太らない食べ方!ダイエットが激変する食事とは


ダイエット中に食事のカロリーや制限と

いったところに目が行きがちですが

もっと抑えておかなければならない

ことをお話していきます。

 

スポンサードリンク

 

太らずにいられるのはリミットがある

食べ過ぎ

最近ではダイエットを意識し始める

年代が年々早くなっていると言われて

いますが、ここ最近では小学生までも

がダイエットを意識するような現状が

あります。

 

 

しかし本当にダイエットをしなければ

ならないと感じる年代には、20代から

30代、40代と年齢を重ねるにつれて

そのダイエット意識にもかなりシビアに

なっています。

 

 

あのころと食べる量はさほどかわらない

はずなのに、気が付けば太ってしまった!

なんてことはよくあることです。

 

 

健康のことを考えて痩せようとするも

なかなか痩せることができない!!

 

 

これは基礎代謝の低下のせいでもあります。

人は年齢を重ねるごとに基礎代謝が

低下し太りやすくなるのです。

 

 

ですが年齢とともに基礎代謝が低下

することを予防することもできます。

そしてダイエット中の食事のなかでは

太りにくいメニュー選び意外にも

食べ方や食べる時間でも大きく

変わってきます。

 

 

昔は1日2食の時代もあった!?

1日3食の食事が重要視されるようになった

のは、かなり前からの話しですが

じつは昔の人、江戸時代の頃では一日

二食という生活が当たり前だったと言われ

ています。

 

 

この大きな理由には時代のなかで

貧しい時代であったことと、電気がまだ

普及していないことがその理由にある

そうですが、現在の朝の8時の時間を朝食

とし、午後2時が夕食というだったと

いわれています。(諸説あり)

 

 

この1日2食の習慣が崩れていったのが

元禄年間の時といわれています。

これは元禄期にはいると、あんどんや

ちょうちんなどの照明器具が発達した

ことによって夜の時間が長くなった

ことから1日3食が始まったといわれて

います。

 

 

この大きな理由には夜の時間までの

活動する時間が増えたことによる

エネルギー量の増加が理由にあります。

 

 

太らない食べ方をするために必要なこと

ダイエット 食事 朝昼晩3

1 一日3食の食事をする

 

ダイエットをする理由から一日の食事

の一食を抜くということはダイエットと

して考えた場合には逆効果になります。

特にダイエット中には欠かせないのは朝食

こそしっかりと食べておく必要があり

ますが、ダイエットのために食べないと

いう人もいます。

 

 

ですが特に朝食に関していえばしっかりと

食べなければならない理由には、

副交感神経血流が大きく関係して

います。

 

 

朝食を食べる意味には、自律神経の

リズムを整えるためには欠かせません。

朝の食事でしっかりと食物繊維や発酵

食品を摂ることで腸内環境の改善につなげる

ことで自律神経をしっかりと機能させて

くれるのです。

 

 

腸内環境が悪い状態にあると自律神経

を機能させるセロトニンが脳内に

届かずバランスを崩す原因にもなります。

また自律神経を整えるためには必要な事

として・・・・

  • 太陽の光を浴びる
  • 不規則な生活を正す
  • 運動不足を解消する
  • ストレスを解消するなど

 

 

そして1日に3食の食事を摂らなければ

ならないのは食欲をコントロールする

ことが一つにあります。

 

 

これは食事と食事の時間が空くような

1日2食にしてしまうと、人の体は

その状態に慣れようと身体が適応させよう

とします。

 

 

つまり食事で摂ったエネルギーを次の

食事まで消費させにくくし蓄えておこう

とします。

つまりこれが脂肪としての蓄えになって

くるのです。

 

 

こういった身体の状態になっている

と脂肪が溜まりやすい身体になるため

に一日三食をしっかりと食べる必要が

あります。

そしてバランスを考えることも必要です。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!

 

 

太りにくい食べ方には空腹の時間を

長くあけずに食べることがポイントです。

 

 

2 早食いをしない

早食いをすると太るということは

なんとなく知っていると思いますが、

早食いが太る原因になるのは、血糖値の

関係と満腹中枢の関係にあります。

 

 

まず食事をすることで血糖値が上がる

ようになりますが、それと同時に早食いを

することで満腹感を得るまでのわずかな

時間で必要以上に食べてしまうことが

早食いによる食べ過ぎと太る原因に

なります。

 

 

人の身体は食事を始めてから満腹感を

感じるまでに15分~30分はかかると

いわれています。

 

 

つまりこの時間までに早々と食べ終えて

しまうと満腹感を感じる前に食べ過ぎ

カロリーオーバーになってしまうのです。

 

 

食べ物をしっかりと噛まずに食べ続ける

ことで満腹神経にも指令が出るのが遅れて

食べ過ぎてしまいます。

またさらに一気に食べることは血糖値も

急激に上昇させることになり、インスリン

が糖を脂肪に変え身体に蓄積される

仕組みです。

 

 

そして早食いをすることで太るだけでなく

下痢や軟便といったお腹の調子を悪く

させてしまいます。

しっかりと噛むことで食べ物が消化され、

胃腸でも消化されていきますが、早食い

をすることで十分に噛むことができず、

消化されずに胃腸に届くためにお腹の

調子を崩してしまいます。

 

 

食べ過ぎた翌日にしなければならない

ことはこちらから!!

「夜に食べ過ぎたらリセットできる!

翌日と次の日の食事は!」

夜に食べ過ぎたらリセットできる!翌日と次の日の食事は!

 

 

3 ながら食いをしない

じつはながら食いをする人は朝食を抜く

人の次に多いといわれています。

 

 

スマホをみながら・・・・

テレビを見ながら・・・

新聞を読みながら・・・・

 

 

こういった○○しながらする食事は

ただ太るだけでないのです。

まずながら食いをすることで、他の

何かしらに意識を向けながら食事をする

と食べることに対しての目で見て食事を

楽しむ視覚が十分に把握できずに食べる

ことで味や噛む回数も少なくなります。

 

 

またながら食いをすることで、知らず

知らずのうちに食べ過ぎてしまっている

報告もあります。

こういったながら食いは食べ過ぎる意外

にも生活習慣病への心配にも影響されて

いきます。

 

 

ながら食いをすることが本来ある食事の

摂り方に目で楽しむ、臭いを楽しむ、音を

楽しむといった五感に対して感じとりに

くくなり、その結果として味つけが濃く

なっていくことで生活習慣病の心配まで

でてきます。

 
スポンサードリンク

 

4 遅い時間での食事はしない

仕事やプライベートで遅くから食事を

する機会は多いと思います。

また遅くに帰り、その後に摂る食事には

特に注意しておかなければすぐに太るもと

になってしまいます。

 

 

夜の時間帯が日中と大きく違う点には

その活動量の違いとエネルギー消費する量

が夜の時間とでは大きく違ってきます。

 

 

夜遅くに食事をすると太るのは以前から

言われていることですがその理由には

夜遅くに食べた後にすることは寝るだけ!

つまり活動する機会が日中と大きく活動量

が低下することが一つの原因です。

 

 

そして夜の22時から午前2時という時間帯

は最も脂肪が身体に貯めこまれる時間帯

でもあるのです。

 

 

BMAL1(ビーマルワン)

 

 

このBMAL1は人の遺伝子にあるタンパク質

で脂肪を貯め込むための酵素を増やす働き

を持っている!!

 

 

つまり脂肪を蓄積させる酵素ということ

です。

 

 

一日24時間の内の22時~2時の時間帯が

最も酵素を増やし太りやすくさせる

時間帯のために夜遅い時間での食事

には注意が必要です。

 

 

5 脂肪の原因を摂り過ぎない

脂肪の原因になる栄養素には糖質と

脂質があります。

糖質の役割には体内で摂取されたブドウ糖

は使われるものと使わずに残るものと

あります。

 

 

使われないブドウ糖は中性脂肪として

筋細胞や肝臓に貯蔵されますが、ここに

入りきらないものが脂肪となって蓄積

されます。

 

 

この脂肪は燃焼されるまでなくなること

はないために糖質や脂質の食べ過ぎは

太る原因になります。

 

 

太らない時間を考える

時計1

1日3食の食事を摂ることの大切さを知ると

同時に食べる時間帯にも気にかけること

で食べ過ぎや痩せやすい形へつなげる

ことができます。

 

 

つまり血糖値をコントロールすること

で痩せやすくすることができます。

ここでいう血糖値をコントロールすると

いうのは血糖値が下がる時間帯で食事を

することです。

 

 

これは体内時計で血糖値が下がる時間帯が

決まっているために、この時間帯で食事を

食べることが結果として太らない食べ方に

なります。

 

 

・朝食 6時~7時

・昼食 10時~11時

・夕食 16時~17時

 

 

この時間帯で食べることができれば、

血糖値が下がる時間帯のために食事で

摂った脂質や糖質は速やかにエネルギーと

なり脂肪として貯め込みにくくしてくれ

ます。

 

 

太らない食べ方の順番は

一汁三菜

太らない食べ方でまず、するべきことは

血糖値の急激な上昇を抑える食べ方を

する必要があります。

 

 

そのためには食物繊維から食べ、

タンパク質を摂り、最後に炭水化物を

摂るようにするとよいです。

 

 

野菜などの食物繊維を最初に食べることで

血糖値の上昇を緩やかにしながら脂質や

糖質の吸収も抑えることができます。

 

 

そして朝の食事の時間、昼の食事の時間、

夜の食事の時間で気を付けることは、

全ての食事はバランスを摂ることです。

 

 

つまり私たちが食事でバランスよく食べる

ために必要な栄養素をうまく取り入れる

ことも考えなければなりません。

 

 

それが・・・・

 

 

6大栄養素を考えることです。

 

 

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン

ミネラル、食物繊維のこの6つの栄養素

を朝昼夕の食事にうまく取り込んだ食事の

メニューにすることです。

 

 

こういったバランスの摂れるメニューを

考えると和食がとてもバランスの摂れた

食事になります。

 

 

食べる量とバランスは

きなこ 美肌

そして3食の食事の量にも気を使う必要

があります。

朝の時間から夕方、夜と時間がすすむに

連れて太りやすくなります。

そのリミットは午後の3時までに特に

脂肪分の多い食べ物は食べるように

しなければなりません。

 

 

朝食、昼食はしっかりと食べても問題は

ありません。

しかし夕食の時間帯は脂肪が蓄積され

やすくなる時間のために、夜の食事は

野菜を中心とした食事にするように

しましょう。

 

 

食事の中で消化にしにくいものは朝食

と昼食の時間で済ませ、夜の食事は

野菜中心でありながら炭水化物の量も

減らしておくとよいです。

そしてタンパク質の量を増やしていくと

太らない食べ方になります。

 

 

まとめ

太らない食べ方をするためにはまず

食べ過ぎないことが肝心です。

そのためには食事は時間をかけてゆっくり

と食べることも必要です。

 

 

良く噛んでたべる!!

 

 

たったこれだけでも食べ過ぎることを

防いでくれますしダイエットにもつながり

ます。

「よく噛むことがダイエットになる!

痩せ方が変わる食事」

よく噛むことがダイエットになる!痩せ方が変わる食事

 

 

太らない食べ方をするためには、

こういった基本から変えていくことで

大きなダイエット効果があります。

制限ダイエットや置き換えダイエット

などダイエットにも種類も数多くあり

ますが、まずは食事のバランスと気を

付けるべき5つのことをマスターすると

よいです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。