肉ダイエットの効果!たくさん食べても痩せた方法!痩せないのは


肉と聞くとどうしてもカロリーを気に

してしまいがちになります。

ダイエット 食事 肉

ですが、肉をダイエットに取り入れると

結果として痩せる事が出来るのです。

スポンサードリンク

 

肉食は太るは大きな間違い!

 

肉を食べると太ってしまうと言われて

いましたが、肉そのものを食べることは

決して太る原因ではありません。

 

 

太ってしまった事がある人が指摘する

ことに肉をいつも通り食べていたことが

原因とされていましたが、この大きな

誤解を招いていることが、指摘されて

いるのです。

 

 

まず、肉と聞くとどうしても食生活の

欧米化のによる文化参入によって

私たちの日本の和食文化に大きな影響を

与えていますが、そもそもは食の欧米化が

原因ではないのです。

 

 

大きな原因は、食の本土化が大きな

原因となっています。

これは、日本が明治4年に「肉食の努め」

を発表するまでの1200年の間

肉食を禁止する時代があったのです。

 

 

こんな環境下の中で生まれたのが和食。

つまり劣悪な環境の中で飢えを凌ぐ

ための食事が和食だったのです。

 

 

これは現在の和食ではなく過去の

和食の話しですが、こういった環境で

生き抜くための最低限の食事が和食

として日本の生活を支えていたのです。

 

 

こうした文化の違いをはっきりと

感じる事が出来るのが沖縄です。

 

 

沖縄は家畜文化の中で生活してきて

おり、この結果として平均寿命

世界一という過去をもっています。

 

 

沖縄と比較した時に、こういった

食の本土化が原因で肉を減らして

野菜を増やした和食が必ずしも

健康であるとは限らないのです。

 

 

そして肉食が太ると言われる最大の

原因は食の本土化ではなく、早食いと

糖の関係なのです。

 

 

ダイエット中に肉を摂らなければならない理由

 

ダイエット中こそ、お肉を適度に摂る

必要があります。

 

 

これはお肉に含まれる成分がダイエットと

関係性を高めてくれるからです。

最近、太りやすくなった人やリバウンド

しやすい人、食べたらすぐに太るなどと

いった人に共通する事には代謝が低下

した状態にある事が考えられます。

 

 

これは運動不足や偏った食生活などに

よって身体に必要な栄養がバランスよく

摂れていないことがあります。

「基礎代謝を上げるには5つの方法で

痩せることができる!」

http://diet-marurun.com/kisotaisya-1021

 

 

身体の代謝が落ちる原因には、

筋肉の量が低下している事が原因と

してあります。

 

 

これは補う栄養として必要なのが

「肉」なのです。

 

 

お肉から摂らなければならない

栄養がタンパク質とLカルニチン

いう成分。

 

 

タンパク質とは

タンパク質といっても肉のように

動物性のタンパク質と大豆のような

植物性のタンパク質があります。

 

 

この中でも特に動物性のタンパク質

には血や肉を作りやすいために、

太ってしまった人や代謝が低下した

人にとっては、代謝を上げるために

筋肉を付ける必要があります。

 

 

Lカルニチンとは

体内で生成されるアミノ酸の一種で

Lカルニチンには脂肪燃焼をサポート

してくれる働きがあります。

 

 

また、Lカルニチンを摂取することで

筋肉を動かすために必要なエネルギー

を生み出す働きがあります。

 

 

Lカルニチンが特に多いのがお肉でも

特に赤身の肉に含まれていて、

代謝や筋肉を付けるためには欠かせない

栄養なのです。

 

 

お肉を食べると言う事は基礎代謝を

上げ、太りにくく痩せやすい体質に

変えるために欠かせない栄養の

一つということです。

 

 

 お肉を食べる時に気をつけるべき事

 

ダイエット中にお肉を摂る時に気を

つけなければならない事は、いくら

お肉を食べていいからと言って

偏った食事の摂り過ぎはよく

ありません。

 

 

またお肉を好きなだけ食べることも

同じ事が言えます。

まず必要な事は、肉も含めて食事の

バランスを考える事が必要です。

 

 

その上でお肉の摂り方を考えて

いかなければなりません。

 

 

1 しっかりと噛む

 

これはお肉に限らず全ての食事に

共通して言えることですが、食事の

ときはしっかりと噛むことが肝心です。

 

 

太りやすい人や肥満の人の大きな

原因には糖質の摂り過ぎ意外に

早食いをしてしまう事が大きな原因です。

 

 

早く食べることで満腹中枢を感じる

前に早々と食べてしまっては、当然

食べ過ぎるのは当たり前です。

 

 

しっかりと良く噛む事がダイエットに

繋がります。

少なくとも30回を目安に噛む事を

おすすめします。

 

 

しっかりと噛むことで今まで食べて

いた量が食べれなくなるようになります。

自然と食事量が減る効果に繋がります。

 

 

2 低カロリーの肉を選ぶ

 

お肉にも牛肉、豚肉、鶏肉と様々な種類の

お肉がありますが、その部位ごとにも

カロリーは様々です。

 

 

特に脂肪分が多い部位の肉は当然

カロリーが高いために、食べるのは

控えて、赤身の肉を中心にした

お肉の食べ方がおすすめです。

 

 

カロリーが高い部位(鶏肉)

100gあたり

  • 皮 500Kcal

 

 

 

カロリーが高い部位(豚肉)

100gあたり

  • ロース  230Kcal
  • 豚ひき肉 230Kcal
  • バラ肉  380Kcal

 

 

カロリーが高い部位(牛肉)

100gあたり

  • 牛ひき肉   230Kcal
  • サーロイン  334Kcal
  • リブロース  401Kcal
  • バラ肉    445Kcal

 

 

3 加工食品はNG

 

お肉の加工食品、ソーセージやハムと

いったものには、糖分が含まれて

カロリーが高いために注意が必要です。

また、ハンバーグのようなひき肉を使った

料理にも気をつけなければなりません。

こうした挽肉には、脂身を20%以上

混ぜ込んでいることも分かっているために

たった少ない量であっても、しっかりと

脂をカラダに摂りこんでしまっていること

になります。

 

4 脂身の多い部位はカット

 

皮や脂身の多い部位ほどおいしいことは

知っての通りですが、特にこういった

部位はカロリーが高いために、食べる

ときは脂身の部位をカットして食べる

ようにしましょう。

 

5 調理する時は脂を落とす方法がいい

脂はできるかぎり落として食べることが余分な

カロリーを取らずに済む方法ですが、そこで

おすすめしたいのが、グリルやオーブンで

調理すること。

また煮たり、蒸したりすることでも脂を落とす

ことができるためにおすすめです。

 

 

ただ肉を食べるからには、しっかりとした

食べた満足感を味わいたいと思うはずです。

そうした時はやはりグリルやオーブンで焼く

ことで肉の味わいも強く感じることができて

いいかもしれません。

 

 

 

糖質の制限は必要?

 

お肉でダイエットをする場合には気を

付けるべき事は、糖質の摂り過ぎです。

肉ダイエットの基本的な考え方には

極力糖質を取らないようにすることで

するダイエットだからです。

 

 

その理由には、肉を摂ることでタンパク質を

摂り入れながら、カラダの筋肉に必要な

タンパク源を不足させずに、代謝を維持、

向上させるために必要だからです。

これが脂肪燃焼へと繋がるために不可欠

なのです。

 

そして糖質を制限するということは食事の

中から腸質を考えた場合にまず、ご飯が

上げられます。

ごはんは茶碗半分程度の量にする

ようにしましょう。
スポンサードリンク


また野菜はできる限り糖質が少ない

野菜を選ぶようにしてください。

そのために、野菜も糖質が多く含まれる

根野菜を控え、かわりに葉野菜をメインに

して摂るようにしなければなりません。

また果物も糖質を多く含んでいるために

食後のデザートとして食べたくはなりますが

口にしないほうがいいでしょう。

 

糖質の少ない野菜

  • 小松菜
  • 春菊
  • セロリ
  • チンゲン菜
  • にら
  • パセリ
  • ホウレンソウ
  • レタス
  • しいたけ(生)
  • ブナシメジ
  • マッシュルーム
  • もやしなど

 

 

糖質の比較的少ない野菜

  • トマト
  • ふきのとう
  • キャベツ
  • まつたけ
  • 枝豆

 

 

糖質の多い野菜

  • イモ類
  • ゆりね
  • ごぼう
  • レンコン
  • らっきょう
  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • ニンニク
  • きのこ類(乾燥)
  • 切干大根(乾)
  • かんぴょう(乾)
  • にんじん
  • ねぎ(生)

 

 

調味料に気をつけよう

 

調味料で糖質を含むものには、砂糖や

みりん、小麦粉、パン粉にも糖質が

含まれています。

 

 

甘みを感じる物には糖質が含まれて

いると思っていればいいでしょう。

また、調味料には、みりんやマヨネーズ

ケチャップ、とんかつソースなど様々ですが

調味料自体がかなりカロリーが高いという

ことです。

 

 

そのためにお肉に合わせる調味料選びに

は、七味トウガラシやわさび、おろしショウガ

にんいくなどと合わせて食べることで味にも

アクセントを残しつつ、それでいて消化を

促進させるものと一緒に食べることが調味料

選びにはおすすめです。

 

 

食べる順番を考えよう

 

食べる順番を意識的にすることで、

食事での食べ過ぎを抑える事ができます。

 

 

食べ始める最初に炭水化物などの

ごはんを先に摂ると血糖値が

上昇し脂肪の蓄積にも繋がりやすく

なるために、食事の最初にごはんを

食べるのは控えた方がよいです。

 

 

食事の始めに野菜や汁ものを摂ることで

先に満腹感を得やすくする効果が

あるために先に食べるようにしましょう。

 

 

「ダイエットは食事の順番で効果が

決まるって本当!?」

http://diet-marurun.com/daietto-syokuji-jyunban-142

 

 

肉以外でおすすめのタンパク質は

 

お肉以外でおすすめなのが、魚や卵

チーズといったタンパク質を含む

食べ物です。

 

肉ダイエットで体臭が気になる!!大丈夫なの?

肉ダイエットをしていて、特に気になるのが

体臭がきつくならないか心配になる人も

いるかもしれません。

確かに肉ばかり食べていると体臭が強くなる

ことは確かなことですが、これはあくまでも

肉ダイエットと称して食べ過ぎている場合や

そもそも肉ダイエットのルールを考えずに

何でも肉だからといって食べている人には

体臭が強くなる可能性があります。

 

 

またそれでも体臭が気になる人に、おすすめ

な肉が食べる種類に気をつけて肉ダイエットを

することです。

 

 

具体的には、牛肉であれば、ヒレ肉を中心に

食べてみることです。

また鶏肉であれば、ささみを食べるように

することがおすすめです。

特にバランスがいいのは豚肉になります。

豚肉が特におすすめなのは、その成分にあり

カルニチンという脂肪燃焼効果のある成分が

鶏肉と比較しても7倍もの差があります。

ただ、どちらにも言えることは極力脂肪分の

少ない部分を選んで食べることが秘訣だという

ことになります。

 

 

肉ダイエットで得する!肉の種類別メリットで肌トラブルを改善!

肌あれが気になる人は豚肉がいい

豚肉には、ビタミンB2・B6・B12”などの

ビタミンB群が豊富に含まれています。

肌あれが気になる人にとってこのビタミンB群

は肌の新陳代謝を高めるためにも欠かせない

ものです。

これは牛肉と比較した場合にその差はなんと

10倍も違うと言われています。

 

 

肌にツヤを出したいなら鶏肉がいい

鶏肉に含まれている美容成分と言えば

やはりコラーゲンが最初に思いつくはずです。

もちろん脂の摂り過ぎはNGですが、鶏肉の

場合、コラーゲンに加えてビタミンAも豊富に

含まれています。

 

 

このビタミンAの働きには、肌が本来持つ

美しさを引き出すための作用があるので

肌にツヤを出したい、取り戻したい時に

欠かせない栄養素の一つです。

 

 

くすみが気になる時は牛肉がいい

肌がくすむ原因の中には、鉄分不足から酸素が

行き届かなくなることがあります。またストレス

や生活習慣、乾燥、加齢とその要因はいくつも

ありますが、鉄分が不足するということは

酸素が行き届かなくなることで、言ってしまえば

酸欠状態になっている、栄養不足になっている

ことを指しています。

 

 

また酸素が行き届かないことでくすみなどの

肌トラブルを招くことにもなります。

そこでいいのが牛肉です。牛肉には鉄分が

含まれていて、特に赤みの牛肉には鉄分も

豊富で、ほうれん草の10倍も違ってきます。

ダイエット中やそれ以前に肌が荒れていたり

する場合は、牛肉を食べることがおすすめです。

 

 

まとめ

 

ダイエット中であっても、お肉を好きな

だけ食べたいと思うのは当たり前のこと

です。

 

 

お肉を食べる時に気を付けるべき

ことをしっかりと守っていれば

沢山食べても問題はありません。

 

 

ただ注意しなければならないのは

糖質の摂り過ぎです。

 

 

余分な糖質を摂り過ぎてしまえば

当然エネルギーに変える事が出来ずに

余った糖質は体脂肪として身体に

蓄積されていきます。

 

 

肉を食べ過ぎても太らない理由には

適度に糖質を制限し肉の栄養から

身体の筋肉量を増やし脂肪燃焼

効果を高めることにあります。

 

 

これが基礎代謝を上げる役割に

繋がります。

 

 

脂肪を燃焼しやすい身体を作る事

こそがダイエットに一番の近道と

なるのです。

 

 

また運動を取り入れることも大切な

一つです。

食事から必要なタンパク源を取り入れた

後にするべき事は有酸素運動と筋トレ

です。

 

 

「有酸素運動と筋トレ順番方法!

脂肪燃焼と時間とバランス」

http://diet-marurun.com/yusansoundou-kintore-1074

このバランスをうまく活用すること

ができれば、より体質改善に繋がり

ダイエットが成功するでしょう。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。