短期間で痩せる食事と運動のダイエット!激やせを目指すなら


ダイエット食事だけで痩せようと思うと中々難しいと

思う人も多いのですが、さらに短期間で痩せるとなると・・・

 

キーワードは置き換えることと、適切な選択なんです!!

スポンサードリンク

 

 

置き換えダイエットとは!

 

置き換えダイエットとは、言葉とおりで、食事のどこかで1日3食あるうちの1食分を置き換えるだけのダイエット方法なんです。たった1食をどこかの食事で置き換えるだけでいいため、その手軽さと利用しやすさで誰でも簡単に始める事ができるんです。

 

しかも短期間でダイエットができるということにも繋がるためこのダイエット方法にはかなり注目が集まっているのは確かなんです。

 

 

 

 

短期間でダイエットを成功させる 炭水化物ダイエット

 

短期間でダイエットを成功させようと思えば、その扱う食べ物にも関係性があるんです。特にこの炭水化物ダイエットには、その効果がはっきりと出ることもあり注目の一つなんです。

炭水化物ダイエットを実践して実際に1週間たらずで4キロ痩せたという声もあるんですが、この痩せるために行ったダイエット方法にはこんなことがあるんです。

 

炭水化物の摂取を控える

炭水化物と言えば、ご飯、パン、イモ類、アルコール、ラーメンなどの麺類、カフェイン、おかしなどは禁止。正確にいえば、食べることが禁止ではなく、食べる量を制限するということになるんです。

一日3食ある内の食べる量は決まった量を食べることが重要であるんです。また1食に食べていい炭水化物の量は、お米100グラムつまり、おにぎり1個分程度。パンであれば、食パンとし1切れのパンのみ食べてもよいとされていますね。

 

これらの事を、朝、昼、夕の食事の度に、この分量をしっかりと守ることが短期間で痩せるための方法なんです。また、分量を決めずに炭水化物を夜だけ抜く、また昼と夜を制限することもできます。

そもそも太る原因になっているのが糖質を摂ることで、血糖値の上昇後に分泌されるインシュリンにあります。分泌されたインシュリンが使われることがなく余ることで、カラダに脂肪として蓄えられてしまうことで太るきっかけになります。

 

そこで糖質を制限することでカラダに蓄えられた脂肪をエネルギーとして使うようにすることで短期間で体重を落とすことになるのです。

 

炭水化物ダイエットでの注意点

これまでに上げて来たルールはあくまで基本となるものなんですが、特に今から話す内容は特に厳守しなければならないことなんです。それが、間食をしないということ。そして、夜20時以降の食事摂取は必ずさけること!!

 

炭水化物ダイエットを短期間で成功に導くためには最低限このルールは守らなければならない決まりですね。だからと言って、副食を取り過ぎるようなことをしては効果はなくなるので、そのあたりは、しっかりと制限する事も重要ですね。

詳しい内容はこちらの記事を参考にしてください。「炭水化物抜きダイエットの危険なデメリット!夜だけ効果とは」

http://diet-marurun.com/tansuikabutudaietto-161

 

短期間でダイエットを成功させる 野菜ジュースだけダイエット

 

野菜ジュースダイエットとは、飲むだけで簡単に痩せるというダイエット方法なんです。特に野菜ジュースがダイエットに良いとされているのには、野菜を生のままジュースとして口にすることが最も重要なことなんです。

 

野菜ダイエットの効果とは

野菜ジュースには、野菜それぞれに特性があるんですが、その特性を生かした野菜を組み合わせる事でより高い効果を生む事ができるんです。例えば、トマトに含まれる成分には、リコピンという抗酸化物質が含まれており、これは有害な活性酸素の働きを予防してくれる作用があるんです。

スポンサードリンク

 

また美肌作用をもたらしてくれるビタミンCやカロテンそして、血管を強化するルチン、疲労回復に高いクエン酸もこのトマトには含まれているんです。そしてキャベツの特徴としては、やはり食物繊維が豊富に含まれていることもあり、便通効果も期待できる野菜なんです。

 

 

また美肌効果が高いだけではなく、疲労回復やストレス改善効果といったことも言われているんです。そして特に優れた特徴には、キャベツに含まれるビタミンUという成分。これには、胃腸の粘膜を健康に保つために、胃の粘膜を修復する働きまで持っているんです。

 

胃腸薬に「キャベジン」という薬があると思うんですが、このキャベジンはこのキャベツの成分から発見されたことからこの名前がついたそうです。こういったところからもキャベツの凄さがわかると思います。

野菜には、こういった様々な特徴をもった成分が含まれており、中でも野菜を生としてジュースでも飲むと言う事に大きなメリットがあるんです。それが酵素の働き!!実は、酵素がなければ、人の身体の栄養は十分に吸収できないとまで言われているんです。

 

食事からとる栄養と言うものは、実は、体内に入っただけでは栄養にはならないのです。体内に入った栄養分を、この酵素と絡み合う事で初めて栄養エネルギーとなるんですね。つまり酵素は栄養を吸収するための着火剤ということなんです。

 

それほど、酵素の働きは重要であり、ダイエットの中でも重要視されるものなんです。そしてこれらの野菜を生としてジュースにすることで野菜それぞれの成分と酵素からダイエットに効果的なものへと変わっていくんです。

 

野菜ジュースをつかってプチ断食をする

野菜ジュースでダイエットをしようと思った時に、いつ、どのタイミングで飲む事が一番効果的かを考えなければならないんですが、野菜ジュースの場合は、プチ断食をすることがおすすめのため、時間の都合のつきやすい週末を利用することもできます。

 

また、その日に食べ過ぎたと思った時は、その翌日は野菜ジュースだけで過ごすこともできます。また、単に朝や昼のごはんを野菜ジュースに変えるだけでよいという方法もあります。野まずプチ断食の具体的な方法ですが・・・

 

  • 野菜ジュースは1回 200ml~300mlにする
  • 土日は野菜ジュースだけにする
  • 固形物はくちにしない
  • 日曜日の夜からお粥などの回復食を断食した日数分だけ行う

 

プチ断食の方法はこういったポイントを守ることになりますが、ひとつ気をつけておきたいこともあります。それは、プチ断食中の水分補給は目安として1.5リットル~2リットルは摂ることです。

またどうしてもお腹が空いてどうしようもない時があると思います。そんな時は、炭酸水+レモン汁で空腹感がまぎれ、イライラを抑えることもできます。

 

短期間で痩せる8時間ダイエット

8時間ダイエットはプチ断食ダイエットと少しにていますが、8時間ダイエットの大きな特徴は時間を考えるダイエットになります。そして8時間ダイエットの目的は、食べている時間が多い現代において、食べたものが消化しきれていないことで脂肪に変わってしまう状態を変えるダイエットです。

 

つまり、食べる時間が増えたことで消化機能のリズムを正常に戻し、酵素の働きを正しく使うようにすることが目的です。そのために食べない時間を作り胃を何もない状態にすることで消化酵素を使わずに代謝酵素が使われ代謝の促進から脂肪の燃焼へと変えることで短期間で痩せるのです。

 

そして8時間ダイエットのポイントは4つです。

 

  • 1日のうち8時間の間であれば何を食べてもよい
  • 朝食から8時間までが食べてもよい時間帯と考える(例 朝9時に食事をすれば、夕食は17時まで)
  • 1日のうちで8分間は軽い運動をする
  • 2種類の食べ物を摂り入れる(卵、脂身の少ない肉・乳製品・豆類・穀物・緑の野菜類・ナッツ)

 

この8時間ダイエットのポイントを抑えるとともに、飲み物に関しては、8時間以外でも飲んでもかまいません。ただ、カロリーのないもの(お茶、水)といったものを飲むようにしてください。

これ以外の飲み物は基本的には飲まないことです。また、空腹感を見舞われたら、水を飲むなどをすることで和らげることもできるのでおすすめです。

 

短期間で痩せるホットヨーグルトダイエット

ホットヨーグルトも短期間で痩せることができるダイエット法ですが、ヨーグルトの成長作用によって、乳酸菌が糖を分解することで酸を生成することから刺激となり蠕動運動が高まります。

これが便秘の解消となり、また乳酸菌の一つにビフィズス菌SP株がありますが、これには脂肪を燃やす働きを促す効果があるために痩せることができるのです。またホットヨーグルトにすることで不足しやすいカルシウムの吸収を高めることができます。

 

カルシウムには、脂肪の分解と脂肪の燃焼を促す働きがあるためにヨーグルトをホットにすることで、より高い効果を得ることができるのです。その具体的なポイントは以下の通りです。

 

  • 置き換えをする

朝の場合は、まず1杯の水を飲んでからヨーグルトを食べるようにしてください。ヨーグルト200gを朝の食事と置き換えることです。またこの時に、バナナやリンゴなどの果物を負わせることもおすすめです。

 

夜の場合は、夕食に置き換えることもできますが、夕食の量を少なめに制限し、腸のゴールデンタイムに合わせて夜10時にヨーグルトを食べることです。そうすることで乳酸菌の吸収が高まることで善玉菌を増やしやすくできます。

 

  • 夕食は20時までに済ませておく

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。「ヨーグルトダイエットの効果!夜の食事と美肌の関係」

http://diet-marurun.com/yo-gurutokouka-488

 

塩分を抑えることも

現代の食事で気をつけなければならにのが、塩分を摂りすぎていることがあることです。健康以外にダイエットとして考えた場合、この塩分を摂りすぎていると痩せることが難しくなってきます。

本来、塩分を1日で摂るべき量は5gです。しかし、調味料や食べるものによっては、この1日に摂る量を大きく上回っていることもあります。女性の場合は1日にこの推奨量をはるかに上回る量を摂っています。

その結果としてカラダに起こることが・・・・

 

  • むくみを起こす
  • 代謝が悪くなる
  • 便秘を引き起こす
  • 脂肪をため込む

 

といった悪循環に陥ってしまいます。つまり、ダイエットを成功させるためには、塩分の摂取量を控えることが必要なのです。そうすることでカラダに起こる原因が逆に痩せる理由へ変わることができます。

 

食欲をできるだけ抑えたい!そんな時は

外出をする

家にいる環境にあることで、いつでも目の届く範囲に食べるものがあると、空腹の時こそ間食をしたくなることがあると思います。常に何か目の届くところに食べる物があると、それだけでストレスにもなるかもしれません。

気軽に食べれる環境こそ危険な食の欲求をそそられるだけです。そこで食事ができないような環境にもっていくことで気を紛らわせるようにしてください。

 

食べ物を手の届くところにおかない

家に帰ってすぐに目の前に食べ物がある環境は食欲をあおるだけです。食欲を抑えるためにも目の届く範囲に食べ物をおかないことが食欲から遠ざける方法です。

 

ガムをかむ

食欲を感じる原因に、なにか欲する欲求が生まれてしまいます。特にお腹がすくことで、もうすぐ食事の時間だと認識することも大きな食欲をあおる原因です。そんなときはガムをかむことで気を紛らわせるようにしてください。

ガムをかむ効果にはストレスを解消する働きもあります。上手に利用してみてください。

 

早く寝る

起きている間に限って食欲がなくならないものです。また、睡眠不足に陥っている人は、食欲がとまらなくなることもわかっています。睡眠不足になることストレスを感じるとダイエットに関係するなホルモン・コルチゾールが分泌されてしまいます。

このコルチゾールは脂肪をため込む作用のあるホルモンです。そしてもう一つがグレリンやレプチンといったホルモンです。睡眠時間が短いことで食欲を刺激するグレリンの分泌量が増えます。

しかも食欲を抑えるホルモンレプチンの分泌量は逆に減ってしまいます。こうした悪循環を防ぐために睡眠時間をしっかりと摂るためにも早く寝ることが好ましいのです。理想の睡眠時間は7.5時間と言われているためうまく睡眠を摂るようにしてください。

 

食事の初めに野菜から食べる

野菜を食べることは血糖値を緩やかにする働きがあります。また食物繊維の働きによってお腹に溜まりやすく、あとからの食事をコントロールすることができます。これは脂肪をつきにくくするメリットもあるので野菜から食べるだけでも大きく変わってきます。

 

短期間で痩せる運動は

ウォーキングをする

ウォーキングは運動の中でも特に誰でも始めやすく長く続けられるダイエットの一つで有酸素運動をすることで脂肪を燃焼させるダイエットになります。ただ運動する時間がないという人も少なくありません。

ですが、1日の間で何回に分けてもいいので、合わせて20分以上は歩くようにしてください。この20分以上というのは、これ以上歩くことでより脂肪が燃焼されやすいという意味です。

つまりウォーキングを始めてすぐにでも脂肪の燃焼効果はあるということです。ただ脂肪を燃焼させる条件としては、運動の強度が弱く長く続ける運動ほど脂肪を多く使う傾向にあるということです。

いきなり20分以上歩くことはキツイかもしれません。しかし、5分でも10分でも積み重ねることで脂肪をエネルギー源として燃焼することはできるので長く続けることが大きなポイントです。

そこでおすすめなのは、家でできる運動です。「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」

http://diet-marurun.com/iedemainiti-undou-506

 

ジムに通う

運動をする上で、自分自身で時間を作りスケジュール管理をすることが難しいと思う人であれば、迷わずジムで運動をする方が効果的だと言えます。そうすることでまとまった時間を作ることができ効率よく運動をする時間もつくれるはずです。

 

ただジムの通うからと言ってやってはいけないこともあります。それが・・・・

 

  • 運動時間が少な過ぎる
  • 食事の量が増える
  • 筋トレの方法が間違っている

 

といったことです。せっかくジムに通うのに、そもそも運動する時間が短ければ、カロリー消費も少ないままになってしまいます。さらにジムにいくことに満足し食事量が増えれば太ること間違いなし。

 

そこでジムに通うことで効果的にする3つのポイントを抑えておくことです。

 

  • 基礎代謝量を1.3倍~1.6倍にする
  • 食事の量を考える
  • 正しい運動の方法をジムスタッフに聞く
  • プロテインを摂る

おすすめのプロテインはこちらの記事を参考にしてください。

http://diet-marurun.com/sibounensyou-purotein-660

 

といったところです。基礎代謝量の把握についてはこちらの表を確認してみてください。

20代の平均基礎代謝量

基礎代謝量 基礎代謝基準値 基準体重
1180Kcal/日 23.6Kcal/Kg/日 50.0Kg

 

30代~40代平均基礎代謝量

基礎代謝量 基礎代謝基準値 基準体重
1140Kcal/日 21.7Kcal/Kg/日 52.7Kg

この表からもわかるとおり、年齢を重ねていくということは、それだけ痩せにくくなっていくということです。正しい運動をジムで教わるのも大きなダイエット成功への近道になります。また食事面でも教わることもできます。

代謝を高めていくためにも、普段の食事でタンパク質やミネラル、ビタミンなどバランスの摂れた栄養を上手に摂ることも大切なことです。

 

短期間ダイエットはリスクもある

短期間でダイエットをすることで、それなりのリスクもあることは知っておいてください。食事をそれなりの制限することでカロリーが下がれば、日常生活として集中力を低下させることにもなる可能性があります。

特に制限と称して間違ったダイエットをすることでカラダに必要なタンパク質やミネラル、ビタミンといったものが不足すれば健康にも影響がでますし、美容という点でも大きな問題が起こる可能性も考えられます。

 

そして最大の問題は、リバウンドする確率が高くなることです。短期間でダイエットをした場合、必ず食事をかなり制限することになります。そこで待っているのが飢餓状態です。カラダが起こす反応で普段の食事を摂っていてもカラダはよりカロリーを欲しようとします。

体重が停滞期に増える!脱出するための期間と方法」

http://diet-marurun.com/taijyu-teitaiki-1193

 

こういった短期間でダイエットをすることはリスクを隣り合わせでもあります。特に、意思の弱い人の場合はそのリスクも高くなります。集中力が続かない人もリスクが付きまといます。短期間でのダイエットは強い意思と信念がなければ難しいのです。

 

まとめ

短期間の間で痩せるために欠かせない方法を紹介してきました。特に短期間で痩せるということは、それなりのリスクがついてきます。そこで特に重要なのは、食事の管理がしっかりとできているかによります。

また普段何も運動をしていなかった人が突然運動を始めれば怪我をすることもあります。突然無理な運動をするよりもできるところから始めておくことが長く続けることができます。また短期間という時間でのダイエットは本来はおすすめしていません。

それだけリスクが付きまとうからです。くれぐれも無理のない範囲でもダイエットをしてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。