下半身ダイエット方法で気を付けるべき食事と効果


下半身太りを気にする人は意外と多いものです。脚やせするためには食事制限はどうすればいいのか。また原因を知り解消するために脚痩せに効く食べ物を紹介するとともに、逆に脚を太くする食べ物もあります。

そんな人のための食事で気を付けるダイエット方法で効果的に痩せる事ができます。

スポンサードリンク

 

下半身太りする原因に食べ物

 

白砂糖にある危険なリスク

下半身太りする原因にはいくつかありますが、特に季節関係なく女性にとっては下半身が太く見えてしまうことに抵抗を感じてしまうことになります。その一つの中には段食べている食事に関係しています。

 

特に関係している事としては、パンやお菓子、ケーキといった食べ物には特に注意が必要です。これは、いくら運動をしても下半身が痩せるために必要な根本的な原因をなくさなければ意味がありません。

 

普段私たちがお菓子やケーキなどを食べる時には好きなものを食べることが多いはずです。ですが、これが太る原因に繋がっているかもしれません。またお菓子などには添加物が多く含まれている事からも、むだに消化酵素を消費する原因にもなっています。

 

これは人工甘味料にも同じことがいえます。そしてお菓子などに含まれる砂糖!お菓子や甘いもので太る理由には砂糖が関係しています。普段私たちが甘いものを食べると止められなくなるのは、ある意味仕方がない事なのです。

 

これは砂糖を摂取することで脳内にあるエンケファリンという物質が分泌されます。これが脳内麻薬のようなもののためにまた食べたくなる・・・・

 

そんな思いにさせてしまう恐ろしい物質なのです。

 

 

砂糖を摂り過ぎてしまうと口渇を感じてしまい水分が欲しくなります。これが砂糖と水分の摂り過ぎから老廃物がたまり、むくみの原因、下半身太りへと繋がっていくのです。

そして砂糖をとることで血糖値が急激に上がりやすく、しかもその後に急激に下がるとまた何か食べたくもなります。これも食べ過ぎる砂糖の罠といえる原因なのです。

 

塩分多い食べ物

そしてもう一つが塩分との関係性です。塩分は一定以上の塩分を摂り過ぎてしまうと血液中の塩分濃度を正しく維持しようと水分を身体の外へ排出しなくなります。これがむくみになる理由です。

こういったことが、代謝を低下させる原因となり、下半身が太くなっていきます。そしてもう一つむくみを作っているのが砂糖の種類によることもあります。漢方では白砂糖などサトウキビが原料として使われていることもありますが、こうした糖類はカラダを冷やす作用があります。

カラダが冷えれば循環も悪くなり、むくみを引き起こす原因にも繋がります。糖類で考えた場合、これと反対なのがてんさい(砂糖大根)からできる糖類はカラダを温めてくれる作用があります。

 

カフェインが・・・・

カフェインには脂肪を燃焼する働きがあることから、ダイエットにとりれている人もいるはずです。しかしカフェインの摂り方によってはダイエットどころか逆にカラダを太く魅せてしまうことにもなります。

それがカフェインの過剰摂取です。特にコーヒーを飲む習慣がある人にとって怖いのが摂りすぎです。またエナジードリンクのようなカフェインが多く含まれている飲み物にも同じ事がいえます。

そしてカフェインを摂りすぎることでカラダでは・・・・

 

  • 鉄分の吸収が阻害される
  • むくみが生じる

 

こういったことが起こります。そしてカフェインには、脂肪燃焼効果以外にも、利尿作用があるために、水分を摂りすぎることでむくみを悪化させることも考えられるのです。カフェインが含まれている飲みものには注意しておくことも必要です。

 

下半身太りを解消させる方法

ビタミンやミネラルの存在

 

パンやお菓子、ケーキなどだけでなく、インスタント食品にも言える事として保存料などの食品添加物が含まれている事があります。こういった添加物などは、体の中の消化酵素が無駄に消費されることがわかっています。

 

こういったものが必要な時に使われず、体内に老廃物を蓄積させる原因になっています。こういった事を解消させるためにはパンやお菓子などエネルギーにするために必要なものがビタミンB群!

このビタミンB群を一緒に摂る事で改善されていきます。次に塩分が多いインスタント食品などには塩分を排出させるために必要なものがカリウムです。カリウムには塩分を排出する働きがあるためにカリウムの多い食品を食べるようにしましょう。

ただ一つ気をつけなければならないことが塩分にはナトリウムが含まれています。塩分に含まれるナトリウムには身体の中に水分を貯めこまないようにする働きがあります。

塩分の過剰摂取になるような事を避けるようにしなければなりません。特に気をつけなければならないことにはインスタント麺にはこのナトリウムが多く含まれています。

インスタント麺などの食べ過ぎはナトリウムの摂り過ぎになってしまうためにナトリウムまで体内に溜まってしまいます。ただナトリウムは身体の水分バランスを調整してくれる働きや腎臓で尿を作るためには必要な成分のためにインスタント麺などナトリウムの多い食品の食べすぎに注意してください。

 

そして豊富なビタミンやミネラルが基礎代謝アップや脂肪燃焼に繋げるためにも、こんぶやわかめ、ひじきといった食べ物を摂るようにしてください。

 

玄米を毎日たべる

むくみが太る原因になっているために、まずはむくみを解消する栄養素を摂る一つとして玄米を毎日たべることをおすすめします。玄米にはカリウムが含まれているために、むくみの解消に繋がります。

しかも玄米そのものも栄養が豊富でビタミンB群の栄養が特に多く含まれています。このビタミンB群によって脂質や糖質の代謝を上げることによって痩せやすくなるだけでなく、普段食べている白ごはんから玄米に変えるだけで血糖値の上昇の仕方も緩やかになることで太るリスクを減らすことができます。

 

キノコ類を食べる

きのこは食物繊維が豊富な食べものの一つです。食物繊維の効果によってダイエット中であっても、おなかに満腹感を与えてくれるのも大きなメリットです。中でも注目したいのがキノコに含まれているキノコキトサンの存在。

このキノコキトサンには様々な効能があります。

 

  • 便秘を解消する
  • 美肌効果がある
  • 肝臓で作られるコレステロールを低下させる
  • 善玉菌を増やし腸内環境を整える
  • 腸内で脂肪を吸収して排出する
  • 血液中コレステロールと中性脂肪を減少させる
  • 血管の老化を抑える
  • 免疫力を高めてくれる

 

など効能にも様々です。特にダイエットとしてみても効率よく成分を摂ることができますが、特にキノコキトサンは太っている人ほど効果が出やすい成分のために是非摂っておきたい一つです。

 

カラダを温める野菜を摂る

野菜にはカラダを温めてくれる野菜と逆に冷やしてしまう野菜とがあります。カラダを冷やす野菜を食べていれば、当然カラダは血行をわるくし、冷えを招くことになるわけですがむくみを予防していくためにもカラダを温める野菜を日常的な食生活の中に摂りれることも必要です。

 

そこで温める野菜を見分けるコツとして・・・・

 

  • 冬が旬の野菜はカラダを温める
  • 夏が旬の野菜はカラダを冷やす
  • 土の中でできる野菜はカラダを温める
  • 土の上にできる野菜はカラダを冷やす
  • 黒い野菜、赤い野菜、オレンジ色の野菜はカラダを温める
  • 白色、青色、緑色の葉物野菜はカラダを冷やす

 

ここではカラダを温めてくれる野菜を紹介します。

 

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ねぎ、たまねぎ
  • れんこん
  • にら
  • にんにく、にんいくの芽
  • 赤トウガラシ
  • こんにゃく

 

下半身ダイエットにおすすめの食べ物

低カロリーでて低糖質なさといも

さといもは低カロリーで低糖質なたべものです。さらに食物繊維も豊富に含まれていることから血糖値の急上昇を抑えてくれ、また血液中のコレステロールを下げてくれます。またカリウムも含まれているためにむくみの改善にも役立つ食べ物です。

 

カリウムといえばバナナ

バナナには、カリウムだけでなくビタミンも豊富に含まれています。また整腸作用のあるバナナをたべれば便秘の解消にもなります。むくみの解消、便秘の解消、そしてアンチエイジングにも効果があります。

 

納豆

健康といえば納豆をイメージするほど健康によい食べ物の一つですが、ただ癖もあるぶん好き嫌いが分かれるのも事実です。ですが納豆には健康だけでなく美容、ダイエットによい栄養が豊富に含まれるバランスのとれた食べ物です。

 

むくみを解消してくれるカリウム。ナットウキナーゼという成分によって血液をサラサラにしてくれ美容にもよく、その他にも様々な効果が納豆から得ることができます。詳しい内容はこちらの記事をさんこうにしてください。

「納豆ダイエットの秘密!驚きの効果は食事にプラスワンするだけ」

http://diet-marurun.com/nattoudaietto-syokuji-519

 

アボカドでダイエット

アボカドも立派なダイエット食材の一つです。もちろん美容にもいい成分が含まれていますが、気をつけなければならないのは、アボカド1個のカロリー数です。たった1個ですが以外とアボカドは高カロリーな食べ物のためにダイエットとして利用する時は1日に半分ほどのするようにしてください。

 

サツマイモは低カロリー

スーパーフードとも十分にいえる食材がこのさつまいもです。さつまいもは甘さとおいしさの両方を持っていますが、太るイメージがつきやすい食べ物ですが、さつまいもは低カロリーな食べものです。

 

例えば、ごはん150gと比較した場合に、さつまいも150gのカロリーさは60Kcalも差があります。このさつまいもにはサツマイモ独自の成分が含まれているのも特徴でヤラピンという成分が含まれています。

 

これは腸の蠕動運動を促す働きと便を軟らかくする働きを持っています。この2つの効果を体感するためには皮ごと食べることで効果が得られます。そしてクロロゲン酸というポリフェノールの一種です。

血糖値の上昇を抑えてくれ脂肪を抑えてくれる働きをしてくれます。

 

お菓子をたべるなら・・・

ビタミン類が一緒に取れる自然食品を摂る事。

  • 野菜
  • フルーツ
  • 穀類
  • 豆類

 

 

塩分の取り過ぎには・・・

ミネラルバランスを考える事。カリウムを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

  • 野菜
  • フルーツ
  • 海藻類

スポンサードリンク

 

カリウムの多い食品ベスト3

100g中あたりに含まれるカリウムが多い生の果物!!

 

1位 ★

アボカド(720mg)

 

2位 ★

ドリアン(510mg)

 

3位 ★

バナナ(360mg)

 

成人男性の場合に必要なカリウムの摂取量は2500mg。女性の場合に必要な摂取量は2000mg要ですが、普段の食事でバランスよく食べていればこの摂取量は十分に摂る事が出来る数値です。

 

食事をバランスよく摂る必要性についてはこちらを参考にしてください。「朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

カリウムが多く含まれる食品

  • パセリ
  • よもぎ
  • 昆布佃煮
  • ホウレンソウ(生)
  • 里芋
  • 大豆(ゆで)など

 

普段の私たちの食事や食生活には欠かすことが出来ない塩分ですが、そのほとんどの食べ物に塩分が含まれています。どうしても塩分を摂り過ぎてしまいむくみが中々取れないなどで、困っている場合には、こんな方法もあります。

 

塩抜きダイエットを実践!!

塩抜きダイエットとは、その言葉通りで塩を抜くダイエット方法ですが、普段私たちが摂り過ぎてしまった塩分からむくみの解消を狙ったダイエット方法です。ただこの塩抜きダイエットにはただむくみを解消するだけのものではなく脂肪の燃焼を促進する働きもあるために、むくみが気になる人にはおすすめかもしれません。

 

 

塩抜きダイエットは3日間限定ダイエット法!!

 

塩抜きダイエットの方法は

塩抜きダイエットの方法は実に簡単でわかりやすいダイエット方法です。

 

  • 3日間、塩を抜いた食事をすること!
  • この短期間だけ水分は1.5ℓ~2ℓほどの水分を摂るようにすること!!
  • 一日3食の食事は必ず摂る事。

 

たったこれだけの食事をすることで身体に溜まっていた塩分を体外へ排出することができ、身体に溜まった脂肪が塩分と一緒に溶かして排出してくれます。塩分が多い食事を摂り続けていると身体の中に水分が溜まりやすくむくみやすくなります。

 

これが血液循環を悪くさせ、身体に必要な栄養や酸素を十分に運ぶことが出来なくなっていきます。塩抜きダイエットはこれらを改善させることができ、便秘の改善冷え性など、生活習慣病の改善にもつながります。

 

下半身太りは食事制限だけで解消できるのか?

結論から言って、下半身痩せを食事制限だけで痩せるかどうかは2つのタイプに分かれます。まずそもそも下半身にかぎらずカラダ全体に脂肪がついている人。こういった人は食事制限をすることで下半身を痩せさせることはできます。

 

しかし、脚が太く上半身はそれほど太っていない人は食事を制限するだけでは下半身痩せは難しいといえます。その理由には・・・

 

  • セルライト
  • むくみ
  • 硬くなった筋肉
  • 骨盤の歪み

 

といったことも原因にあるからです。そこで上半身は太っていなく、下半身が太い人の場合にやらなければならないことは・・・

 

ストレッチやマッサージをする

脚は特に血流が滞りやすい場所でもあります。そのために血行が悪くなれば、カラダに必要な栄養が行き渡らなくなります。その結果リンパの流れも悪くなり老廃物も溜まりやすくなってしまい、むくみやセルライトをつくってしまう羽目になります。

 

こうした場合には食事制限と合わせてカラダをマッサージやストレッチをすることで血液の流れを良くすることが必要になってきます。

姿勢を矯正することも

姿勢が悪くなっていることで骨盤の開きから歪みを生じると太ももの前や外側に余分に筋肉や脂肪をつけることになります。そこでおすすめなのが骨盤を矯正するストレッチです。


 

まとめ

下半身が太る原因には、お菓子やパン、ケーキなどの食べ過ぎからくる下半身太りと別に塩分の摂り過ぎからくる太り方があります。こういった原因から対処するための必要な方法をお伝えしてきましたが下半身が太る理由の他には骨盤のずれや姿勢の悪さ、そして冷えからくることもわかっています。

 

こういったことを改善していくための基本的な第一歩としてはやはり食事の管理から考えることも必要です。下半身ダイエットで気を付ける食事のバランス!!そして適度な運動も取り入れて見ると、その効果は大きく変わってきます。

 

「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

適度な運動を取り入れることは欠かせない一つの運動ではありますが、適度な運動を習慣化させるまでに断念する人も多いのが事実です。そういった人向けに自宅でできる運動がおすすめかもしれません。下半身ダイエットの一環として取り入れてみてはいかがでしょう!

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。