リベラチョコで太らない!食べるタイミングで痩せたダイエット成果


ダイエット中であっても甘いものを食べたくなることはよくあることだと思います。そんな時にチョコレートを食べるのはまた格別だと思いますが、そんな時でも脂肪と糖の吸収を抑えるチョコレートが話題を呼んでいます。

LIBERA(リベラ)チョコレートが機能性食品であると同時にダイエットとの関係性について紹介します。

スポンサードリンク

 

チョコレートってそもそもなに?

チョコレートというのは、カカオの種子を発行し焙煎しカカオマスを主原料にし、ここに砂糖やココアバター、粉乳などを混ぜて固めたものがチョコレートになっています。このチョコレートのれ基礎は古く約4000年にも前から存在します。

 

現在では普段私たちがお菓子として食べることもありながら、様々な食品に活用されることで広いジャンルで口にするようになっていますが、チョコレートの場合、砂糖が原材料の中でも一番大きなウェイトをしめているためカロリーも高めです。

 

しかも脂質も含んでいることで、チョコレートの主原料は糖と脂肪だともいえると思います。こういったことからチョコレートは太るとイメージしがちですが、少し実際のイメージとは違うのです。

 

昭和女子大学大学院の木村修一特任教授の発表によると、摂取するトータルカロリーを同じにした条件下では、対照の食品成分をチョコレート成分に置き換えても体重増加や体脂肪の蓄積にほとんど影響しないことが確認された。すなわち、チョコレートの成分の中に特に肥満を起こす物質があるとはいえないと結論づけ、肥満の要因は消費エネルギーより摂取エネルギーが高いというエネルギーバランスの問題が大きいと指摘している。

 

チョコレートは健康のによいのか?

ここでもう一つの問題が太る心配以外にも主原料のほとんどが砂糖や脂肪からも健康によいのかどうかということです。ただこれも少し誤解を持つ人もいると思いますが、チョコレートがもつ健康効果を裏付けることがあります。

 

  • カカオポリフェノールがもつ医学的な効果
  • 味や香りが持つ機能

 

カカオポリフェノールによる効果

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールには、小腸で吸収されると血管の内部にはいっていきます。そうすると血管の内部に炎症が起きているような場合であれば、この炎症を軽減し血管を広くすることで流れをよくすることができます。

 

これが血圧を下げることにつながるのです。

 

精神的にも肉体的にも活動的になれる

チョコレートの成分の一つにデオブロミンという成分があります。このデオブロミンはカフェインと同じようにう興奮作用がある成分でカフェインよりもゆっくりと効果が表れるようになります。

これが結果的に集中力や記憶力、そして思考力を高めてくれることに繋がります。

 

香り成分がリラックスを

チョコレートといえば甘い香りが特徴的ですが、このカカオの香りには緊張を和らげる効果があると言われています。これが脳の中枢神経に作用することで集中力を上げ緊張状態からリラックスできるようになるのです。

その他のチョコレートによる効果はこちらの記事を参考にしてください。「チョコレート効果で美容ダイエットに!高カカオの決めては70%以上」

http://diet-marurun.com/tyokore-to-2-1574

 

LIBERA(リベラ)チョコレートは機能性食品!どんなチョコなのか?

リベラチョコレートのパッケージを見てすぐに目をひくぶぶんが「脂肪と糖の吸収を抑える」「ストレスフリーなチョコレート」という部分だと思います。特に脂肪と糖の吸収を抑えるところはかなり気になるところだと思います。

 

このリベラチョコレートと普通の市販されているチョコレートと何が違うのかというと、難消化性デキストリンがリベラチョコレートには含まれているところです。

 

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンの言葉にあるとおり、「難消化性」という部分からもわかるとおり、「消化しにくい」ということになります。この難消化性デキストリンとは、トウモロコシのデンプンを焙焼し、アミラーゼで加水分解することで難消化性の部分だけとりだして調製することでできた水溶性食物繊維のことです。

 

つまり、簡単にいえば、リベラチョコレートはと子レートの中に書物繊維を含ませて作ったものということになります。この目的の中には、私たちが普段から食物繊維が不足していることから不足しがちな食物繊維を補う目的でもあります。

 

そして難消化性デキストリンの働きを見てみると・・・・

 

  • 糖の吸収スピードを遅らせる
  • 整腸作用がある
  • 脂肪の吸収スピードを遅くする
  • 内臓脂肪の低減作用がある
  • ミネラルの吸収促進作用がある

 

といった働きがあります。これはもともと難消化性デキストリンが特定保健用食品の有効成分としても実績のある成分です。これがお腹の調子を整えたり、食後の血糖値をおさえたり、食生活の改善に役立つ働きをしてくれることになるのです。

 

難消化性デキストリンはダイエットに良いってこと?

ここで気になるのが難消化性デキストリンはダイエット効果になるのかどうかということです。そこでこんな実験データがあります。健康な成人に脂肪を含んでいる食事に難消化性デキストリン5gを含む飲料を摂ってもらったところ食後の中性脂肪の上昇が抑制されたという報告。

 

BMI値が23以上の成人を対象に10gの難消化性デキストリンをお茶に含ませ1日3回を1カ月食事と一緒に摂ったところウエストが10cm細くなったという結果もあります。

また難消化性デキストリンを5gを10日間摂ることで排便回数や便量が増えることで腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし腸内環境を改善させたという報告もあります。こうしたことがダイエットとしても効果的だといえるはずです。

 

こうした研究結果からも難消化性デキストリンそのものがダイエット効果や健康によいということがわかると思いますが、このLIBERA(リベラ)チョコレートを摂ったからといってダイエットになるということではないのです。

 

これはそもそもチョコレートであるということを忘れてはいけないということです。LIBERA(リベラ)チョコレートに含まれている糖質というのは・・・

 

  • 糖質 20g
  • 脂質 18g

 

これだけの量が含まれているということです。LIBERA(リベラ)チョコレートに含まれている難消化性デキストリンの効果といっても全てなかったことにするわけではありませんし、そこに期待しても普段の食生活が悪ければ食べても意味はなくなってきます。

 

ただ、普段の食事にプラスしてカロリーを摂っているに過ぎない!!ということになります。

 

リベラ チョコ カロリー 一粒あたりは?

1袋(50g)あたりの栄養成分を見てみると・・・・

エネルギー 262Kcal
タンパク質 3・0g
脂質 17.7g
炭水化物 27.7g
糖質 20.2g
食物繊維 7.5g
食塩相当量 0.1g

こうした成分をみてみると、リベラチョコを食べたからといってダイエットができるということにはならないことがわかると思います。あくまでもリベラチョコでダイエットをするのであれば普段の食事のバランスを整えることも大切だということです。
スポンサードリンク

リベラ チョコの食べるタイミング

リベラチョコを食べる時にダイエット効果を狙うのであれば、食べるタイミングを考えることも大切なことかもしれません。ただリベラチョコ自体は機能性食品でありダイエット食品ではないことは自覚しておく必要があります。

 

そしてここで紹介するリベラチョコの食べるタイミングは、エネルギーを貯め込むタイミングで食べないようにすることです。そこでおすすめなのが・・・

 

  • 食前
  • 午後2時~3時ころ

 

食前に食べることでカカオポリフェノールが血糖値の上昇を抑えてくれます。つまり、空腹感を抑えてくれることで食べ過ぎや食欲を抑えてくれることからダイエット効果につながります。

 

そして午後2時~3時ころというのは、カラダの体温が一番高い時間帯であることから代謝がよい時間とも言えるためおすすめです。

 

リベラで太った失敗は?

そしてこれとは反対にダイエットに失敗する事としては、食べる時間帯を考えなかったときです。ダイエット中であっても、そうでなかったとしても気をつけなければならにのが脂肪を貯め込みやすい時間帯にチョコレートなどを食べることです。

 

  • 午後10時~午前2時ころ

 

この時間帯は特にカラダに脂肪を貯め込みやすくなるため食べないようにしてください。

 

リベラチョコで太らないためには

リベラチョコレートのパッケージの裏側をよくみてください。摂取方法にこういった記載があります。

 

  • 普段のチョコレートと置き換えてお召し上がりください
  • チョコレートの過剰摂取はさけるため、摂取目安量を超えての摂取はお控えください

 

こういった注意書きがあります。また太らないために食べ過ぎないことはもちろんですが、一袋に入っているチョコの数が22個であるために、1個あたりのカロリーを考えて食べるようにすることも必要かと思います。

 

糖尿病や糖質制限にも向いている!

リベラチョコに含まれている難消化性デキストリンの効果によって血糖値の上昇を緩やかにすることができる事に対しては糖尿病の人や糖質制限をする上でも向いているといえます。

ただリベラチョコが機能性食品であっても糖質の量を考えると、少しの量だけ食べるなどをすることには向いているかもしれません。つまり血糖値を上げないという効果ではなく緩やかにしてくれるというところを忘れてはいけないでしょう。

 

 

リベラチョコの食べ過ぎや副作用の心配は?

リベラチョコの摂りすぎは、単純にカロリーの摂りすぎになることはわかると思いますが、それよりも気にしなければならないことは、過剰摂取をした場合です。これは難消化性デキストリンに限っての話ですが、体質や体調によってはお腹がゆるくなることがあります。

 

また難消化性デキストリンは様々な食品に含まれているために知らずに摂りすぎてしまう場合も考えられることです。難消化性デキストリンを15gほどを4週間摂取した試験によると特に問題はなかったという報告があります。

 

しかし、妊婦や授乳中である。小児などに関しての摂取に関しては情報がはっきりしないために食べ過ぎには気をつけておく必要があるかもしれません。

 

リベラチョコで痩せた口コミは

 

 

 

  まとめ

リベラチョコでダイエットをするろきには、普段の食事にプラスして食べると太ってしまう可能性があります。あくまでも食前に食べるなどの工夫をすることで食事そのものの量を減らすようにすることが効果につながるでしょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。