大豆の栄養効果!女性に嬉しい成分で痩せよう!


大豆の栄養には女性には欠かせない

成分や効果があります。

大豆効果

ダイエットに積極的に取り入れると

痩せることができます。

 

スポンサードリンク

 

大豆は栄養豊富!!

大豆効果1

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど

大豆には様々な栄養を豊富に含んでいる

食品です。

 

 

その大豆の栄養の中でも特にタンパク質が

豊富に含まれていることから、

このような名前が付けられています。

 

 

タンパク質は人の身体には欠かせない

栄養で筋肉や内臓などの身体をつくる

上では欠かせない成分です。

 

 

特に大豆のタンパク質は肉や卵といった

タンパク質と比較しても負けないほど

タンパク質が含まれています。

 

 

大豆100gに含まれる栄養成分

大豆

  • タンパク質 33.0g
  • 炭水化物  28.8g
  • 脂質    21.7g
  • 灰分            4.8g
  • 食物繊維  15.9g
  • 他 ビタミンB2 ビタミンB6

 

 

大豆レシチンの効果

rp_4f38003e10565d59dc70e2478cd91f19.jpg

大豆レシチンとは大豆に含まれる不飽和

脂肪酸のことを言います。

 

 

大豆レシチンには、身体の構成成分と

なる他に血液中の中性脂肪やコレステロール

の量を調整する働きがあります。

 

 

つまり血液の血行不良をよくする

働きがあることから、血行を改善し

高脂血症、心臓病、脳卒中

など血液に関わる病気の改善に効果が

あります。

 

 

そして血液の流れを良くすると言う事は

血行促進させる効果があるために

血液中にあるコレステロールを

コントロールし余分なコレステロールを

貯めないようにしてくれます。

 

 

血流が改善されることによって

むくみや冷え性といったところが

改善されていきます。

 

 

大豆イソフラボンの効果

Woman measuring her waistline. Diet. Perfect Slim Body

大豆イソフラボンは女性らしいスタイル

をつくるためには欠かせない栄養の

一つでもあります。

 

 

1 美肌効果がある

顔ダイエット方法

イソフラボンは女性ホルモン

「エストロゲン」と似た働きをすること

から女性には嬉しい、きれいな肌を

作る働きがあります。

 

 

このエストロゲンには、肌の弾力を

保つコラーゲンを増やす働きがあり

肌の新陳代謝を高めてくれます。

さらに細胞を老化させる活性酸素を

消す働きがあり、肌のヒアルロン酸

やコラーゲンの合成などを促すことで

肌の保湿力を高めてくれます。

 

 

2 更年期障害を改善

顔ダイエット方法3

また更年期障害といった辛い症状を

改善する働きもあります。

 

 

3 骨粗鬆症を予防

イソフラボンには骨粗鬆症を予防する

働きもあります。

イソフラボンは、骨からカルシウムを

溶けだすのを防ぎ骨密度を保つ働きが

あります。

 

 

大豆サポニンの効果

一人暮らしダイエット

大豆サポニンには身体にとって有害と

なるものを身体の外に排出してくれる

働きがあります。

 

 

それはコレステロールを低下させ

中性脂肪を低下する働きがあります。

こういった働きを含め生活習慣病を

予防する働きがあります。

 

 

このことから、ダイエットにも効果的で

肥満気味の人などにはおすすめです。

 

 

大豆の効果まとめ

ダイエット 食事 置き換え

  • 老化予防、更年期症状の予防
  • 美肌作用
  • 血流の改善
  • 動脈硬化の予防
  • 肥満の予防
  • 疲労回復
  • 整腸作用
  • 貧血の改善

 

 

大豆の一日に摂って良い量は

大豆効果2

現在の日本人が大豆製品から

イソフラボンを摂っている量は年々

低下していると言われています。

 

 

その一日で摂る量は平均が16~22mg

程度だと言われていますが、本来

大豆製品から摂らねければならない量は

一日40mg~50mgを目標にして

摂るようにしなければなりません。

 

 

この数字を見ても分かるとおり普段から

摂る量が少ない事がわかると思います。

 

 

一日にこの程度の量を摂らなければ

大豆の栄養効果を得ることは難しい

です。

 

 

ましてダイエットに繋げる目的が

あるのであれば、一日の平均摂取量は

摂るようにしてください。

 

 

摂り過ぎは大丈夫!?

太らない体質にする方法

日本人が大豆を他国と比較すれば多く

摂っていると言われていますが、普段の

私たちの生活の食事の中で大豆製品を

摂る上では、摂り過ぎることの心配は

まずないと言われています。

 

 

多く摂取している人の場合で一日に

75mgくらいだと言われています。

 
スポンサードリンク

 

海外ではこんな臨床実験が行われて

いたことがありました。

閉経後の女性が一日に150mgもの

大豆イソフラボン製剤をとったところ

5年間で子宮内膜増殖症の発症が

高くなったという結果があります。

 

 

こういったことから、摂り過ぎは

効果を持たなくなります。

一日に摂取してもよい大豆イソフラボン

の量が多くても75mgとなった

わけです。

 

 

普段の摂取量が40mg~50mgを

目標にしているのであれば、何ら問題は

ありません。

 

 

 

食品から摂る大豆イソフラボンの摂取量

大豆効果3

一日に40mg~50mgの大豆

イソフラボンを摂るには、それぞれの

食品からどの程度の大豆イソフラボンが

摂れるのかを把握しておけば、

摂り過ぎる心配もありません。

 

 

1 豆腐一丁(300mg) 60mg

2 納豆1パック(45g) 37mg

3 豆乳1本(200ml) 50mg

4 きなこ大さじ1杯   14mg

5 味噌汁(1杯20g) 6mg

6 厚揚げ(100g)  42mg

7 薄揚げ(30g)  12mg

 

 

ダイエットをサポートしてくれる理由

冬

大豆に含まれる大豆ペプチドには

リジン、メチオニン、アルギニンなど

のアミノ酸には脂肪燃焼効果があります。

 

 

この事から、有酸素運動の前に摂取

することで脂肪燃焼効果が高まります。

 

 

また大豆サポニンには、ブドウ糖と

脂肪の合体を抑制する働きがあること

から脂肪蓄積を抑制してくれます。

 

 

そして大豆には食物繊維の中でも

不溶性食物繊維が含まれていることで

ダイエット中でも空腹感を抑えて

くれることから満腹感を得ることも

できます。

 

 

また食物繊維の効果により成長作用も

高まり便秘改善にもつながります。

 

 

まとめ

大豆イソフラボン

大豆は日本人にとっては欠かすことの

できない食材の一つです。

 

 

ダイエット目的で摂り入れることで

脂肪蓄積を抑えてくれる働きや

脂肪燃焼効果など、様々な効果を

もたらしてくれます。

 

 

ですが、ダイエットにとって

必要なことは毎日バランスよく

食事を摂る事も必要なことの一つです。

「朝昼晩の3食の食事のバランスが

ダイエット効果を大きく変える!」

http://diet-marurun.com/asahiruban-syokujibaransu-604

 

 

そして有酸素運動と筋トレもダイエットを

さらに効率的にする方法の一つです。

「有酸素運動と筋トレ順番方法!

脂肪燃焼と時間とバランス」

http://diet-marurun.com/yusansoundou-kintore-1074

 

 

食事のバランス、運動の摂り入れかたで

大きく変わります。

ダイエットが人生を変えてくれます。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

One Response to “大豆の栄養効果!女性に嬉しい成分で痩せよう!”