吐くダイエットの成功と痩せる期間は


吐くダイエットというのは、その言葉の通り食べたものを吐くことで痩せるためのダイエット方法です。食欲をコントロールが中々難しくここに行くつくこともありますが、どのような効果と痩せるまでの期間も含めて成功例と注意点を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

吐くダイエットって・・・

言葉だけを聞くと、あまりいい言葉には思えないかもしれません。吐くダイエットは一度口にして食べたものを言葉通りに口から出す行為になるからです。

 

一般的なダイエットとは違い少し特殊なダイエット方法になりますが、たった指1本で痩せることができると考えてしまいます。

 

しかし、実際には、過食嘔吐と言って摂食障害遠いう病気の一つでもあります。そしてこの摂食障害は一つの例で言えばダイエットを期に発症することもあり、気になる体重が吐くことで体重が減ることで達成感や痩せられるという意識を作ってしまうために無理なダイエットに陥ってしまうのです。

 

吐くダイエットの効果は一つ

ダイエットといえば、何かしらの制限がかかってくるものと思いますが、その一つが食事を制限することにあります。

食事を制限することが運動をするなどよりもより早い段階でダイエット効果を体感することができるために多くの女性は食事を制限することに走るのです。

 

そのために食欲をコントロールする意味で食事を制限するのです。そこで吐くダイエットをすることで食事を吐くことで強制的に吐くことでコントロールをすることができるのです。

 

しかし、この場合の吐くダイエットの場合は、短期間で行うことになるますが、その理由には胃を荒らしてしまうために食欲を無くし結果ダイエットになるということです。

 

吐くダイエットの方法は

吐くダイエットの方法は、食べすぎた分の食事を吐き出すだけの方法になりますが、吐くために指を喉の奥に突っ込んで吐こうとする人もいますがそれは間違いです。

 

正しくは食べすぎた分だけを吐かなければならないために、トイレの奥底をじっと眺めていると自然と吐くことになると思います。

 

吐くダイエットの痩せる期間はどのくらい

吐くダイエットや過食嘔吐の場合に経験のある人からすると短期間で数キロの体重を落とすことができた女性もいます。

 

しかし、吐くダイエットの場合の効果はいかに食べてから吐くまでの時間が鍵となるために痩せる期間も個人によって大きく変わってくるようです。

 

というのも、例えば消化の良い食べ物を食べている場合に、1時間程度で栄養の吸収が始まってくると、そのあとに吐いたものは栄養が吸収され始めているために効果は薄くなってきます。

 

またはじめに食べたものほど吸収はされやすいために効果の期間は個人差が大きくなります。体重は一桁から二桁まで幅広く体重が落ちるのは口コミでもあるようです。

 

過食嘔吐は痩せる!しかしデメリットも

吐くダイエットをしている人や過食嘔吐をすることで痩せる人もそうですが、体重を落としたいという意味で行なっているダイエットの場合、体質によっては太る人もいれば逆に思惑通り痩せる人もいます。

 

これは食べたらすぐ太る人や筋肉がつきやすい人など体質が大きく関係していますが、これを改善することになってくると摂取カロリーと消費カロリーのバランスをいかに保ちながらコントロールしていくか基本がかなり大切になってきます。

 

過食嘔吐で太る原因はこれ

ダイエット中や暑さや日頃の塩分不足になっていると、多量の塩分が排出されることで低ナトリウム血症に陥ることになる可能性があるかもしれません。

 

これは血液中に含まれているナトリウムやカルシウム、カリウムと行った塩類が不足することで起こることで、こういった症状を嘔吐ダイエットをすることで過食嘔吐をすることでも必要な塩類を喪失させる原因になります。

 

そうすることで、カラダにはむくみが起こり、むくみから太って見えてしまう人もいるのです。また・・・

 

  • 疲労感
  • 虚脱感
  • 精神の錯乱
  • 痙攣
  • 昏睡

 

といった症状も重症化することもあるために気をつけなければなりません。

 

 

吐くことはカラダを痛めることにもなる

吐くダイエットは当然食べたものを吐くことになります、そうすることで胃は傷ついてしまうことにもなるかもしれません。

胃が荒れてしまうことで普段食べている食事もなかなか食べにくくなってしまいます。また一度吐くことで胃を荒らしてしまうと胃を治すまでには時間がかかってしまうことにもなります。

 

飢餓状態から太りやすくなるかも

吐くダイエットは短期間でなければなりません。期間が長くなてくることでカラダに本来必要な栄養が行き届かなくなりカラダが飢餓状態に陥ることになります。」

 

そうすることで新陳代謝も低下し、結果だけ見れば太りやすい痩せやすい体質どころか太りやすい体質になってしまいます。

 

飢餓状態になれば栄養も吸収しやすくなり少ない量でも多くの影響を吸収しようとするために食欲も笛歯止めがきかなくなってくると太りやすさを悪化し脂肪もよりつきやすくなります。

 

吐くダイエットをするなら短期間で終わらせること

吐くダイエットで痩せるためには、無理をしないことが大切になってきますが、そのためには痩せるためと結果を出すためには期間を長引かせることは避けるべきです。

 

くれぐれも短期間で終わらせるようにすることになります。嘔吐を繰り返すことで全身にむくみを出すことにもなるだけでなく唾液腺が腫れることで頬の下部などが腫れることで顔もダイエットをしているはずなのに大きく見えて逆効果にもなってしまいます。

 

吐くダイエットが向いている人は

吐くダイエットは向き不向きがあるダイエットだと言えます。そのために吐くダイエットを勧められる人は、食べることが自分でコントロールできない人んいん限った方がいいかもいいかもしれません。

 

食べ過ぎをリセットしたいなら3日間がベスト

もし吐きダイエットをしていて、ついつい食べすぎてしまったということがあるかもしれません。そんな時は胃の負担を少しでも軽減するためにも3日間だけリセットする方法があります。

 

それが、この3日間は消化の良いものを食べるようにすることです。食べすぎてしまう場合に起こることが外食などで自分で調整が難しくなることです。

 

そんな時こそ、外食で摂りすぎたカロリーを減らしていくためにも1食を400キロカロリーほどに抑える方法です。

 

1日目
  • 水分をしっかりととる
  • オイルは控えめにする
  • おかゆなどの消化の良いものを食べる
  • 野菜はナトリウムを排出させるカリウムや水溶性食物繊維を含むものを中心にする
2日目
  • 代謝を助ける働きを持つビタミンB群などの栄養をとる
  • 不溶性食物繊維を含む食べ物を摂りれる
3日目
  • 通常の食事に少しずつ戻していく
  • タンパク質はしっかりととる
  • オイルは控えておく
  • 全体のエネルギー量は控えておく

 

運動をしたら痩せるは間違い!吐くダイエットに頼りすぎないためには

運動をすることでダイエットになるのは皆知っていることなのに、なぜか思うように痩せることができなくて悩んでいる女性も多いものです。

 

その理由には、運動をいくら頑張ろうとも食事制限をしっかりとできているかどうかで運動する意味も変わってくるからです。

つまり、ダイエットをするのであれば運動をする前に食べすぎている量をなんとかして制限する必要があるからです。

 

また、食べる時間が不規則で遅い時間に食べていることも太る原因です。血糖値を急上昇さセル食べ方をすることでも太ります。

 

それが食べる順番を工夫することです。運動を一緒に合わせて食べる順番を考えることでも変わってきます。

 

  1. スープなどの汁物を先に飲む
  2. サラダなどの食物繊維を食べる
  3. 肉や魚などのタンパク質を食べる
  4. ご飯などの炭水化物を食べる

 

こうした順番を考えるだけで、炭水化物を食べるタイミングを変えると血糖値が上がった後の脂肪の蓄積を予防してくれるようになります。

 

また汁物を先にすることで早いうちに満腹感を感じやすくなるために食べる量も結果的に減らすことができるのです。

またこれまでの経験から、この食べ物を食べると太りやすいと感じるものがあれば、そういったものの量を考えることもダイエットになります。

 

過食嘔吐は痩せるが依存になることも

ついつい食べすぎても吐いてしまえば、全て元に戻せると考えていてはよくありません。吐くダイエットはそれなりのリスクがあります。

 

そのためにするのであれば、短期間でなければなりませんが、食べ過ぎを越えると次に待っているのか過食になります。

吐いてリセットすれば良いと考えていても、次第には繰り返す行為になり依存が出てきて止められなくなることもあります。

 

吐き続けることでカラダに起こる変化

吐きダコができる

口の中に指を入れて吐き出すことで、指に吐きダコができてしまいます。指の付け根が歯によって擦れることであとが残りタコになってしまいます。

 

胃酸で歯が溶ける

口から食べたものを吐き出すことで、当たり前ですが胃酸も一緒にカラダの外に排出されます。そうすることで口の中には胃酸が残り、胃酸に触れる機会が嘔吐を繰り返す食べに数も増えてくると酸によって歯をとかしてしまうことになります。

 

カラダに匂いが残る

吐き戻すことで胃酸臭が口の中だけでなく、その周りにまで広がって空気一帯が酸独特の匂いが充満することになります。

 

このツンとする酸っぱい匂いは、何度も吐くことを繰り返していると胃と食堂の間にある弁が緩くなることでガスが隙間から漏れて口にまで上がってしまうようになります。

 

そうすることで自分自身からその周辺にかけて匂いが充満するようになり匂いが残ってしまうのです。

 

逆流性食道炎や食道がんのリスクも

吐くことを繰り返していることで胃で消化される途中の食べ物が食道に逆流して留まり、食道が炎症を起こすようになることもあります。

 

嘔吐を繰り返すことで食道がんを引き起こす可能性は少ないかもしれませんが、胃酸が逆流する逆流性食道炎によって発生するパレット食道の場合は、食道がんの発生する可能性をあげるリスクがあります。

 

そのため、嘔吐ダイエットではなく、日常的に嘔吐をするような状態になっていると長期間かけて胃にちかい食道部の粘膜が変性することで起こり得る可能性も出てきます。

 

まとめ

嘔吐ダイエットはあくまでも短期間でするためのダイエットですが、リスクも伴うダイエットだということは知っておいてください。

繰り返し吐くことは長期間になってくることで病気へのリスクも伴い精神的なリスクもあるために吐くダイエットをするのであれば健康的なダイエットを考えることも大切なことです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。