顔痩せダイエット方法!わずか1週間で小顔になる方法


第一印象を大きく左右する顔!顔を小顔にする方法を知っていればわずか1週間でダイエットに!顔痩せのポイントさえ抑えておけば、その痩せ方も変わってきます。具体的な方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

顔痩せしたい!ならその原因を知っておこう

これから顔痩せをしたい人や少し気になっているといった人がまず知っておいておくことは、顔が太るようになった理由です。特に顔はその人の印象を大きく左右するものでもあります。

しかもフェイスラインによって太って見えることもあります。また、カラダは特に太っていないのに、顔だけ太りやすいなんて人もいるでしょう。そこでまずは顔太りする原因を知ることです。

 

  • 脂肪太り
  • むくみ
  • 筋肉の凝り
  • 筋肉のゆるみ

 

これらが顔太りを作っている原因になります。そこで顔痩せに必要な事をこれから紹介していきます。

 

顔の表情筋を知っておこう!

顔をやせるためには知っておかなければない事に表情筋があります。表情筋というのは、顔や目や口、鼻といったパーツを動かすための筋肉で、顔の筋肉には約30種類以上の筋肉があり、この各筋肉が相互に動くことで顔の表情が作りだされます。

 

ただ顔の筋肉というのは、私たちが思っているほど使われていないのが事実で、約30%ほどしか使われていないと言われています。感情表現が豊かに合わせて顔の表情をしっかりと表現することからもその表情筋の使い方は驚かされると思いますが、それでも70%も使われていません。

 

普段私たちがどれだけ顔の筋肉を使っていないかがわかると思います。そこで誰でも簡単にできる上に毎日続けることができる表情筋のトレーニングをしていくことが顔痩せに繋がっていくのです。

 

顔痩せのポイントは皮膚のすぐ裏側の表情筋!

たるみやしわは顔の形が関係している

人の顔の形は人それぞれ!!顔の形が違う事でシワの出方やたるみ方も変わってきます。あなた自身の顔の形がわかっていれば顔の形に合わせた表情筋の鍛え方ができます。

 

丸顔型

丸顔の人のたるみが出てくるとブルドックのようになると頬の下にたるみとシワが出来て二重顎になります。こういった丸顔の人が鍛えるトレーニングは頬トレーニングと二重顎のトレーニングです。

 

二重顎を解消する!!

  1. 舌を思い切り前に出し舌先を上にあげる。
  2. 顔をまっすぐ上に向け舌を出し上にしっかりと伸ばす。
  3. これを10秒間キープを2回行う。

 

頬のたるみを解消!!

 

  1. 口を大きく開けて「あ」の口をつくる。
  2. 唇を突き出すようなイメージで「お」の口をつくる。
  3. 「あ」から「お」の口の動きを10回繰り返す。

 

たまご顔型

たまご顔の特徴としては、老化が目立ちやすい傾向にあります。そのためにまぶた上下がたるみやすいために目元のトレーニングがおすすめです。

 

前頭筋と眼輪筋を鍛える!!

  1. 瞼を上げてまぶたをしっかりと伸ばす運動として目を大きく見開きます。
  2. 次にまゆをちからいっぱい上げる。まゆ山になる部分が少し痛いと感じる程度にしっかりと持ち上げる。
  3. 目を閉じ下をみるような感覚で眼球を動かす。
  4. 軽くまぶたを閉じた状態でまぶたの中で目線を下に向ける。
  5. さらに左右に目を往復させる動作を30秒行う。

 

四角顔

顔にエラがあることでたるみにくい特徴を持っていますが、口元に負担がかかることから、口元にシワが出来やすい特徴があります。口元のトレーニングがおすすめです。

 

逆三角形顔

逆三角形の顔だちは年齢とともに顎に肉がたるみやすくなってきます。頬のトレーニングと口元のトレーニングがおすすめです。

 

表情筋の鍛え方は

 

顔の筋肉は使わないでいると硬く縮んでしまいます。これが、重みとなって下に弛んでしまうことが年齢を感じさせる原因にも繋がります。頬や顎のたるみはやはり見た目にも美しさを半減してしまいますし、しっかりと効果的なトレーニングを紹介します。

 

顔全体を引き締める痩せる効果のある運動がこちら!

  1. 腕を胸の前で交差させるようにして肩に手を置く。
  2. そのままゆっくりと天井を見るように上を向く。
  3. 上を向いたまま、天井に向かってゆっくりと舌を限界までつきだす。
  4. ゆっくりと舌を戻し首も元に戻す。

 

こういった顔のトレーニングを行う事を時間が空く時に行う事で顔痩せ効果を狙うことができます。

 

手軽にできる簡単!頬の顔痩せ方法はないの?

顔が思うっているように痩せない理由に、表情筋が上手に使うことができていないことがあります。そこで顔の表情筋を強制的に動かすための方法を紹介します。

 

  1. 息を吸すい、顔の中心にパーツを寄せ集めるイメージで顔を動かしてください
  2. パーツを寄せて限界だと感じるところで息を止めます
  3. 5秒間キープします
  4. 息をはき、顔を元に状態に戻してください
  5. 3回繰り返してください

顔のエラが気になる人向けの小顔マッサージ

スポンサードリンク


顔が大きく見える原因の一つにあるのが、「エラ張り」と呼ばれる顔を大きく見せてしまう角ばった顔の姿だと思います。このエラ張りを気にする人も多い中で、顔が四角く見えてしまうことが骨格のせいだと決めてしまっている人は、まだ諦めるのは早いかもしれません。

 

というのも、エラ張りになっている原因は、骨格だけではなくエラ張りの原因には、筋肉が変化してしまったことで起こることもあるからです。まず、鏡で顔の形を見てみてください。

左右とエラ張りが同じではなく、少し大きさが違って見える場合がある人は、筋肉の変化によるものがあるかもしれません。この左右違って見える理由には、顔の筋肉にある咬筋(こうきん)と呼ばれる筋肉が関係しています。

 

咬筋(こうきん)は耳の内側に指先を当てて、奥歯を動かしてみてください。この時に、ぽっこりと出る部分があると思います。この筋肉が顔の他の筋肉をより発達してしまったがためにエラ張りという形で表れているのです。

 

そしてこの咬筋(こうきん)は無意識に使っていることが多い筋肉です。物を食べる時に使うのはもちろんですが、それ以外に・・・・

 

  • 運動をすることで、力を入れるために歯を食いしばっている
  • ストレスを受けたことで歯を食いしばっている
  • 寝ている時に無意識に歯ぎしりをしている

 

つまり、これらは無意識のうちにしてしまっている行動のために中々気づかなかったりするのです。また、これら以外にもリンパの滞りによって水分や老廃物がたまることも原因になります。

 

こうした原因を解消するためのマッサージですることは、凝りをほぐすマッサージをすることになります。特に凝りは食事をした後にするのがおすすめです。

 

  1. 鎖骨を両手で抑え、顎を天井に突き出すようにします
  2. そのまま5秒間キープします
  3. 次に舌をだして5秒間キープし、元にもどします
  4. 人差し指と中指で顎をはさんでください
  5. そのまま手と反対側の顎から耳舌にかけて10回さすり上げてください
  6. 反対も同じようにします

 

ペットボトルを使って顔痩せにチャレンジ

顔の表情筋は使わなければそれだけ筋力が低下していきます。これは顔の筋肉の衰えは、そのまま顔のたるみにも大きく繋がる問題です。日常生活でどの程度の表情筋を使っていますか?

表情にあまり変化がない日常を送っているだけで、年齢を増して見られることにもなります。また、最近ではスマホはタブレットなどを日常欠かせないものとなっていますが、こうしたスマホをみる姿勢というのは、前かがみの姿勢になっているはずです。

 

特にスマホを触るシーンが日常でかなり多くなっていることは、それだけ表情筋を使うことが少なくなっているといえます。表情筋が低下すれば口角も垂れ下がっていきますよね!?

そんな表情筋の低下を予防し、エクササイズとして鍛えることで顔の筋肉を使っていくための方法がペットボトルエクササイズです。その効果として・・・・

 

  • 顔の血液の流れがよくなる
  • むくみが解消される
  • 肌の新陳代謝がよくなる

 

といった効果が得られます。そして用意するものは、家庭で余っている500mlの空のペットボトルを用意するだけです。

 

  1. ペットボトルに口をつけて、そのまま息を吸い込みペットボトルをつぶします
  2. つぎに空気をいれてペットボトルを膨らませます
  3. 5回繰り返します

 

二重顎が気になる人に!顔痩せマッサージ

最近では若くから二十顎で悩んでいる女性が増えています。その要因に何があるのか知っていますか?

 

  • 姿勢の悪さ
  • 食いしばる
  • 目の疲れ

 

大きく分けるとこの3つが原因になっていると言われています。そしてこの3つの要因を全て満たしていることが日常生活にあります。それがスマホをみている人が多いということです。

これはスマホの普及率が上がると同時に、二重顎で悩んでいる女性が増えている結果もあります。

 

日常生活で「携帯・スマホ」を誰もが使うようになったこの世の中。利便性がよく、普及率も近年増加していますが、それに伴い、見るときの“姿勢”や集中することによる“食いしばり・無表情状態”、そして“目の疲れ”が「スマホたるみ」を作り出す原因となっています

顔のたるみ研究所

 

これらが無意識に顔をゆがませることで、顔の筋肉が硬くなり、さらに血行も悪くなることで表情筋の低下によってたるみにも繋がっていきます。

 

  1. 手の平を耳の下に当てて鎖骨を3回さすります
  2. 耳の下から逆側の手を使い、肩先まで3回さすります
  3. 反対側も同じようにしていきます
  4. 人差し指と中指でフェイスラインを5回さすります
  5. 顎の骨を親指と人差し指でつまみ、フェイスラインに沿って耳の下までおしていきます
  6. 5回繰り返します
  7. 顔全体を下から上に引き上げるようにたたいていきます

 

顔痩せにランニングは必要なのか?

運動で痩せるとなると、真っ先に思いつくのがランニングによってカラダを動かすことが上げられますが、本当に顔痩せすることができるのか!そしてダイエット効果に繋がるのか気になると思います。

そもそもランニングを始め、有酸素運動は脂肪を燃焼させるためにはよい運動で、ランニングは全身を使ってする運動のために、血液循環もよくなるのが特徴です。そうすることでむくみの解消やダイエット効果に結び付くのは確かです。

 

ただ顔痩せに効果があるのかでいえば、痩せるともいえるし、そうでないともいえます。これは個人差が大きいことから痩せる人もいれば、痩せない人もいるということです。ただはっきりしていることは、全身の血行が良くなることは顔にも言えることです。

 

つまり、顔にむくみがあって気になる場合は、顔のむくみの解消に繋がる可能性はあると言えます。

 

顔痩せは食べ物からも予防しよう!

 

顔痩せ効果はそれぞれのトレーニング方法で効果を発揮する事ができますが肝心の、顔のシワやたるみが増えてくる原因には、ただ単に顔の筋肉が十分に使われていない事以外にも食事の中からも予防する事ができます。

 

肥満によって顔が太ってしまった!!こんな時には、血流を促進させる効果のあるものや脂肪分解を促進させる食べ物を摂るとよいです。果物からであれば、グレープフルーツなどの柑橘系が推すすめです。

また食品から摂る場合は、ショウガやニンニク、黒コショウ、トウガラシといった食品がおすすめです。

 

むくみによって顔が太ってしまった!!そんな時は、むくみの原因には、血液やリンパの流れが悪くなり水分がスムーズに体がに排出されなくなった状態にあるために、利尿作用のある食品を取り入れることがおすすめです。

 

バナナ、アボカド、キュウリといった食品を摂る事とむくみの原因となる腎臓の機能の働きを強くする豆類を摂るのもよいです。また寝不足や冷えを改善させるために足浴、入浴といった身体を温めることにも意識しましょう。

 

顔の筋肉が固まって太って見える!!こういった人に多いのが、歯ぎしりや食いしばることをすることが原因でなってしまう人がいますがこの大きな原因にはストレスが原因となっている事が多いために心を鎮めるリラックス効果の高いアロマがおすすめです。

 

また顔の筋肉が固まったものをほぐすためには、お酢を摂り入れる事やビタミンEを多く含むナッツ類を摂ることもおすすめです。

 

表情の乏しい事によるたるみ!!日本人は特に外国と比較しても顔の表情の変化が少ないことがわかっています。こういったことに最も良いことは喜怒哀楽をしっかりと表現することを身につける事ですが食品から摂るべき栄養にはビタミンC、ビタミンAなどの抗酸化作用のあるビタミンなどを摂るとよいです。

 

抗酸化作用のある食品を摂ることで老化を予防することができます。またシワといったほうれい線にはコラーゲンを積極的に摂るとよいです。

 

顔痩せし小顔になるための食生活習慣は何が必要なのか

食生活は塩分を控えめに!!

塩分の摂り過ぎはまちがいなく、むくみに繋がりやすくなります。自宅で自炊をしているのであればコントロールもしやすい環境だといえますが、が委縮が多い場合やインスタント食品、コンビニ弁当で済ませてしまう・・・・。

そんな場合には、やはり塩分を摂りすぎてしまうことになります。そうならないためにも、意識的に弁当にしてもバランスの摂れた食事を考えるようにすることも大切です。また普段から濃い味付けに走らずに薄味のものを食べるようにすることです。

 

糖分と脂肪分!控えた食生活に!!

顔痩せの正反対の位置になるのが、顔の脂肪分。普段の生活習慣からもそうですが、食生活においても糖分や脂肪分の摂りすぎている食事、また今よりも減らしてみようとする意識をもつことも大切です。

 

まとめ

顔ダイエット方法にはそれぞれの原因を考えることで、それに応じた対処方法を行っていくことが一番の近道になります。顔が太ってしまったのは何故なのか!その根本的な原因を考える事で実践する効果もかわってきます。

 

表情筋を鍛えるためには、毎日行う事と暇な時間、少しのわずかな時間をうまく活用して実践することで継続させる事ができます。そして特に表情筋を鍛えるにはうってつけの時間帯もあります。

 

それは入浴後や夜の時間です。こういった時間に顔の筋肉をマッサージ、トレーニングすることですっきりとしたフェイスラインを手に入れる事ができるでしょう。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。