より効果を出そうと思うのであれば、運動を取り入れる必要があります。食事から摂った栄養を効率よく運動に関連させることで、太りにくい、痩せやすい体質へ変わっていきます。

それが脂肪燃焼効果のある有酸素運動を行うことです。おすすめの運動はもちろんヨガやウォーキングといった運動です。ウォーキングの効果についてはこちらを参考にしてください。

「ウォーキングダイエットの

正しい運動方法と効果は」

http://diet-marurun.com/wokingu-876

 

そして運動に対してかなり低抗があり、重い腰が中々上がらない人には家の中で行える運動がおすすめかもしれません。家でできる運動も同じように有酸素運動を取り入れた運動です。家の中で手軽にしたいのであればこちらを参考にしてください。

「家で毎日できる運動ダイエット!

方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

8時間ダイエットの中では一日8分という短い運動だけで十分とされていますが、脂肪を燃焼効果を高めるのであれば、有酸素運動は20分以上続けなければなりません。20分以上でなければ脂肪はしっかりと燃焼されません。

 

食事制限なし!生活で意識することは

食事制限なしで痩せるためには、8時間ダイエットを実行する事に加えて体重を毎日測ることも大切なことです。できれば決まった時間に体重と体脂肪率、筋肉量がわかる体重計で測り日々の記録を残しておくことで何が良かったのか悪かったのかを振り返ることもできます。

 

時間はあえて用事をつくることで活動量アップ

職位制限なしでダイエットをしていて、食事に対してのストレスは8時間ダイエットを実践していればストレスを感じにくくなるかもしれませんが、ただ時間がぽっと空くと、その時間で間食をしたくなることも出てくるかもしれません。

特に予定がなくすることがないと、時間をもて余してしまうために、何か気を紛らわせることをするのがおすすめです。中でもおすすめなのが、日常でのちょっとした時にする動作を考えるtことです。

 

 

  • お腹を引っ込める意識を持っておく
  • 姿勢を正しくする
  • 買い物はできる限り歩くか自転車で!
  • 階段をなるべく使うようにする
  • 掃除をする

 

 

こういったちょっとした事でも簡単に日常にとりいれることができると思います。ポイントは、「運動してます!」という意識ではなくカラダに負担がなく活動量を増やすことです。

 

睡眠は質にこだわったほうがいい

睡眠時間をどれくらいとれているかでダイエットは大きく左右されます。まず睡眠がしっかりと摂れているだけでカロリーは300Kcalも消費することができます。つなり寝るだけでダイエットになるのです。

そしてもう一つが睡眠不足の人ほど食欲を増進するグレリンというホルモンの分泌量が増えるということもわかっています。そしてグレリンと正反対なホルモンがレプチンです。これは食欲を抑えてくれるホルモンです。

このことからも分かるとおり、睡眠不足になっている人ほど食欲が増進されやすく、食欲を抑えることが厳しくなってくるのです。そのために睡眠はしっかり摂ることが必要です。睡眠を摂ることで成長ホルモンが分泌されば、細胞を修復し新陳代謝を促すこともできます。

つまり、エネルギーを寝ている間でも消費できるようになるのです。寝る前のスマホやテレビなどは、睡眠の質を低くしてしまいます。眠りやすい環境を整えておくことで睡眠の質も高めることができるためにベット周りの環境にも配慮することが必要なんです。

 

カラダを冷やさない工夫も!

基礎代謝が高い人はそれだけエネルギーの消費も高くなります。つまり、何をするにしても基礎代謝の低い人と比べても消費するエネルギーは大きくなるということです。そのためできる限りは基礎代謝を下げないようにすることが大切ですが、基本的な事としてカラダを冷やさないことです。

 

  • 薄着をしている
  • お風呂はシャワーが多い
  • 冷たい物を摂りすぎる

 

などカラダを冷やす事はいくつもあります。そのためにまずはカラダを冷やさないようにし、体温を高く保つようにすることです。体温を1度上がるだけで基礎代謝は12%も増加します。そして基礎代謝の高い人は太りにくく、脂肪燃焼効果も高くなるため基礎代謝を上げる取り組みをすることも大切です。

基礎代謝を上げるには5つの方法で痩せることができる!」

http://diet-marurun.com/kisotaisya-1021

 

まとめ

8時間ダイエットの魅力は食事制限が必要ないところです。8時間という決められた時間内で食事をするだけで効果的に痩せる事ができます。またさらに効果をもたらす事に飲み物、運動といったことを合わせた行う事でたった1週間で5キロも痩せることができます。

 

こういったことからも身体を動かすことが食欲を減退させる効果もあることから、うまく運動を取り入れてみてはいかがでしょうか!!

 

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。