白湯ダイエットは効果なし?太る人はいつから効果がでるのか検証


白湯ダイエットは、ダイエットの中でもシンプルで始めやすいのが特徴ですが、痩せたと言う声がある一方で太る人もいると言われています。効果が出る人と出ない人の違いと、いつから効果がでるのか、1週間から1カ月のどう変化があるのかを紹介します。

スポンサードリンク

 

白湯ダイエットとは?その方法はどうするの?

白湯ダイエットというのは、白湯を飲むだけのダイエットですが、そもそも白湯はいわゆるぬるま湯の状態にある状態で飲むことで白湯ダイエットとしてのダイエットになります。

そして白湯の場合、その作り方がダイエットに左右するといってもいいほど作り方を知っているかどうかでもかわります。ただ白湯として飲んでいる普段のぬるま湯が実は白湯ではなかった・・・・なんてことにもなりかねません。

 

まず白湯を作るためには、必ず水を100℃まで沸騰させる必要があります。沸騰させたあとに50℃まで冷ますことが白湯ダイエットに必要なポイントなのです。この水を沸騰させる目的は、水に含まれている塩素などを除去することにあります。

 

そうすることで飲んだ時に、ただの白湯にまろやかさを感じれるほどおいしく感じるようにもなります。ただ水を沸騰させるよりの効率的なのがミネラルウォーターです。そして白湯ダイエットで白湯を飲む回数は1日3回で1日に1ℓほどを分けて飲むことです。

 

白湯ダイエットの効果は

白湯ダイエットをすることでの効果はいくつかあります。

 

  • 低体温をかえる
  • 冷え症に効果がある
  • 代謝が上がる
  • 血行をよくする
  • 脂肪を燃焼する
  • 内臓機能の改善
  • 美肌効果

 

といった効果があります。

 

白湯効果で美肌に!

白湯を飲むことでの一番の効果はダイエット効果になりますが、ダイエットに次いであるのか女性には嬉しい美肌への効果です。これは白湯を飲むことで、カラダに溜まった老廃物を排出し、吹き出物や肌荒れの原因になるものを改善する目的があります。

 

これは内臓が白湯を飲むことで温められることで、腸の働きが活発になるカラダの中の老廃物を排出し便秘の解消から肌の秋善へと繋がります。中でも夜寝る前に白湯を飲むことは、疲れたカラダをリラックスっせる効果だけではありません。

 

寝る前に白湯を飲むことで、翌朝起きた時に便通の改善から美肌へ導いてくれるようになります。そして朝起きて飲むことには、寝ている間に失われている水分を補うことにありますが、白湯にすることで不純物が取り除かれているものを飲むことでカラダにも負担がなく摂り入れることができるのです。

 

白湯ダイエットは効果ないのか?太ると言われる理由は

そもそも白湯ダイエットをして痩せると言われているのは、白湯を飲むことでカラダの中から温めることで血行を促進させ、消化機能を高めることによって代謝を上げることがダイエット効果に綱がるわけです。

基礎代謝をカラダの内側から上げ体温が上がれば脂肪燃焼にもアップできることで痩せるという流れがあります。しかし、こういった効果がある一方で効果がなかった人や逆に太ってしまったと言う声もあるようです。

 

白湯ダイエットで太るのはなんで?

食事の1日の総カロリーに問題がある

白湯ダイエットの目的は、カラダを温めることでその効果から代謝が上がり痩せていく流れがありますが、白湯を飲んでいるからといって、食べる量が増えてしまっていると、当たり前ですが体重も増えるのも当然です。

たしかに白湯を飲むことで消費できるカロリーはアップします。しかし、カロリーを消費しやすくなったからといって、食べたものをその分だけ消費できるカラダに変化したわけではないのです。

また白湯ダイエットも個人差があります。そもそも基礎代謝が低下しているものを少しだけ体温を上げることで上げてあげるためのものです。なので基礎代謝を確実に高めたいのであれば基礎代謝を上げるために必要なことをすることです。

「基礎代謝を上げるには5つの方法で痩せることができる!」

http://diet-marurun.com/kisotaisya-1021

 

カラダが冷えていない!体温も高い状態にある

そしてそもそも内臓の温度も高い状態にある人の場合、白湯を飲み続けてもそれほど効果を体感することは難しいといえます。白湯を飲む目的がカラダの内側から温めることによって代謝を上げることが目的ですが、カラダに冷えがないような状態であれば白湯で痩せることは難しいでしょう。

 

面倒だと続けることができない

そして最後に白湯ダイエットを始めたけれど、継続をすることができなかった場合は痩せることにまで持っていくことが難しいと言えます。ダイエットにおいて継続することは意外と大変な作業でもあります。

しかも白湯ダイエットのために白湯を沸かして、50℃まで冷ましてから飲むという少し時間を待つということができてないと、この手間と考えることで続かなくなってしまう人もいます。

そして特に白湯ダイエットの初めになる時間が朝という時間帯でもあるために、忙しい時間帯から始めることが中々難しいといったことも関係しているでしょう。また飲む方法を無視して一気に飲むようなことをするとはやり難しいといえます。

 

基本的な白湯の飲みかたは、すすりながらゆっくりと10分かけて飲むことにあります。これだけでも時間がかかるという事も手間に感じる人は白湯ダイエットが続かないのでしょう。

 

好転反応による

白湯を飲んでみて感じることにまずいと感じる場合には、それなりの理由があります。それは白湯の働きにはカラダに溜まった毒素や悪玉菌をカラダの外に排出するために腸で活動をしていることで腹痛や下痢といったことが起こります。

 

この現象を好転反応とよび、この白湯がおいしくないと感じるのはこのためで、この期間中に白湯を止めてしまうとダイエットにはつながりません。白湯ダイエットを実践していると必ずこの好転反応は起こることで、ここを過ぎずに止めてしまえば失敗に終わるのです。

 

白湯の飲み方が悪い

白湯ダイエットは1日で800mlの白湯を何回かにわけて飲むことで効果を発揮します。さらに毎日欠かさず飲むことが必要になってくるのも白湯ダイエットの特徴です。しかしその中で白湯効果を高める時間帯というものがあります。

 

  • 朝起きた時
  • 夜寝る前
  • 空腹時
  • 食事前

 

この時間を利用せずに白湯を飲んだところで、新陳代謝やデトックス効果からダイエットには結び付きにくくなります。効果の出やすい時間帯で飲むことをしなければ成功から遠退いてしまうのです。

そしてもう一つの結果が飲み過ぎてしまった場合です。白湯でダイエットをしようと飲み過ぎた場合には、デトックス効果が効きすぎるということが起こってきます。これは何を意味しているのかというと、カラダに必要な栄養分まで白湯によってカラダの外に排出してしまうことです。

 

この結果、カラダを壊すようなビタミン欠乏症やミネラル欠乏症といった症状により体調を壊してしまうことになってしまうのです。

 

白湯ダイエット効果はいつから現れるもの?体験談からわかること

白湯ダイエットに限らず、早くから効果を実感したいと思うのは誰にしもあるものですが、あまりにも早い段階での効果を期待するよりもじっくりと付き合っていくことで効果の現れ方がわかると思います。

 

白湯ダイエット 一週間での経過は

白湯ダイエットを始めてみて1週間でどの程度の効果が表れるのか気になると思います。まず1週間、白湯を飲み続けた結果、体重でみると大きな差はありませんが、数字でみると1kg前後の体重減があったという声もあります。

また効果がでるのが早い人では、1週間で3Kgまで痩せた声もあります。

 

ただこれは、当然太ってしまった原因にもあるように3つの事をしっかりと気をつけた上での成果です。白湯ダイエットをすることでデトックス効果や食欲を抑える効果にも繋がるために、血行が改善され脂肪が燃焼されやすいカラダになっての結果です。

 

白湯 ダイエットを一ヶ月続けた結果は

 


スポンサードリンク

 

 

 

白湯ダイエットでポットの湯やレンジで作る白湯はいいの?

白湯ダイエットで煩わしいのが、白湯を作るために沸騰させて一から作るのが面倒だという声もあります。そこで便利なのがポットで作っているお湯ですが、これは白湯ダイエットとして利用できるのかどうか?

ということです。特に、熱いお茶を飲むようなときや紅茶を入れる時にも使うポットのお湯ですが、まず白湯の定義をみると、ポットのお湯がいいのかどうかがわかります。

 

  • 白湯とはキレイな水を蓋を外したヤカンで10分~15分沸騰させてその後に冷ましたもの

 

とあります。つまり、ポットで白湯を沸騰させても、電子レンジで白湯をつくっても、しっかりと沸騰させていれば白湯ダイエットとして飲む事ができるということです。また水を一から作るよりもミネラルウォーターを利用して白湯を作るのも問題はありません。

 

ただ気になることもあると思います。ミネラルウォーターに含まれている栄養素はどうなるのか?!これについては熱に強い性質を持っているために、沸騰させて白湯として飲んでも何も問題はありません。

 

白湯ダイエットを成功させるためには

白湯がまずいと感じる期間を超すこと

白湯ダイエットの基本は、毎日飲む事と決まった効果の出る時間帯で、1日に必要な量を飲むことにあります。まずはこれができて初めてダイエットにつながります。しかし、ここまでにたどり着くまでに白湯を飲み始めて2週間までの期間は、個人差はありますが白湯がまずく感じるのです。

 

普段の生活環境や食生活からカラダには毒素がしかkりと溜まった状態になっているからです。この毒素がカラダに溜まっていることで消化能力が低下し、エネルギーとして使う事が不十分になり結果的にカラダに脂肪として蓄えられることにもなります。

 

そのため、まずは白湯ダイエットは最低でも1カ月は継続することが成功のカギです。白湯がおいしくないと感じる期間を過ぎるまでは継続する必要があります。

 

食生活のバランスを摂ると効果は高まる

白湯ダイエットを始めるのであれば、意識しておきたいことは食生活を変えることです。ここでいう変えるというのは、何かしらの食事を制限しておくという事ではなく栄養のバランスを意識した食生活に変えることです。

 

これまでに糖分や脂肪分の多い食事をしていれば太るのは当然です。バランスの摂れた食事をすることに加えて白湯をプラスすることで新陳代謝を高め脂肪を燃焼させるように持っていくことが大切なのです。

ただ誤解がないように言っておくと、普段私たちが必要とするエネルギーは食事で摂ったものからエネルギーに変えています。ここに新陳代謝を高めることによって消化が進むことで、つぎに中性脂肪を使うことができるようになります。

 

そのため食べ過ぎずバランスを意識することがまずは先決なのです。

 

バランスが上がれば白湯だけで痩せる

食生活はあくまでもバランスだと言いましたが、ここに無理に食事を必要以上に制限する必要はありませんが、これまでに食べていた普段の食事内容と何が変わるのかについては、脂肪分や糖分はこれまでと比べて抑えることをしておきます。

 

そして食物繊維などの多い食事をすることで消化がよくなればカラダでエネルギーになる量がへります。そうするとカラダに溜まっている中性脂肪からエネルギーとしてカラダを活動させようとするために食物繊維を意識して摂るだけで痩せることができるのです。

 

朝食は狙い目

食事の中でも特に朝食に関しては意識してバランスを摂った食事にしておくべきです。朝に食事を摂らない人も多いですが、朝食に脂肪分の少ない食事をすることでエネルギーとして補給するとともに新陳代謝を高めることもできます。

さらに朝起きた時に白湯を飲むことで効果を高めることができるために、朝食は抜かないことです。

 

白湯ダイエットと相性のいいダイエットもある

白湯ダイエットの成功の秘訣の一つに消化のよいものをとりれることで効果を高めることもできます。その一つとしてが、お粥を食べることです。そもそも白ご飯の茶碗1杯のカロリーと茶碗1杯のお粥のカロリーの差は半分ほどになります。

 

これだけでもカロリーを抑えることができる上に消化がよく吸収もよいため、白湯ダイエットと並行して行うことで大幅のカロリーカットと新陳代謝を活発にするには大きなサポートになりながらダイエットに繋げやすくなります。

 

間食はしない

間食をする人は意外と多いです。せっかく体重が落ちてくる時期がわかっていながら、ここで間食をしてしまうと、これまで摂ったカロリーに間食した分だけ上乗せすることになります。

痩せるペースが遅くなるだけならまだいいですが、ヘタをすると前よりも太ったということにもなりかねません。白湯ダイエットを始めるのであれば、間食は止めて成功する喜びを実感させてみてください。

 

まとめ

白湯ダイエットを成功させるか失敗に終わるかは白湯ダイエットのやり方にしっかりと沿った内容が把握できているのか、また実践できているのかによって大きく変わります。白湯ダイエットをより詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

白湯ダイエット効果!寝る前と朝の違い!デトックス・肌・飲み過ぎ」

http://diet-marurun.com/sayukouka-954

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。