ジムでダイエットする効果的な運動と方法とは


自分でうまく痩せることが出来ない

人やジムに通うが中々ダイエットに

繋がらない人に共通する失敗とは!

二の腕10

効果的な運動の仕方は何なのか!

 

スポンサードリンク

 

ジムに行って痩せないのは?

ジム痩せない

ジムに通うと様々な機材が多くあり、

いざダイエットを始めようと思うと

どこから進めていけばいいのか

迷う人も多いと思います。

 

 

ジムに通いトレーナーを付ければ

効率よくダイエットを成功

させることができるかも

れません。

 

 

ですが、ジムに通う多くの人は

自力で運動する人がほとんど

です。

 

 

ダイエット目的でジムに通う

人のほとんどが自己流に走って

しまうがために、うまくダイエット

ができず、痩せる事ができないのが

現状なのです。

 

 

そしてジムに通うも継続することが

できず、断念するケースもあります。

 

 

またジム通いしているが、ダイエット

として必要な運動量が足りていない

 

 

また定期的なジム通いが出来て

いないこともその原因にあります。

 

 

こういった痩せることに根本的に

執着するためには、ジムは習慣化

させることがまず基本なのです。

 

 

 

脂肪を燃焼させるために必要なこと

痩せる順番8

ダイエット目的の場合のほとんど

の人は脂肪を燃焼させるために

ジムに通うことが多いと思います。

 

 

ですが、脂肪を燃焼させるためには

どうすればいいのか、どんな運動を

すればよいのかをしっかりと

考えた上で運動をしなければ

効果はありません。

 

 

まず脂肪を燃焼させようと運動

をするのであれば、有酸素運動を

取り入れる必要があります。

 

 

有酸素運動とは

長時間継続可能な軽度~中程度の

負荷のかかる運動を言います。

 

 

 

体内に酸素を取り込んで脂肪を

燃焼させるために行う運動です。

 

 

有酸素運動には、ウォーキング

ジョギング、水泳、ヨガといった

ものがあります。

 

 

そして脂肪を燃焼させるために

もう一つ必要なことが無酸素

運動です。

 

 

無酸素運動とは

有酸素運動でない運動のことを

いいます。

つまりウエイトトレーニングなど

筋トレや激しい運動のことを

指します。

 

 

有酸素運動に比べて酸素を十分に

使うことができない運動です。

このことから脂肪は燃焼しません。

 

 

 

ダイエットで脂肪を燃焼させる

ことは誰もが知っている事ですが

脂肪を効率よく燃焼させる

ためには、この有酸素運動と

無酸素運動のバランスが最も

大切になってきます。

 

 

脂肪燃焼やダイエットを目的と

する運動の場合に必要なことは

 

 

 

有酸素運動+筋トレ!!

 

 

これが最も重要になってきます。

たしかに有酸素運動だけでも

脂肪は燃焼されますが、効率よく

脂肪を燃焼させるためには

筋トレが必要になってきます。

 

 

筋トレ、つまり無酸素運動をする

ことで身体が無酸素状態になります。

この状態にあることで身体から

成長ホルモンがでます。

この成長ホルモンが脂肪を燃焼

させてくれるのです。

 

 

 

運動する順番は?

豆乳ダイエット6

有酸素運動と無酸素運動の重要性

がわかったところで、今度は

この有酸素運動と筋トレを

どう組み合わせれば効果的な

運動となり痩せる事ができるのか!

 

 

これを握る鍵は有酸素運動が

いつも以上に酸素を吸収できる

環境を作る事が鍵になってきます。

 

 

つまり・・・・

 

 

筋トレを行った後に有酸素運動を

すればよいのです。

 

 

筋トレ(無酸素運動)を先にする

ことで成長ホルモンを分泌させ

脂肪分解を促す効果があるために

この後に有酸素運動をすれば

身体は酸素を欲します。

 

 

これが普段以上の酸素を必要と

するために脂肪が燃焼されやすく

なります。

 

 

ワンポイントアドバイス!!

運動を始める前にするべきことは

しっかりとストレッチをすること

です。

 

 

このストレッチこそが運動前の

準備として身体を動かしやすく

また、効率的な脂肪燃焼効果に

つながります。

 

 

 

ジムに通うペースは

ジム1

ジムに通い運動をするためには

それなりに通わなければならない

と思う人も多いかもしれません。

 

 

ですが、最低限の運動とジム通い

さえ出来ていれば、効率よく

痩せる事ができます。

ジムは最低週2回通い運動すること

ジム筋トレ

ジムに週2回通う必要があるのには

筋トレ(無酸素運動)が関係して

います。

 

 

筋トレをすることで成長ホルモン

の分泌、代謝を上げる事ができ

ますが、一度鍛えた筋肉は

必ず維持しなければならない

からです。

 

 

これはよく年齢を重ねるにつれて

若いころよりも身体が動かなく

なったり、体力の低下を感じる

機会が増えてくると思います。

 

 

これは単純に言ってしまえば

筋肉が低下している事も

その原因にあります。

 

 

筋肉は時間の経過とともに

低下していきます。

つまり筋肉を維持させる事が

脂肪を燃焼させていくためには

必要なことなのです。

 

 

そのためにジムに通うためには

最低週2回は運動をしなければ

ならないのです。

 

 

また、できれば週に2回のジムでの

運動も最低1週間の空きが出ない

ようなバランスをとる事も必要

です。

 

 

筋肉は1週間をすぎると、

少しずつ 低下していきます。

週に2回の筋トレと有酸素運動を

維持していきましょう!!

 

 
スポンサードリンク

 

リバウンドしない身体になるには

ウォーキング 姿勢

ダイエット目的でジムに通う人に

あることが、痩せることができる

と運動を止めてしまう人がいます。

 

 

ですが、運動を止めるということ

は裏を返せば筋肉が低下していく

原因に直結します。

 

 

 

つまりせっかくジムに通い

筋肉をつけ痩せやすい身体に

変わっても、運動を止めたことで、

先を見て行くと脂肪に変わって

しまいます。

 

 

運動で大切なことは継続させる

力を養う事が同時に求められる

ということです。

 

 

短期的に痩せたいのであれば

これでいいかもしれませんが

先にあるものはリバウンドの

恐怖かもしれません。

 

 

リバウンドしない身体を求める

のであれば、やはり継続する

ことは必要です。

 

 

そして筋トレは毎回同じメニュー

をしていると身体が慣れてきます。

 

 

 

つまり同じ力の負荷を続けて

いても効果は薄くなってきます。

 

 

慣れたころに、回数を増やすか

負荷のかかり具合を増やすか

した方がよいです。

 

 

ですが、あくまで筋トレの

目的は代謝を上げることで

脂肪を燃焼効果を高めるために

する運動なので、ある程度代謝が

上がるようになれば、有酸素運動を

メインにするといいかもしれません。

 

 

ジムに通い効果が出るまで

には約2カ月ほどかかります。

 

 

リバウンドしない身体と痩せて

スタイルのよい身体を維持する

ためには、2カ月程度はかかります。

 

 

ですが、運動ダイエットで最も

よいことは無理な食事制限を

そこまでせずに健康的に痩せる

ことができます。

 

 

運動だけでもここまでの効果は

実感することができるはずです。

 

 

リバウンドしない身体作りは

有酸素運動と筋トレのバランスが

大切です。

 

 

 

食事の管理は?

サラダを食べる女性

ジムで運動をしていて身体の代謝が

上がっているときこそ、気をつけて

おかなければならない事が食事の

管理です。

 

 

特にジムでの運動が終わって帰宅

し食事を摂る場合は、脂肪と炭水

化物を減らすほうがよいです。

 

 

炭水化物のとり過ぎると、身体の

中では余った余分なものとして

脂肪に切り替わり体内に蓄積

される原因になってしまいます。

 

 

食事のバランスについては、

こちらを参考にしてください。

 

 

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

 

 

まとめ

体重計

ジムでダイエットをする時に

有酸素運動と無酸素運動の仕組みを

バランスよく行う事で大きな

効果をもたらしてくれるでしょう。

 

 

ただし、運動をする上で重要な事

しっかりとした水分補給を

行う事も大切な一つです。

 

 

脂肪燃焼には水分は欠かすことの

できない一つのために、こまめに

水分補給はするようにしましょう。

 

 

ダイエット中におすすめの

飲み物についてはこちらを

参考にしてください。

 

 

「ダイエットによい飲み物は

これだ!運動前におすすめ8つ」

http://diet-marurun.com/nomimono-unndou-564

 

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。