生理後のダイエットで痩せた方法!食事はいつから制限がいるの?


生理周期を上手に利用することで、普段しているような過酷なダイエットとは違い、効率的なダイエットをすることができるのが生理周期を利用したダイエットです。中でも生理後の時期はダイエットに敵した時期で、食事や運動を上手にとり入れることでダイエットができます。

 

生理後のダイエットが効率的に痩せれるのはなぜ?

生理(月経)周期を考えるとわかること

生理は4つの周期(月経期、増殖期、排卵期、分泌期)に分かれていますが、個人差があっても受精卵の受け入れ~カラダの外に排出する期間は、約1週間ほどになることから28日間として生理周期があります。

 

この生理周期に影響するホルモンといえば・・・・

 

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

 

ですが、この2つのホルモンによって生理が起こるようになっています。

 

月経期

これから生理が始まる期間が月経期ですが、この時期に受精卵が子宮内に着床することで妊娠する時期ですが、妊娠がなければエストロゲンとプロゲステロンのホルモンは減少する時期です。

子宮内膜の必要がなくなることで、血液といっしょにカラダの外に排出されます。

 

増殖期

生理がおわって次に排卵までの期間がこの増殖期になります。この時期は月経期と違うところは、エストロゲンの分泌が増加する時期です。この時期は、排卵のための準備期間になります。

 

排卵期

この排卵期の時期は、プロゲステロンの分泌量が増加する時期です。この時期がもっとも妊娠しやすい時期となります。

 

分泌期

排卵後、卵胞が黄体に変わることで、黄体ホルモンの分泌が多くなりピークになる時期となります。逆に、卵胞ホルモンの分泌量は少なくなる時期で、受精卵が着床しやすい状態をつくる時期になります。

 

そしてそれぞれの生理周期にも関わってくる黄体ホルモンと卵胞ホルモンの特徴をダイエットとどう関わりがあるのかをまとめてみると・・・・

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • 女性らしいカラダを作る
  • コラーゲンの合成が行われることで肌にツヤが現れる
  • 食欲を抑える
  • 代謝を効率的に働かせてくれる
  • コレステロールが血管に溜まるのを予防してくれる
プロゲステロン(黄体ホルモン)
  • 妊娠のために食欲が湧いてくる
  • カラダに水分を貯め込みやすくなるたに、むくみやすくなる
  • 妊娠に備えようとするためにカラダがだるく感じやすくなる

 

この2つのホルモンは妊娠や出産に欠かせないホルモンと同時にダイエットでみた場合には、エストロゲンの働きをうまく利用することでダイエットを成功させるか、失敗に終わってしまうのかの分かれ道にもなるところです。

 

痩せ期を考えると・・・生理後のダイエットはいつからがいいのかわかる

ダイエットを考えた場合に、適した時期と言うのが、上の表からもわかるとおり、エストロゲンの分泌量が増える卵胞期の時期がダイエットにあった時期だといえることがわかると思います。

そすて逆に黄体ホルモンが増える時期というのは、ダイエットには向かない時期なので、とうぜん痩せにくくなる時期だということがわかると思います。また、痩せにくくなる時期に加えて太りやすい時期でもあるために、むくみが出たり体重が増えたりすることになります。

 

これらのことを考えると生理後のダイエットをする期間は1週間~2週間までがダイエットに取り組む時期になります。そして生理後のダイエットを成功させるためにも、まずは生理前から準備をしておくことも生理後のダイエットを大きく変えるために知っておいてください。

 

成功させるために必要な準備とは!

豆乳をつかって生理前を整える

生理前のカラダの状態というのは、脂肪を貯め込みやすく、しかも水分も貯め込みやすい時期。しかし、通常であれば生理後にカラダに溜まったものを排出してくれ体重をプラスマイナス0になるのが本来の状態です。

 

ただここで生理前に豆乳を飲むことでも目的は・・・・

 

  • 生理前の貯め込みをなくす
  • 生理後の脂肪を燃やす

 

といった目的があります。つまり、生理前に豆乳を飲む目的は、生理後の体質を痩せやすい状態に整えていくことを目的として飲むことです。そのために、生理がくる7日~10日前から生理が始まる日まで豆乳を飲むことです。

 

そして飲む量は市販されている豆乳1パック(200ml)を飲むことです。ただこの時に気をつけておきたいことは、選ぶ豆乳を考えることです。これは豆乳と一言でいっても種類が豊富にあるために間違った豆乳を選んでしまうとダイエットにはならないということです。

 

そこで選ぶ豆乳は・・・

 

  • 成分無調整豆乳
  • 調整豆乳

 

このどちらかになりますが、できれば水と大豆だけで作られた成分無調整の豆乳を選ぶほうが効果は高くなります。つぎにおすすめなのが、調整豆乳という飲みやすくするために甘味を加えた豆乳です。

豆乳は味に好き嫌いがわかれるため、飲みにくさを感じるかもしれませんがダイエットを目的とするなら成分無調整の豆乳を選ぶようにしてください。ただどうしても飲みにくいならば効果は少し落ちるが調整豆乳を選んでください。

ただ注意してほしい人がいます。それは・・・

 

  • 大豆アレルギーの人
  • 豆乳で便秘になる人
  • カラダが冷える人
  • お腹の弱い人
  • 腸の機能が低下している人

 

こういった場合は、豆乳は控える方がいいかもしれません。そして豆乳に含まれる大豆の効果も大きくダイエットに貢献してくれます。

 

  • ホルモンバランスを整える
  • 脂肪の吸収を抑える
  • お通じがよくなる
  • 余分なコレステロールを排出する
  • 中性脂肪を排出しやすくする
  • 食欲を抑えてくれる

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

豆乳が生理前に痩せないのは嘘!効果の秘訣は」

http://diet-marurun.com/tounyuu-seirimae-yasenai-458

 

生理前~生理中はリラックスする時間を

生理前になると、普段と違った気持ちになることがあると思います。人によって様々ですが、イライラしやすくなったり、カラダに何かしらの不調を感じるようになると思います。これらの原因にPMS症状も関わっていることもありますが、こうした生理前からのカラダに感じる不調を上手にコントロールすることも必要です。

 

そしてこれは・・・

 

  • カラダに起こる不調
  • 心に起こる不調

 

この2つが大きく生理前から感じる不調だと思います。

 

  • イライラしやすい
  • 涙もろくなる
  • 不安感に掻き立てられる
  • 孤独感を感じるようになる
  • 集中力が続かない

 

など原因も様々です。こうした心に起こる不調とカラダに起こる不調と上手に向き合っていくためには、リラックスすることです。そのためにはまず、自分自身の高温期を知ること。そして落ち着く日を予測することができれば気持ちの持ち方も変わってきます。

 

ここではいかにストレスを感じずに過ごしていくことができるかを生理前~生理中の時期は考えることが大切です。リラックスするために、お風呂でアロマを炊いて香りで気分を変えてみるのも良い方法です。

また買い物や趣味、リラックスできる環境を整えること。自分にあったリラックスできる状態を作ってみてください。

 

生理中の過ごし方で生理後のダイエットが変わる

生理前から考えなければならないことですが、生理中ももちろんダイエットのために考え行動しておくことが必要なことがあります。それが・・・・

 

  • カラダは冷やさずに温めておく
  • 食べ過ぎはしない
  • 自律神経を整える

 

生理中はこの3つのポイントをすることで、生理後のダイエット効果も変わってきます。まず生理中にカラダを冷やさないようにすることは、カラダにストレスなど心の不安定な時期に加えて痩せにくい時期でもあります。

またホルモンバランスも崩れやすく代謝が下がることにもなります。そのためにできるだけカラダを冷やさないように温めておくことが大切なのです。またダイエットがすすまない時期でもあるため食事には食べ過ぎを予防しておくことも欠かせません。

 

食事はしっかりと良く噛むことで食べ過ぎや、早食いを抑えることができ、結果的に噛む回数が増えることで満腹感を感じれるようになります。その他、生理中にどう過ごすかはこちらの記事を参考にしてみてください。

生理中のダイエットでやってはいけないこと!時間で差をつける効果的な食事や運動」

http://diet-marurun.com/seiri-1478

 

生理後のダイエット!食事で気をつけることは

糖質の摂りすぎはしないこと

エストロゲンの働きによって生理後のカラダは食欲が抑えられるようになっていますが、かといって何でも食べていいわけではありません。生理後の痩せやすい時期であっても、ここでがっつり食べてしまっては・・・・ですよね?

そのため、生理後のこの時期は、糖質が含まれる主食や甘いおやつといったものはなるべく控えるようにしてください。糖質はカラダに入ることで血糖値を急激に上げることで、インシュリンというホルモンが分泌されます。

 

ただ問題なのは、この血糖値が上昇することで、インシュリンが分泌された後に余ってしまうと、そのままカラダに脂肪として蓄えられるようになります。つまり、しっかりとカラダに身となって蓄積されていくということです。

 

そこでできる限り、生理後の時期は糖質を控えインシュリンの分泌を最小限に抑えて上げることが、脂肪を貯め込まなくて済むようになります。ただ糖質を控えるといっても、食べたい時もあるはずです。

あくまで控えることが大切ですが、食べてはいけないと言う事ではないため、糖質を摂る時は食事中に必ず食物繊維を含む食べ物を先に食べるようにすることです。そうすることで、血糖値の上昇も緩やかにすることができます。

 

鉄分は摂っておきたい

生理前や生理中に何かしらの体調不良を感じる人は多いものです。ただ生理後のカラダの状態が元に戻っているかと言われれば、体調不良を感じる人も少なくありません。この理由には、経血は子宮内膜がはがれたものに血液が混ざって排出されることで貧血が起こります。

 

また、経血を排出するために子宮を収縮することで、生理中は子宮の周辺に血液が集まることで、脳への血液量が減った状態になります。これが生理後に虚血性貧血として、血液が不足することで影響がでてくるのです。

 

ただ貧血になる原因の一つに、女性ホルモンのバランスの乱れも関係しています。本来であれば、ホルモンバランスが正常に働くことで血流も元に戻ります。また鉄分が不足していることでも生理後に貧血が起こりやすくなってしまうのです。

 

さらに貧血になることで・・

 

  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 頭痛

 

といったことも起こってくることもあります。そこで生理後でも、鉄分が含まれている食べ物をしっかりと摂っておくことも大切です。ただ気をつけておきたいのは、鉄分の吸収を妨げないようにすることです。

紅茶やコーヒー、緑茶に含まれているタンニンには、鉄の吸収を妨げると言われていることもあります。これはタンニンは、鉄と結合する性質があり、水に溶けにくくなることで鉄の吸収率が下がってしまうのです。

 

タンパク質は摂っておきたい

タンパク質も鉄分と一緒で血液中のヘモグロビンをつくるために必要な栄養素です。血流をよい状態にすることに加えて、タンパク質は代謝を高めるためにも欠かせない栄養です。またタンパク質が少ないことでエストロゲンが減る原因にもなります。

 

エストロゲンを多く分泌させるためにも、タンパク質は摂っておきたいですね。生理後のダイエットで痩せていくためにも食事の中に必ず入れておきたい栄養素です。

 

  • 肉類
  • 魚介類
  • 大豆製品
  • 乳製品や卵

 

などから良質なタンパク質を摂るようにしましょう。

 

生理後に断食はいいの?

生理後というのは、1カ月間の中でも最も痩せやすい時期です。この生理後の時期を利用して断食をすることも一つの痩せる方法です。ただここでいう断食は、3日間というプチ断食になります。

 

生理後のプチ断食のやり方ポイント

  • 整理が終わったら、3日ほどかけて食事の量を減らしておく(普段食べる量の半分を目安にする)
  • 生理後の4日目から3日間断食を開始する(豆乳、酵素ドリンクなどを飲む)
  • プチ断食中は水以外は飲まない(水分は1日に2リットルを目安に飲む)
  • 運動はストレッチを始め、軽い筋トレをする
  • プチ断食後は、軽めの食事から普段の食事に戻していく

 

生理後のダイエットで必要な運動は何をすればいいの?

生理後のダイエットで、食事と合わせてしておきたいのが運動になります。ただ運動といってしまうと、言葉だけで辛いイメージを持つかもしれませんが、生理後のカラダはエストロゲンの働きによって代謝が上がりやすく痩せやすい時期です。

この機会に運動を取りいれることで、生理後のダイエットを加速することができます。

 

ストレッチは大切!硬い筋肉をほぐすことは不可欠

ダイエットだからといって、いきなり運動として、ウォーキングやジョギングなどを始める人もいますが、ダイエットをより効果のある形にするのであれば、運動をする前に必ずストレッチをすることをおすすめします。

 

ストレッチをする目的は・・・・

 

  • カラダをほぐすこと
  • 運動中の怪我を予防すること
  • 運動の効果が上がる
  • 睡眠の質があがる

 

といった効果があります。特にダイエットの場合は、運動前のストレッチによって、血液の流れがよくなることで、代謝を高めることに繋がります。そうすることでダイエット効果にも繋がっていくということです。

 

筋トレをして有酸素運動をする

ダイエット中だから、有酸素運動をとり入れてダイエットをしている人は多いものです。ジョギングやヨガ、ウォーキングなど自分自身が続けることができる運動をすることが長続きするコツではありますが、より効果的にダイエットをするのであれば有酸素運動は後にすることです。

 

これは、筋トレの後に有酸素運動をする直後と2時間後に有酸素運動をすることで効果が高くなることが理由にあります。まず筋トレ直後に有酸素運動をすることでノルアドレナリンが分泌されることで、脂肪を分解する酵素が活性化されます。

 

そうすることで筋トレ後すぐにでも脂肪がエネルギーとして使うことができるようになり燃焼することができるのです。そしてもう一つが筋トレ後の2時間~3時間後に有酸素運動をすること。

これは、筋トレのあとに有酸素運動をすることで、成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンにも脂肪を分解する働きがる為にダイエットに繋がるのです。ただ、ノルアドレナリンと大きく違うところは、すぐに脂肪を分解するのではなくタイムラグが生じるということ。

 

これが筋トレ後のに2時間~3時間の間で有酸素運動をする理由です。

 

生理後ダイエットでおすすめの有酸素運動

生理後の有酸素運動でおすすめなのは、まずは継続しやすい運動を身につけることが先決です。これはそもそも運動する習慣がない人が、いきなり有酸素運動をするといっても抵抗を感じることも少なくありません。

そこで、継続しやすい運動をまず見つけることになります。そこでおすすめなのがウォーキングです。無理をせずに始めることができ、カラダを酷使することもないので上手にとり入れてみてください。

また家でできる運動もおすすめです。

家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

生理後ダイエットを加速させたい!でも1週間が過ぎてしまったときは?

生理後1週間が過ぎてしまった排卵期の時期はカラダに負担をかけすぎないことです。というのも、次の排卵に向けて着床の準備に入るために、この時期はどうしても痩せにくくなる時期でもあります。

そのために、ここで無理をして運動をしてもカラダの不調を招くことになりかねないために、マッサージを中心とした運動に切り替えて、リンパの流れや血液の流れをスムーズにするようにしておくことです。

 

生理後に集中ダイエットする!ただやってはいけないことも

生理後のダイエットでついついやってしまうことがあります。それが・・・・

 

  • 無理な食事制限
  • 無理な減量
  • 睡眠が十分に摂れていない

 

といった事になります。確かに生理後の1週間で大きくダイエット効果が変わってきますが、ここに合わせて無理に食事制限をすることで、より効果が表れてくると思うかもしれませんが、このやり方はよくありません。

 

むしろダイエットが成功せずに失敗に終わるなんてことにもなります。

 

そうならないためにも、生理後の1週間で気をつけることは、無理な食事制限はせずに、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、鉄分などバランスよく摂るようにしてください。

また体重を落とすことに意識が向くのは、いいことかもしれませんがダイエットは体重を減らすことを目的とせずに、痩せる体質作りに励むイメージをもつほうが大切です。また大きく体重を落とすことで、カラダではホルモンバランスが崩れて生理不順を起こすこともあります。

 

そのため、体重を減らすといっても2Kg~3Kgまでに抑えておくことがカラダにもいいです。そしてダイエットと同時に睡眠の質にもこだわることが大切です。規則正しい生活をできるだけ送ることで、自律神経を整えることもでき、また睡眠の質も高まります。

 

生理後ダイエットは何キロ痩せるの?口コミは?

まとめ

できれば、生理後の痩せやすい時期で、一気に5Kgは落としたいと思うかもしれません。この数字は不可能ではないと思いますが、無理にダイエットをすることはカラダに負担になることもあります。

できれば2Kg~3Kgまでにとどめておき、生理周期に合わせて、生理後ダイエットをしていくことで、少しずつ負担もすくなくダイエットができるはずです。そして必要な栄養と運動をうまくとり入れてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。