【脅威的】味噌汁ファスティング効果!作り方から回復食


ダイエットをしていて何故痩せることができないのか不思議に思ったことはありませんか?「あれだけがんばっているのに・・・」。この原因の一つに腸内環境の乱れがダイエットを邪魔していることもあります。

そこでファスティング(断食)が注目されている一つですが、味噌汁を使うことで効率よくダイエットができるのです!その詳しい方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

味噌汁ファスティング(断食)は私たちに合ったダイエット!!

ダイエットを始めてみて痩せることができないことは多いものです。しかもダイエットに失敗しただけでなく肌もダイエットと直結しているために肌荒れを起こすこともよくあることです。

しかも無理なダイエットをしているためにカラダの代謝も低下しダイエットが失敗するだけでなくカラダにも大きな負担となってしまうこともあるでしょう。こうしたダイエットが失敗する原因に内臓機能の低下が理由にあります。

 

ダイエットをすると聞くと、制限をすることで痩せることができますが、これはただ摂取カロリーを制限しているにすぎず、体重が減るのは当然のことです。しかし、本当にダイエットをするというのはただ痩せるのではなく内臓機能の働きを回復させることをし、無駄な塩分の摂りすぎを制限し必要な成分は摂ることにあります。

 

味噌汁の成分は日本人むけ!!

日本人にとって味噌汁は馴染みのある食べ物の一つだと思います。この味噌汁には、ミネラルやアミノ酸。そして良質なタンパク質が豊富に含まれています。しかもカロリーも低いということもあり味噌汁は大きなダイエットに欠かせないものなのです。

 

特にアミノ酸は私たちの生命に必要不可欠な必須アミノ酸8種類が含まれています。またビタミンには、葉酸、パテント酸、ビオチン、タンパク質、脂質、炭水化物をエネルギーに変える栄養素が含まれています。

 

また病気を予防する効果に繋がるフィトケミカルも含まれています。こうした栄養の種類が豊富に含まれていることも味噌汁ファスティング(断食)に向いている理由です。味噌汁ファスティング(断食)の最大の効果は体重を増やさずに毎日簡単に続けることができ美肌までも手に入れることができることです。

 

味噌汁はどんなものを選ぶとよいのか

最近では手軽に飲むことができる味噌汁が本当に種類も多くあると思います。フリーズドライのものから即席みそ汁まで・・・・。ただここで使う味噌汁ファスティング(断食)に必要な味噌汁はこういったものではありません。

 

つまりインスタントになる味噌汁はファスティング(断食)には向いていないということです。この理由には、インスタント食品に含まれているものとして、添加物や着色料といった成分が含まれていることです。

 

この着色料や添加物というのは、私たちのカラダに老廃物としてカラダに蓄積されてしまうからです。ファスティング(断食)の目的はカラダに対してデトックス効果をえることにあります。

それなのに、ファスティング(断食)をしているにも関わらず、添加物などを摂ってしまっては何の意味もありませんよね!!?そして味噌汁にも種類が赤味噌や白味噌があると思います。

そこで理想的な味噌汁は、赤味噌と豆味噌を選ぶことです。赤味噌や豆味噌は糖質が少なく、コクもあるために満腹感も感じやすくファスティング(断食)に向いていると言えます。

ただこれとは逆に選んではいけない味噌もあります。それが白味噌や甘味噌といったものです。こうした味噌は糖質が多いために選ばないようにしてください。

 

味噌汁ファスティング(断食)の前に知っておくと得すること

味噌汁でファスティング(断食)するときに意識しておくことが一つあります。それは女性ならではの問題で、生理後1週間の間に味噌汁ファスティング(断食)ダイエットをすることです。

これは女性の場合、精神的に体調的に生理後が安定しやすくダイエットを始めやすいタイミングだからです。また閉経後の女性の場合には、こうしたタイミングは特に気にする必要はありません。

 

ファスティング(断食)中にやってはいけないこと

ファスティング(断食)中にやってはいけないことがあります。それはカラダにとって負担となることはしないことです。このやってはいけない事は・・・

 

  • アルコールは摂らない
  • カフェインは摂らない
  • 清涼飲料水を摂らない
  • ガムなどのお菓子は食べない
  • タバコは吸わない

 

こうした事がファスティング(断食)中にやってはいけないことになります。

 

ファスティング(断食)中に貧血を感じた時は

ファスティング(断食)中にどうしても人によっては好転反応として貧血や吐き気などをもよおすことがあると思います。こうした時は、黒飴などで糖分を摂ることで回復させることができます。

 

味噌汁ファスティング(断食)に必要な味噌汁の作り方

ファスティング(断食)をする時に気をつけたいことは塩分の量になります。もともと塩分が低い味噌汁ですが、ファスティング(断食)では塩分を控えめに作っておきます。これは1日の何回も味噌汁を飲むことも考えてのことです。

 

具なし味噌汁の作り方

作り方としては・・・・・

  • おおさじ2の味噌汁に昆布だし70mlを目安につくる

 

ここで昆布だしを選ぶ理由は、ダシのもう一つに鰹節がありますが動物性タンパク質は消化に負担がかかってしまうことにあるからです。そして味噌汁でファスティング(断食)をすることで心配することもあると思います。

 

味噌汁で他の食べ物が欲しくならないのか!?

 

ということです。味噌汁は確かにご飯ともよく合います。しかも味噌汁に魚や肉も非常によく合います。こうしたことから食欲がさらに増してしまいそうに思うかもしれません。

しかし、味噌汁ファスティング(断食)ダイエットを続けていくことでの成果として胃が自然とみそ汁に慣れてくることです。これがファスティング(断食)をする時に大きな空腹への負担を減らすことができるのです。

 

準備食(1日目)

味噌汁の作り方を把握すれば、さっそくファスティング(断食)を始めることができるわけではありません。急にファスティング(断食)をする事によってカラダに大きな負担をかけることになります。

そこでカラダにファスティング(断食)がゆっくりと馴染んで行くように進めていかなければなりません。そこでファスティング(断食)をする前にしておく準備としてのポイントを紹介します。

 

  • ファスティング(断食)前は準備食を朝昼晩と規則正しく摂る
  • 脂っこい食べ物は摂らない
  • カロリーの高さすぎるものは食べない
  • アルコールも飲まない
  • 最後の食事は夜の8時までに終わらせる

 

この準備食の時の食事としては、これらに気をつけておく事から位に負担がかからない食材を使ったメニューを食べることです。野菜を多めにした食事をする事に加えて腹八分目にしてバランスの摂れた食事を20時までに済ませておいてください。

 

ファスティング(断食)2日目

そしてこの準備期間を終えたら、これからファスティング(断食)が始まります。ファスティング(断食)の開始1日目からは具なし味噌汁を1日3食で過ごしていきます。そして味噌汁以外では、1日に水を2リットルは摂るようにし消化を助けるようにしてください。

 

この時に固形物を摂らないようにしカラダを休ませて上げることが2日目にすることです。
スポンサードリンク

 

ファスティング(断食)3日目回復食

ファスティング(断食)の3日目を迎えるとカラダは吸収率が高い状態になっています。そこでこの3日目の朝食がとても大切になってきます。まず3日目の朝の食事内容は、消化の良い具材を摂ることになります。

そこでお粥や野菜スープといった食べ物を朝に摂るようにすることです。ファスティング(断食)をしていたことによって胃腸を休ませていたために、いきなり通常の食事を摂ってしまうとカラダに負担がかかってしまうために消化の良いものを食べるようにしてください。

 

そして昼の食事や夜の食事は、少しだけ食べる量を増やしてもかまいませんが、食べ過ぎないようにしてください。

 

ファスティング(断食)以外の日におすすめの方法がある

ファスティング(断食)をしてせっかく成果がでたのなら、そのまま継続してダイエットが続けるようにしておきたいものです。そこで朝にコーヒーを習慣で飲む事があるのであれば、コーヒーから味噌汁に置き換えるだけで効果を高めることができます。

 

鮭の味噌汁
  • アスタキサンチンとEPAで抗炎症効果
アボカドとノリの味噌汁
  • 満腹感と血管年齢を若返りによい
すりごまとかぼちゃの味噌汁
  • βカロテンと食物繊維で美肌と腸をキレイに
トマトで味噌汁
  • リコピンで美肌効果

 

味噌汁ファスティング(断食)の口コミ

 

 

まとめ

味噌汁ファスティング(断食)による効果が実感できて成果がでたら、そこでダイエットが終わるわけではありません。特に気をつけることは味噌汁ファスティング(断食)後から消化のいいものを少しずつ普段の食事に戻していくことです。

 

少しずつカロリーを戻していきながら無理のないダイエットをしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。