休日のダイエットは太る?一日の過ごし方で痩せるためには


休日になると太ってしまう人も入れば痩せる人もいると言われていますが、人によってなぜこんなに太ったり痩せたりするのか・・・・。

こういった休日の過ごし方ひとつで変わる原因と太りにくくするための休日の過ごし方を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

休日が太りやすいあなたが行なっている原因

休日になると必ず太ってしまうと感じるその原因いは4つことが関係しているのです。

 

起きる時間が遅いと太りやすい

休日くらいゆっくりとしていたいと思う人も多いでしょう。しかし、ダイエットとして考えた場合には、起きる時間が遅くあることは太りやすくさせてしまう原因だったのです。

 

この原因になっていることは、私たちのカラダのリズムを作っている体内時計が関係しています。これは自律神経によって毎日の生活リズムを整えてくれています。

 

そのために休みの日でもゆっくりと朝遅くまで寝ていても徐々に体内時計が元に戻してくれるようになるのです。

しかし、あまりにも不規則な生活をしていると体内時計も乱れてしまいます。そうすることでカラダには自律神経を乱す原因を作ってしまうのです。

 

これがダイエットにも大きく影響することで・・・・

 

  • 代謝が落ちてしまう
  • 老廃物が排出されにくくなる
  • 脂肪が燃焼しにくくなる
  • 便秘になってしまう
  • 血液の流れが悪くなってしまう

 

こういったことが起こりダイエットに直結する問題になってくるのです。そのために休日だからといってあまりにも不規則な生活を送っているとダイエットとは程遠い太る原因になってしまうのです。

 

ついつい朝食を摂らない

朝遅くまで寝てしまっていると、朝食を食べることもなくなってきます。そうすると、朝は食事をぬんくことになり太る原因を刻々と作り出すことになるのです。

 

  • お腹が空く時間が続くことで血糖値の上昇しやすい状態になる
  • 代謝が上がらずに体温も上がらなくなる
  • 飢餓状態を作り出し結果、食べたものへの吸収率がアップするため脂肪をため込みやすくなる
  • 胃腸が動きにくくなり便秘になりやすい

 

休日なのに予定がない

休日となると友達と一緒に外出することもあるはずですが、中にはどこもでかけずに一日中家にいる人も少なくありません。また特になんにもすることがなくゴロゴロしているとやはり太らせてしまう原因になってしまいます。

 

休日と会社や学校など外に出る時間とを比べればいかに休日の過ごし方に差があるかがわかると思いますが、休日に予定がなく家にいる人の方がやはり太りやすくなるのはこの差から太りやすいことになるのです。

 

休日でも太らない人は、動く機会も多く、その差が太らない人太る人の明暗を分けているのです。

 

休日になるとお菓子を食べすぎる

口が寂しくなるために、ついつい間食が多くなっていませんか?この食べるという行動は、刺激や快感を感じることができるためにストレスを発散する一つの方法でもあるのです。

 

ストレスが溜まってくると、美味しい食べ物を食べて発散している経験がある人にはわかると思いますが、休日であることに加えて退屈と感んじているとやはり脳はストレスを食べ物で発散できるためについつい食べてしまうのです。

 

しかも、美味しいものとして、お菓子などの甘いものや味付けの濃い食べ物などが特に美味しく感んじやすいためより太りやすくなるのです。

 

太る休日から休日になると痩せるために

太る休日から太らない休日の過ごし方に変えていくためには、これまでにある4つのことを変えていかなければなりません。

 

そのポイントとなるのが・・・・

 

  • 体内時計と起きる時間
  • 朝食を抜く習慣
  • 運動不足になっている実態
  • カロリーを増やす行動

 

太らないためにも、いかにこの4つことを回避し変えてくかで変わってきます。

 

モデルを作り上げる!一日の過ごし方とは

起きる時間は平日となるべく合わせる

休日だからといって、少しでも多く寝ようと考えずに、できる限りは平日と近い時間帯で朝を迎えるのが理想の起床時間になります。

 

そもそも痩せるためになる土台作りの一つとしては朝の起きる時間で大きく決まってきます。というのは、体内時計が正常に働いてこそ太らない生活リズムを作り出すことができるからです。

 

そこで起床時間が休日と平日とに大きな差が生まれてしまうと体内時計を乱すことになり太るリスクをあげてしまうことになってしまいます。

 

そのためにも、休日くらいはゆっくり寝たいという考え方から平日と休日の起床時間をズラさずに合わせていくことが必要なのです。

 

そこでおすすめなのが、朝起きた時にすぐにカーテンを開けて太陽の光をカラダに浴びることです。この太陽の光には体内時計をリセットする働きがあるために一番良い方法です。

 

光を浴びることは、眠い状態でまぶたを閉じていても、太陽の光が脳でしっかりと感知してくれ睡眠ホルモンであるメラトニンを減少させ目覚めやすくさせてくれます。

 

また太る原因には、セロトニンが不足していることも関係しているために過食に繋がったり、そもそもやる気を無くしたりと休日にも影響を及ぼすために太陽の光を浴びて幸せホルモンであるセロトニンの分泌を促すようにしましょう。

 

ただ始めたばかりの時は、思うようにできないことがあるかもしれません。そんな時は、なるべく前日は夜22時から2時までのゴールデンタイムの時間は眠れるように調整して見ることです。

 

これによって朝起きた時の感覚もだるさなども少なく眠りの質も高めることに繋がります。また少し遅めに起きたい場合や起きれない場合は、体内時計の乱れを予防する意味でも起床時間が2時間以上ずれないようにはしてください。

 

朝食前はなるべくカラダを動かした方がいい

休日に少しでも痩せるためのダイエットをするのであれば、朝起きてから朝食を食べる前までの時間帯がおすすめでもあります。

 

昨日の夜から食事を朝起きるまでしていないため、胃のん中は空っぽの状態のために血液中の糖分も少ない状態になっています。

 

そのために、カラダに糖分が少ない状態で運動をすることでエネルギーとして脂肪が先に燃焼されやすい状態にあるためダイエット効果も高く見込めるのです。

 

またその時だけ脂肪の燃焼が効果的というわけではなく、朝に運動をしたことでその日の1日が代謝が上がった状態を続けることができるために1日かけて代謝量がアップすることができるのです。

 

朝食はしっかり食べても良い

夜の時間帯と朝の時間帯との大きな差になるのが、脂肪をため込みやすいか脂肪を燃焼させやすいかどうかです。夜の時間帯は食べた後に待っているのは睡眠に入る時間帯です。

 

そのために、夜はエネルギーを消費されにくく、脂肪としてもため込みやすい時間帯でもあるのです。しかし、朝食べたもに対しては朝からエネルギーとして利用することができるために消費されやすく、朝にしっかりと食べたからといって太る心配もないために朝はしっかりと食べておきましょう。

 

朝は消費モード!!チャンスな時間帯

朝の時間のカラダの状態は、交感神経が活発に働いている時間帯でもあります。そのためにカロリーも消費しやすい時間になっているために、この午前中の時間を使って家事をダイエットがわりにするのも良い方法です。

 

特にエクササイズを意識した方法で家事をすることでより意識的に行うことができより効果的なダイエットに繋がります。

 

こうした朝の時間帯は代謝も集中力ももっとも高まる時間帯なので、活動モードを有効利用することでカロリーを消費することができます。

 

お昼ご飯が心配!休日のダイエットには良いの?

昼食で食べたカロリーを心配する声も少なくありません。食べる量を減らした方がいいのか。それともがっつりと食べてしまってもいいのか・・・・。

 

 

昼食でとったカロリーというのは、午後からの活動するためのエネルギーとして転換することができるために、よほどの食べすぎでなければお肉や油ものであっても食べても良いでしょう。

 

ただダイエット中だからと言って油を控えたりすることがあるかもしれませんが、油分を少なくすることは便秘にも繋がって行くためにダイエットには繋がらなくなってしまいます。

 

そのために、お肉や脂っこい食べ物を倦厭しがちですが、ダイエット中に不足するタンパク源はこの時間帯でしっかりととっておくことが必要です。

 

また合わせてタンパク質の他にもバランスを考えて野菜や汁物などバランスを考えた食事を意識しましょう。特に食べ方も先に野菜や汁物を先にすることで満腹中枢を刺激することができるので少ない量でも満足感を得ることもできます。

 

食後の眠気!やっぱり眠ると太るの?

昼食を済ませた後に眠気が来ることがあります。これは自然なことでリラックスモードに入ることで副交感神経が高まっているためです。

 

これは自然な現象ですが、この時に休日だからと言って眠ってしまうと太りはしないかという心配だと思います。しかし、20分以内の仮眠であれば眠っても問題はありません。

 

むしろ眠ることで、その後の活動状態も自律神経あ切り替わってしっかりと過ごすことができるようになります。そのためにも大切なことが20分以上は眠らないことです。

 

午後からの休日は外出することもいい

家で1日いることよりも外に出てカロリーを消費させることをすることが良いです。家に引きこもってしまうとカロリーも中々消費する方には繋がらないために外出する機会を作ってみてください。

 

痩せる休日を作って行くために、一度は外出して外にでる機会を作ることです。この機会にまとめて用事を済ませることで動く時間を作るようにしてみてください。

 

また、せっかくの休日を少しでもダイエットに自然に繋げるように、普段しないことへのチェレンジをするのも良いかもしれません。

普段カラダを動かさないのであれば、どこかへ出かけるのも良いですし、何か別のことをすることで新たな刺激にもなるのでしょう。

 

おやつを食べたい!ダイエット中でもいいの?

休日のダイエット中であってもおやつを食べることができます。ただおやつを食べる時に気をつけて起きたいポイントがいくつかあるので押さえておいてください。

 

おやつを食べても太りにくくしたいポイント

  • タンパク質と脂肪を一緒に撮る
  • 1日200kcalを超えない
  • 昼食の4時間後、夕食の4時間前が理想
  • 小分けのおやつを選ぶ

 

タンパク質と脂肪を一緒に摂ることで、腹持ちがよくなります。そうすることでおやつ後の食事も食べすぎる心配も少なくて済み食べ過ぎを予防することができます。

 

またカロリーも1日に200kcalまでとすることで食べすぎや目安を作り出すことができるので合わせて基準にすると良いです。

 

そしておやつは昼食から夕食までの間の時間で小腹が空くことから食べたくなってしまいます。空腹を感じるのは仕方のないことです。

しかし、この理想の昼食の4時間後から夕食の4時間前にすることで夕食のついつい食べすぎるというリスクを予防することになるのです。

 

夕食は20時までに

夕食の時間以降に待っているのは、日中の時間とは違い睡眠に入る時間がメインを占めてきます。そのために夕食の食べる量というのは、3食のうちで一番軽い量の食事でなければなりません。

 

夜は寝るだけの時間なのに、食べるようが増えればカロリーはとてもじゃないけど消費することができないのです結局カロリーを溜め込むことになります。

 

そして夕食の時間はできる限り早く済ませることがより太りにくくする方法になります。そのために、できれば夕食は17時から18時といった早い時間で済ませるのが理想です。

 

また仕事などで夜帰宅するのが遅い人でも最低でも20時までには食べるようにするのが太らせない方法です。

 

湯船につかることはいいこと

カラダをリラックスさせる時間の一つとして、湯船につかることはとてもいいことです。夏の暑い時期にはシャワーで済ませる人も多いですが、湯船につかることでカラダを温めておくことで代謝を促す効果があります。

 

そうすることで痩せ体質にも繋がりますし、しっかりと質の高い睡眠へと繋げることができれば、胃腸の回復により便通もよくなりストレスを緩和することにもなり翌朝のカラダも変わっていきます。

 

美容タイムをうまく活用する

夜の眠りをいかにより良いものに近づけることができるかで睡眠の質も変わってきます。そこで睡眠の質が上がる美容がおすすめです。

 

まず休日であっても平日であっても疲労が残ることがあると思いますが、疲労と疲労感は全くの別物でもあるのです。

 

疲労感はリフレッシュすることで取ることができますが、疲労に対しては自律神経の状態が不安定だったりするためにリラックスして自律神経を整えるしかないのです。

 

そこで美容で疲労を取り除くためには、リラックスできる時間を作ることです。

 

香りでリラックス 香りと脳は直接影響するために、好みの癒しの香りを嗅ぐことでリラックス状態に導きます。
自分の気持ちが落ち着くアロマオイルを活用することで、この香りだと落ち着くや眠れると感じる香りを脳に覚えさせると良いです。
曲でリラックス 眠りの曲や眠りやすい癒しの曲を流すことで自律神経を整えていきます。リラックス状態に持っていくことで眠りやすくなります。
スマホなど光は遠ざける スマホやテレビなどのブルーライト照明は眠りのリズムを整えるメラトニンの分泌量を抑えるために美容やダイエットに大敵です。

就寝前には、こういったブルーライトに当たらずに眠りやすい環境を作っていくことが大切なのです。

 

夜更かしは太る

夜更かしや睡眠時間が短い人は、食欲を増進させてしまうことがわかっています。そのために休日であっても平日であってもリラックスして眠りやすい環境を作りながら早めの就寝が太るリスクを遠ざけることになります。

 

ダイエットは休息日も必要

ダイエットのために何かしらの食事制限を強いられることになっていると思いますが、こうした継続的なダイエットはダイエットにならないこともあるのです。その研究結果には・・・

 

減量のためのダイエット(食事制限)と言えば、食べたいものを食べられなかったり、お腹いっぱい食べられなかったりする状態が続き、つらいものだ。しかしそんなにつらい思いをしてまで食事制限をしない方が、減量にはむしろ効果的だということが、このほど「国際肥満ジャーナル」に発表された研究で明らかになった。サイエンス・デイリーが伝えた。

その理由に、食事制限は2週間ごとに休憩を入れたほうが良いということなのです。その研究結果には・・・

 

2週間の休憩を挟んだグループは、体重の減少幅が他方のグループに比べ50%大きかった。それだけでなく、実験期間が終了して半年後の時点で、どちらのグループも体重がいくらか戻ったものの、2週間の休憩を挟んだグループは、他方グループよりも平均で約8キロ体重が少なかった。

つまりいかに飢餓反応を抑えることができるかによるのです。

 

まとめ

休日の過ごし方でダイエットも大きく変わってくることがわかると思います。またダイエットを続けることは良いことですが頑張りすぎないで、時々休息をカラダに与えてあげることも必要です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。