よく噛むことがダイエットになる!成功する痩せる食事


ダイエットの基本の一つによく噛んで食事をする事があります。意外と出来ていないことがありますが具体的にどうすればいいのか!よく噛むことでダイエットを成功させる期間やメリットなどのコツを紹介します。

スポンサードリンク

噛むダイエットってなに?

食事をすると当たり前のようにしていることですが、食事を良く噛むことがダイエットになぜ繋がるのか!!噛むダイエットというのは、ただ単純にいつも食べている食事をしっかりと噛むことがダイエットに繋がるという、実にシンプルかつ効果的な方法です。

 

噛むダイエットの魅力は、食事がよりおいしく感じる事ができ、ごはんなどを味わうダイエット方法とも言えるでしょう!!そして具体的にすることは食事の時に一口食べるごとに30回~50回噛むことだけです。

そもそも噛むだけでなぜダイエット効果が生まれるのか気になると思います。これは医学的にも確認されている事として噛むことによって脳からヒスタミンという物質が分泌されることが関係しています。

このヒスタミンは、満腹中枢を刺激することで、お腹に満足感をえながら食欲を抑えることができることが噛むことによって起こります。

 

食事をよく噛んでたべるメリット

 

食事をしっかりと噛むことで何がいいのか!!一般的によく言われている事としては食事はしっかりと噛んで食べなさいというのには、食事中に噛む回数が増えることで唾液の分泌が良くなっていきます。

唾液には消化酵素と呼ばれる酵素が含まれています。(アミラーゼ)このアミラーゼは膵臓で作られる酵素の一つでアミラーゼのほかに、トリプシン、リパーゼなどの消化酵素が含まれています。

 

基本的に食事をする時に、口から食べ物が入り食道を通って胃で食べ物が溶かされ、十二指腸に到着します。ここで膵臓の膵液と胆汁が加わることでしっかりとした消化が始まるわけです。

そしてこのアミラーゼが食べた物を糖に分解させ、糖分は血液中に吸収されることで血糖値が上昇する仕組みになります。

 

痩せることができる

噛む回数を増やすと言う事は、通常よりも早い段階で満腹中枢を刺激させることができるために、噛むと言う事が食べ過ぎることを防いでくれる!!つまり痩せることに繋がっていくということになります。

これは、ノルアドレナリンというホルモンが多く分泌されることによって脂肪が燃焼されるようになることで痩せることができダイエットに繋がります。

 

リバウンドを防止できる

リバウンドをした経験のある女性は、どれくらいいると思いますか?この質問に対してリバウンドを経験したことがあると答える人は想像以上に多いことがわかっています。アンケートを全国の女性30代~50代で調査をした結果にはこんな答えが待っていました。

 

【主な調査結果】
▼6割がダイエットに成功するも、その後9割がリバウンドを経験
30代~50代の女性の99%がダイエットを経験。内、ダイエットの成功率は6割(60.9%)と高めだが、9割がその後リバウンドしているという実態が鮮明になった。

えんぱく生活

 

こうした明らかにリバウンドしている結果からわかることは、痩せた状態を維持していくことに対して、かなり苦労している現状があるということです。中でも食事を制限するようなダイエットを実践したことでダイエットに成功しても、職位を元に戻したことでリバウンドしてしまった!

 

という事がおこっていくのです。また、食事の量を一定期間減らすということは、じつは太りやすいという事実もあります。つまり、食事制限をするようなダイエットをするよりも、食事を制限せずに、よく噛んで食べるほうがダイエット効果が高いということです。

 

一つ疑問に思ったことはありませんか?痩せていてスリムな女性を街でみかけることがあると思います。こうしたスリムな人は、食事はしっかりと噛んで食べていることがわかっています。

また少ない食事量でもエネルギーが不足することもありません。その理由に、食事をよく噛んで食べていることで、カラダに吸収されやすくなり、エネルギーを効率よくカラダで使われるようになるからです。

 

さらによく噛むことで、食事そのものがゆっくりになることで、10分ほどで満腹中枢も刺激され少ない量で満足することができるのです。これが結果的に普段食べている料を減らすことができリバウンドに繋がらないようになるのです。

 

小顔効果

よく噛むと言う事は顔の筋肉をしっかりと動かすことになり、噛むことで顔全体を鍛える効果にもなるために、年齢を過ぎていくと気になる顔のたるみやシワといったところも改善させる効果があります。

これは顔の筋肉の実に70%が口の周りにあることからこういった効果が得られるのです。また噛むと言う事は、顔の血行も良くなることで顔のむくみを解消する効果もあります。

 

あごのたるみができる原因

多くの女性が特に気にしていることが顎のたるみ!!つまり二重顎なのです。顎ののたるみは他の部位と違って特に落ちにくい箇所と言われていますが、じつは二重顎の大きな原因になっている3つの事が大きな原因となっています。

 

あごの筋肉の低下

若い時は特に意識する事も少なくある場所ですが年齢を重ねるとどうしても意識せざえるを得ないのは顔全体の皮膚のたるみが一つの原因なのです。また、普段の食事のメニューを思い返してみてください。

 

しっかりと歯ごたえのある食事をしていますか!?

 

現代の食事の特徴には、おししく食べやすくということから柔らかい物を多く食べてしまうようになっています。こういった食事や食べ物から顎をしっかりと使わなくなっている。噛む回数が昔と比較すると大きく低下している事が原因と考えられています。

 

また、パソコンたタブレット、スマホといった端末を日常では長時間使用する事も多くあります。つまり表情を変えることが、こういった物が普及してから大きく低下したとも言えます。

 

体重の増加

事の食べすぎで体重が増えることによって顎にたるみが付く事にもなってきます。つまり脂肪が増えたということで肌が支えきれずに弛んでしまいます。

 

リンパの滞り

あごの周辺にはリンパが集中してあります。このリンパが滞るとたるみの原因になるために、余分な水分や老廃物がたまりむくみやたるみの原因になってしまいます。リンパ液をスムーズに流すことが重要になってきます。

 

美肌効果と若返り効果

よく噛んで食べることで得ることができるもう一つの効果としては、美肌と若返り効果を実感することができます。これは唾液に含まれている成分にパロチンやEGFと呼ばれる美容ホルモンが含まれているためです。

 

パロチンは成長ホルモンの一種皮膚の新陳代謝を活発にする効果があるために身体全体を若々しくさせてくれるわけなのです。そしてEGFはタンパク質の一種で肌の細胞の再生を促す効果があり、肌荒れやニキビの改善といった効果を期待する事ができます。

 

ストレス解消

ダイエットの天敵とも言えるストレス!食べ物をよく噛むと言うことで、身体の緊張を和らげる効果も期待できストレス解消につながります。また同時に噛むことが脳にも刺激を与えることになり脳の活性化にも役立ちます。

 

虫歯、歯周病予防ができる

よく噛むことで唾液が分泌されると唾液には自浄作用抗菌作用といった歯の表面や隙間に残ったプラークや食べカスを流してくれる働きと細菌の増加を抑える効果があります。

 

癌予防、免疫力アップ

唾液には強い殺菌効果がありますが、この唾液に発がん性のものを浸しておくという実験がありましたが、見事にこの発がん性物質が消えたという結果があったことから、しっかりと噛んで食べる人ほど、唾液をしっかりと分泌させる人ほど抗がん作用があることがわかっています。

 

よく噛むダイエットの成功例は?口コミ

よく噛んで食べるだけでダイエットができる夢のような方法ですが、これは成功率が高いことでも有名なダイエットです。

 

ご飯を食べる時の噛む回数を数えながら食べるようにしたら、半年で-5kg☆

それまでが食べ過ぎてたみたいで、ご飯の量や間食の回数が減りました (*゚Д゚)

しっかり噛むようになったせいか頬の口の周りがスッキリ♪これからも続けます~。

 

何回くいらい噛めば良い?

 

これは、人によって噛む回数が違っていることがわかっていますが、一応目安としてもよい回数が30回しっかりと噛む事です。口に食べ物を運んだら、その分をしっかりと30回噛んで食べましょう!!

これは一つの目安ですが、50回噛んで食べることもおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

しっかりと噛むことは、言ってしまえば食べ過ぎを予防することができる意外に唾液に含まれる成分がこれまでに話してきた効果を実感することができます。

 

噛む回数で便秘がかわる

食事を食べる時に、早食いをする人はもちろん、食べる時間が比較的早く食べ終えてしまう人は便秘になりやすいと言えます。これは、単純に食事中に噛む回数が少ないことから起こることです。

その理由には・・・・

 

  • 消化活動が活性化する
  • 蠕動運動が高まる
  • 胃腸に水分が届く

 

といったことから便秘が改善されるようになります。

 

消化活動が活性化される

便秘と一言でいっても、あまりカラダにどのような影響が出るのかピンとこないかもしれませんが、便秘になることでカラダに起こる影響がこれだけあります。

 

  • お腹がはってくる
  • 痔になる可能性がある
  • 有毒物質が発生する
  • 毒素を再吸収する
  • 癌の可能性になる可能性もある
  • 悪玉菌が増える
  • 肌トラブルが起こる
  • 肝臓が弱る
  • 口臭が発生する
  • 腰痛・肩コリ、頭痛といった自律神経のバランスが崩れる
  • 肥満に繋がる

 

これだけ見ても便秘が厄介なものだとわかるはずです。しかし、よく噛んで食べるだけで消化活動が活性化されることで、唾液の分泌も高まり、食べ物を分解しやすくなることでカラダに吸収されやすく、老廃物や毒素を排出しやすくなるのです。

 

蠕動運動が高まる

早食いや時間をあまりかけずに食べることで、噛む回数が少なくなると、食べ物が比較的形を残している状態で胃に入り腸へ送られることは、それだけ消化に時間がかかってしまうことになります。

これが便秘になりやすくさせています。しかし、よく噛んで食べることで胃や腸にはいった食べ物は消化がスムーズに行われることで蠕動運動も高まり便秘を改善しやすくなります。

 

水分が胃腸に届く

ダイエット中に水分が不足していることも大きな問題で、痩せにくくする原因の一つになりますが、便秘になっている胃腸というのは、水分が不足している状態になっているために排便へと繋がりにくくなります。

逆に水分がしっかりとある状態というのは、食物繊維と水分を吸うことで膨らみ蠕動運動が高まります。また噛む回数が増えることで、食べ物が細かくなることで唾液によって水分がしっかりと含まれた状態にあることで消化活動が活性化され蠕動運動も高まります。

 

つまり、噛む回数が増えるだけでカラダには大きな効果が生まれるのです。

 

噛むダイエットの注意点

 

噛むことで唾液を分泌させ様々な効果を発揮する事ができるために、このせっかくの効果を最大限にするのであれば、食事を噛んでいる時は、あえて水分などは飲まないようにする方がよいです。

これは、唾液を分泌する量が食べ物と一緒に水分を摂ることで少なくなってしまうためだと言われています。唾液が持つ作用をしっかりと機能させるためには、食事が口の中に入っている間はなるべく噛んで唾液を分泌させる方がよいですね。

 

また噛むことで小顔効果といったことや顔のたるみを解消させる効果もありますが、食事の時に癖などで片側だけで食べてしまうということ。これは顔の歪みにもなりますし、なにより毎回片側で30回噛むことで、噛むことへの苦痛になりかねません。

 

しっかりバランスよく左右で噛む事を意識して食事を食べてください。

 

小腹がすいた時には

 

噛むダイエットをしていて、すぐに噛む回数を増やすことは意識的にしながらではないと難しいと思います。身体がこの噛む回数に慣れるまでにはついつい早食いになることもわるかもしれません。

そういった人のために噛む癖を付ける目的で始める食べ物を2つ紹介します。

 

雑穀を取り入れる

食事の主食として雑穀米を取り入れることで自然と噛む回数も増えてきます。また雑穀にはビタミンやミネラルも含まれているために身体にもいい食事を摂る事ができます。

 

スルメを食べる

スルメは硬くてしっかりと噛んで食べなければ中々食べれないもの。どうしても小腹がすいた時には、スルメを噛んで食べることでお腹を紛らわせることもできます。またスルメ自体にもコラーゲンが多く含まれていることもあり、肌を美しいものへと代謝を促すことで導いてくれます。

 

そしてスルメにはタンパク質が含まれているために基礎代謝を向上させてくれる効果も期待できるためにお勧めの低カロリー食材です。

 

まとめ

食事をしっかりと噛むと言う事は、身体にとってはただダイエット効果でなく様々な効果をもたらしてくれます。その噛むことでダイエットに繋がる大きな効果としてはやはり、食べ過ぎが改善されるということ。

 

これまで何気に食事をしてきた中で人よりも早食いだと感じる人もいると思います。早食いの人の多くは、圧倒的に食事を噛む回数が少ない事がわかっています。つまり早食いの人ほど満腹感を得るのに時間がかかると言われています。

 

また空腹になるのが、しっかりと噛んで食事をする人よりも早いと言う事もわかっています。これを期にしっかりと噛んで食べる習慣を身につければ、自然と痩せる効果も感じることができるでしょう。

また普段の食事のバランスの摂り方についてはこちらの記事を参考にしてください。

「朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。