キャベツダイエットは量がカギ!成功する効果的な食べ方


 

キャベツダイエットが今も紹介され続けているのには、ダイエットとしての効果がはっきりと成功する効果が表れるからです。この理由に、キャベツダイエットを考案した人物が肥満症患者に対して考案したダイエットだからです。

そしてこのキャベツダイエットは実に簡単で誰でもできるダイエットだからです。その具体的なダイエット方法を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

キャベツダイエットが痩せる理由

キャベツダイエットは基本的には、生のキャベツを食べるダイエットになりますが、そもそも痩せることができる理由には、続けやすいメリットがあるからです。

 

食事の量が減らせる

キャベツダイエットは、食前にキャベツを食べるだけのダイエットのため、毎日食べている食事の量を食前にキャベツを食べたことで、お腹に満足感を与えることで、食事で食べている量を減らすことができるのです。

 

続けやすい環境になる

ダイエット中にかかってくるストレスには様々な要因がありますが、その中でもとくに食事を制限することでストレスになってしまうこともあります。しかし、キャベツダイエットは食事を極端に制限するわけではないので、食べることへのストレスを抱える心配が少なくなります。

 

しかも簡単で手軽に始めることができるために、続けやすい環境を始めから用意されているようなものです。

 

キャベツダイエットの効果は

食欲を抑えることができる

ダイエット中に誰もが通る道が、ダイエット中に感じる空腹感です。特に辛い食事制限をしている最中にお腹がすくことで食欲をいかにコントロールできているかが大きな分かれ道になります。

これは食欲が上手にコントロールすることができればダイエットとしては当然成功できる可能性が大きくなりますが、この食欲を抑えてくれる働きに、キャベツに含まれている不溶性食物繊維の効果が関係しているのです。

 

この不溶性食物繊維を摂ることによって私たちのカラダでは、胃の中で水分を吸収することによって、何倍も膨張させることができることでお腹に満足感をもたらせてくれるのです。

 

しかも満足感を得るためには、この不溶性食物繊維の効果と別に食べたと感じることも大きなポイントです。キャベツを噛むと分かる事には、噛みごたえがしっかりとしているために噛む回数が必然的に増えることになります。

 

つまり、噛む回数が増えることで満腹中枢を刺激することができるために、キャベツを食べることでWの効果によってダイエットの天敵にもなる空腹感を紛らわせることができるのです。

そして肥満との関係性にもある血糖値の関係です。キャベツには不溶性食物繊維の他に水溶性食物繊維を含まれているために、この食物繊維の効果によって糖質の吸収を緩やかにすることもできるのです。

 

コレステロールを抑えてくれる

血液の流れの悪い状態にあると、当然血管内では血液がドロドロになるために流れも悪くなります。しかも血管の壁にはコレステロールも付着し、このまま放っておけば動脈硬化などのリスクも発症する可能性としてあります。

 

また血管の流れが悪いということは、ダイエットにおいても血液の流れ悪く代謝を低下させる原因にもなるのです。しかも血管壁にはコレステロールが付着しやすい状態にあるために悪循環になってしまうわけです。

 

しかし、キャベツに含まれている水溶性食物繊維は、余分なコレステロールを吸着しカラダの外に排出する働きをもっています。この働きが血液中のコレステロールを減らし血液の流れがよくなり代謝も上がりやすくできるのです。

 

腸の働きを高めてくれる

キャベツに含まれる2つの食物繊維のうち、不溶性食物繊維がお腹に満足感を与えてくれると同時に、食物繊維の働きにある便のカサを増す効果によって、腸の蠕動運動の働きを活性化させることでカラダに不要なものを排出しやすくします。

 

そうすると便秘の解消にもなり、さらに代謝を上げることもできるので脂肪を燃焼しやすい状態を作り出すことになります。しかも腸内細菌を活性化させることにも繋がるためここにお酢を利用するとさらに効果が期待できます。

「乳酸キャベツ効果で凹むお腹!作り方レシピ」

http://diet-marurun.com/nyusankyebetu-1447

 

脂肪肝を防いでくれる

ダイエットを考える時にまず思うことは、太ったなど今までの体型と変わってきたと感じる場面があると思います。しかし、気になる脂肪はなにもカラダの脂肪だけではありません。

肝臓にも脂肪はたまるのです。しかも肝臓に脂肪がたまる脂肪肝は日本人の4人に1人の割合で脂肪肝があるともいわれています。この脂肪肝は、簡単にいうと中性脂肪が肝臓に蓄積されていく病気です。

 

この原因には、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが摂れておらず、脂質や糖質の摂り過ぎや運動不足なども肥満に繋がる原因になっています。しかもダイエットに励んでいる人も気をつけなければなりません。

 

極端な食事制限をすることによって低栄養性脂肪肝として脂肪肝になることもあるからです。しかし、キャベツには肝臓の働きを高める効果としてビタミンUによって、肝臓の余分な脂肪を代謝することで肝臓の脂肪をい減らしてくれるのです。

 

免疫力を高めてくれる

キャベツが免疫力を高めてくれるというのは、医薬品並みだと言われています。この理由に、キャベツの香り成分であるイソチオシアネートという辛味成分に抗酸化作用があるからです。

そしてキャベツに含まれるビタミンAやセレンも抗酸化作用による免疫力を高めてくれます。またビタミンCにもカラダの中に入ったウイルスに対して退治する働きをもつために免疫力を高めてくれることになります。

 

肌荒れを防いでくれる

ビタミンCには、免疫力の他にも美肌を作るために必要な肌荒れなどで傷んだ肌に大切なコラーゲンの生成を助けてくれる欠かせない成分です。またビタミンCは抗酸化力が強く。肌荒れの原因を起こすストレスから起こる睡眠不足に対しても解消させることができるのです。

 

ストレスを和らげてくれる

普段から忙しい毎日をおくることでストレスを感じない人はいないと思います。これも現代社会の大きな問題の一つですが、まずはストレスを解消できるものを見つけることも大切です。

しかし、ストレスを解消するためにはビタミンCも解消するためには欠かせません。特に私たちはストレスを感じることによって副腎という場所からストレスに対抗しようとホルモンをだします。

 

このホルモンを出す時に欠かせないのがビタミンCなのです。ストレスを受けたり、感じたりすると個でビタミンCを消費させてしまうためにビタミンC不足を補いながらストレスに対して和らげてくれるのです。
スポンサードリンク

失敗にさせない!!キャベツダイエットを成功させるためには・・・

ダイエットにおいて一番といってもよいのが、筋肉をいかに落とさずにカラダに必要のない脂肪を落としてダイエットができるかになると思います。このために必要なことがカルニチンというアミノ酸誘導体です。

 

しかし、このアミノ酸誘導体には、ビタミンCがなければなりません。良質なタンパク質を含め適度な運動も入れることで大きな成果になります。

 

毎食前にキャベツを食べる

キャベツダイエットの効果を最大限に発揮するためには、朝と昼と夕の食事の前にキャベツを食べることになります。ここで大切なことは、キャベツに含まれている不溶性食物繊維の効果をつくることです。

そのためにも食事の前にキャベツを食べることで、お腹に満足感を先に与えておくことで、朝、昼、夕食の食べる量を減らすとともに空腹感も解消することができます。そして効果を高めるためにも・・・・

 

  • 生のキャベツを200g(一食分)食べる
  • 10分程度の時間をかけて食べる

 

この2つが大きなポイントになります。特に10分も時間をかけるのには、これまでにもあるように満腹中枢に働きかけるためでもあります。

 

キャベツのカットの大きさ

食べる時間を10分かけることは、意外と大変なことかもしれません。特に早食いの習慣がついている人の場合には、より時間をかけることが難しいと感じるかもしれません。

そこで食べる大きさを考えてカットすることです。キャベツをカットするときに、あまりにも細かくカットしてしまうと、食べるのも、噛む回数も少なくなってしまいます。そのためになるべく噛む回数を増やすためのカットにするのです。

 

そこでキャベツのカットする大きさは、しっかりと噛める回数が増える大きさにカットすることです。一言でいえば大雑把でよいと思います。キャベツダイエットで大切なことの一つはとにかく良く噛んで食べることです。

 

そのためにカットする大きさは噛む回数が増える大きさでよいということです。そうすることでお腹にも満足感も与えることができ、それぞれの食事の時間での食べる量も減らすことができるでしょう。

 

味付けにドレッシングはいいの?

キャベツダイエットの場合、できる限りは生で食べることをおすすめします。そうすることで余分なカロリーを摂らずに済むことになりますし、キャベツそのものの甘味を感じることでおいしさを堪能することもできます。

 

しかし、食べ続けることで、味に飽きがきることもあると思います。そんな時にドレッシングをかけて食べてみたくもなりますが、できる限りはドレッシングの使用を控えた方がよいです。

そこでキャベツを食べる時は、塩、またはドレッシングでもノンオイルドレッシングであれば、キャベツに味をつけるのもよいです。大切なことは、キャベツダイエットで余計なカロリーをドレッシングなどから摂らないことです。

 

そのために塩かノンオイルドレッシングにしておくようにしてください。

 

キャベツを茹でるのはいいの?

どうしても生の状態で食べることになるキャベツダイエットですが、人によって生のキャベツが苦手だという人もいます。そこでキャベツを茹でてもいいのかどうかということ!!

キャベツを茹でる時に気をつけてほしいのは、軽く茹でたキャベツであることです。茹ですぎることでキャベツ本来のシャキシャキ感がなくなれば、食べる量が増える可能性もあるため食べる量には気をつけることです。

 

ただ、キャベツの食物繊維の効果はそのままに、キャベツ独特の匂いを抑えることができるために生のキャベツが苦手な人は茹でキャベツでもよいでしょう。

 

キャベツダイエットで気をつけたほうがいいことは?

食べ過ぎてはダメ

キャベツを食べる目的は、もちろんダイエットをするためです。そのためにキャベツを食べる時に生のキャベツであることや、1回で食べる量を200gとしているのはそのためです。

しかし、キャベツダイエットをすることで食前に食べることで、食事中の食べる量を減らすことをこのダイエットは目的としています。つまり、キャベツダイエットと称して食事の前にキャベツを食べ、それぞれの食事のときに、いつもと同じだけの量を食べていれば何もダイエットにはならないということです。

 

それどころか、キャベツを毎食前に食べていることで逆に太ってしまうことにもなる可能性もあるのです。キャベツダイエットをするのであれば、食事の食べる量は必ず普段の食べている量よりも減らした量にすることです。

 

キャベツダイエットは置き換えダイエットではない

キャベツダイエットの効果をもっといいものにしたいと考えたがために、例えば夕食をキャベツと置き換えるようなことはしないことです。その理由には、太りやすい体質を作りだすだけにしか過ぎないからです。

 

ダイエットで痩せるために必要なことは、リバウンドしにくく代謝が高い状態を作りだすことにあります。そのためには、カラダの筋肉を落とさないことになります。つまり、普段の食事はバランスを意識しておき量を減らすことが大切なのです。

 

代謝が落ちる原因の一つに筋肉量の低下に繋がるタンパク質が十分に摂れていないことも原因にあります。それどころか、カラダの脂肪もそもそも落ちない状態のままただ体重だけが落ちてダイエットが成功したという錯覚にも陥ってしまいます。

 

ダイエットはキレイに痩せながら必要な栄養はしっかりと摂ることにあります。食事のバランスを意識して摂るようにしてください。

 

炭水化物は控える

食事をしている中で、必ず摂っているものが炭水化物かもしれません。。普段の食事からごはんやパン、うどんなどと炭水化物をとる機会も多くあります。この炭水化物を結果的に摂りすぎていることも太る大きな原因です。

 

炭水化物ダイエットがあるように炭水化物を減らすことで脂肪が燃焼されやすい状態をつくることも大切なことです。これはカラダに吸収されるとエネルギー源になる一方で摂りすぎてしまうと脂肪を蓄える原因にもなります。

 

炭水化物ダイエットと併用してダイエットをする場合は、1日に30g~50gに抑えると効果が出やすくなります。またこうした制限をしないまでも炭水化物はなるべく抑えめにすることもキャベツダイエットには必要なことです。

 

タンパク質はしっかりと摂る

ダイエット中は、食物繊維だけでなく、バランスを意識して食事を摂ることが大切です。中でもタンパク質が不足しやすくもなります。このタンパク質はカラダを作るためには欠かせない栄養素の一つでタンパク質が不足すれば筋肉が低下し基礎代謝を下げる原因にもなります。

 

つまり痩せにくく太りやすい状態になってしまうために、普段から食事にはタンパク質をとりいれるようにしましょう。

 

運動は忘れずに!効果は高まる

基礎代謝を高めることがダイエットにおいて一つのカギとなるわけですが、キャベツダイエットは食べる量を減らす事ができることで総カロリー数を少なくすることができるメリットがあります。

しかし、太りやすく痩せにくい状態は、運動をとり入れることでより効果を高めることができます。特に筋トレのような筋肉をつける運動をプラスすることでより効果を上げることができるので合わせて行ってみてください。

「痩せるプロテイン知識!痩せない女性がダイエットから脱出【筋トレと置き換えの法則】」

http://diet-marurun.com/yaserupurotein-3255

 

キャベツダイエットで失敗した人の特徴

キャベツダイエットを1週間や2週間することによって体重を落とすことができた声も多くある一方で、キャベツダイエットで成功した後にダイエットを止めてしまったことですぐにリバウンドをすることがあります。

 

この理由は、キャベツダイエットをする前の食事に戻ってしまっている理由がリバウンドを招いた原因です。これはキャベツダイエットによって総カロリー数を減らしている状態から普段食べているカロリー数を戻したことにあります。

 

そんな時は、やはり運動などで筋肉をある程度つけ、痩せにくい状態を作りだし、消費しやすいカラダ作りを行うのがよいでしょう。

 

まとめ

キャベツダイエットは続けやすいダイエットですが、総カロリー数を減らす目的のダイエットでもあります。そのために痩せることができてから次は太りにくい体質改善のためにも運動をとり入れることがキャベツダイエットを成功させることになります。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。