太ももを細くするストレッチ方法!ダイエットは1週間の短期間で決まる


細い太ももに憧れる女性は多いものです。そんな憧れをもちながらも、思いきってスカートをはくことも勇気が出ない!!またパンツのラインが太く見えてしまうのも嫌な気持ちになってしまいますよね!!そんな悩みをたった1週間の短期間で太ももを細くする方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

太ももを細くしたい!そんな人が知っておくべき事

太ももを細くしたいがために、太ももだけをダイエットやストレッチ、マッサージなどであらゆる事をしても、実際にはそれほどの大きな効果がなかった!という人がほとんどだと思います。この中々太ももだけが痩せないのには理由があります。

 

それは、いくら太ももだけをダイエットしても痩せないということです。いわゆる部分痩せができると思われている人も多いかもしれません。しかし、こういった部分痩せで痩せられるのではなく、部分別のダイエットをしたことで、その他の部分も痩せられるということになります。

 

つまり、ダイエットによって全身が痩せていくような形になるのです。そして太ももだけ痩せたいという人はダイエットという見方ではなく、脂肪吸引によって行う治療をしなければならなくなってきます。

 

無理なダイエットが引き起こすカラダの不調

太ももを細くするだけのダイエットは実質的には難しということがわかりましたが、そんな中でも太ももを細くしようとダイエットに励んでいる人もいるでしょう!!しかし、そのダイエットによって、例えば食事を大きく制限してしまう行動を摂ると、どうなると思いますか?

 

極端な食事制限は、ダイエットとは呼ばずにただ、カラダをいじめているだけに過ぎないのです。カラダの不調を招く事を自分自身で行っているのですから、いい事はありませんよね!!では間違った食事制限をすると具体的には、どういったことがカラダに起こってくるのか!!

 

  • 極端な食事制限で一時的に痩せることはできるが反動が起こる
  • 栄養不足状態に陥る
  • 代謝に必要な筋肉まで分解してしまう
  • 痩せやすい体質から遠ざかり太りやすい体質に変化する
  • 水分制限によって肌の質が低下する
  • 月経に乱れが生じてくる
  • 精神的に不安定になる
  • 体調不良を起こしやすくなる

 

こういったことが間違ったダイエットの結果、カラダに刻み込まれる形となってしまいます。そのために、そうならないために、どうすればいいのか、おのずと見えてくるはずですよね!!そしてもう一つ意識しておかなければならないこともあります。

それは体質にも影響するということです。つまり太ももを細くしたいのであれば、その体質も見極めることも重要だということになります。つまり身体にあった方法を実践することが必要になってくるということです。

 

太ももや足が太くなる原因は何にあるのか

太ももを細くしたいのに、思っているような効果が得られないのは、太ももが何の原因で太くなっているのかを見極めることが必要だからです。まずは、原因別に太ももが太くなる理由を紹介します。

 

筋肉による

まず初めに、太ももを細くしたいと思った時に、現在運動をしているのか、足や太ももが太くなるようなスポーツをしているのかで、太ももが太くなっている可能性もあります。また、現在だけでなく、過去にも足に負荷がかかるような運動をしていると、やはり足や太ももは太くなってしまいます。

 

また、運動を止めたが、ある程度の運動を続けることで、その筋肉を維持させている場合も、筋肉で太くなっている可能性もあります。また普段からヒールのある靴を履いている女性もどうしても太くみえてしまう原因です。

 

脂肪による

脂肪によるものとしては、過去に運動をしていたことで、その筋肉が落ち、脂肪に変わった状態によって太ももが太くなって見えてしまう事があります。そして、運動をしなくなることでの積み重ねによって起こることがセルライトです。

 

セルライトは言ってしまえば脂肪の塊です。しかもやっかいなことに一度セルライトができてしまうと、多少運動をしたところで中々脂肪を燃焼することが難しくなります。こういった脂肪によって太ももが太くなって見えているのです。

 

そしてもう一つにあるのが、脂肪がつくシギてしまっている場合です。太ももが太く見えてしまうのは、誰からも見ても実際には太く見えています。実はその印象付ける一つとしてが、立っている姿、歩いている姿を後ろから見た時に一番感じやすいかもしれません。

 

というのも、太ももに脂肪が付きやすい場所の一つとして、太ももの内側と外側にあります。この内側の太ももの場合の特徴は、足をまっすぐにし立った状態の時に、太ももと太ももの間にすきまがあるかどうかです。

 

太ももの内側に脂肪がついていると、このすきまがなくなり太ももが太く見えてしまいます。そしてもう一つが太ももの外側にできる脂肪です。太ももの外側にできることでのデメリットはなんといっても、お尻が大きく見えてしまうことです。

パンツをはくにしても、スカートをはくにしても、どちらにせよ太く見えてしまう原因です。

 

皮膚の弾力が低い

たとえば、同じ太ももの大きさであっても、筋肉がある程度ついていることで、しまって見える太ももと、太ももの皮膚の弾力が低下している人の太ももと比較した場合、同じ太ももの大きさであっても、その見え方は随分と違って見えてしまいます。

 

つまり適度に筋肉をつけている太ももの方が同じサイズの太ももの場合、見え方は大きく違うということです。

 

むくみによる

むくみを太ももを太く魅せる原因の一つですが、むくみが起こる原因には、カラダそのものの血行が悪くなっていることで、カラダの中に老廃物がたまりやすくなっていることでリンパの流れが悪くなっていることです。

そのためにカラダには必要のない水分がたまってしまいます。本来であれば、尿や汗などによって水分は排出されていきます。しかし、代謝そのもんが低かったりすることによってもうまく血液の流れが行えずむくみに繋がってしまいます。

 

特に気をつけなければならないのが、女性は特に冷えによって起こりやすいということです。しかもむくみは朝よりも夕方になるにつれて強くなっていきます。またらさに月経の関係でもむくみやすくもなるので、うまく血行を良くすることが改善に求められるというわけです。

 

太もも痩せに必要なトレーニングの基本は

太もも痩せに必要なことは、当然太ももを細くするということしかないと思います。しかし、本当の意味で大切なことは、太ももだけアンバランスにしないことです。あくまで、頭から足先までの全身のスタイルのあった太ももの細さにするということになります。

 

極端に太ももだけ細くなっていたら、見た目もなんだかおかしな感じになってしまいますよね?!あくまで自分の身長からバランスを考えた細さがスタイルの理想になります。つまりどんなダイエットもやり過ぎはよくないということです。

そして一つの太ももの細さの理想が、「身長×0.3」という基準があります。一度、自分自身の身長から、0.3をかけてみて理想の太ももの細さを計算して出してみてください。まずは、ここから始めることです。

 

簡単に太ももを細くする方法

足のばしストレッチ

足を引き締めるストレッチhこちらの動画を参考にしてください。

挟みストレッチ

内側の太ももが太くなっている原因には、太ももの内側にある内転筋という筋肉の衰えがあるからだといわれています。この内転筋が衰えているかどうかは、普段何気に椅子に座った時に、脚が開いているかどうかです。

意識せずに足が開いてしまった人は、内側の筋肉が衰えている証拠です。そしてこの内転筋を衰えさせている習慣をさせていると、さらの筋肉を低下させることにもなります。それが、脚を組むことを日常の中でおこなっているかどうかです。

この足を組む動作は、内転勤が弱くなっている人ほど組みやすくなるそうで、この癖ともとれる動作をしている人はまず気をつけなければなりません。そして膝を両方つけるだけでは、内転勤は鍛えられないために、簡単なストレッチをする必要があります。

それが量太ももの間に物を挟むことです。物を挟み落とさない程度の力で内側から力を入れて鍛えることです。

足のむくみをとるマッサージのやり方

むくみによって太ももが太くなってしまっている人がやるべきことは大きく2つあります。それが、マッサージと食事からカリウムを摂ることにあります。むくみがある場合に、マッサージをすることによって、カラダに溜まった余分な水分を排出しやすくします。

とくにむくみは、心臓よりも低い部分に溜まりやすくなるために、マッサージを行うときは、脚の下から上へと足の付け根に向かって押し流すようなマッサージをしなければなりません。そしてマッサージをするポイントはこちら!!

 

  • 寝る前におこなう
  • 膝から足の付け根、膝裏から太ももの付け根に向かって押し流す
  • 片脚ずつ10分間行う
  • クリームを使うと滑りやすく効果的

 

参考動画はこちらから確認してください。

カリウム摂り方と時間は

カリウムを摂ることで、むくみが解消されていきます。これはむくみができる原因に、ナトリウムやミネラルを摂り込んだ時に、水分まで摂り込もうとする性質があるために、むくみができてしまうのです。そしてこの余分な水分を排出させるためには、ナトリウムを排出させることがポイントです。

ナトリウムを排出させるためには、カリウムを多く含んでいる果物を摂ることが一番の改善につながります。

 

カリウムの多い果物

  • バナナ
  • なつみかん
  • メロン
  • はっさく
  • アボカド
  • もも
  • オレンジ
  • キウイ
  • グレープフルーツなど

スポンサードリンク

こういったカリウムを含む果物を摂ることがカラダに溜まった水分を排出させるには有効です。また、果物以外にもカリウムを含む食べ物をはありますが、手軽に摂るにであれば果物が一番摂りやすいでしょう。そしてその中でも特にカリウムが多く含まれている果物はバナナです。

そしてバナナを食べるタイミングは、朝起きた時、寝る前に、そして塩分を摂りすぎたと思った食事の後に摂るといいでしょう。

 

皮膚の弾力が弱くなっている人向けの方法は

太ももが太く見える原因が皮膚そのものの弾力が低下していると感じる場合は、太ももとお尻に筋肉をつけることです。つまり、この二つの筋肉を鍛える筋トレを行うことです。ここでいう筋トレはあくまでも毎日行うものではなく、筋トレをすることで負荷をかけて筋肉痛になる程度の強度が必要になります。

そのため、一度筋肉痛になったら、筋肉痛が治まる後に、筋トレをするようにしてください。そして筋トレの場合、効果が現れるまでには、それなりに期間もかかってきますので、気長にコツコツと筋トレをおこなっていくことです。

そして続けていれば必ず成果は現れてきます!!

脂肪によって太ももが太くなっている人は何をすればいい?

そもそも太ももが脂肪によって太くなってしまっている人の場合は、まずは脂肪を落とす作業をしなければなりません。つまり、体脂肪率を下げることが必要になります。そのために必要なのが、適度な運動と食事の管理になります。

太ももに脂肪がついてしまっている人は、おそらく他の部分にも脂肪がついてしまっている可能性も考えられます。そのために食事の管理と運動が必要なのです。特に脂肪というところからは、筋肉が少なく基礎代謝も低い状態にあると考えます。

 

まず食事での管理ですが、1日で消費できるカロリー以上の食事は摂らないことです。そして、成人の平均摂取カロリーよりも20%を目安に食事の量を制限することです。つまり平均女性の摂取カロリーが1800Kcalなので、1440Kcalまで落とすことです。

そして、1日3食は必ず食べる事とバランスを考えることです。またカロリーも当然夜の食事で高カロリーになってしまっては逆k浄化になってしまうので、理想は夜にかけてカロリー数を減らしていくことです。詳しい事はこちらの記事を参考にしてください。

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

そして食事の中で気をつけることがこういったことです!!

  • 食べ始めは野菜からにする
  • よく噛んで食べる
  • 炭水化物の摂取は控えめにする
  • 肉や魚も食べる
  • 寝る3時間前以降に何も食べたりしない

 

そして適度な運動にお勧めなのが有酸素運動です!!

 

太ももを細くする!ダイエットに効果的な有酸素運動は

有酸素運動といえば、ウォーキングやジョギングなど、外にでて行う運動が多いと思いますが、自宅でも簡単にできる運動もあります。そして太ももの脂肪を効率よく燃焼させるためには有酸素運動によって脂肪を燃焼させる必要があります。

 

自転車こぎストレッチ

自転車こぎストレッチをすることで、太ももを細くすることはもちろんですが、漕ぐ動作によって、お腹の下っぱらやふくらはぎにも大きな効果をえることができます。特に太ももだけでなく、下半身全体に悩みがある女性には、下半身全身のダイエット効果もあるためにおすすめです。

 

そして自転車こぎは特に決められた時間でするものではないために、好きな時間で行うといいでしょう。自転車こぎといっても早くすればいいというわけでもありません。また有酸素運動になるために、入浴後のカラダが温まっている後に行うと効率的です。

エア縄跳び

エア縄跳びは、縄がない状態のまま、縄跳びをするマネをする方法です。このエア縄跳びも、エア足こぎと同じように有酸素運動になるために脂肪燃焼効果があります。ただ有酸素運動の場合、ある程度の時間をしなければ効果はありません。

途中で休み休みでもいいので、運動時間を合わせて20分以上は行うようにしてください。有酸素運動の詳しいことはこちらの記事を参考にしてください。

http://diet-marurun.com/yusansoundou-jikan-1077

 

太ももが細く痩せるスクワット

スクワットと聞くとどうしても、筋トレをイメージしがちになるかもしれませんが、脂肪がたっぷりとついている太ももの場合、脂肪燃焼させると同時に、ある程度の筋肉をつけることも必要なことです。というのも、代謝が下がった状態のままだと、一度太ももをうまく細くできても、また同じような状態で太くなる可能性があるからです。

その予防のためには、筋肉をつける必要があるということです。ただここでいう筋肉をつけるというのはあくまでも、しなやかでバランスのとれるスタイルに魅せるために必要な筋肉なので心配はいりません。

足痩せをウォーキングで作る!正しいやり方と歩き方

太ももだけでなく、脚そのものを痩せることによって、バランスを整える意味ではウォーキングはおすすめです。ですが、ウォーキングはただ歩くだけでは思っているような効果を得ることは難しいために、正しいウォーキングの仕方を身につけるのも大切なことです。

 

まず、普段歩くときは、どのような歩き方をしていますか?歩く姿勢が前によりすぎてしまったいたり、足を少し引きずって歩くような歩行。身体を左右に揺らしながら歩いていたりすると、思うような効果は難しくなってきます。

 

まずは正しいウォーキングを身につけるところから始めてみてください!!正しいウォーキングのポイントは6つあります!!

 

  • 背筋は伸ばしたまま、おなかに力をいれます
  • 歩きだした足は、必ず踵から着地します
  • 歩きだしは、つま先で地面をけり上げます
  • 頭の位置はぶれずに腰の位置となるべく同じ位置にします
  • 太ももの裏を意識して大股で歩きます
  • 寝れてきたら歩く速さをあげます

 

正しいウォーキングの方法はこちらを参考にしてください!

太もも痩せダイエットのマッサージ方法

太ももがただ筋肉によって太く見えている人や脂肪の付きすぎで太く見える人でなければ、バランスのとれた太ももだと判断できた場合は、太ももを細くするだけのマッサージをすることがおすすめです。ただむくみについては、普段からできやすい人もいると思います。

そういった人にも毎日マッサージを行うことでむくみの解消と、太ももを引き締める効果も得ることができます。

筋肉質の太ももを細くする方法はどうすればいい

スポーツをしていた事がある人や、以前にスポーツをしていたせいで、太ももが筋肉でパンパンになっている!そんな人に必要なことは2つあります。それが筋肉は使った後に必ずほぐしてあげることです。そのためにするべきことは、足腰のストレッチとお風呂で足揉みでほぐすマッサージです。

筋肉太りは、特に凝り固まった筋肉を柔らかくほぐすことで、老廃物を排出させることも必要なことです。

 

筋肉太りの脚に効果のある方法

  • 太ももとふくらはぎをたたく
  • ヒップをほぐす
  • 脚裏全体をさすったり、ひねったりする

 

太ももとふくらはぎには、こぶしを作り、そのままの状態でトントンと太ももとふくらはぎを気持ちがいい程度の強さで叩いていきます。そしてヒップに関しては、手のひらサイズの硬いボールを使ってコロコロとボールを転がすようにマッサージするといいです。

参考動画はこちらから!

筋肉質な脚はやはり嫌なものですよね!スポーツをしていた過去や現在もスポーツをしている人以外にも内股の人やO脚の人もじつは、脚に筋肉が付きやすい状態を作ってしまっています!!こうした人の歩く特徴には、脚の外側に体重がかかってしまい、その分負荷となり鍛えられているのと同じ結果になっているのです。

 

そういった人も、筋肉が付きすぎてしまった人と同じように筋肉をほぐすことはもちろんですが、歩き方を変えなければ、変わることができません!!歩く姿勢、立ち方をじっくりと自分で観察してみてください。脚にかかる負荷が外側にかかっているはずです。

そのため、「足痩せをウォーキングで作る!正しいやり方と歩き方」で紹介している動画で歩き方を見直してみてください。また同時に内転筋を鍛えることも必要になってきます。太ももの内側を鍛えることでO脚やぽっこりお腹まで解消できます。

内転筋の鍛え方はこちらの動画を参考にしてください。

まとめ

太ももを細くしたい女性は多いものです。しかし、その望みとは反対に思うような細い太ももに慣れない人も多いかもしれません。この原因には、ただ筋肉によるものなのか、脂肪によるものなのか、そもそも体質によるものなのかは、あなた自身しかわかりません。

ここで紹介した方法はあくまで、参考でしかありませんが、太ももを細くしたい人に向けた内容になっています。これを参考に太ももが細く、スタイルがキレイに魅せることが出来れば幸いです。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。