女性のお腹の皮下脂肪の落とし方!燃焼させるコツ7つ!


お腹周りに皮下脂肪が付くと気になって

仕方がありませんが、こういった女性の

脂肪を減らし燃焼させるには食事と運動に

少しだけコツを加えると痩せることが

できます。

スポンサードリンク

 

皮下脂肪の正体は

 

脂肪には大きくわけると二通りの脂肪が

あります。

この脂肪を放っておくと、肥満のもとに

なったり病気になる恐れがあるために

注意が必要です。

 

 

まずその一つが皮下脂肪なのですが、

皮下脂肪の特徴はお腹の皮膚の下に

あるもので、手でお腹をつまんだ時に

さわれるものが皮下脂肪になります。

 

 

一方で内臓脂肪というのは、触ることが

できなきないお腹の内臓まわりにある

脂肪を内臓脂肪といいます。

 

 

そして男性と女性で大きく違うことは

女性の場合には皮下脂肪がつきやすく

男性の場合には内臓脂肪がつきやすいと

いう特徴があります。

 

 

女性の場合につく皮下脂肪というのは

指でつまむお腹に目立つようにつく

ためにスタイルという点ではかなりの

コンプレックスになってきます。

 

 

そしてこの皮下脂肪ができてしまう

大きな原因には毎日食べる食事の中で

食べ過ぎていることが皮下脂肪がつく

原因になります。

また運動不足といったことでも、

皮下脂肪に変わっていきます。

 

 

これらは全て食べ過ぎて余った糖分が

エネルギーとして使い切れなくなった

ことで起こることで蓄えられてしまった

結果なのです。

 

 

脂肪が落ちにくいのはなぜ?

 

食事や運動不足などによって知らず

知らずにお腹周りや内臓脂肪として

蓄えられていった脂肪は落ちにくい

といわれています。

 

 

その理由には本来の役割にはエネルギー

として使うために体に蓄えられている

いわば、貯蔵庫のようなものです。

 

 

必要のない余ったエネルギーは脂肪と

して蓄えられることで置いておこうと

するわけです。

 

 

また、女性の場合はエストロゲンという

ホルモンの関係で男性と比べて特に

皮下脂肪を蓄えやすいことも大きな

特徴です。

 

 

さらに女性の場合には年齢とともに

基礎代謝が低下していくこともあって

より脂肪へと蓄えられていくようになり

ます。

 

 

余分な脂肪をなくすために必要な期間は?

 

ダイエットをしていて一番気になる

ところは早く痩せたいと思うあまり

その痩せるまでにどのくらい時間が

かかるのか!!

 

 

皮下脂肪を始め脂肪に言えることは

先ほどあったように中々脂肪は落ちにくく

痩せにくいということです。

 

 

それだけ頑固で一度ついてしまうと

脂肪が落ちきるまでにかなり時間が

かかってしまいます。

 

 

その期間には個人差があるものの

2年~3年は見て考えなければなりません。

またこういった長期間に及ぶダイエットで

必要なことは、その時に一生懸命にダイエット

をするのではなく長く続けるために

継続することが一番大切になります。

 

 

皮下脂肪の落とし方は?

 

皮下脂肪を落とすためにするべきことは

大きく分けて7つあります。

この4つの脂肪の減らし方、落とし方を

継続することができれば必ず皮下脂肪を

落とし痩せることができるでしょう。

 

 

1 毎日の体重測定

体重を計るだけでもじつは立派な

ダイエット方法の一つになります。

これは、毎日体重を測ることで自分自身で

習慣化させます。

 

 

つまり毎日体重を測ることで意識が

体重計の数値に目がいき、体重を意識的に

気になるようになります。

 

 

たったこれだけのことですが、体重が

増えてしまったという意識を目でみて

確認できるとともに、体重が減ったことで

もっと痩せようというやる気への意識に

全て繋げることができるようになります。

 

 

2 カロリー計算をする

一日に必要な摂取カロリーは職種や生活

習慣によっても違ってきますが、大まかに

いえば女性の場合の一日に必要なカロリー

は1800Kcal~2000Kcal

いわれています。

 

 

つまり一日に必要なカロリーさえ

わかればカロリーを摂り過ぎる心配は

なくなり、脂肪の蓄積を防ぐことができる

ようになります。

 

 

3 有酸素運動をする

有酸素運動をする目的はもちろん皮下脂肪

といった脂肪を燃焼させるために必要な

運動です。

 

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング

ヨガ、水泳といった様々な有酸素運動が

ありますが、どの運動を取り入れることが

一番効果があるのかは一番継続できそうな

運動を選ぶことです。

 

 

そして有酸素運動は合わせて20分以上

有酸素運動を取り入れることで脂肪を

燃焼することができます。

「脂肪燃焼させる有酸素運動の効果的な

時間と秘訣とは」

脂肪燃焼させる有酸素運動の効果的な時間と秘訣とは

 

 

ポイント

有酸素運動で一番気をつけなければ

ならないことは有酸素運動になっている

かどうかということです。

 

 

有酸素運動は十分な呼吸を確保しながら

できる運動のことを指します。

つまり、息が上がり過ぎた状態になって

しまうと有酸素運動ではなく無酸素運動に

なってしまいます。

 

 

4 筋トレをする

筋トレをする最大の目的はもちろん

ダイエットに繋がることですが、筋トレ

だけ行った場合には脂肪燃焼効果は

ほとんど見込めません。

 

 

というのも筋トレを行う目的には

有酸素運動にもある脂肪燃焼を高めて

あげる効果が筋トレにはあります。

 

 

じつは、脂肪が蓄積される原因に

食べ過ぎや運動不足といったことが

上げられましたが、その大きな原因に

なっている事には、齢とともに

基礎代謝が低下していっている

ことがあります。

 

 

この基礎代謝はダイエットをする上では

なくなてはならない関係性を持っており

基礎代謝を上げることをしなければ

痩せることはできないとまで言われて

います。

 

 

もちろん、基礎代謝が低下している

状態でも痩せることはできます。

しかし、その後を見た場合に大きな違い

が生まれます。

 

 

 

痩せやすいか太りにくいか

 

 

この大きな違いがでてきます。

つまり基礎代謝を上げることができれば

太りにくく痩せやすい体質を作ることが

できるということです。

 

 

そして基礎代謝を上げるということは

筋トレによって筋肉をつけることに

あります。
スポンサードリンク

 

筋トレによって筋肉をつけることで

脂肪燃焼効果を促進させてくれる効果で

痩せやすくなります。

「有酸素運動と筋トレ順番方法!

脂肪燃焼と時間とバランス」

有酸素運動と筋トレ順番方法!脂肪燃焼と時間とバランス

 

 

また筋トレを取り入れる場合は

筋トレから有酸素運動の順で進めると

より効果的になります。

 

 

5 マッサージをする

まず結論からいってマッサージをすること

で脂肪燃焼効果そのものはありません。

あくまでマッサージをすることで脂肪燃焼

を促進させる効果があるということです。

 

 

マッサージの効果にはセルライトの

解消があります。

セルライトというのは脂肪と老廃物の

塊と言われており、マッサージをすることで

リンパの流れをよくすることで老廃物が

排出されやすくなり皮下脂肪の燃焼を

促進させる働きがあります。

 

 

6 食事制限とバランスを考える

食事で大切なことは摂取カロリーを気に

すると同時に一日の食事のバランスを

考えなければなりません。

 

 

必要なことは毎日朝昼夕との三食の

食事をバランスよく毎日食べることに

あります。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!

 

 

ただ朝食を抜いたり、極端に食事を制限

するのだし食事のバランスが崩れ乱れて

しまうとダイエットとしての効果は

期待できなくなります。

 

 

そして特に皮下脂肪を落とす場合や

減らす場合には、糖質を制限する必要が

あります。

 

 

これはいわゆる脂肪のもとを作らない

ことにあります。

ご飯や麺類、パンといった炭水化物の

摂取量が多すぎることで糖が余分に余り

脂肪になってしまいます。

 

 

その為には、炭水化物を制限する必要

がありますが、あくまで制限で、炭水化物

を抜いたり、極端に制限することはしては

なりません。

 

 

あくまで炭水化物の食べる量を減らす

だけと考えてください。

炭水化物を抜いたり極端に制限させる

ことがなぜ悪いのかは、筋トレには

欠かせない栄養だからです。

 

 

筋トレと聞くとタンパク質に目がいきがち

ですが、炭水化物も筋トレには欠かすこと

のできないのはこちらを参考に

してください。

「筋トレ中の食事に炭水化物が必要なのは!

摂るタイミングは」

筋トレ中の食事に炭水化物が必要なのは!摂るタイミングは

 

 

そして筋トレによって付いた筋肉を

維持していくためにも必ずタンパク質は

摂るようにしましょう。

あくまで食事はバランスが重要になります。

 

 

7 カプサイシンを摂る

普段の食事にカプサイシンを摂り入れる

ことでダイエット効果を促進することが

できます。

 

 

カプサイシンを食べることで体が温まり

汗をかくといったことがあると思います。

これは体の中で吸収されたカプサイシン

が脳からアドレナリンを分泌することで

体温があがり、新陳代謝が高まって

脂肪燃焼効果があります。

 

 

こういったカプサイシンの効果は

他のダイエットと違って大きなメリット

になることは即効性があるということ

です。

 

 

カプサイシンを摂取後すぐに体温が

上がり発汗がおこります。

この発刊の量というのは有酸素運動と

同じくらいの量の汗が出ていると言われ

ていますが、カプサイシンの効果は

あくまで即効性とその時だけの効果です。

 

 

つまりダイエットの補助として使う

ことになります。

 

 

食事の中でカプサイシンを含んだものを

食べると同時に、運動を取り入れることで

効果が促進されていくものがカプサシン

の効果です。

 

 

まとめ

 

お腹周りの皮下脂肪を落とすために

やるべきことはたった7つですが、

こういった皮下脂肪を落とすためにかかる

時間は短期間で成果を出すことは難しいと

考えてください。

 

 

それだけ皮下脂肪や内臓脂肪は中々

落とすことや減らすことに時間がかかる

ということです。

 

 

そのためにダイエットで最も大切な

ことは継続できるか否か!!

 

 

そして皮下脂肪や内臓脂肪を貯めこ

まないための食事のバランスとカロリー

制限をすることにもあります。

 

 

食事でバランスを取りながら同時に

筋トレで基礎代謝を上げる運動をし

有酸素運動で効率よく脂肪を燃焼させて

いくことが一番の近道になります。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。