大豆の栄養効果!女性に嬉しい成分で痩せよう!


大豆の栄養には女性には欠かせない成分や効果があります。ダイエットに積極的に取り入れると痩せることができますが注意したいこともあります。効果を発揮するための方法を紹介します。

スポンサードリンク

大豆は栄養豊富!!

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど大豆には様々な栄養を豊富に含んでいる食品です。その大豆の栄養の中でも特にタンパク質が豊富に含まれていることから、このような名前が付けられています。

 

タンパク質は人の身体には欠かせない栄養で筋肉や内臓などの身体をつくる上では欠かせない成分です。特に大豆のタンパク質は肉や卵といったタンパク質と比較しても負けないほどタンパク質が含まれています。

 

大豆100gに含まれる栄養成分

 

  • タンパク質 33.0g
  • 炭水化物  28.8g
  • 脂質    21.7g
  • 灰分            4.8g
  • 食物繊維  15.9g
  • 他 ビタミンB2 ビタミンB6

 

大豆の効果は女性には嬉しいことも多い

大豆レシチンの効果

 

大豆レシチンとは大豆に含まれる不飽和脂肪酸のことを言います。大豆レシチンには、身体の構成成分となる他に血液中の中性脂肪やコレステロールの量を調整する働きがあります。

つまり血液の血行不良をよくする働きがあることから、血行を改善し高脂血症、心臓病、脳卒中など血液に関わる病気の改善に効果があります。そして血液の流れを良くすると言う事は血行促進させる効果があるために血液中にあるコレステロールをコントロールし余分なコレステロールを貯めないようにしてくれます。

 

血流が改善されることによってむくみや冷え性といったところが改善されていきます。

 

集中力を高めてくれる

大豆レシチンは、脳の神経伝達物質に必要な材料で、脳の働きを活発にさせ集中力や記憶力を向上させることに役に立つといわれています。

 

疲労を回復!健康には欠かせない大豆ペプチド!タンパク質がすごい

大豆はタンパク質の含有量が高い食べ物の一つとして知られていますが、その中でも大豆ペプチドはカラダの疲労と脳の疲労の両方に効果のあることがわかっています。また風邪やインフルエンザなどの予防になります。

 

アルギニンやグルタミンも豊富に含まれていることからこうした予防にも繋がるのです。またお酒好きな人によっては、肝機能を向上し二日酔いを緩和する働きもあるのです。またビタミン、ミネラル、タンパク質の吸収を促進をするリジン。

 

アスパラギン酸やグルタミン酸などの疲労回復に関わるアミノ酸も含まれているために健康にもよいのです。

 

精神的な安定!

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの原料が大豆には含まれています。この原料になるトリプトファンやリジンやロイシン、イソロイシン、グルタミン酸などのアミノ酸が精神の安定にも大きく関わっています。

 

また不足しがちなカルシウムやマグネシウムといったものも大豆には多く含まれているため、イライラしやすくある人や不安やうつ、不眠に悩んでいる人にも精神的な症状を緩和する効果が大豆には期待できます。

 

大豆イソフラボン効果がすごい

 

大豆イソフラボンは女性らしいスタイルをつくるためには欠かせない栄養の一つでもあります。

 

美肌効果がある

イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることから女性には嬉しい、きれいな肌を作る働きがあります。このエストロゲンには、肌の弾力を保つコラーゲンを増やす働きがあり肌の新陳代謝を高めてくれます。

 

さらに細胞を老化させる活性酸素を消す働きがあり、肌のヒアルロン酸やコラーゲンの合成などを促すことで肌の保湿力を高めてくれます。

 

更年期障害を改善

また更年期障害といった辛い症状を改善する働きもあります。これは大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きをすることから、不足する女性ホルモンを補う働きをすることをしてくれます。

また逆に過剰に分泌されている時には、抑える働きをもしてくれるのです。大豆イソフラボンは、こうしたバランスをとる働きももっていることから、更年期障害や生理不順、PMSなど女性ホルモンに関わるところに対しての不調を改善する働きをしてくれるのです。

 

骨粗鬆症を予防

イソフラボンには骨粗鬆症を予防する働きもあります。イソフラボンは、骨からカルシウムを溶けだすのを防ぎ骨密度を保つ働きがあります。

 

大豆サポニンの効果

 

大豆サポニンには身体にとって有害となるものを身体の外に排出してくれる働きがあります。それはコレステロールを低下させ中性脂肪を低下する働きがあります。こういった働きを含め生活習慣病を予防する働きがあります。

 

このことから、ダイエットにも効果的で肥満気味の人などにはおすすめです。

 

貧血の改善に

大豆レシチンには、血管内をキレイにする働きがありますが、これにあわせて大豆サポニンにも抗酸化作用によってダブルの相乗効果によtって血液の流れをよくすることができます。

そうすれば血液の流れが改善されるということは、血行が改善されることを意味するために、冷え性の改善や代謝の向上にも効果があらわれてくるようになります。また血行が悪くなっていたことで、肩こりや頭痛、カラダが疲れやすくなったカラダにも改善されるようになります。

 

そして、大豆には鉄分を豊富に含んでいることから、造血のビタミンとも呼ばれています。これは葉酸やヘモグロビンをつくるための銅を多く含んでいて、さらに植物性鉄分の吸収を助けるビタミンCやクエン酸をもっている食べ物と一緒に摂ることでより効果を高めることもできます。

 

大豆オリゴ糖で便秘を改善

大豆には便秘を改善するための食物繊維を含んでいること以外にも大豆オリゴ糖の存在もおおきなものです。オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす働きと効果を活性化させる働きをもっています。

このことから腸内環境を整えてくれ便秘を解消できるようになります。ただ一つ気をつけなければならないのは、大豆に含まれている食物繊維は不溶性が8割近くを占めていることです。

つまり、大豆を食べすぎてしまうと、便を固くし便秘を招く可能性も考えられるのです。特に水分不足になっていることで便秘になる可能性もあるので水分もしっかりと摂るようにしてください。

そして大豆を食べて下痢をしやすい人は食べ過ぎないことも必要です。

 

むくみを解消する

乾燥大豆100gに対して1900mgものカリウムが大豆には含まれています。カラダにナトリウムが蓄積されている状態になっているとカラダに水分がたまりやすくもなります。

大豆に含まれるカリウムによって余分な水分がうまく排出されうようになるとむくみの解消にもつながります。また大豆の成分上、サポニンによって血液の流れがよくなれば、合わせてむくみを解消しやすくなるのです。

 

大豆の効果まとめると・・・

  • 老化予防、更年期症状の予防
  • 美肌作用
  • 血流の改善
  • 動脈硬化の予防
  • 肥満の予防
  • 疲労回復
  • 整腸作用
  • 貧血の改善

 

大豆の一日に摂って良い量は

現在の日本人が大豆製品からイソフラボンを摂っている量は年々低下していると言われています。その一日で摂る量は平均が16~22mg程度だと言われていますが、本来大豆製品から摂らねければならない量は一日40mg~50mgを目標にして摂るようにしなければなりません。

 

この数字を見ても分かるとおり普段から摂る量が少ない事がわかると思います。一日にこの程度の量を摂らなければ大豆の栄養効果を得ることは難しいです。ましてダイエットに繋げる目的があるのであれば、一日の平均摂取量は摂るようにしてください。

 

摂り過ぎは大丈夫!?

日本人が大豆を他国と比較すれば多く摂っていると言われていますが、普段の私たちの生活の食事の中で大豆製品を摂る上では、摂り過ぎることの心配はまずないと言われています。

 

多く摂取している人の場合で一日に75mgくらいだと言われています。
スポンサードリンク

 

海外ではこんな臨床実験が行われていたことがありました。閉経後の女性が一日に150mgもの大豆イソフラボン製剤をとったところ5年間で子宮内膜増殖症の発症が高くなったという結果があります。

 

こういったことから、摂り過ぎは効果を持たなくなります。一日に摂取してもよい大豆イソフラボンの量が多くても75mgとなったわけです。普段の摂取量が40mg~50mgを目標にしているのであれば、何ら問題はありません。

 

食品から摂る大豆イソフラボンの摂取量

 

一日に40mg~50mgの大豆イソフラボンを摂るには、それぞれの食品からどの程度の大豆イソフラボンが摂れるのかを把握しておけば、摂り過ぎる心配もありません。

 

  • 豆腐一丁(300mg) 60mg
  • 納豆1パック(45g) 37mg
  • 豆乳1本(200ml) 50mg
  • きなこ大さじ1杯   14mg
  • 味噌汁(1杯20g) 6mg
  • 厚揚げ(100g)  42mg
  • 薄揚げ(30g)  12mg

 

ダイエットをサポートしてくれる理由

大豆に含まれる大豆ペプチドにはリジン、メチオニン、アルギニンなどのアミノ酸には脂肪燃焼効果があります。この事から、有酸素運動の前に摂取することで脂肪燃焼効果が高まります。

また大豆サポニンには、ブドウ糖と脂肪の合体を抑制する働きがあることから脂肪蓄積を抑制してくれます。そして大豆には食物繊維の中でも不溶性食物繊維が含まれていることでダイエット中でも空腹感を抑えてくれることから満腹感を得ることもできます。

 

また食物繊維の効果により成長作用も高まり便秘改善にもつながります。

 

食べ合わせで効果を高める食べ物

大豆を摂るなら、他の食材や食べ物を使って効果を高めることもできます。

 

合わせて食べるとよい食材 期待できる効果
トマト、ブロッコリー、じゃがいも、ごぼう がんの予防
ごま、しいたけ、アスパラガス、きくらげ 高血圧、動脈硬化の予防
セロリ、きゅうり、うり、にがうり 腎機能の改善、むくみを解消
かぼちゃ、大根、たまねぎ、チンゲン菜 糖尿病の予防

 

大豆はカラダに悪い?

大豆を食べ過ぎてしまうと、カラダにとっては毒となることもあると言われています。これはどこにその理由があるのか気になると思います。この理由には、大豆製品は発酵と未発酵のどちらかを摂るかでカラダに影響が出てくるということになります。

 

そもそも豆類には、外敵から身を守るために植物毒が含まれています。この植物性の毒を摂らないようにするためには、これを分解できる発酵食品として摂ることが身を守る術になります。

ただそうは言ってもあくまでも食べ過ぎないことが必要で、大豆がカラダのよいと言われるがゆえに大豆製品ばかりを摂っていてはいけないということです。いわゆる摂り過ぎによって大豆イソフラボンがカラダにホルモンバランスを狂わせる原因になるからです。

 

特に発酵していない未発酵の大豆製品を摂りすぎた場合にカラダに現れる症状として・・・・

 

  • 生理不順が起こる
  • 子宮内膜症
  • PMS
  • 消化不良
  • 脳への障害が起こる
  • 乳がん、子宮がんなどの癌に対して症状が悪化する恐れ

 

といったことが起こる可能性もあるのです。

 

遺伝子組み換えには注意?!

遺伝子組み換えとしても認知度も高いのがこの大豆です。発酵食品として売られていることもあるために、できる限りは避けておきたいものです。そこで簡単に見分けるポイントを紹介します。

 

  • アメリカ製の大豆で遺伝子組み換え表記のあるもの
  • 遺伝子組み換え大豆不使用の表記に加えて産地の記載の有無をみる
  • オーガニック認定表示のあるものを選ぶ
  • 安価なものは避ける

 

食べ過ぎると太る

大豆はタンパク質が多く含まれている食べ物です。確かにバランスのとれた栄養食品に違いはありませんが、カロリーが高いという欠点もあります。食べ過ぎれば太るのは当然だということです。

普段から運動をしないカラダの場合は、カロリーの摂り過ぎから太る心配があるので注意してください。

 

炒り大豆は大丈夫?カロリーと食べ過ぎは?

炒り大豆のカロリーは、100g417Kcalとなります。じつはこれ、牛肩ロースと比べてもカロリーが高いのです。ただもちろん栄養価も高くダイエット効果もありますが気をつけなければならないのは・・・・

 

  • 長期にわたって過食すると病気になる可能性もある
  • 婦人科にかかっている場合は、過食によって大豆アレルギーを起こすことも考えられる

 

まとめ

大豆は日本人にとっては欠かすことのできない食材の一つです。ダイエット目的で摂り入れることで脂肪蓄積を抑えてくれる働きや脂肪燃焼効果など、様々な効果をもたらしてくれます。

ですが、ダイエットにとって必要なことは毎日バランスよく食事を摂る事も必要なことの一つです。「朝昼晩の3食の食事のバランスがダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

そして有酸素運動と筋トレもダイエットをさらに効率的にする方法の一つです。「有酸素運動と筋トレ順番方法!脂肪燃焼と時間とバランス」

http://diet-marurun.com/yusansoundou-kintore-1074

 

食事のバランス、運動の摂り入れかたで大きく変わります。ダイエットが人生を変えてくれます。是非参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

One Response to “大豆の栄養効果!女性に嬉しい成分で痩せよう!”