酢キャベツダイエットで痩せた!作り方と効果と賞味期限


女性の中でなぜか太りやすい体質だからすぐに太ってしまいリバウンドが怖いと感じることありませんか?太ってしまう原因は様々ですが、その中の一つにデブ菌によって太りやすくなっていることがわかっています。

このデブ菌を痩せやすい体質にするためにどうすればいいのか?!また酢キャベツを使った効果的なダイエット法とデブ菌を減らす酢キャベツの作り方まで紹介します。

スポンサードリンク
<

 

痩せない女性!!デブ菌って知ってましたか?

人によっては食事制限をしてダイエットをしているにも関わらず、思うように痩せることができない女性も多いと思います。どうすればキレイに痩せられるのか悩んでいることでしょう。

このダイエットをしても思うように痩せることができない理由にはデブ菌が理由にあるのです。

 

デブ菌ってなに?

デブ菌はフィルミクテス門と呼ばれる菌で、このデブ菌は糖や脂肪をため込む背質をもっています。

 

この事からもわかるとおり、糖や脂肪を貯め込んでしまう性質から太りやすくなっているのです。つまり、いくら少ない量で食事制限をしたところでも多くのエネルギーをカラダが吸収してしまうために太りやすくなるのです。

 

これがいくら頑張っても痩せない理由にあるのです。

 

なぜデブ菌が増えるの?

デブ菌によって太りやすくなっていたのであれば、デブ菌を減らすようにすることが必要になってきます。しかし、そもそもどうやってデブ菌を減らすことができるのか!?またデブ菌がなぜ増えていくのかを知っておくことも大切です。

 

そこでまず腸内には200種類100兆個い樹ォの細菌が生息しています。これがいわゆる腸内フローラと呼ばれているものです。そして腸内フローラには3種類存在しています。

 

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

 

一度は効いたことがあると思いますが、この3つの細菌のうちの日和見菌にデブ菌と痩せ菌が存在しているのです。

 

デブ菌 痩せ菌
脂肪をため込む性質をもつ 脂肪を燃焼させる性質をもつ

 

この2つの性質をもつ菌のうち厄介なのがデブ菌なのです。特に問題なのがデブ菌が増えることで日和見菌はデブ菌と一緒に繁殖し増えてしまうところです。そうするとダイエットをしても思うような成果が出なくなるわけです。

 

これがダイエットを苦しめている原因になっているのです。ということは、デブ菌を減らすことができれば太りやすい体質から抜け出し痩せやすい体質にかえることができるようになるのです。

 

デブ菌が増える食べ物

毎日食べている食事の中に、デブ菌を知らないうちに増やしてしまっている食べ物もあります。そこでデブ菌を増やさないようにするために気をつけておきたいデブ菌を増やす食べ物を紹介します。

 

  • 高脂肪な食べ物
  • 高カロリーな食べ物

 

大きく分ければたった2つのことでデブ菌を増やしてしまうのです。毎日の食事の中で、揚げ物を食べる事もあれば、スナック菓子を食べる機会もあると思います。しかし、こういった高脂肪・高カロリーな食べ物はデブ菌を増やしてしまうのです。

 

そしてこうしたデブ菌を減らすためには痩せ菌を増やすことになります。痩せ菌を増やす食べ物は低脂肪奈食べ物です。

 

デブ菌を減らす!酢キャベツダイエット!どかんと痩せたい人のための作り方

デブ菌を減らすことができる食べ物が酢キャベツです。この酢キャベツがなぜデブ菌を減らすことができるのかには・・・

 

  • お酢の力
  • 食物繊維の力

 

この2つがカギとなるのです。まずキャベツには、たくさんの食物繊維がデブ菌が増えるのを抑えてくれるのです。またお酢には、悪玉菌を増やすのを防いでくれる働きをもっています。

これは、便秘にも関わってくることでお酢には殺菌効果があることで、便秘の人は老廃物や毒素がついた状態で腸の働きを悪玉菌が悪くさせています。しかし、お酢には悪玉菌を抑えて腸内をキレイにすることで腸内の働きを活発にしてくれるのです。

 

酢キャベツの作り方

酢キャベツの作り方がいたって簡単です。その作り方を紹介します。

 

酢キャベツの作り方

材料

  • キャベツ 1/2個
  • 塩 こさじ2
  • 酢 200cc

 

作り方

  1. キャベツを千切りにして清潔な袋に入れておきます
  2. 千切りしたキャベツの袋の中に塩をふって、しんなりするまで揉みこみます
  3. つぎにキャベツにはいった袋に酢を入れて軽くもみ込みます
  4. 冷蔵庫で半日浸けこんで完成です

スポンサードリンク

 

酢キャベツで痩せた!食べるタイミングはいつがおすすめ?

酢キャベツをダイエットとして食べるタイミングは、食事の前に食べることがおすすめです。これには、食事の前に食べることで食物繊維が腸内でバリアのような役割を果たすことで脂肪や糖の吸収を穏やかにすることができるからです。

 

また、そうすることで血糖値の急激な上昇を防いでくれることで無駄な脂肪としてカラダに蓄える心配も少なくすることにもなります。インスリンの過剰な分泌こそが、のちのち体脂肪として蓄えられるために、その予防になるのです。

 

そして食べる量は、1日に1/4個は食べるようにしてください。ただし、胃が弱いなどの理由がある場合には、少ない量から食べ始めるようにしてください。食事前に食べることによって満腹中枢を刺激することができ、その後の食事での食べる量も減らすことができます。

 

食べ過ぎを食事の前に酢キャベツを食べることで予防できるのです。

 

  • 食事の前に食べる
  • 1日に最低でも1/4個食べる
  • 10分程度時間をかけて食べる

 

酢キャベツはすぐに食べたほうがいいの?

酢キャベツは、基本的に1週間ほど冷蔵庫で保存してから食べることになりますが、べつにすぐに食べることにも何も問題はありません。また生のキャベツにお酢をかけてすぐに食べることでも置くかは得られるので待てない人でもできる方法です。

 

酢キャベツが酸っぱすぎる!おすすめの食べ方は?

酢キャベツはどうしても、お酢を使っているために酸味が強くなってしまいますよね!そのためにお酢がきつく感じる人もいると思います。そのために、酸っぱすぎるという意見もあります。

また好みの問題もありますが、まずいと感じることもあると思います。そんな人はあえてお酢を使う必要はありません。お酢が苦手という人は、お酢でも刺激の少ないお酢を利用することで酸っぱさから解消されやすくなります。

 

中でも特にお勧めなのがリンゴ酢です。

 

酢キャベツの保存方法や賞味期限は

酢キャベツを作ってみて気になったのは、どの程度保存することができるのか。また具体的な保存方法が知りたいと言う声もあります。そこで保存方法と賞味期限について紹介します。

 

賞味期限はどのくらいもつの?

酢キャベツは、火を通していない分すぐに痛むのではないかと心配するかもしれません。しかし、酢キャベツは1週間冷蔵庫で保管していても問題なく食べることができます。

また口コミでは2週間程度までおいておけることも書かれています。安心安全に食べるのであれば1週間を賞味期限として管理することがおすすめでしょう。

 

保存方法は

酢キャベツを保存するときには、必ず冷蔵庫での保管が必要になってきます。酢キャベツを冷蔵庫で保管することでの賞味期限が1週間以上になりますが、あくまでも冷蔵庫うで保管した場合のはなしです。

また保管するときも、密封できる容器などに入れておくことができるタッパーやジップラップなどがおすすめです。

 

腸内フローラをよくする食事も大切

そもそも腸内フローラが乱れる原因には、わたしたちの普段の食事が関係しています。これは、腸に栄養がしっかりと届いていないことで腸内細菌が減ることで悪玉菌が増えてしまっているのです。

そこで必要なことは腸内細菌の栄養になる食べ物を摂ることになります。それが和食を食べることです。和食は日本人にあった食事で、とくに日本人の腸内細菌は和食を好むために昔ながらの食事がおすすめなのです。

 

  • 白米を玄米に変える
  • 発酵食品をとる
  • お肉を控える

 

こういったことから始めるだけでも腸内フローラは変わっていきます。そして腸内細菌のエサになる食物繊維も腸内細菌のエサになるためにおすすめです。特に食物繊維でも水溶性と不溶性の食物繊維のうちの水溶性食物繊維のほうがエサになりやすいこともわかっています。

 

そのため不溶性食物繊維だけでなく水溶性食物繊維も摂るようにしてください。

 

酢キャベツダイエットで痩せた口コミは

 

 

 

まとめ

酢キャベツダイエットの目的はもちろんダイエットですが、痩せていくためにはデブ菌を減らすことができるかどうかによってかわってくるところがあります。つまり腸内フローラを整えることになります。

 

酢キャベツや腸内フローラを整える食事をすることがダイエット成功のカギになるのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。