サバ缶ダイエット!水煮の効能は汁にあり!口コミ


サバ缶ダイエットで痩せることができると言われていますが、なぜ痩せることができると思いますか?この理由の前に人気ぶりが凄く、品切れするほどの効果的なダイエットになる方法を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

サバ缶ダイエットが人気?なぜなの?

サバは普段の食事の中でも比較的よく食べられている魚だと思います。しかも調理のアレンジの幅も広いことからレシピに悩むことも少なくしかもおいしく食べることができるのもサバが人気な理由の一つです。

 

中でもサバではなく、サバ缶がダイエットとして人気になっているのですが、その理由には長期保存が効くうえに栄養価が高いことからサバ缶を上手につかうことでダイエットできると人気になっているのです。

 

そしてダイエットだけでなく健康として考えてもサバ缶は効率よく活用することができるのです。

 

サバ缶のカロリーや成分

サバ缶ダイエットでサバ缶を摂りいれるときに気になるのがカロリーだと思います。サバ缶そのものは実は低カロリーだということはありません。1缶でのサバ缶のカロリーは200~300Kcalになります。

 

サバ缶の鯖の水煮の効能成分

 

1日の推奨量に対して

ビタミンB12

ビタミンB2

ビタミンB6

ビタミンD

ビタミンE

500%

33%

30%

220%

40%

ナイアシン 62%
カルシウム 43%
タンパク質 42%
脂質 24%
亜鉛 24%
リン 21%
20%

 

サバ缶の成分からわかるダイエット・健康効果

サバと言えば、青魚の代表的な食べ物の一つですが、この青魚に含まれている成分には様々なダイエット効果や健康効果があります。

 

ストレスを軽減する

ダイエット中に必ずといっていいほど悩むことがあります。それが、キツイ食事制限や無理な運動などの日頃から普段しないことをすることでのカラダへの負担です。特にダイエットの場合は肉体的な負担よりも精神的な負担の方がはるかに大きいはずです。

 

そしてこれが大きなストレスとなって私たちのカラダに襲いかかっていることでダイエットが失敗に終わることも多いはずです。この理由の一つがダイエットが続かなくなる理由にあります。

しかし、サバ缶に含まれる成分の中に青魚に含まれているDHAがありますが、このDHAは脳にとってよい影響を与えてくれるのです。DHAと聞くと、記憶力を向上させてくれる働きや思考力を向上させることでもお馴染みのはずです。

 

こうした働き意外にもストレスを和らげるという働きをもっています。これはDHAなどのn-3系脂肪酸が気分を落ち着かせるためのセロトニンの働きに関係していることにあります。

ダイエット以外にも不安や緊張をする場面があるとおもいますが、これを引き起こすノルアドレナリンを抑える働きを持っていることからストレスの緩和にも役立つのです。

 

GLP-1(痩せるホルモン)を生成

サバ缶ダイエットは最近になってできたダイエットではなく以前からあったダイエットdすが、ここへきて新しいダイエット効果があることもわかっています。それがGLP-1(グルカゴン様ペプチドー1)というホルモンです。

 

このホルモンが痩せるホルモンと言われているのには、食事をしたときに血糖値が上がることでインシュリンが分泌されます。このインシュリンが分泌されることで血糖値を下げてくれています。

ただインシュリンは血糖値を調整するホルモンでありながら、脂肪の蓄積にも関わっていることで太ると思ってしまうかもしれませんが、これとは逆の働きをするホルモンもあるのです。

 

それが・・・・・

 

  • 脂肪を増やさないようにする
  • 脂肪を減らす

 

といった働きをしてくれるホルモンで、インクレチンとレプチンというホルモンです。この二つのホルモンはGLP-1に分類され、膵臓からインスリンの分泌を促し余ったものは脂肪細胞として蓄えられています。

しかし実際は、GLP-1が分泌されても比較的短時間でタンパク質分解酵素DPP-4(インクレチンの分解を行う酵素)によって分解されています。そしてDPP-4はインスリンの海上な分泌を調整してくれています。

 

つまり簡単にいってしまうと・・・

  • 代謝を一時的に低下させて満腹感を与えている

 

よく食べて太るというのは、過剰にインスリンが分泌されていることにあり、さらに食べる速さも早いことが原因にあるのです。時間をかけてゆっくりと食べることによって分泌と分解が繰り返されることで食欲を減らすことになるのです。

 

血糖値の急上昇を抑える

上に内容に関わることにもなりますが、食事をすることで急激に血糖値を上げてしまうことがよくないことがわかると思います。普段私たちのエネルギーは脂肪や糖からえることでエネルギーとして利用しています。

 

ただ脂肪よりも糖のほうがエネルギーに変換しやすいこともあって、食事で摂ったときの血液中の糖から消費するほうが効率がよいため、どうしても脂肪はそのままカラダに蓄積されやすくなるのです。

 

しかし、サバ缶に含まれているGLP-1は胃から腸へと食べ物が送られてくるのを抑える働きがあるので、食べたものの吸収が遅くなることで食欲を減らし、さらに満腹感を感じやすくするのです。

 

脂肪燃焼効果を促進してくれる

サバ缶を販売している会社の一つに「日本水産(ニッスイ)」がありますが、ここの会社で行った実験でわかることがあります。この「日本水産(ニッスイ)」では社員の健康管理を目的に「生活習慣病の予防」「禁煙対策」「女性健診補助」「メンタルヘルス」の4つに取り組んでいます。

 

ここで着目してほしいのが生活習慣病で、ダイエットにも関わってくる内容として・・・・

 

2017年度の定期健康診断の実施の直前の100日間、前年度の定期健康診断でEPA/AA比が低値であった社員のうち希望者に対して、当社製品であるEPA600mg含有の特定保健用食品「イマークS」(飲料)を無償提供して飲用してもらった結果、EPA/AA比が上昇し、さらに循環器系疾患発症の原因の一つとされる中性脂肪値の改善が認められました。

 

つまりダイエットにも効果があったということです。さらには運動として45分のウォーキングを12週間続けることで体脂肪率の減少も大きく変化があったこともわかっています。

この理由には、脂肪を燃焼しやすい脂肪酸に変換するリパーゼという分解酵素を活性化させるDHAを含んでいることでダイエット効果もあったということなのです。

 

中性脂肪とコレステロールを減少

サバ缶には不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため、EPAの働きによってカラダに余分なコレステロールや中性脂肪を代謝し効率的にダイエット効果に繋げてくれるのです。

 

満腹中枢を刺激!!

始めの方でも紹介したとおり「GLP-1」には脳の中枢神経を直接働きかけてくれることで満腹中枢を刺激しすることで、普段食べている量よりも少ない量でお腹に満足感を与えてくれるようになります。

ただサバ缶にはこの「GLP-1」は含まれていないことがわかっています。ただこれはあくまでもサバ缶ダイエットをするために必要な正しい方法を組み合わせることでダイエットに繋がるのです。

 

サバ缶ダイエットの正しいやり方

サバ缶ダイエットは、1日の食事のうち1食だけをサバ缶を使った料理を食べるようにするダイエットになります。そしてサバ缶と合わせて食べておきたいのが食物繊維が多い食べ物です。

 

これはサバ缶のダイエット効果に合わせてさらに高めていくために症持つ繊維を摂ることでの満腹感をさらに得やすくするというメリットがあります。またできれば合わせて運動を摂りいれることでダイエット効果を促進することができるようになるでしょう。

 

サバ缶ダイエットで食べ過ぎや気をつけることは?

ダイエットをする上では、サバ缶ダイエットは効果的な方法だと思います。ただ一方で気をつけなければならないこともあります。ただ確かにサバ缶は栄養も豊富でおいしくダイエットにもなります。

特にEPAの効果はしっかりと摂りたい気持ちもありますが、サバ缶を食べ過ぎることでのデメリットもあります。それは厚生労働省によるとEPAの1日の摂取量は1缶までとすることです。

これは1日に3g以上摂ることで副作用として・・・

 

  • おう吐
  • 下痢

 

といった症状が起こる可能性も考えられるためです。
スポンサードリンク

味噌煮のサバ缶は食べない方がいい

サバ缶の定番の一つの味噌煮ですが、味噌煮に限ったはんしではありませんが、サバ缶の中でも比較的カロリーの高いものは砂糖や塩分を摂りすぎることで高カロリーのなる可能性も考えられます。

こうしたカロリーが高くなる味噌煮は毎日食べずに時々食べる程度にしておいてください。普段からサバ缶ダイエットで使うサバは水煮缶のサバを食べるようにしてください。味噌煮などのサバ缶は水煮缶に飽きた時などで時々味を変えて摂る程度にすることです。

 

腸内環境を忘れてはいけない

サバ缶ダイエットでダイエットを実践したのはいいけれど、思うような成果が出せなかったという声もあります。そこで考えてほしいのが、腸内環境を整えているのかどうかということです。

 

これは腸内環境が悪状態にあることで、サバ缶を食べてもダイエット効果がなくなるのは、腸内環境が乱れているせいでEPAを摂ってもホルモンが分泌し促進することが発揮できないこともあるからです。

サバ缶ダイエットではあっても、普段の食事の中から腸内環境を整えるような食べ物を摂っていくようにしておいてください。

 

サバ缶は食べ過ぎない

いくらダイエットにいい効果があっても食べすぎてしまうと結果は見えていると思います。太ってしまいダイエットどころではないと思います。特にサバ缶には20g~40gの脂肪分が含まれています。

これは1缶当たりの量になりますが正しくダイエットをする時に1缶以上摂ってしまうとただの摂りすぎになります。しかもサバ缶だけで栄養管理をするわけでもないため栄養で不足する部分を補うことでバランスを考えることが大切なのです。

 

そしてサバ缶はダイエットであっても1日1缶にしておいてください。

 

サバ缶ダイエットで汁はどうすればいい

サバ缶ダイエットの大きなポイントになるのがサバに含まれているEPAを摂ることにあります。ただ加熱されたサバ缶は汁にEPAが溶け出しているために汁は捨てずに一緒に使うようにしてください。

これも食べ方をアレンジし、味噌汁やダシとして調理のアレンジに加えるなどして使うようにしてください。

 

サバ缶ダイエットレシピ

サバ缶でサバのどんぶり

材料

  • サバの水煮缶 1個
  • 卵 1個
  • 小ネギ 半袋
  • 砂糖 おおさじ2
  • みりん おおさじ2
  • しょうゆ おおさじ2
  • ごま油 おおさじ1

 

作り方

  1. ネギをカットします
  2. ごま油をひき、サバ缶をいれてほぐします
  3. 砂糖、みりん、しょうゆをいれます
  4. 卵をいれます
  5. 卵に火が通ればネギをいれて完成

 

サバとキャベツのキムチ煮

材料

  • サバ水煮缶 1缶
  • キャベツ 大3枚
  • 白菜キムチ 80g
  • ごま油 おおさじ1
  • 煎りゴマ 少々
  • 水 1/2
  • 鶏ガラスープの素 1/3
  • 酒 おおさじ3
  • しょうゆ 小さじ1

 

作り方

  1. キャベツは食べやすい大きさにカットする
  2. 鍋にごま油をひきサバをほぐしながらキャベツを入れて炒める
  3. キムチを加え合わせた調味料を加え中火で2~3分煮る
  4. ごまをふり完成

 

サバ缶とアボカドとトマトのサラダ

材料

  • サバ水煮缶 1/2
  • ミニトマト 8個
  • アボカド 1/2~1個
  • たまねぎ(みじん切り) おおさじ2
  • マヨネーズ おおさじ1
  • ゆずコショウ 小さじ1/2~1
  • レモン汁 少々
  • 塩コショウ 適量

 

作り方

  1. アボカドは種をとり食べやすい大きさにカットしレモン汁をかけておく
  2. ミニトマトは1/2~1/4にカットする
  3. 玉ねぎはみじん切りにする
  4. サバ缶を半分取り出し、それぞれの具材と合わせマヨネーズ、ゆずコショウ、塩コショウで味つけをし完成

 

鯖缶ダイエットの口コミ

 

 

 

 

まとめ

サバ缶ダイエットは食べれば痩せるダイエットと誤解をしないことです。食べ過ぎないこともそうですが、サバ缶ダイエットで何が必要で何が不足しているのかを考えて摂ることでダイエット効果を発揮することになります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。