グルテンフリーダイエット!食べていい食べ物と!おすすめメニュー


グルテンフリーダイエットという言葉を聞いたことがあると思いますが、糖質のうちの小麦入りが入った食べ物を控えるダイエットになります。

ただきになるのが本当に正しいダイエットのやり方だと思います。正しい方法とオススメのメニューからデメリットまでを紹介します。

スポンサードリンク

 

グルテンフリーダイエットって何?

グルテンフリーダイエットというのは、穀物に含まれている小麦や大麦といったタンパク質の一種のグルテンを食べないようにするだけのダイエットになります。

 

ダイエットと聞くとイメージしやすいのが、置き換えダイエットや制限ダイエットなどを耳にしたことや実践したことがあると思います。

これと違うところは、日常的に普段の食生活の中で当たり前にように食べ物に使われているグルテンを食べないようにすることで大きなダイエット効果を狙おうとするものなのです。

ただ気になるところもあると思います。なぜグルテンフリーにするとダイエット効果が高くなるのか?ですよね!!

 

糖質が太る!!これは間違い!!では何が太っているの?

まず糖質が太るというのは、正しいことではあると思いますが、糖質によって太った訳ではなく、正確には必要以上に摂っているもの。

そしてカラダに不足しているものとのバランスが悪くなっていることも関係しています。そして中でも糖質がふとると言われるには小麦の摂取量が多いことが理由にもあります。

 

そももそもダイエットの基本は、痩せるという目的ではなく食べ過ぎてしまっているものを減らすことが本来の意味にあります。

つまり、糖質を摂り過ぎているのであれば、その中でも身近にある小麦粉の摂取量を控えて行くことが糖質を大きく減らすことができるのです。

 

グルテンフリーダイエットの効果には何があるの?

小麦粉に含まれているグルテンの特徴がダイエットに大きく関係していることがその理由にあります。グルテンはカラダの中で糖に変換されるスピードが早い特徴があります。

 

これは何を意味しているのかというと、血糖値が上がりやすいということを意味しています。血糖値が上がりやすいということはそれだけ血液中に糖分が含まれることで、インスリンが必要以上に分泌されてしまうことになります。

 

そして余ったインスリンは糖質の行き先は、いわゆる脂肪としてカラダに蓄えられてしまうことで太る原因になっているのです。

つまりグルテンフリーダイエットをする目的は、かじょゆに摂り過ぎているグルテンを摂らないことで脂肪の蓄積や血糖値の急上昇を避けることでダイエット効果を狙う目的があるのです。

 

小麦を撮るのをやめると代謝が上がる!

糖質と聞くと何をイメージしますか?最初に頭に浮かぶものは太るイメージになりますが、具体的にはこういったものがあります。

 

  • お米
  • パン
  • 麺類
  • 砂糖
  • 果物など

 

まだまだこれだけではないですが、普段食べている身近に多く潜んでいます。例えばよく食べるものの一つにパンがあります。

このパンは、小麦粉を加工したもので、こういった加工食品は体の中では分解されにくいものの一つでもあります。

しかもカラダを冷やす性質もあり、栄養の吸収を悪くさせてしまうために代謝を下げてしまうことになります。

ただ同じ糖質でもお米の場合はパンとは大きく違っています。よくお米は太るイメージを持っている人が多いですが実はパンとは正反対な食べ物なのです。

 

  • カラダを冷やしにくい
  • エネルギーとして消費される
  • 脂肪になりにくい

 

こういった特徴があります。ただお米を食べて太ってしまったという声の正体はただ単に代謝が下がっている状態にあるために、お米に限らず何を食べても太りやすくなっているだけなのです。

 

むくみやだるさを消してくれる

 グルテンフリーダイエットを実際に実践する上での一つの目安になるのが小麦を抜く期間になります。まずはじめとしては2週間で毎日食べる主食を抜いて見ることです。
あくまでも個人さになってきますが、2週間小麦を抜いたことでむくみがなくなったという声もあります。

また・・・

 

  • 肌のくすみがなくなった
  • カラダのだるさがなくなった

 

こんな声もあります。ただ一つ意識しておきたいことは、あまり体重にばかり目が行き過ぎないことです。

普段の食事の主食になるのはご飯かパンなどが多いかもしれませんが、パンとご飯との大きな違いは水分を含んでいる量です。

ご飯であればそれけ水分が含まれているために体重も少しばかり増えることもあると思いますが、肝心なのは、体重よりも脂肪がちゃんと燃えているかどうかです。

 

食事制限はしやすくなる

ダイエットをする上で、何かしらの制限は必ずしなければならなくなります。特にグルテンのような小麦粉には一種の中毒性のよいうなものがあります。

 

グルテンを摂るとまた食べたくなる・・・・

 

パンを食べていると、そう感じることがあった経験があるかもしれませんが、グルテンフリーダイエットをすることでこの中毒性を断ち切ることができダイエットしやすくなります。

 

一度思い返してみてください。なぜかすぐに食べたくなる苦い経験の中に実はグルテンが使われていたなんてことが原因かもしれませんよ。

 

血糖値が上がりにくくなる

小麦にはグルテン以外にも太る成分が含まれています。この成分がアミロペクチンAという成分で血糖値をあげる原因になっています。

特に砂糖と比較した場合に、砂糖よりも血糖値を上げやすいことがわかっています。こうした太りやすくする成分をグルテンフリーにすることでカラダにも脂肪をためにくくすることもでき、血糖値も上がりにくくすることができるのです。

 

本当に必要なことは糖質制限が本当にあっているかどうか?

糖質をあまり気にしすぎるあまりに、糖質を制限することは本当に正しいのかどうかを考える必要があります。

これはそもそも糖質はカラダにとって必要な5大栄養素の一つでもあるということです。カラダは不思議なもので5大栄養素のどの栄養が不足してもそれを補おうとすることで働きが落ちてしまうのです。

 

糖質には糖質の役目があるために全てを制限して摂らないというわけではなく、極端な制限をかけないことが大切なのです。

また体質によっては合う人もいれば合わない人もいるために糖質を上手に制限することで摂り過ぎないことをする必要があるのです。

 

グルテンフリーダイエットの食べて良いものを見極める

小麦粉を使ったたべものは数えただけでもかなりあると思います。定番のパンやパスタ以外にもシリアルやピザなど豊富にあります。

またスナック菓子やビールといったものも小麦粉を原料にしていることからその数の多さがわかると思います。

ここで大切なことは、小麦粉を使っているかどうかを原料で見ておくことです。つまりグルテンを含んでいる食べ物を避けることをすれば良いわけです。

 

ちょっと見方を変えれば、ご飯や芋類は食べることができます。また玄米粉やそば粉を使ったものであればこれも食べることができます。

 

グルテンフリーダイエットは、小麦や大麦を抜けばそれで良いのです。ただグルテンを抜くだけでなく、毎日の食生活の中でビタミンやミネラルといった野菜や海藻類をとっておくことも大切なことです。

 

実践!!具体的なグルテンフリーメニューを紹介!!

朝食メニューならこれ!!

 朝食の定番メニューとしてお勧めできるのは、やはり和食メニューになります。日本人の朝のご飯といえば・・・
  • ご飯
  • お味噌汁
  • 焼き魚

 

また普段から和食よりも洋食メニューを食べる人であれば・・・

 

  • 米粉パン
  • ヨーグルト
  • スープ

 

がオススメです。

 

昼ご飯のメニューは?

  • 寿司
  • 焼き魚定食
  • チャーハン
  • 雑穀米+納豆+卵+サラダ

 

などの基本的にグルテンを摂らないようなメニューであれば問題はありません。気をつけておくことは、天ぷらなどの揚げ物には小麦粉が使われていることです。
スポンサードリンク

夕食のメニューは

夕食で気をつけておくことは基本的には、朝や昼と同じようにグルテンを使用していないメニューを選んでおけば問題はありません。

 

そこで美味しく食べることができるのが和食や純和食などオススメです。

 

食べてはいけないものは?

小麦や大麦を使った食べ物に当たるような・・・

 

  • パスタ
  • カレー
  • パン
  • 揚げ物
  • お好み焼きなどの粉物
  • 餃子
  • お菓子類

 

こういったものがありますが、小麦粉製品になるような食べ物は食べないようにすることです。

 

グルテンフリーダイエットを加速させる方法

グルテンを摂らないことで血糖値の急上昇を抑えることで、カラダへの脂肪の蓄積を防ぐことで、今以上に脂肪がつかないようにすることができるダイエットです。

 

しかし、垂についてしまった脂肪に対しては何かしらのアプローチをしていかなければならないのです。そのために必要なことは適度な運動をすることになります。

 

ついてしまった脂肪を燃やして燃焼させるためには、やはり運動をすることでよりダイエット効果が早くもなり高くもなります。

ただ運動といっても苦痛に感じてしまうこともあると思います。わざわざ外に出て歩くだけでもしんどく感じることもあります。

 

そこでオススメなのが家でできる運動です。自宅であれば人の目を気にすることなく運動ができるのでオススメです。

「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

グルテンフリーダイエット初めての人向けにやり方のポイント

続けて小麦製品を食べない

グルテンフリーを始めるにあたってすぐに全てを制限することが難しい場合は、初めに1日のうちの3食の中で続けて小麦製品を食べないようにしてください。

 

いきなり全て制限することでの負担を回避するためと、ダイエットを続けやすくしていくための方法です。

 

小麦製品は1日に1食

続けて食べることに慣れてくれば次にすることは、小麦製品を1日に1食だけにすることです。ただこの時に意識しておいてほしいことがあります。

 

それは、効果的にするためにも朝食か昼食のどちらかの1食に小麦製品を食べることです。これを夕食に食べてしまうと、日中の活動量に比べて夕食以降の活動量は大きく下がります。

 

なので夕食にとるのはやめておくことです。太りやすくなることが一番のネックになるために夕食でとることは控えてください。

 

2日に1回に変える

1日1食のグルテンフリーに慣れてきたら、次は2日に1回に変えることです。そしてこれも夜の食事ではなく朝か昼の食事で摂るようにしてください。

 

グルテンフリーのデメリットは?効果はないの?

グルテンフリーダイエットをしていてデメリットと感じることが少しずつでてくるかもしれませんが、まず大きなデメリットというものはないと言えます。ただ普段の食生活から小麦や大麦を使っているかどうかを確認する最初の段階で少し不便に感じることもあります。

 

わかりやすく言うと、うどんなどの麺類やケーキといった食べものは誰がみても小麦が使われているとわかると思いますが、これと反対に小麦がふくまれているのかどうかはっきりとしない場合には検索する必要があるからです。

また外食の場合にも定番の食べ物以外でメニューから調べることにもなります。こういったことから考えても外食で選ぶ食事メニューは知っている範囲に限られる可能性もあるということになります。

 

こうしたことが面倒と感じる場合には、自宅で自炊することでグルテンフリーを実践できると思いますが。まずは身近な食べ物から遠ざけていくことが必要です。

 

小麦には必要な栄養分もある!これを補うためには

一言でグルテンといっても小麦類には、ビタミンB群や鉄分などのミネラルや食物繊維も豊富に含まれています。つまり、このときにバランスを考えずにグルテンフリーダイエットを始めてしまうと必要な栄養が十分に摂れなくなる可能性が起こってきます。

 

そのために、グルテンフリーダイエットを始めると同時に普段の食生活で不足しやすい栄養を摂ることも必要になってくるのです。また急に完全なグルテンフリーにすることも難しいために目的はダイエットのために長く続けれるようにストレスを感じない程度に始めていくことも大切です。

 

グルテンフリーは効果なし?

グルテンフリーダイエットを実践してみたものの、何も効果を感じることがなかったと思う人もいるはずです。しかし、本当に知ってほしいのは、あなたが行ったグルテンフリーダイエットは本当に正しくできていたのか?

 

その一つが上でも触れている栄養バランスの問題です。グルテンを摂らないことでビタミンや亜鉛、葉酸といった栄養が不足しやすくなります。このグルテンフリーを続けることで、不足している栄養に気づかなければ病気を起こす可能性だってありえるのです。

 

そのためにバランスを意識して食生活を考えてみてください。

 

グルテン感受性

グルテン感受性をもたない人はこのグルテンフリー食を食べるべきではありません。これはグルテンを摂らないことで、その分に他の栄養素から多くのカロリーと炭水化物を摂取しようとします。

これが逆に太らせる原因になるからです。

 

グルテンフリーダイエットの口コミ

 

 

まとめ

グルテンフリーダイエットを実践してみて、実際に痩せたという声もありますが、中にはうまく痩せることができなかった人もいます。これは正しいやり方ができていないだけの問題ではないこともあります。

 

それは一種の思いこみもグルテンフリーに関わっていることもあるからです。2011年にグルテン不耐症/過敏症をもっていると主張する34人を対象に行われた調査でによると、2週間のグルテンフリーの食事を提供しました。

実際のこの調査ではグルテン入りの食事とグルテンフリーの食事を提供したことで、グルテンを食べると悪くなると思っていた人のほとんどが思いこみであったという結果があったそうです。

これに対してグルテンフリーで体調が良くなったという調査に対してもやはり思いこみによるところが多かったようです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。