寒い冬ほど脂肪燃焼できる!究極の痩せる方法は


寒い冬の時期にダイエットをすることは

意外と億劫に感じるかもしれません。

 

夏より冬の寒い時期こそが脂肪を

燃焼させるのには効果的って知ってましたか!

スポンサードリンク

 

冬の寒さが脂肪燃焼に効果的!

 

寒い時期と夏の時期と比べた場合に

どちらが痩せやすい時期だと思いますか?

ほとんどの人の多くは夏の時期こそが

痩せやすいと思っている人が

います。

 

 

おそらくは夏の暑い時期こそが

汗をたくさんかき痩せていると実感

することを感じる事ができるから

ではないでしょうか!!

 

 

ですが実際には身体の機能は寒い時期と

比較した場合、身体の機能は低下して

います。

 

 

つまり身体の代謝が寒い時期に比べれば

下がった状態にあります。

 

 

夏の時期は身体が熱くなる事を

自然と身体が体温を下げるために

熱を放出し汗をかくことで、体温を

下げようとします。

 

 

ですが、ただ汗をかいているだけで

脂肪は燃焼されているわけでは

ありません。

 

 

つまり寒い冬の時期はこの状態とは

全く逆の形となり、寒さによって

身体をなんとか温めようと機能します。

 

 

冬の冷気が寒さを防ぐために行う

身体の機能で体温を維持させようと

温めようとします。

 

 

これが基礎代謝を上げる事につながり

身体を温めようとすることが筋肉を

使う事になり代謝に繋がるのです。

 

 

脂肪を1g燃焼させると消費される

カロリーはなんと9キロカロリー!

寒い時期こそ、身体に溜まった脂肪は

燃焼されていきます。

 

 

何もしなくても痩せる方法は

 

冬にダイエットに励む人は中々少ない

のかもしれませんが、寒い時期こそ

脂肪燃焼させ、痩せるためには

最もよい時期だと絵います。

 

 

そして誰もが考えるダイエット法には

何もせずに楽して痩せる事ができれば

いい!!

 

 

こんなことを考えることがあると

思いますが、こんなダイエット方法は

本当に存在するのかということです。

 

 

結論からいってしまえば、何も

せずに脂肪燃焼させる事はできます。

 

 

それはオーストラリアのシドニー大学の

中で研究によると、寒い時期などで

身体がガタガタ震えるような環境に

身を置くことで、それは可能だと

言われています。

 

 

まず重要な事は寒さで身体が震えだす

事が必要で、、身体が震えだしてから

10分~15分間寒さに耐えることです。

 

 

これがエスササイズを1時間程度した

事と同じ効果が生まれることがわかって

います。

 

 

脂肪には痩せやすい脂肪がある

 

寒い中で10分~15分いるだけで

一時間相当のエクササイズと同じ効果が

あるのには、白色脂肪細胞と褐色脂肪

細胞の関係性からなります。

 

 

私たちの身体にある脂肪には

大きく2種類の脂肪があります。

それが、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

です。

 

 

白色脂肪細胞とは私たちが普段食べている

食事で余分になったカロリーが脂肪と

して身体に貯めこまれる脂肪の

ことをいいます。

 

 

そして褐色脂肪細胞は、言葉からも

わかるとおり茶色をした脂肪細胞で

この褐色脂肪細胞の大きな特徴は

熱を作りだして体温を維持したり

余分なエネルギーを燃やしてくれる

働きがあります。

 

 

つまり褐色脂肪細胞が活発に

機能している人は身体の代謝が高い

状態にある人だということです。

 

 

一言で言ってしまえば脂肪を燃焼させる

ための装置ということです。

 

 

ただこの褐色脂肪細胞は個人差が

大きくしっかりと機能している人

ほど脂肪燃焼が高い人ということに

なります。

 

 

食べても太らない人、痩せているのに

大食いの人というのは、この細胞の

働きが高い人ということです。

 

 

 

褐色脂肪細胞は活性化することができる!

 

褐色脂肪細胞を活性化させることで

痩せる事ができますが、まず必要な

ことは運動を取り入れることです。

 

 

運動の中でも特に褐色脂肪細胞を

活性化させるためには冷やすことが

活性化に繋がるために、やるべき

運動は水泳です。

 

 

そして水泳は運動の中でも脂肪を

燃焼しやすい有酸素運動になります。

有酸素運動は体内に酸素を取り込んで

脂肪を燃焼させる運動のために

運動と褐色脂肪細胞を冷やすことで

多きな効果を期待する事ができます。

 

 

水泳ダイエット方法については

こちらを参考にしてください。

「水泳ダイエットで得られる効果的な

メニューと成功の秘訣」

http://diet-marurun.com/suiei-syokuji-237

 

 

褐色脂肪細胞は個人差がある

 

褐色脂肪細胞には、人の身体に個人差が

あるように体格、筋肉の強さ、骨格

年齢によって変わってきます。

 

 

そして脂肪燃焼に効果がありながらも

増やす事はできません。

ただ活性化させる事はできます。

 

 

 

褐色脂肪細胞を冷やす方法は!?

 

水泳を取り入れることでWで効果を

期待する事ができますが、普段の

日常生活の中で取り入れるのであれば

冷水のシャワーを浴びるだけでも

効果はあります。

 

 

ただ活性化させるためには温めること

と冷やす事をサイクルとして行う

必要があります。

 

 

温水であれば40℃を目安にし

冷水であれば20℃を目安にして

行ってください。

 

 

これは温度センサーを刺激する事が

最も重要になるために、冷やしすぎる

のは逆効果です。

 

 

効果的な時間の目安は、温水シャワーを

30秒、冷水シャワーを30秒を

交互に行い、5回~6回程度繰り返して

ください。

 

 

あくまで刺激を与えることを意識して

行う必要があります。

 

 

 

褐色脂肪細胞を冷やす場所は

 

褐色脂肪細胞は限られた身体の場所に

しかありません。
スポンサードリンク

 

褐色脂肪細胞の場所は、首、肩甲骨

わきの下、腎臓周囲です。

この部分を冷やすことで刺激を与え

効果を作ります。

 

 

 

簡単なストレッチでも効果的!

ストレッチ1

脂肪燃焼効果を働きかける褐色脂肪

細胞ですが、ただ冷やす以外にも

もっと簡単にできる方法もあります。

 

 

それがストレッチを行うと言う事

です。

 

 

ただストレッチと言っても肩を回す

だけでよいのでいつでも簡単にできる

ストレッチ方法です。

 

 

 

気をつけるべき事!!

 

脂肪燃焼効果が高まる反面、気を付け

なければならない事も当然あります。

 

 

それは冷やすということはそれだけ

身体に負担がかかるかもしれないと

いうことです。

 

 

冷水シャワーを使う場合は、必ず

温水シャワーから始め身体を慣らして

から行うようにしてください。

 

 

 

また普段から気をつけなければ

ならない事には姿勢に気を付ける

ということです。

 

 

姿勢が悪くなることで背中が丸くなり

血行が悪くなります。

普段の歩く姿勢など、日常から意識して

姿勢を正しく保つことも重要な一つです。

 

 

そして血行が悪くなると言う事は

血液循環が悪い状態にあると言う事です。

つまり代謝が下げる状態にも

なるために、冷え性を改善させる

ことも大切です。

 

 

脂肪燃焼効果の高い食事を取り入れる

ことで改善する事ができます。

「脂肪燃焼効果の高いおすすめの

食べ物と食事」

http://diet-marurun.com/sibounensyou-tabemono-726

 

 

 

杜仲茶でも効果がある

 

杜仲茶に含まれる成分の一つにアスペル

ロシドという成分がありますが、

この成分は脂肪の熱生産性を誘導し

褐色脂肪細胞を活性化させる

効果があるためにおすすめのお茶です。

 

 

その効果は通常の約10倍とも

言われています。

これはウォーキングで見た場合に

約1時間の運動効果と同等に

あります。

 

 

まとめ

 

冬の寒い時期こそが脂肪燃焼には

よい時期でもあります。

 

 

そしてこの冬に脂肪が燃焼されやすい

褐色脂肪細胞の存在を知っている

だけで、痩せる原理と具体的に

どうすれば痩せる事ができるのかが

わかります。

 

 

またこれらをより効果的にさせる

ための食事の摂り方と杜仲茶で

大きく効果を発揮する事ができる

でしょう!!

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。