食事ダイエットを簡単にする裏技5選!痩せた人が実践したメニュー


食事だけで痩せようと思うのであればやるべきことはたった3つだけでいいのです。簡単に痩せるために必要なメニューやレシピ。そして痩せるために効果的なダイエットにするための手法を紹介します。

スポンサードリンク

 

食事制限する必要はあるのか!

食事でダイエットをしていても中々納得できる結果が出ない人が多いというのも事実です。ですが食事制限をするメリットとデメリットをしっかりと把握した上での食事制限をしていなければ、リバウンドなどの悪い結果に結びついてしまいます。

 

間違った食事制限とは

 

極端な食事制限をしてしまう

食事制限をするということは、カロリーを大幅にカットできるメリットがありますが、食事制限として一日の食事を1食減らす方法は間違いです。また、極端に食事を制限することで摂取カロリーを下げるやり方もよくありません。

 

こうした急のとくダイエットをすることによってカラダに起こることは、いわゆる飢餓状態を自ら作り出していることになり、よりカラダに脂肪をつけるだけでしかないのです。あた確かに体重は減らすことができます。

ただこの結果、待っているのは体脂肪は思っている減らないという現実なのです。

 

食事制限を長期的にしている

食事制限をすることで体重が落ちてくる嬉しさを感じてしまうと、どうしてももっとやせたいと思う反面、食事制限を長い期間してしまう人がいますがこれは間違いです。

 

ストレスと向き合わない

食事制限をするあまり、途中で挫折してしまう理由にストレスが関係しています。食事制限をするあまりに空腹感によって食事制限を辞め、食べ過ぎてしまう人にストレスとの向き合い方を間違えた人がいます。

このような間違った食事制限によるリバウンドを招いてしまう行動は食事制限とはいえず、身体に飢えを作るだけで太りやすい体質にしてしまっているだけです。

 

カロリーバランスを守らない

食事ダイエットでもっとも重要な部分を占めるのが、この摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。まず単純に考えて摂取カロリーを消費カロリーが上回れば痩せることができます。

しかし、大きな問題としてあるのが、食事で摂るカロリーに比べて消費するための運動でのカロリーというのは、思っている以上に消費するカロリーは低いということです。たとえば、ジョギングを40分したことでカロリーは約200キロカロリー消費できます。

 

しかし、ここで食事としておにぎり1個たべるだけで、ジョギングした分のカロリーを摂ることになるのです。つまり、カロリーバランスを上手にコントロールする事ができなければ、自然と摂取カロリーの方が上回ってしまい失敗に終わるのです。

 

正しい食事制限とは

 

食事制限は本当に結果としてダイエットに成功しているのか!!長期的に見た場合に成果を残せている人はごく一部の人かもしれません。これは、極端な食事制限によりストレスを抱えてしまうことでリバウンドすることがその理由にあります。

 

長期的にダイエットが出来得る人にとってはある意味、ストレスとのバランス関係が取れている証拠かもしれません。本当に食事制限だけでダイエットをするのであれば、守るべきポイントを知っておく必要があります。

 

1 食事制限は必要最小限にする

2 ストレスを発散できる方法を作る

3 急激な食事制限をしない

 

食事制限で簡単にダイエットに繋げるために必要なことは、これだけです。

 

 

食事制限する前にやるべき2つとは

 

食事でダイエットをする時に一番に思いつくのが食事の制限ですが、必要なことはまず食事制限ではありません。まずは一日の食事の摂り方を改める必要があります。

 

食事の回数は

普段の食生活で最も多いと言われていることには、一日の食事の回数が3食ではないことが挙げられます。特に朝食を食べない人は多いと言われており、これは食事制限とは言わずむしろ太るためのきっかけを作っているだけになります。

 

まずは一日三食の食事を習慣化させることが何より大切です。

 

食事のバランス

一日三食の食事が摂れるようになれば次にするべきことは、三食の食事の栄養バランスを考える事が重要になります。一人暮らしをする人には、バランスの良い食事は中々難しいものです。

しかし、一日三食をバランスよく食べる事が最も痩せる体質を作る身体になります。食事は和食を意識的に摂りましょう。和食の栄養バランスは特に優れています。一汁三菜を意識してみましょう。

 

一日三食を簡単にできるダイエット

一日三食の食事を始めるとなると、どうしても逆に太ったりしないか心配になるかと思います。始めのうちは、身体が一日二食の食事に慣れてしまっているため、一時的に太ったと思う事が起きるかもしれませんが一日三食の食事習慣を続けることですぐに改善されていきます。

 

そして食事の中で特に気を付ける事が2つあります。

 

食事は良く噛んで食べる

普段から食事を意識的によく噛んで食べることをするだけで痩せることができると言われています。これは咀嚼することを意識的にすることでストレスを解消をするだけでなく早食いを防止することで肥満を予防する効果もあります。

 

たったこれだけのことで、痩せる事が出来るわけです。しかも、咀嚼が増えることで消化酵素を含むアミラーゼが唾液の分泌を促すことで食べ物の消化や吸収がよくなります。こういっただ噛むという作業をするだけで脳にも刺激が行き骨や筋肉が動くことで血液の循環が良くなります。

 

詳しくはこちらを参考にして下さい。

「よく噛むことがダイエットになる!

痩せ方が変わる食事」

http://diet-marurun.com/kamu-syokuji-713

 

食べる順番を意識する

普段私たちはあまり食事の食べ方に意識を向けて食べることは、あまりしていないと思いますが食事の時に食べる順番を意識的に変えることで痩せる事ができます。これは食べる物を優先的に変えるだけでカロリーの吸収や栄養の吸収が変わることで痩せる事ができる仕組みです。

 

まず食べる順番でダイエットをする場合に気をつけなければならない事が血糖値の関係です。食事を摂ると血糖値はあがります。ただ血糖値が急激に上昇するのかゆるやかに上昇するかで太り方が大きく変わってきます。

 

結論からいってしまえば、食事の時に血糖値は緩やかに上昇させる食事の摂り方を意識しなければなりません。血糖値の上昇は肥満、健康面でも生活のためには非常に重要な役割をもっています。

そのため、血糖値を急激に上昇させない為にするべき事は、血糖値が上がりやすい食べ物は最後に食べる事です。すぐにエネルギーになるものほど血糖値は上がりやすいということです。

 

血糖値が上がりやすい栄養素ベスト3

1 炭水化物

2 タンパク質

3 油・脂類

 

この3つに含まれる食べ物は1位から順に上がりやすい栄養素です。このため食べる順番を意識して食事をとる理由はここにあります。

詳しい内容はこちらから!!

「ダイエットは食事の順番で効果が

決まるって本当!?」

http://diet-marurun.com/daietto-syokuji-jyunban-142

 

血糖をコントロールできれば、スムーズに痩せる事ができます!!ただ、血糖値が上がるからと言って炭水化物を抜くなどをすると逆効果になってしまうので、必ず食べなければなりません。

食べる順番を考える事がポイントになります!!

 

間食はしないほうがいい

間食をしてしまう原因の一つに、朝食や昼食といった食事の中で量が不足しすぎていること。また炭水化物に偏った食事をしていることによって血糖値が安定しないことで、短時間の間でお腹がすくようになります。

そして、間食をしてしまった時に起こることとしては、食べた後に血糖値が上がり、インシュリンが分泌されます。この時に、余った糖はそのまま脂肪としてカラダに蓄えられてしまう性質があるために、間食をすることは太る可能性を高くさせてしまうのです。

 

そこで、間食はしない!!が鉄則ですが、どうしても感触をしたいのであれば糖質の少ないものを選ぶことです。

 

炭水化物は少なめにする

甘いものには中毒性があると言われています。これは炭水化物であるご飯などもこれに当たります。しかも糖質が含まれている炭水化物は、糖として余れば脂肪としてカラダに蓄えられる始末。

 

ただ人のエネルギー源になるのは事実としてあります。そこで多くの人が実践する方法としてあるのが糖質制限ダイエットです。ただ問題なのは、間違った糖質制限ダイエットをしてしまっている人がほとんど。

いわゆる過剰なやり方が横行している事実があります。こうした制限と称して無理な糖質制限をする結果待っているのは、筋肉量の低下と骨の密度量の減少です。そのため、あくまでも糖質制限とは炭水化物を少なめにすることです。

 

タンパク質を摂る

食事ダイエット中において外せない栄養の一つでもあるタンパク質。食事制限中のカラダは、脂肪と一緒に筋肉もエネルギーとして燃やされています。そして間違った制限をすることで筋肉量の低下もでてきます。

その結果、痩せたと勘違いしてしまいますが、本当に必要なことは基礎代謝を上げることにあります。

基礎代謝を上げるには5つの方法で痩せることができる!」http://diet-marurun.com/kisotaisya-1021

 

そのために必要なのが筋肉を減らさないこと。また不足していれば期肉を増やすことになります。そのためにはタンパク質をしっかりと摂ることが必要です。そもそもタンパク質はカラダの中では作れません。

しかも、皮膚や筋肉、内臓などを作るためには不可欠な栄養素です。またタンパク質はコラーゲンの生成に欠かせない栄養素でもあります。ダイエットをして老けてしまったなんてことが起こるのは、タンパク質が摂れていないことも関係しています。

 

そこでそうならないためにも、成人女性であれば1日あたりに体重1kgあたり1gのタンパク質を摂るようにしましょう。

 

食事の回数を増やして血糖値をコントロール

血糖値を急激に上げることが、結果的に太る原因になっていることがあります。たとえば、朝の食事を摂らない習慣がありますが、その次に昼食を摂ることになります。この時に、お腹が空くという事が起こると、食事をすることで血糖値の上昇も大きくなります。

 

血糖値の急激な上昇を抑えることが、カラダに余った糖分を与えないようにすることができるために、食事の回数を総カロリーは同じのまま回数を増やしてあげることで血糖値の上昇を抑え、お腹が空いたということを我慢するストレスから減らすことができるのです。

 

ジュース類、アルコール類は飲まない!

ジュースやアルコールに含まれるものに、果糖や甘味料がどうしても含まれています。こういったものは当然、血糖値を上げる原因ですし、さらにアルコールも加わればどうなるのか想像がつくと思います。

 

この糖質、アルコールは肝臓に運ばれることでカラダを調整するようにできています。しかも、普段から私たちの肝臓は様々な仕事としていることで酷使している状態にあります。そしてその中でも肝臓を酷使しているのが糖質の過剰摂取です。

 

そのためにジュース類やアルコールはダイエット中に飲むことで肝臓の働きをより使ってしまうため、水やお茶を飲むことがおすすめです。

 

食事を置き換えるダイエット

食事だけで痩せるとなると簡単にすませてしまいたいのであれば、置き換えダイエットを摂り入れることもおすすめです。ただ置き換えダイエットを始める前にこのダイエット方法は簡単に行うことができますが、あくまで短期間でする方法だということです。

 

これは長期的に考えた場合には、必ずリバウンドを招く恐れがあるからです。また短期間でも十分に痩せる事ができるのでおすすめされています。

 

置き換えダイエットおすすめは?

 豆腐と置き換える

「豆腐ダイエットで気にする食事はたったこれだけ!」

参考⇒http://diet-marurun.com/touhudaietto-186

 

納豆と置き換える

「納豆ダイエットの秘密!驚きの効果は食事にプラスワンするだけ」

http://diet-marurun.com/nattoudaietto-syokuji-519

スポンサードリンク

 

お粥と置き換える

「お粥ダイエット方法のすごい効果と作り方レシピを公開!」

http://diet-marurun.com/okayudaietto-195

 

ここで紹介した置き換えるものですが、通常の置き換えダイエットの場合は夕食丸ごとを一品と置き換えるダイエット方法ですが、ここでは小鉢などの食事の中で一つ置き換える程度でよいです。

 

本来の置き換えダイエットのメリットには一食分の食事を置き換えることで大幅にカロリーを下げることにあります。ですが、一日三食のうちの一食をたった一品に置き換える事は、逆をいえばリバウンドを招く心配もあります。

 

まずは、食事の中の一品を置き換えるダイエットからでも十分に効果はあるために実践してみてください。

 

飲みものでダイエットはできるのか

 

じつは飲み物でも痩せる効果はあると言われている物もあります。単純に考えて食べなければ痩せるというのはある意味正しいことかもしれません。飲み物だけで痩せることは可能ですがかえってかなり大きなリスクがついてきます。

 

そのため、一日三食の食事の中に痩せるための飲み物を摂り入れることがおすすめです。方法は至ってシンプルでただ飲むだけでよいです。ただ食事の前の飲むことで少しでもお腹に満腹感を感じさせる目的で飲むとより効果的になります。

 

参考

「ダイエットによい飲み物はこれだ!

運動前におすすめ8つ」

http://diet-marurun.com/nomimono-unndou-564

 

水分量が少ないことは痩せにくさをつくる

水分を1日のうちにどれだけ飲んでいるかで痩せやすさも変わってきます。カラダに水分量が少ない状態というのは、血液の循環が悪い状態で、カラダに老廃物を貯めやすく代謝が悪くなる状態にあります。

そうすれば、便秘を招きやすくデトックス効果も悪くなります。ダイエット、肌と悪い悪循環を作ってしまうだけになるのです。つまり、ダイエットをしているはずが、老化を早めてしまう手伝いをしていることになるのです。

 

そのため、水分は1日に1.5リットルは飲んでおきたいところです。これは体水分率が関係していて、この量に達していあにと肌事態に水分が少ない状態になり老化現象が始めるためです。

そしてもう一つが、体水分量を維持させるために運動をして筋肉量をつけることです。これらが全てダイエットに繋がるのです。

 

脂肪を効率よく燃焼させる時間帯は

脂肪は燃焼しやすくなるのには、人の体温との関係があります。人の体温は朝起きてから少しずつ体温が上昇していき、睡眠を取る夜には体温が下がる仕組みが備わっています。じつはこの人の体温が高い時こそ脂肪燃焼に効果がある時間帯といわれています。

 

そして同時に食事で摂った栄養が消化されやすい時間帯でもあります。

 

12時~20時!!

 

この時間帯こそが食事をする上で有効な時間帯になります。消化がしっかりと働いている時間帯に食事をすると消化、脂肪燃焼に効果的です。そして特に脂肪を蓄積しない時間帯と言われているのが14時~15時の間の時間帯です。

 

脂肪を貯めこまないためにもこの時間帯での食事をなるべくするようにしましょう。

 

脂肪燃焼に効果的な食材は

食事の中で取り入れたい食材はいくつもありますが、特に脂肪燃焼に効果的な食材を知り、取り入れることも大きなダイエット効果に繋がります。

 

参考

「脂肪燃焼する食材と食べ物で

痩せる効果激選7つ!!」

http://diet-marurun.com/sibounensyou-syokuzai-870

 

なぜ太ったのか原因を考えることも必要

なんとなく太ったからダイエットをする!ダイエットを始めるきっかけになることが多いと思いますが、まずはダイエットをしなければならなくなった原因を考えることも大切なことです。

1週間の食事や普段の行動を思い返してみると何か気づくことがあるかもしれません。たとえば、太る原因にはこれだけあります。

 

  • ファストフードを食べる機会がある
  • 食事を抜く機会がある
  • 噛む回数が少ない
  • 早食いをする
  • 間食をしてしまう
  • 気が付くと何か食べてしまう
  • 低体温である
  • ストレスがたまっている
  • 睡眠不足になっている
  • 運動を週に1回もしない
  • テレビを見る時間が多く動かない事が多い
  • 体重を頻繁にチェックしない

 

こういった事も振り返って感じる部分があれば、大きな原因かもしれません。

 

まとめ

食事の中でいかに痩せる事ができるかが大きなポイントですが、これら紹介した内容は多くの実践者が結果を出してきたものばかりです。ただ至ってシンプルで簡単なダイエット方法ばかりです。

ただ痩せた後に待っているのが、いかにスタイルを維持していくかになってきます。じつは、ある程度の食事制限で痩せた人が、もう一つ行っている事には運動があります。運動の効果は食事でのダイエットとは大きく異なる成果をもたらしてくれます。

 

それは太りにくく痩せやすい体質を作ることができる点です。

 

ダイエットで痩せた!!喜んだ後に待っているのはリバウンドかもしれません。せっかくキレイに痩せる事ができたのであれば、維持させることも目標の一つです。

 

参考

「家で毎日できる運動ダイエット!

方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

「有酸素運動と筋トレ順番方法!

脂肪燃焼と時間とバランス」

http://diet-marurun.com/yusansoundou-kintore-1074

 

痩せやすく太りにくい身体を手にいれるためには、有酸素運動と筋トレが必要不可欠になります。運動をすることで基礎代謝を上げることがさらにキレイなプロポーションをキープするお手伝いをしてくれるでしょう。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。