生理中の食べ物に注意!悪化する食事と緩和する飲み物


生理中って食欲がうまくコントロールすることができなくなることがあると思います。またお腹が痛くなったり、頭痛や腰痛まで人によってはPMS症状までと不快感を感じやすくなります。

そこで生理中に食べてはいけない食べ物や解消する食べ物、飲み物などを紹介します。

スポンサードリンク

 

生理痛の原因を知るとわかることも

生理活性物質の分泌量

生理活性物質というのは、ホルモンの一種です。この分泌量が増えることで生理痛がひどくなると言われていますが、これは妊娠が成立せずに、備えていた血液を子宮から排出しようと働く役割を持っていることが原因です。

 

ただこの物質が少し厄介だと言われているのが、生理痛だけでなく頭痛や腰痛といった痛みも誘発させてしまう点です。生理活性物質の分泌量が多いことで子宮の収縮が激しくなるために痛みが伴うのです。

 

子宮の発達が未熟

子宮が成長していることで、生理痛も緩和されるものですが、出産経験がない場合など経血がスムーズに排出されにくいために、子宮を強く収縮させて血液を排出しようとします。これが生理痛を引き起こしているのです。

 

ストレスでも生理痛はひどくなる

ストレスを受けることによって、ホルモンの分泌をコントロールしている自律神経が正常に働かなくなってしまうことで生理痛がひどくなることもあります。これは自律神経乱れることで血液の流れが悪くなってしまうことでカラダが冷えて悪化させることによるものです。

 

生理中の冷えは大きな問題!

もともと女性は男性と比べても筋肉が少ない分、カラダが冷えやすいのは仕方がありません。特に女性の場合は生理周期に合わせて体温や血液の流れも変わるためにカラダに冷えを感じることも多いはずです。

 

これは生理前になると子宮を温めようとすることで、子宮の周辺の血管を広げることでカラダ中の血液を子宮に集中させるためにカラダが冷えやすくなるのです。よく脚や手が冷えるといったことが起こるのは、子宮から遠い場所から血液の流れが悪くなることによるものです。

 

また生理前からカラダに水分を貯め込もうとすることもカラダを冷えやすくする原因の一つにもなっています。

 

生理中の冷え対策に必要なことは?

生理中の冷えを予防するための栄養は

生理中の冷え対策としてしっかりと摂っておきたい栄養は、子宮の収縮作用を和らげてくれる栄養と、エストロゲンの代謝を活発にしてくれる為の栄養になります。それが・・・・

 

  • ビタミンB6
  • マグネシウム

 

また生理中こそ、血液の流れをよくすることも大切です。今以上に冷えを作らないためにも血液の循環を助ける働きをもつ栄養をとることも必要です。それが・・・

 

  • EPA

 

また女性ホルモンを整えていくためにも必要になってくる栄養素が大豆イソフラボンです。特に生理前からのPMS症状に対しても予防する意味でも摂っておきたい栄養です。こうしたカラダの冷えをできる限り取り除くためにも食べ物も意識しておくとよいです。

 

生理痛の原因と冷えを改善したいなら!!体を温めてくれるおすすめの食べ物

カラダの冷えによって生理痛がひどくなるのであれば、カラダを温めてあげる食べ物を摂ることも必要です。寒い時期にはカラダの冷えを予防するために手足の末端が冷えやすいので予防できるようにカイロなどで温めておくのもよいです。

 

また夏場のような時期であってもクーラーなどで冷えやすくもなります。カラダが冷えていると感じる前に少しでも温めておくことです。そしてカラダを温めてくれる食べ物と合わせて冷えを予防しましょう。

 

生姜がよい

カラダを温める食材としては定番かもしれません。生姜は料理に使いやすい食材でもあります。お味噌汁やおかずなどに生姜をプラスすることでカラダを温めてくれます。

 

根野菜や冬野菜がいい

野菜は美容にも健康にもよい食べ物ですが、中にはカラダを温めるものと冷やすものとがあります。普段何気に食卓に並んでいるものを食べていることもあると思いますが、意外とカラダを冷やす野菜は多くあります。

そこでカラダを冷やしてしまう食べ物を紹介し、季節の変わり目や寒暖差の激しい時期などに一つの目安として気をつけることで回避することもできるようになります。

 

  • トマト
  • レタス
  • キャベツ
  • きゅうり
  • なすなど

 

こういった野菜はカラダを冷やしてしまいます。逆に温めてくれるものが冬野菜や寒い地域で取れる野菜はカラダを温めてくれます。

 

良質なたんぱく質を摂ることも大切

私たちのカラダは、健康を維持していくために必要な栄養をとらなければなりません。健康を維持するということは、もちろん生理中であっても同じ事です。その中でも特にタンパク質に関してはカラダを作るためには欠かせません。

 

女性ホルモンや血液の材料にもなるタンパク質が不足していると、生理痛がひどくなりますし、さらに肌や髪が乾燥しやすくなることもあります。ただどうしてもタンパク質ということもありカロリーが気になってしまう人もいます。

 

しかしタンパク質は筋肉や内臓、骨、血液、女性ホルモンの材料にもなるためにしっかりと良質なタンパク質は摂っておいてください。そして良質なタンパク質いえば・・・

 

  • 鶏肉
  • 羊の肉
  • 青魚(さんま・あじ・いわし)
  • 大豆製品

 

といったものになります。特に青魚にはDHCやEPAを多く含んでいるため血液をサラサラにしてくれることで冷え性の改善にも役立ってくれます。また大豆製品は、私たちにとって馴染みな食品だと思います。

 

大豆はもちろん良質なタンパク質ですが、これに加えて生理中にもよい効果として、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれていることです。イソフラボンを取ることでホルモンバランスの乱れによる生理痛の悪化をうまく整えてくれるようになります。

 

鉄分が不足しがち!しっかりと摂っておきたい

女性の多くは鉄分不足と言っていいと思います。生理によって鉄分を失ってしまうことでカラダには大きな影響が出ている事もあるくらいです。ただの鉄分不足ではなく、想像している以上にカラダには影響がでていることもあるのです。

 

肌への影響

鉄分不足になることで、酵素が細胞までいまく届かなくなることにより肌のターンオーバーが乱れてしまい結果的に肌に現れるようになります。

 

  • 肌の乾燥
  • ニキビ
  • シミ
  • あざ
  • 湿疹など

 

こうした鉄分不足によって肌にも影響がでるので気をつけなければなりません。

 

冷え症の原因に

鉄分の働きには、酵素や栄養素を筋肉に届ける役割をもっています。ですが鉄分が不足していると、こうした栄養素が十分に行き届かなくなり結果的にエネルギー代謝を低下させることになります。

さらにダイエットといえば脂肪の燃焼をいかにつくっていくか考えると思いますが、鉄分不足になっていれば、酸素が行き届かなくなるために脂肪を燃やすこともできなくなります。

つまり、ダイエットは失敗に終わり、さらに鉄分不足によってエネルギー代謝が下がれば冷え症を招いてしまうことにもなります。また冷え症から水太りや脂肪太りにまで引き起こすこともあるために鉄分不足は避けなければならないのです。

 

飲み物で生理痛を緩和したい!どうすればいいの?

生理痛は食べ物だけで緩和することだけでははりません。普段の飲み物を少し変えることで生理痛を緩和することもできる飲み物もあります。

 

ココア

まず一つは、冷たい飲み物よりも温かい飲み物のほうがカラダを冷やさずにすみます。そんな中でも特におすすめなのがココアです。まずこれまでにもあった通り、生理痛が悪化する原因には、カラダの冷えによるものがあります。

 

カラダが冷えているところに温かい飲み物を飲むことはカラダの冷えを解消するにはおすすめです。ただココアに関してはただカラダを温めてくれるだけでなく、ココアにはマグネシウムや食物繊維が含まれていることが関係しています。

 

マグネシウムの働きには・・・・

 

  • 血管を広げて血行をよくする
  • 自律神経を整えてイライラを抑えてくれる

 

といった効果があります。つまり、これが生理痛やPMS症状に対して緩和してくれるのです。またここはは鉄分の吸収性がよいという特徴があるのもおすすめの理由です。ただ気をつけたいこともあります。

それが、ココアに含まれているカフェインです。カフェインは血管を収縮させる働きがあります。つまり血行が悪くなる可能性から冷えを招く恐れがあるということです。とはいってもコーヒーに含まれるカフェインの量に比べればわずかです。

 

カラダへの影響として考えた場合、あまり影響はないといえますが飲み過ぎないようにだけしなければなりません。ただ少しアイテムを加えることで生理痛の緩和や貧血予防にもうまく働いてくれるようにもなります。

 

それは鉄分の吸収を助けてくれる栄養素や生理痛の緩和に役立つ栄養素を取り入れることです。それはゴマや大豆製品です。また便秘が気になる時はこちらの記事におすすめ情報があります。

「生姜ココアの効果がすごい!飲むタイミングと作り方で便秘解消!」

http://diet-marurun.com/syouga-kokoa-1585

 

ハーブティー

ハーブティーにはカラダを温めてくれる効果だけでなく、香りからリラックスさせることでストレスの緩和にも役立ちます。

 

生理痛の緩和によいハーブティー

  • ラズベリーリーフ
  • カモミール
  • サンフラワー

 

アルコール(少量)

アルコールは適度であればカラダを温めてくれるためおすすめです。ただアイスよりもホットで飲むようにしてください。またここで紹介するのは

 

  • 赤ワイン
  • 日本酒

 

といったものです。ただあくまでも生理中は飲み過ぎは厳禁です。もともと「酒は百薬の長」といわれていますが適度なアルコールであれば生理痛の緩和にも役立ちます。しかし、度が過ぎてしまうとカラダを冷やすことになります。

 

またアルコールがカラダの中で分解される時に、アセトアルデビドが発生することで交感神経を刺激する作用をもっています。つまり、カラダは活動モードに入ることで夜寝る前であれば睡眠の質にも影響します。

また自律神経のバランスが乱れることでホルモンバランスを崩してしまえば血行不良から冷えを招くことにもなるためあくまでも少量にしておいてください。

 

食生活の改善が難しい!?サプリメントでも・・・

生理痛をどうにかしたいと考えていても、普段の食生活を今すぐに見直すことは難しいところもあると思います。そこで生理痛を少しでも和らげるためにもサプリメントを取ることもできます。

ただサプリメント選びで必要なことは、サプリメントに含まれている成分です。そこで生理痛を和らげてくれる成分を紹介します。ポイントは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸や大豆イソフラボン、DHAやEPAといった成分です。

 

チェストベリー

ビタミンB群

  • ビタミンE
  • ミネラル
  • アミノ酸
  • 大豆イソフラボン
  • 葉酸
  • DHAやEPA

スポンサードリンク

生理痛で失敗!生理痛を悪化させている食べ物もある

砂糖や脂肪の多い食べ物

砂糖や脂肪分がたっぷりと含まれている食べ物はおいしいものです。特に食事のメニューの中やお菓子には、こういった脂肪や砂糖を使ったものも多く気をつけなければなりません。

 

  • スナック菓子
  • スイーツ
  • 揚げ物
  • インスタント食品
  • ジャンクフード

 

普段どの程度食べているかわかりませんが、必ずといっていいほどたべることが多いはずです。特に生理痛は血液の巡りが悪くなることで起こることがほとんどです。つまり、血液の流れがよくなればスムーズに経血が排出されるということです。

 

しかし、砂糖や脂肪分が多い食べ物は血管を収縮させるために生理痛をより悪化させることになるので注意が必要です。

 

チョコレートはいいの?

カラダが疲れている時にほど、甘いものを欲しくなると思います。その中でもチョコレートは香りもよく癒し効果もあることから食べてしまいがちな食べ物の一つです。しかし、チョコレートに含まれているカフェインはカラダを冷やしてしまうためおすすめではありません。

 

またチョコレートには血管を収縮させるチラミンという成分が含まれています。これも生理中には、血液の流れを悪くさせる原因になるためにチョコレートのおいしさがあっても避けておきたい食べ物です。

 

カフェインを含んでいる飲み物

チョコレートにも含まれているカフェインは、当然飲み物にも含まれているものもあります。

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶など

 

こうしたカフェインを含んでいる飲み物は冷えを悪化させるだけでなく、生理痛を悪化させてしまうために生理中は控えた方がよいです。ただカフェインは仕事中などをする時に、眠気覚ましなどによく飲まれているものです。

 

仕事をする上では非常に嬉しい効果ですが血管を収縮させる以外に、神経を刺激する作用があることから生理痛は悪化してしまうために、よくある生理痛の症状の一つにイライラしやすくなることがあると思います。

 

これはカフェインをとっていると覚醒作用から神経を刺激させます。また生理痛そのものが悪化するだけで済めばいいですが、生理痛が長引くことも考えられます。しかも鉄分の吸収を阻害するためにカフェインの摂取は控えた方がよいでしょう。

 

ただどうしても飲みたいのであれば、ノンカフェインで代用するか、またはハーブティーがおすすめです。

 

冷たい食べ物や飲み物

冷えがカラダの生理痛を悪化させます。つまりカラダを冷やしてしまえばそれだけで生理痛が悪化することになるのです。生理痛のときはなるべく冷たいものは飲まないほうがいいですし、冷たい食べ物も同じです。

 

ただどうしても冷たいものを食べたり飲んだりしたい場合は少し工夫することです。

 

  • 食べる量は少なくする
  • 温かい飲み物をとる

 

乳製品は摂りすぎないこと

乳製品の摂り過ぎがよくないのは、乳製品に含まれているアラキドン酸によるものです。これはプロスタグランジンを刺激することで生理痛を悪化させてしまいます。

 

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • 生クリーム

 

こうした食べ物はたくさん食べてしまうとホルモンバランスを乱してしまうために生理痛の悪化になります。

 

生理時の症状(頭痛・下腹部痛・貧血)におすすめ食べ物

頭痛

生理中に起こる頭痛の原因には、脳血管が拡張されることで起こる片頭痛が原因です。これ以外にも女性ホルモンのエストロゲンの減少によっても起こるためにビタミンB2や亜鉛、ビタミンB6を取るとよいです。

 

  • まぐろ・さんま・いわし
  • レバー類
  • 牡蠣
  • ひじき

 

貧血

貧血は出血によって血液が不足することで鉄分が失われることで貧血になってしまいます。そこで鉄分を多く含んでいる食べ物や鉄分の吸収を促してくれるビタミンCをしっかりと摂っておく必要があります。

 

  • ひじき
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • イチゴなど

 

下腹部痛

生理痛の時はどうしても血液の巡りも悪くなり冷えやすくなります。冷え症から下腹部痛になることには、子宮が過剰に収縮することが原因で起こっています。そこでビタミンB6やマグネシウム、DHAやEPAといったものを摂るようにしましょう。

 

  • サバ・まぐろ・さんま
  • 大豆・アーモンド
  • 青魚

 

ホルモンバランスを整えるためには

生理痛がひどいだけも人もいれば、PMS症状で悩んでいる人もいます。特に症状がひどくなっている場合は、ホルモンバランスが大きく崩れてしまっている可能性も考えられます。

そこで大豆製品を積極的に摂ることもおすすめです。大豆製品にはイソフラボンが含まれていますが、この成分が女性ホルモンと似た働きをすることから摂っておいたほうがいいわけです。

ただイソフラボンは体内で代謝される時にエクオールという物質に変換されます。これがホルモンバランスが崩れることで起こる生理痛などの症状を緩和してくれていますが、問題なのは必ずしも緩和できるわけではないということです。

 

というのも、エクオールと言う物質に変換できるのは日本人では2人に1人の割合で特に20歳以下の女性の場合はこの物質を作れないことが多いと言われています。この理由には、PMS症状が重い女性に特に多いと言われています。

 

大豆製品を摂ることで緩和される人には、生理痛を軽減することができるでしょう。

 

生理中!コンビニで食べ物は何がいい?

コンビニやスーパーでも手軽に買うことができる飲み物としては甘酒がおすすめです。甘酒は美肌にもいいですし、健康として考えてもよい飲み物といえます。また生理中によいとされているのにも理由があります。

 

  • 手の巡りをよくする
  • 経脈を温めて通りをよくする
  • パワーチャージできる

 

生理中で外食する時に気をつけたい事

生理痛のこともありますが、特にダイエットを意識している人も多いはずです。生理中の過ごし方でダイエットも大きくかわってきます。「生理中の過ごし方!食事や運動で効果的な時期は」

http://diet-marurun.com/seirityuu-1392

 

こうした時期で特に避けておきたい外食先があります。それが高カロリーのメニューが並ぶようなお店です。イタリアンや中華といったお店になるとカロリーもかなり高く気にしなければならなくなります。

 

そこで食事のバランスも摂れていて炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラルなどの栄養面を考慮できるお店選びとして・・・・

 

  • 和食の食べれる店
  • 低カロリーの料理を出してくれる店

 

こうした基準を目安にして選ぶこともおすすめです。こうした店であれば中華やイタリアンであっても油分を控えた調理の仕方やカロリーを考えた調理法になっているためにカロリーを気にせずに食べることもできるでしょう。

 

生理中にヨーグルトはいいの?

生理中にヨーグルトは正直いって人それぞれとしか言えません。ただヨーグルトは乳酸菌以外にもカルシウムなどのミネラルを多く含んでいます。なので生理中にカルシウムを排出しやすい時期こそ不足するものを補うこともできます。

 

このことによってPMS症状や生理痛を緩和することも期待することができます。ただ個人差によって乳製品が合わないという人もいます。カラダに合っているのであればヨーグルトもおすすめだと言えます。

 

まとめ

生理痛のひどさは個人差が大きいところがありますが、知らずに生理痛を食べ物や飲み物で悪化させているなんてこともあると思います。また生活習慣も大きく影響していることもあります。

生理痛対策としてせめて悪化させない食べ物を知っておくことで少しは回避することもできるはずです。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。