生理中は痩せない?生理周期で痩せるダイエット


 

ダイエット中でも生理前や生理中になってくると思うようにダイエットができない人が多くいます。しかも逆に体重が増えることもあって生理中も含めダイエットが難しいと感じることも多いはずです。そこで生理中であってもうまく生理周期を利用してできるダイエットを紹介します。

スポンサードリンク
<

 

生理前は太りやすいのは仕方がない?

生理前に太りやすくなってしまうのは、黄体期と黄体ホルモンの関係によるものです。この黄体期はどうしても水分を吸収しやすい時期であり、また黄体ホルモンが分泌されるためにカラダにむくみができやすくなる時期です。

 

さらに黄体ホルモンは水分を蓄えようとするだけでなく栄養をも蓄えようとする働きを持っているために水分が排出されにくい状態に合わせて太りやすくなるのは仕方がないといえます。

ただ一言で太りやすい時期と言われていますが、正確には水分と栄養が溜まりやすい時期なのです。

 

むくみはカラダだけでない!

生理前からのむくみが気になる女性も多いと思いますが、むくみが出るのはカラダだけでなありません。じつは脳がむくむことも大きな原因にあります。その理由にイライラしやすく感じたり、ストレスを感じやすくなることがありませんか?

 

月経前症候群(PMS)の原因は、生理周期に伴う女性ホルモンの変化にあります。
女性ホルモンは大別すると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、排卵後は黄体ホルモンが増化します。
黄体ホルモンは本来妊娠を維持するためのホルモンで、主に基礎体温を高温期にする他、体内に水分を貯留する働きがあり、その影響で浮腫(むくみ)を引き起こします。
一般的に下肢のむくみが顕著ですが、脳に浮腫(むくみ)起こることが月経前症候群(PMS)の主な原因と言われています。

http://clinic-hana.com/

 

しかもイライラしてストレスがかかってしまったことで食べ物でストレスを発散しようとすれば、当然の結果は太ることになるはずです。

 

生理中は痩せない!生理周期とダイエットの関係性は

生理中にダイエットをしても痩せないと言われることがあります。また生理中は食べても太らないなんてことも言われています。これには生理中の月経期は一番運動には適していない時期です。

その理由には卵胞が育っていくために時期だからです。そしてあらゆることがストレスとしてかかってくるためにダイエットにはあまり適していない時期ともいわれています。特にこの時期に激しい運動をしても逆にストレスになって痩せないのです。

 

そして生理中よりも生理前のことがダイエットを阻害することもあります。それが生理前にプロゲステロンというホルモンが大量に分泌されることによって食欲が増してしまうためにカラダに脂肪や水分を蓄えやすくなることで代謝が下がることです。

 

そしてこの時期に暴飲暴食に走ってしまえば、ただでさえカロリーを消費しづらい時期に大幅にカロリーを摂ることになるので、どうなるのか想像がつくはずです。そしてストレスを感じることでホルモンバランスが崩れこの後に痩せる時期にも影響を与えてしまうのです。

 

生理周期に合わせてダイエットをすることがよい

生理周期を知ることでその後にどう痩せることができるのかが変わってきます。つまり、痩せやすい時期や制限したほうがよい時期をしっかりと把握することでダイエットの成功に繋がりやすくすることができるのです。

 

その時期は・・・・

 

  • 黄体期
  • 卵胞期
  • 排卵期

 

この時期を上手に利用することです。

 

黄体期 むくみやすい時期のために運動をしてもあまり効果はない
卵胞期 少ししっかりと運動をしてもよい
排卵期 少ししっかりと運動をしてもよい

この卵胞期から排卵期の時期は女性ホルモンが一番分泌される時期のためダイエット効果も出やすくなります。

 

生理不順の人は思うようなダイエットができない?生理不順を改善する方法

生理不順の人の場合に言えることは、ホルモンの分泌がうまく行えていないために生理周期に合わせたダイエットが難しいと感じるかもしれません。実際には代謝も下がっている状態にあり痩せにくい体質になっていることも多いです。

 

そこでまずは生理不順を治すことも必要になってきます。まずは基礎体温をつけることです。健康な女性の場合には25日~38日の間隔が範囲になります。そして3日~7日が生理持続日数です。

この範囲から外れていれば生理不順となります。

 

生理不順を改善する3つの方法

有酸素運動をする

生理不順を起こす原因の一つにストレスが関係しています。このストレスが溜まることで脳の視床下部に影響を与えホルモンバランスが乱れていきます。この結果、生理不順をもたらしているのです。

そこでストレスを発散させる目的で適度な有酸素運動をすることで生理不順を改善させていくことになります。

 

  • ストレッチ
  • ウォーキングなど

 

睡眠をしっかりと摂る

睡眠が十分にとれていないことも生理不順を作ってしまう原因の一つになります。睡眠不足になることでカラダの機能が乱れ、睡眠の質も落とす原因になっているのです。寝る前にテレビやスマホなどを見ることは睡眠の質を下げることにもなります。

 

いかに寝る前に睡眠に入りやすい環境をつくっていくかも大きな睡眠の質を高めることにつながるのです。

 

食生活を見直す

生理不順になりやすい原因として添加物や動物性食品を多く摂っていると生理不順になりやすくします。つまり、偏った食事は生理不順を招く原因になってしまうということです。

普段の食生活は偏りをなくしバランスよく食事をすることで栄養バランスを整えていくようにしなければなりません。

 

生理中に痩せる生理周期にあったそれぞれのダイエット

生理前のダイエット

黄体期の時期はどうしても水分を取り込みやすくなります。そのためにカラダに貯め込みやすくなるためにこの黄体期の時期は運動をするよりも食事の内容を見直すほうが効果的だと言えます。

そこで糖質を抑えることをし、カラダに余分な水分を上手に排出するようにしましょう。また、カロリーを制限しすぎるというよりも高タンパクで低糖質の食事を心がけることがこの時期には大切です。

必要な栄養素として・・・
スポンサードリンク

  • カリウム
  • タンパク質
  • 鉄分

 

これらは必ず摂るようにしてください。カリウムによってむくみの原因となる水分や塩分のバランスを調整してくれるために野菜や果物を摂るようにしてください。またタンパク質は、ダイエット中にも言えることで不足しやい栄養素です。

 

タンパク質は代謝をアップさせるだけでなく、健康的にカラダを作るためにも欠かせない栄養なので赤みの肉や魚、大豆などをメニューに入れるようにしてください。そして鉄分は生理の関係上不足させないためにも欠かせません。

 

特に鉄分は貧血予防だけでなく、代謝を下がるのを防ぐ働きもあるので積極的に摂っておきたい栄養です。

 

生理中のダイエット

黄体期の時期にあたる生理中は、激しい運動をしないほうがよいです。ホルモンの関係上、体重が落ちにくい時期でもあります。ここで無理な運動や無理な食事制限をすることは逆効果になります。

この時期は、ストレスを解消しつつできる有酸素運動がおすすめです。あくまでも生理中は体重を維持させる事とストレスを解消させる期間と思っていた方がよいかもしれません。

 

  • ストレッチ
  • ヨガ

 

生理後のダイエット

血糖値を考える

生理後のダイエット効果を効果的にしていくためには、いかに生理前から準備しているかにもよりますが、基本的に生理後のカラダの卵胞期はエストロゲンの分泌量が増える時期のために生理後の1週間がもっとも痩せやすい時期になります。

 

つまり、この時期を狙ってダイエットをすると、より効果が高まるようになるのです。そしてエストロゲンの効果によってかず体感できることは、食欲を抑えることができることです。

この生理後の時期はとくに食事で気をつけておきたいことは、甘いものはもちろんですが、主食の量も少なくすることで糖質を摂る量を減らすことです。甘いものなどの糖質を摂ることで血糖値があがれば、余ったものが脂肪として蓄えられることになります。

 

そのために、この時期にはなるべく糖質の量を減らすことで、インシュリンの分泌量を抑えることがポイントになるのです。そして食物繊維を取り入れることで血糖値の上昇を緩やかにすることができるので摂るようにしてみてください。

 

鉄分を摂るようにする

生理後のカラダは、経血の排出や子宮に血液が集中するために貧血を起こしやすい状態にあります。この状態はダイエットとして考えても代謝が低下した状態にあるために不利になります。

そのために鉄分を積極的に摂るようにしてください。

 

タンパク質はしっかりと摂る

タンパク質には、エストロゲンの分泌を促す作用と、血液中のヘモグロビンをつくるために鉄分とタンパク質が必要になります。またタンパク質は筋肉を作るための材料にもなるために代謝を上げるためには欠かせない栄養です。

 

大豆製品や肉類、魚類、乳製品などを毎日の食事に摂り入れるようにしてください。

 

運動は生理後~排卵日の1週間で決める

生理後は代謝が上がりやすい時期のために脂肪を効率よく燃焼させるチャンスでもあります。そこでこの時期に運動をすることでより効果を高めることができ基礎代謝を高めることができます。

 

有酸素運動をすることもいい事ですが、より基礎代謝を高めるためには筋トレをすることが効果的です。特に有酸素運動をする前に筋トレをすると脂肪燃焼効果もアップします。

 

まとめ

生理中は痩せないと言われることもありますが、生理周期とうまく向き合っていくことで痩せやすい時期を見計らってダイエットができるようになります。そして無理なダイエットはせずに上手にダイエットをしてください。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。