睡眠ダイエット方法!理想の睡眠時間と痩せるコツ4つ


睡眠不足の人って意外と実は多いもの

です。

睡眠ダイエット

睡眠ダイエット方法を知ることで

理想の睡眠時間と痩せるコツの関係性

とは・・・

 

スポンサードリンク

 

寝るだけで痩せるって本当!?

きなこ 美肌

じつはしっかりと睡眠をとっている人

と睡眠不足にある人とでは、痩せやすさ

や太りやすさにおいて大きな違いが

あることがわかっています。

 

 

結論から言ってしまえば、太りやすい

人は睡眠不足が大きな原因の一つに関係

しています。

 

 

睡眠不足は太りやすい!!

 

 

これが睡眠不足がもたらす、いくら

ダイエットをしても痩せない原因になって

いるかもしれません。

 

 

これは睡眠時間は人によって違いは

ありますが、ただ多くの時間の睡眠を

とれば痩せる事ができるわけではなく

いわゆる睡眠の質が睡眠ダイエット方法の

大きな鍵になっているのです。

 

 

 

睡眠の質って

睡眠ダイエット1

睡眠ダイエット方法において重要な

ポイントは質の高い睡眠をとることが

ポイントになります。

 

 

睡眠の質の高いというのはただやみくもに

多くの時間を寝ることではなく、

就寝直後の3時間が睡眠の質を握る

となります。

 

 

まず睡眠のサイクルにはノンレム睡眠と

レム睡眠があります。

 

 

ノンレム睡眠とは・・・

脳が休息している深い眠りを指します。

 

レム睡眠とは・・・

脳は活発の動いている状態にあります。

 

 

このノンレム睡眠とレム睡眠の1セット

を90サイクルで朝起きるまで繰り返え

されています。

 

 

そして睡眠の全体のじつに80%が

ノンレム睡眠にあたるのです。

そしてこのノンレム睡眠が最も効果的に

なる時間が就寝直後の3時間という時間帯

なのです。

 

 

つまりこの時間帯に入るまでに落ち着いて

就寝できる準備や環境作りをすることが

睡眠の質を高めてくれるのです。

 

 

それがリラックスする環境を作ることが

最も効果的といわれています。

つまり逆をいえば、脳や身体にとって

刺激が加わるような環境であったり

物や食べ物を就寝直前にとらないことが

ベストです。

 

 

ダイエットと睡眠の関係

太らない夜食1

質の良い睡眠が十分にとれていると

痩せる体質になります。

これは寝ている間に「痩せモルモン」

と呼ばれているコルチゾール、成長ホルモン

が分泌されることによって痩せることが

できるからです。

 

 

コルチゾールには睡眠不足になること

でストレスを身体が感じる時に分泌

される成分で脂肪を貯め込む作用

あります。

 

 

またそれとは逆に成長ホルモンには

肌や疲れを修復しようとする作用が

あるだけでなく、脂肪を燃焼しようと

する作用があると言われています。

 

 

つまりダイエットの睡眠の関係性には

質の高い睡眠を摂ることでより良い

ダイエットができるということです。

 

 

睡眠ダイエットを成功させるポイントは

バナナ6

睡眠ダイエット方法を実践する前に

睡眠の質を高めるために必要なことや

してはいけない事を把握できれば

睡眠ダイエットを高める事ができるように

なります。

 

 

1 質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠をとるためにはカフェインは

就寝の7時間前までに制限するように

しなければなりません。

 

 

カフェインには脳を興奮させる作用が

7時間続きます。

また、寝る前に頭を活発にするような

仕事や運動、勉強といったことも脳を

働かせるために控えなければなりません。

 

 

また質の高い睡眠をとるためにも

寝る前までスマホやテレビといった強い

光を浴びていると眠りにくくします。

 

 

そして中々寝付けない理由から寝酒を

飲む人がいますが、その時には寝る事が

できても実は脳は興奮させてしまって

いるのです。

質の高い睡眠をとるためにも控えるように

しなければなりません。

 

 

眠りを誘うような環境作りとして

暗めの暖色系の明かりを証明にし切り替える

ことで眠りやすい環境を作れます。

 

 

2 夜食はとらない

ここでいう夜食というのは、仕事が遅く

帰りが遅い人が夜遅くに食事をする

ことも夜食と考えた方がよいです。

 

 

これは食べてすぐ寝ることで身体に

脂肪が蓄積される原因になるために

食事をして2時間以内に寝てしまう人は

特に注意が必要です。

 

 

食事後の2時間までに寝ると、血液中の

余分なブドウ糖は脂肪として蓄積

されてしまいます。

 

 

これはBMAL1という脂肪を蓄積させる

タンパク質が原因となっていますが、

このタンパク質が特に増える時間帯が

あります。

 

 

夜10時~深夜2時!!

 

 

この時間帯にかかる時に食事をして

しまうと脂肪への蓄積が高くなる上に

質の良い睡眠もとる事ができなくなります。

 

 

3 22時~6時のゴールデンタイム

まず22時~6時の間には二つのゴールデン

タイムがあります。

つまりこの時間帯を効果的に寝る事が

ダイエットにつながるわけです。

 
スポンサードリンク

 

午前22時~3時のゴールデンタイム

には成長いホルモンが一番分泌され

やすい時間帯なのです。

そして就寝直後3時間までが最も

成長ホルモンが分泌されます。

 

 

この時間帯にしっかりと寝ることが

脂肪分解を高めてくれます。

成長ホルモンの脂肪分解力には寝ている

間に300Kcalを消費していると

いわれています。

 

 

そして深夜0時~6時のゴールデンタイム

には成長ホルモンの作用と別に

コルチゾールがあります。

コルチゾールには睡眠中に身体にある

脂肪を分解してくれる働きがあります。

 

 

この二つの効果を得るためには、22時

から6時の間での睡眠が必要になって

くるのです。

 

 

4 太陽の光をあびる

睡眠ダイエット方法において重要に

なる基本的なポイントも抑えておく

必要があります。

 

 

睡眠の質を作るためには睡眠を

高める環境をつくることや、遅い

食事を摂ること、睡眠時間を考える

こと以外にも、これは基本となることを

抑えておかなけれななりません。

 

 

夜の睡眠の質を決める大きなポイント!

それは朝に起きた時に太陽の光を浴びる

ことにあります。

 

 

太陽の光には、睡眠を促すメラトニンと

いうホルモンがああります。

このホルモンを浴びると14時間~15時間

後になると、ホルモンが分泌され寝つきを

よくしてくれます。

 

 

また太陽の光を浴びることによって

体内時計をリセットする事もでき

時間のずれを修正してくれます。

 

 

寝る1時間前にする効果的な事

痩せる体質

1 ナッツ類を食べる

成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが

ナッツ類には含まれています。

寝る一時間前に3粒程度食べることで

効果が得られます。

 

 

ポイント

成長ホルモンの促す食べ物にはいくつか

ありますが、ホルモンを活発にする

働きをする食べ物はカロリーが高い

ためにいわゆる摂り過ぎには注意が

必要です。

 

 

成長ホルモンを促す食べ物

  • 大豆食品(納豆・豆腐など)
  • 魚介類
  • 肉類(特に鶏肉)
  • ゴマ
  • 牛乳
  • 玄米

 

 

2 はちみつをなめる

寝る一時間前にはちみつをなめることで

成長ホルモンの分泌がスムーズになります。

スプーン1杯をなめることで脂肪燃焼に

効果が高まります。

 

 

まとめ

睡眠ダイエット方法の考え方にはまず

質の高い睡眠をいかに上手にとるかで

効果が変わってきます。

 

 

また太りにくくなるためには、質の

高い睡眠はもちろんのことですが、さらに

考えなければならないことは、

睡眠が短いことや睡眠の質が悪い状態に

あると成長ホルモンの分泌量が減り、

さらに食欲に関わるホルモンのバランス

までもが崩れてきます。

 

 

睡眠は寝ている間に代謝を上げながら

痩せていくダイエット方法です。

睡眠ダイエット方法はいかにリラックス

できる環境を作るかで効果が変わって

きます。

 

 

そして睡眠と肥満という関係性にはこんな

驚きの結果もあります。

それは睡眠時間が短い人ほど、肥満率が

高くなることがわかっています。

 

 

睡眠時間が5時間程度しかとれていない

人なんて大勢いるかもしれません。

 

 

睡眠時間は短ければ短くなるほど

肥満率はあがります。

睡眠時間の理想は、一日7時間程度が

丁度よいといわれています。

寝ながらダイエットしたいあなたには

一日でも早くできる実践ダイエット方法

だと思います。

 

 

うまくダイエットに取り入れてみては

いかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。