コーヒーダイエット!食前と食後と効果を増す方法


ダイエットに欠かせない脂肪燃焼の効果!コーヒーにもこの効果があります。コーヒーを飲んでいて痩せたと感じる女性はじつかこのコーヒーによる効果がダイエットになっているのです。

コーヒーダイエットで痩せるための方法を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

コーヒーにはダイエットに効果がある!論文にあること

コーヒーを飲む習慣がある人は、おそらくかなりの人が習慣になっているかもしれません。そんな中、コーヒーに求めるものは様々ですが、コーヒーの主成分にもなるクロロゲン酸にダイエット効果に役立つかもしれないといわれています。

 

研究は、コーヒーに多く含まれているのが知られている特定化合物、クロロゲン酸(chlorogenic acid:CGA)の治療効果を調べるため、15週間高脂肪食をマウスに与え、その一方で、1週間に2度CGA溶液を注射した。
結果は、クロロゲン酸による、高脂肪食を与えられたマウスの肝臓に蓄積した脂肪とインシュリン抵抗性が大きく減少した。

Well Aging

 

コーヒーでダイエット!そのメカニズムにあること

コーヒーにダイエット効果があると期待されていることがわかりましたが、ダイエットの天敵でもある脂肪!これをどうにかして燃焼させることが大きなダイエットの成果になるわけです。

コーヒーをおいしく飲めてダイエットができる!そんなコーヒーの効果を紹介します。

 

クロロゲン酸のダイエット効果

ポリフェノールという言葉を聞いたことがあると思います。コーヒーに含まれるポリフェノールがクロロゲン酸でコーヒー140ccで赤ワインと同じ程度の300mgのポリフェノールを摂ることができます。

 

そしてクロロゲン酸の働きには・・・・

 

  • 脂肪分解と脂肪の蓄積を抑える働きがある
  • 糖質の吸収を遅くする
  • ついてしまった脂肪にも燃焼サポートする
  • 食事からとった脂肪をカラダに貯めにくくする

 

こうしたダイエット効果があります。

 

カフェインで脂肪を燃やす

コーヒーの成分の一つのカフェイン。このコーヒーを飲むことによって消化酵素であるリパーゼに働きかけることで脂肪細胞に対して分解をし、血液中からカラダの外へと排出してくれます。

またカフェインには脂肪燃焼だけでなく・・・・

 

  • 利尿作用
  • 覚醒作用

 

といった効果もあります。よく眠気覚ましにコーヒーを飲む方も多いはずです。

 

むくみを解消する

カフェインの働きにある利尿作用には、ダイエットにとっては大切なことです。カラダがむくみ原因がわかっていれば、当然改善していかなければなりませんが、その中でもむくみの悩みも悩みの種の一つです。

 

カラダに毒素や老廃物がたまることや水分がうまく排出できなくなっているとむくみとして現れるようになります。特に女性にとっては気になる部分ばかりで、顔や脚など・・・。

しかし、カフェインは血行をよくする働きがあるためにカラダを温めて基礎代謝を上げることができます。そうすることでむくみを解消し、同時に肩こりや冷えなどに対しても解消させてくれるのです。

 

ダイエットと合わせて肌への働きも!!

コーヒーに含まれる肌によい働きをしてくれるカフェインやポリフェノール、トリゴネリンといった成分によって肌へ働きかけてくれます。中でもコーヒーの色や香り、味になっているクロロゲン酸は、細胞が酸化するのを防ぐ働きがあります。

 

これは、カラダに活性酵素が増えることで、刺激から守ろうとメラニン色素を増やすことで守ろうとしますが、これがシミの原因を作っている原因でもあります。このシミをいかに作らないようにするかも肌には大切なことですが、シミを予防することができるのがこのクロロゲン酸によって防いでくれるのです。

 

1日に2杯のコーヒーを飲むことによって防いでくれるようになるのです。

 

リラックスさせる

コーヒー好きなら、コーヒーをカップに注いでいる時の、あの香りのホットすることを覚えているかもしれません。これはコーヒーの種類によってもリラックス効果は変わってきますが焦げたような香ばしい香りにリラックス効果があるのです。

 

またコーヒーに含まれるカフェインにもリラックス効果あることもわかっています。

 

糖尿病を予防する

糖尿病は生活習慣病の一つですが、糖尿病の中でも2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足といった生活習慣が関係しているために95%もの人が2型糖尿病にも関わってくる切実な問題です。

しかも糖尿病は自覚症状がないために、そのまま放っておいてしまうこともあり、いわゆる糖尿病予備軍が日本人の4人に1人はこの予備軍に入っていると言われています。しかし、コーヒーを飲む習慣のある人の場合に、糖尿病を予防する効能があることがわかっているのです。

 

これがコーヒーに含まれているクロロゲン酸の効果です!しかし、コーヒーを好むといっても飲み方も個人差がありますが、糖尿病に対しての有効な飲み方はあくまでもブラックコーヒーとして飲むことになります。

 

ただあくまでも糖尿病に対してコーヒーは有効かもしれませんが、最も良い方法は食事と運動なのです。

 

便秘を解消できることもある

コーヒーで便秘が解消されたという人も少なくありません。ただ逆に便秘になったという人もいます。これは人によって違うといってしまえばそれまでですが、こうした便秘を解消できる人と総でにあ人がいるのには3つの理由があるのです。

 

カフェインが消化を促す

コーヒーに含まれているカフェインをイメージすると、覚醒作用や利尿作用だと思います。しかし、カフェインには消化を促進させる作用があるために胃の働きを促進させることで便秘を解消することにもなるのです。

 

ミルクが関係している

コーヒーダイエットの場合には関係ないことになりますが、普段のコーヒーにミルクを入れていると便秘解消に繋がる効果が見込めるのです。これはミルクに含まれている乳糖が腸内細菌の働きによって乳酸や酢酸に変換されます。

そうすることで腸の蠕動運動が促されるようになり便秘を解消してくれるのです。

 

オリゴ糖が関係している

コーヒーには、カフェインの消化を促進する働きとは別に、オリゴ糖が含まれていることで、腸内に生息している善玉菌のエサとなり腸内環境を整えていく働きをもっています。

このことから便秘を解消することができるのです。

 

コーヒーダイエット!これが決定打になる方法

コーヒーダイエットをするときに守らなければならないことがあります。それは効果を高めるためにやるべきことです。また逆にこの方法ができていなければ効果も薄れてしまうために気をつけてください。

 

ホットコーヒーとして飲む

コーヒーダイエットの目的はもちろん脂肪の燃焼や基礎代謝を高めるためのダイエット効果を高めることを目的としています。そのために冷たいコーヒーで飲むよりも熱いコーヒーで飲む方がカラダを冷やさずに済みます。

 

内臓の働きが活発になることで代謝を上げてくれます。またホットコーヒーにする方が、カフェインやクロロゲン酸などの成分を効率よくとることができることもホットコーヒーだからこそなのです。

 

そしてホットコーヒーといっても湯の温度も気を配ることでよりクロロゲン酸の効果を失わずに摂ることもできます。それが、80℃程度のお湯でコーヒーを飲むことなのです。

 

1日3杯を目安にする

コーヒーに含まれる効果の中でカフェインの効果が現れる時間とどの程度効果が持続されるのかを知っておくとよりコーヒー効果を高めることができるようになります。

 

カフェインの効果が現れる時間
  • コーヒーを飲んで30分~1時間後
効果の持続時間
  • 4~6時間ほど

 

このことから考えると、ダイエットの必要な脂肪燃焼効果を考えると1日に3回は飲むようにしなければなりません。また4時間ほどで効果も薄れてしまうために時間を考えて飲むようにしてください。
スポンサードリンク

またコーヒーがダイエットによいと言っても、ただたくさん飲めばよいわけでもありません。コーヒーそのものは、胃腸にとっては刺激になる飲み物です。そのために1日で多くても5杯までとするようにしてください。

 

ドリップコーヒーでお湯の温度は80℃

コーヒーでもお湯を注いで溶かして飲むようなインスタントコーヒーでは、ダイエット効果はドリップコーヒーと比べれば効果は落ちてしまいます。確かにインスタントコーヒーは近頃はおいしく手軽に飲むことができます。

 

しかし、ダイエット効果になるクロロゲン酸やカフェインといった成分の含有量をみると、ドリップコーヒーの方が多く含まれています。コーヒーダイエットをするのであれば迷わずドリップコーヒーを選ぶようにすることになります。

 

飲むタイミングも大切

コーヒーダイエットの場合に、ダイエット効果以外にカフェインによる覚醒作用について飲む時間を考える必要もあります。そのためにまずは、夜遅い時間や睡眠に入る時間を考えて就寝する4時間前までには飲み終えておくことが大切です。

 

また、コーヒーダイエットの本命にもなる脂肪燃焼効果を高めるためには、脂肪が燃焼しやすい時間を考えて飲むことも必要になります。そこで脂肪燃焼によい時間帯が5つの時間帯です。

 

  • 3~4時間空けて飲む
  • 食後に飲む
  • 運動する30分前に飲む
  • 朝や昼の活動時間に飲む
  • 入浴する30分前に飲む

 

この5つの時間帯で飲むことで脂肪燃焼効果も高めることができるようになります。睡眠に支障をきたさないこと。そして活動的な時間にコーヒーを飲むようにしてください。

 

食後にコーヒーを飲む効果

レストランなどで食事を終えると、コーヒーが最後にでてくるとこがあると思います。これはコーヒーのカフェインが胃の胃酸の分泌を促すことで胃が消化促進できるようにする働きから食後にコーヒーを提供されるのです。

 

そして中でも脂肪は一番消化に時間がかかるために食後のコーヒーの効果で促進を促しています。食後の効果については・・・

 

  • 食事で食べる脂肪質をその場で消化分解する
  • ポリフェノールによって脂肪がつきにくくなる効果がある
  • カフェインによる肌の再生の活発化とターンオーバーを促進する
  • ポリフェノールによる抗酸化作用がある
  • 脳の中枢神経を刺激し興奮させカラダを目覚めさせる
  • 毎日食後に飲むことで血糖値が上がりにくくなる
  • 食後のコーヒーの香りが精神的なストレスを癒してくれる

 

コーヒーを食前に飲む効果

コーヒーを食前に飲む効果としては、先に飲んでいることで空腹感を抑えることができることです。そもそも食事をおなかいっぱい食べることはダイエットだけでなくアンチエイジングの視点でもよくありません。

 

腹八分目という言葉があるようにアンチエイジングとしても腹八分目はよいのです。そして食前にコーヒーを飲むことでもクロロゲン酸の効果によって食事の脂質とカラダにすでにたまった脂肪を分解してくれることも食前にコーヒーを飲むことでも効果的です。

 

ブラックコーヒーが苦手な時は!!牛乳はいいの?

コーヒー好きと言ってもブラックで飲む人やミルクを入れて飲む人など飲み方は人それぞれですが、ただブラックで飲む方がダイエット効果はミルク入りなどに比べればカロリーや砂糖のカロリーの分だけ高くなってしまいます。

 

しかし、ブラックが飲めないからと言って効果がないわけではありません。砂糖やミルクを入れることでもコーヒーそのものの脂肪燃焼効果が全くないわけではないのです。そのためにブラックが飲めなくてもよいのです。

 

これまでに砂糖やミルクを入れていたのであれば代わりのもので代用することです!!

 

  • オリゴ糖を使う
  • 豆乳を使う
  • はちみつを使う

 

などなど方法はいくつかあるはずです。

 

オリゴ糖で便秘を解消する

コーヒーにもオリゴ糖が含まれていますが、砂糖の変わりにオリゴ糖を入れるのも便秘解消するには効果的な方法です。とくに便秘を解消することもダイエットには必要なことです。

また砂糖と大きく違うところは、カロリーが低いということ!!また血糖値も上がりにくいのも特徴にあります。またオリゴ糖でも腸にまで届くものもあるために、善玉菌のエサにもなりやすく効果も高めることができます。

 

豆乳で美肌と脂肪燃焼に!!

豆乳で一番のよいところは良質なタンパク質をとることができることです。豆乳に含まれているタンパク質は植物性で必須アミノ酸も豊富に含まれています。このタンパク質はコレステロールを下げる働きもあります。

 

また、ビタミンB群を含んでいる豆乳は、豆乳のタンパク質の脂肪燃焼の働きを助けてくれる効果もあるためにコーヒーに豆乳を入れることはおすすめなのです。

 

はちみつで便秘を解消

はちみつには、オリゴ糖やグルコン酸といった便秘を解消するための成分が含まれています。オリゴ糖は善玉菌のエサになるために腸内の善玉菌の量を増やすことで腸内環境を整えてくれます。

また、グルコン酸は、ビフィズス菌や乳酸菌、善玉菌といった菌を増やすだけでなく、腸内環境を整えながら腸を刺激するために便秘を解消してくれるのです。

 

朝にコーヒー1杯は効果があるのか

コーヒーの飲む時間などを考えてコーヒーを飲むことで大きな成果に繋げることができますが、毎朝1杯のコーヒーを飲むだけでもダイエット効果だけでなく、生活習慣病のリスクを下げることも期待できるのです。

 

これは、アメリカのスタンフォード大学の博士らの研究による中で長生きする人の炎症にかかわる遺伝子についての調査にわかったことがあるのです。

 

病気にならないで長生きしている人たちは、過剰に炎症反応を引き起こす遺伝子が弱いため、免疫によって作られる細胞を傷つけるフリーラジカルの量が少なくなっていることが判明したのです。

 

これは生活習慣病のリスクが下がるということが、コーヒーを長く飲み続けている人にわかったのです。

 

コーヒーダイエット!お風呂の前に!!

これまでにコーヒーに含まれるカフェインが脂肪分解酵素を活性化させて脂肪を燃焼させてくれるとお伝えしてきましたが、お風呂に入る30分前に温かいブラックコーヒーを飲むことでお風呂に入りお風呂で浸かる事に合わせて体温を上げて効果をさらに期待することができます。

 

コーヒーダイエットで気をつけたいこともある

貧血のある人は食後すぐのコーヒーは避ける

貧血を持っている人にとっては、コーヒーダイエットはお勧めできないかもしれません。というのも、コーヒーに含まれるタンニンには鉄分の吸収を阻害する働きがあるからです。

そのために貧血のある人は、食後30分以上は時間をあけて飲むようにしてください。

 

コーヒーは水分補給とは違う

ダイエットにおいて水分をしっかりと摂ることは大切なことです。代謝を高めるためにも水分補給は忘れてはいけません。しかし、水分補給は、コーヒーダイエットをしているからといってコーヒーを水分がわりにするのはよくないのです。

 

これはコーヒーに含まれる作用の一つに利尿作用があるからです。コーヒーを飲むことで利尿作用が働けば、その分が尿として排出されるためにコーヒーダイエット中もしっかりと水分を摂るようにしなければなりません。

 

食事は減らすではない

普段から食事でカロリーをとり過ぎているのは別ですが、食事はあくまでもバランスよく摂ることを基本としてください。そのために、ただやみくもにカロリーを落とすために食事を減らすようなことをするのはよくありません。

 

特にコーヒーを飲んだから空腹感を紛らわせることができるために減らすのは少し違うのです。そもそもコーヒーには食事から摂れるような栄養はほとんどないのですから・・・!!

食事のバランスをまずは考えるようにしましょう。

 

空腹時に飲むのは避けておく

ダイエット効果のあるコーヒーですが、この効果の一つにある成分のクロロゲン酸は、胃酸の分泌を促進させる効果があります。これが胃の中に食べ物が入っていればよいですが、空腹の状態だと胃を荒らすことにもなりかねません。

またお腹の痛みを伴うことも考えられるために空腹時のコーヒーは避けるようにしてください。

 

飲み過ぎはNG

いくらコーヒーのダイエット効果があっても飲みすぎてしまえば何の意味もありません。コーヒーダイエットに必要な量を守ることがダイエット成功のポイントです。しかし、飲み過ぎるということは、同時にカフェインをとり過ぎるということにもなります。

 

  • 頭痛
  • イライラする
  • 耳鳴りがする
  • 不安になる
  • 不整脈が起こる

 

口臭には気をつけて

コーヒーを飲むことで口臭になる原因はカフェインにあります。このカフェインはコーヒーの粒子で舌の上に残りやすいことで口臭が発生します。そして詳しくみると、口臭の発生の原因には2つあります。

 

  • 利尿作用によってカラダに水分不足が起こる
  • コーヒーの微粒子が唾液の分泌を妨げる

 

この結果、口の中が乾燥して細菌が繁殖しやすい環境が作られるために口臭を発生してしまうのです。そのために口臭を予防するためには・・・

 

  • 水で口をゆすぐ
  • マウスウォッシュで洗う
  • キシリトールガムをかむ
  • 舌ブラシでみがく

 

まとめ

コーヒーダイエットは正しいタイミングで行うことがダイエットの成功のカギにもなります。またコーヒーはあくまでもブラックである事。上手にタイミングよく摂りいれるようにしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。