バナナと筋トレの相性が抜群!運動前と運動後の効果


バナナが筋トレとどう相性がいいのか?そもそも筋トレに何故バナナがいいと言われているのか!!普段ああmり食べない人も、筋トレにバナナを利用することでどんな効果や成分によって効果があるのかを紹介します。

スポンサードリンク

 

バナナと筋トレとはセットで考えるとよい

ダイエットにも必要な筋トレですが、筋トレにバナナを摂る人が増えています。それはたった一言で筋トレとバナナは相性がいい組み合わせだからです。これには大きな理由がります。バナナの100gあたりのカロリーで見てみると・・・・

 

  • 100gあたり約88Kcal

 

というカロリーの低さがあります。これをおにぎり1個で比べてみるとその差ははっきりわかるくらい差があります。おにぎり1個は約173Kcalほどになりますが、バナナ100グラムと比較してもよくわかるのが2倍ほどもカロリーが違うということです。

 

筋トレの30分前に摂るとよい

バナナは他の食べ物と多きつがうところは、カラダに吸収される速さが違うところです。これは素早く体内に吸収されることで即エネルギーとして使うことができます。特に筋トレなどの運動をするときには、たくさんのエネルギーを必要とします。

 

そのために筋トレをする30分前を目安にしてバナナを食べておけば、筋肉を肥大させる効果を大きく発揮することができます。そもそも運動など、筋トレを含め、食事をした後の2時間は筋トレなどはせずに時間を赤ておかなければなりません。

 

バナナを食べるだけであれば30分程度開けて運動をすることで運動効果も高くなります。これは筋肉に蓄えられる糖の一種である筋グリコーゲンを筋肉の収縮のために必要なエネルギー源となるからです。

 

筋トレ後にバナナをとる目的は

筋トレ後にバナナを摂ることは、筋トレによって失われた筋グリコーゲンの回復を手伝ってくれます。また、合わせてタンパク質や炭水化物を摂ることで筋肉の疲労を回復と集hくに役立ちます。

また、バナナにはカリウムが含まれていることで、筋トレなどの運動後に失われた電解質を補給することができます。

 

筋トレ前にバナナを摂る目的は

そもそも筋トレ前に食事を摂ることには、カラダを動かすためには欠かせないエネルギーを素早く摂る目的と摂ったエネルギーを上手に筋トレなどの運動に使うために必要な栄養の補給という意味があります。

 

このエネルギーの中でも、筋肉にとってすぐに使えるようにするためのエネルギーがグリコーゲンと呼ばれる物質で、このグリコーゲンは炭水化物を摂ることでカラダに貯めておくこともでき、さらに筋肉の分解を抑える働きがあります。

 

つまり筋トレまえに食事することで、筋肉の修復や成長を考えた食事ということになるのです。そしてその食事の中でも特におすすめなのがバナナです。バナナは天然の糖を含み炭水化物であるのです。

しかもバナナに含まれるカリウムはただエネルギー源としてだけでなく、筋肉を正常に動かすためにも打ってつけの食べ物です。これはバナナを摂ることですぐにエネルギーに変換することができるために、筋トレの負荷の強い動作にもエネルギ‐としても活躍してくれるのです。

 

寝起きにバナナを食べるという意味

バナナを摂る目的に、グリコーゲンを摂るといってもいいほど関係性が筋トレと不快ことがわかると思いますが、これはカラダの中で筋肉の分解からエネルギーを作り出そうとするのを防ぐためです。

筋肉からエネルギーを摂るということは、筋肉量が減ることを意味するためにダイエット中にうまく痩せたという結果がでていても、じつは筋肉からエネルギーをとり分解していることで基礎代謝を下げた状態で体重が落ちているにすぎないのです。

 

こういった事に対して抑えていくために、朝起きてバナナを摂るのはこのためなのです。

 

ダイエットに効果的なのはいつ食べるのがいい?

夜バナナダイエットという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、なぜ夜にバナナを食べるとダイエットになるのか?!まず基本としては夕食は就寝前の3時間前に済ませておくことが理想です。

しかし、仕事の関係上決められた時間で食事をするのは難しいものです。特に栄養のバランスや脂質の摂りすぎにも気をつけなければなりませんよね?そういったバランスを考える意味でも夕食前にバナナを食べておくことは栄養の偏りや食べ過ぎを防ぐ効果があります。

 

そのためによるバナナダイエットがおすすめなのです。方法は至って簡単です!!

 

  1. 夕食の約30分前にバナナを2本食べる
  2. お湯か緑茶を約200ml飲む

 

たったこれだけで夜バナナダイエットができます。また置き換える必要もなくダイエットができるために食べれないストレスにイライラする必要もありません。

 

バナナに含まれる成分からわかる筋トレ効果

バナナを食べることで筋トレ効果が高まる理由には4つのことがあると言われています。

 

エネルギー不足を防いでくれる

わたしたちのカラダのエネルギー源ともなる糖質ですが、バナナには100gあたりで考えると、糖質が12gほど含まれています。特にこのバナナの糖質は、果糖やブドウ糖、ショ糖が豊富に含まれています。

これらの糖質がなぜ筋トレによいのかというと、カラダに摂りこまれてすぐにエネルギーとして使うことができるために、バナナに含まれる糖質は筋トレをしている間のエネルギーの消費を防いでくれるという働きがあるのです。

 

カリウムが豊富にある

カリウムの働きには大きく2つの働きがあります。それが・・・・

 

  • 疲労を回復させる
  • 怪我をしにくくする

 

といった効果があります。たとえば、カリウムがカラダに不足している状態にあると、カラダに疲れが残しやすいだけでなく、めまいや食欲不振、むくみなどが症状として現れるようになります。

こうしたカラダの疲れをカリウムを摂ることで回復させることができるのです。そして怪我をしにくくするというのは、カリウムをとることで筋肉の収縮をフォローしてくれることで、筋トレをしたことでの肉離れや筋肉のけいれんといったことを防いでくれることができます。

 

これはバナナ100gあたりに含まれているカリウムが358mgと豊富に含まれていることがその大きな効果に結び付けているのです。また筋トレ中にサポートしてくれる働きとして・・・

 

 

  • 水分バランスを保つ
  • タンパク質の合成を補助する
  • エネルギー生産酵素の活性化
  • 心臓の働きを規則正しくする

 

といった筋トレをサポートしてくれる働きがあるのです。

 

たんぱく質とビタミンB6が含まれる

筋トレをする上で欠かせない栄養の一つがタンパク質です。そもそもタンパク質は皮膚や髪の毛、爪や血管などのカラダを作っていくためには欠かせない栄養素で、人のカラダの割合の中では水分量に次いでタンパク質が多いことからもカラダには欠かせないものだということがわかると思います。

 

そしてダイエット中に失敗してしまうことに、タンパク質が不足している状態にあることです。よく食事制限をするケースがあると思いますが、間違った方法で食事制限をしてしまうことでタンパク質が不足すると、足りなくなったタンパク質を補おうと筋肉からタンパク質をとりだすようになります。

 

そうすると筋肉からタンパク質が失われることで、今まであった筋肉が小さくなり結果的に痩せることはできても、代謝の下がった状態を生み出しているに過ぎないため、あとあとリバウンドにつながります。

筋トレをすることは、筋繊維を傷つけることによって、それが回復し筋肉は強く大きくなる仕組みがあります。そしてこの修復に欠かせないのがタンパク質です。バナナにはタンパク質も含まれている上に、タンパク質の働きを助けてくれるビタミンB6まで含まれているためにバナナは筋トレとの相性がよいのです。

 

ビタミンによる美容効果!アンチエイジング効果もあなどれない

バナナはたった1本だけ食べるだけでも効果が絶大といわれているほど美容にはよい食べ物です。中でも女性には欠かせない肌質というところでは、肌の水分量や弾力、油分の量をみてもバナナを続けて毎日食べている女性とそうでない女性とを比較すると歴然です。

 

続けてバナナを食べている女性ほど、肌に必要な水分や油分、弾力ともに改善傾向がみられるのです。これはバナナに含まれている美肌効果によるもので・・・・

 

  • 腸内環境を整えるオリゴ糖が豊富に含まれている
  • カロテンやビタミンB群による美肌効果
  • ポリフェノールによるカラダを老けさせないカラダへ
  • カリウムでむくみを解消する

 

これはバナナには特にビタミンB群が豊富に含まれていて、他の果物などでみてもかなり多い量が含まれています。食物繊維やオリゴ糖の働きのおかげでカラダに不要な老廃物をキレイに排出してくれることも肌の状態をかえる手助けになっています。

 

また美肌にも繋がる睡眠ホルモンの生成に必要なトリプトファンも含まれているために夜にバナナを食べることで睡眠の質に関わってきます。

 

バナナで筋トレをするなら・・・・より効果を高めるなら

プロテインをとる

ダイエット中でも、食事のバランスがうまく摂れないような場合には、プロテインを摂ることで効果を高めることができます。また逆にいえば、プロテインを利用することで食事の管理もずっと楽になるメリットもあります。

筋トレにプロテインというイメージは強くあるかもしれませんが、それ以外にも大切なことは多くあります。私たちのカラダはタンパク質でできていることからも、肌や髪の毛、爪、内臓といったものすべてにタンパク質が使われています。

 

このタンパク質が不足すれば、肌にも悪い影響がでますし、髪の毛など女性の美容の観点からいってもタンパク質不足はデメリットでしかありません。今では味も豊富にあり女性用のプロテインも多くあります。

自分の好みにあったものを選ぶことで続けやすくもなるのでおすすめです。また詳しい使い方はこちらの記事を参考にしてください。

女性の筋トレ効果!プロテインを飲むタイミングは朝と寝る前!」

http://diet-marurun.com/kintore-jyosei-1093
スポンサードリンク

 

豆乳を筋トレ後にとる

豆乳を飲む理由は、もちろんタンパク質が含まれていることにありますが、豆乳をおすすめする理由には、タンパク質といっても動物性のタンパク質の場合は、タンパク質以外に、脂肪もたくさん含まれています。

そうすると筋トレをする以前に1日の総カロリー数で考えると、1日に摂っておきたいタンパク質量を考えるとオーバーしてしまう恐れがあるからです。これと違い豆乳であれば、脂肪やコレステロールを含んでいません。

 

なので低カロリーでカラダに必要なタンパク質を摂ることができるのです。そして豆乳を飲むことでの効果は・・・・

 

  • 痩せやすいカラダをサポートする
  • 成長ホルモン濃度を上げるきっかけに
  • 若々しくする

 

豆乳は特に筋トレの直後に飲むことで大豆ペプチドによる効果で血液中の成長ホルモン濃度が上がるという研究結果があります。つまり、成長ホルモンの分泌を促し効率的に筋肉を成長させることができるために効果を高めやすいのです。

 

また大豆サポニンによって制帽の吸収を防ぎ、血管内の悪玉コレステロールを排除する働きもあります。そうすることで血液の流れも改善されれば、ダイエット中に悩んでいるセルライトにも血流を促進することで痩せやすいカラダ作りをサポートしてくれるのです。

 

筋トレ以外もすごい!バナナ効果で何がかわる?

免疫力を高める!癌にも!!

バナナが健康のいいのは何となく知っている人も多いはずです。これは帝京大学での研究内容で明らかになってことには、バナナは成熟度によって免疫活性化効果が8倍違うということなのです。

つまり、風邪などの体調不良への栄養補給としてバナナを食べることは理にかなっているということ。バナナ自体が熟しているればそれだけ消化吸収もしやすい状態のために甘味もあって食べやすさからも胃に負担がかからずに摂ることができるのです。

 

また、熟したバナナが癌細胞にも強いということもいわれています。これはバナナが熟していく過程で抗酸化物質も増えることに加え、腫瘍死因子が作られることにあります。これは異常な細胞を壊す物質ということから高い抗がん作用が期待できると言われています。

 

便秘や下痢を解消する

バナナには食物繊維が水溶性ものと不溶性のものとが含まれているために、腸を刺激することで蠕動運動を促進させて排便を促す効果があります。特に下痢よりも便秘に対しての効果も強く、バナナに含まれているオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなることで腸内環境を整えてくれるのです。

 

また下痢になっている状態というのは、電解質を失っている状態です。バナナを食べることは、カリウムをバナナによって補うことにあります。さらに水溶性多糖類の一種のペクチンが消化の回復を助けてくれることから便秘を和らげてくれるのです。

 

ただ気をつけておきたいのは、スーパーなどで売られているバナナを見てもらうとわかるとおり、色が黄色くなっていることです。この状態はバナナとしては成熟していないために硬さもあって、2本~3本と食べていると消化に悪いことにもなります。

消化がよくなるためには成熟した状態で食べることで便秘解消につながりやすくなります。

 

胃を守ってくれる

バナナの働きには、胃を保護する働きがあります。それが・・・・

 

  • 胃酸に対して保護してくれる
  • 潰瘍を引き起こす細菌を分解する

 

といったことから、酵素が胃腸を整えてくれる働きがあります。しかも胃に負担をかけないで栄養を効率よく摂ることもできるのもバナナの素晴らしいところです。

 

筋トレでバナナは1日に何本摂るのが理想なのか

筋トレ前後

バナナはフルーツということもあって消化吸収も早い特徴があります。これは逆にいえば、脂肪に変わりやすい性質も持ち合わせているということです。ただダイエットや筋トレをする上では問題はありません。

ただ脂肪に変わりやすいのは、ただダイエットや筋トレとは関係なく食べ過ぎてしまった時です。そして筋トレ前にたべる目安としては2本~3本を目安に摂るようにしてください。

 

ダイエットの場合はいつ摂るのがおすすめ

ダイエットの場合は筋トレであっても、筋肉を肥大させるような筋トレとは違い、シェイプアップ目的の筋トレになることが多いため、まずバナナ1本に約20gの炭水化物が含まれていることを考えます。

普段のごはんを茶碗1杯食べているとすると、約50gの炭水化物をとっていることになります。そこから考えるとダイエットの場合は、お茶碗1杯分相当のバナナ2本までが同等量と考えると、筋トレダイエットの場合、バナナ1本で十分といえます。

 

そして筋トレダイエットの場合にバナナの効率的な取り方は、筋トレをした直後にバナナを摂ることです。そうすることで筋肉の回復をすすめてくれるようになります。

 

こんな組み合わせた摂り方もおすすめ!

朝食を摂る目的は、カラダの体温を上げることで基礎代謝を上げていく目的もあります。そのため、そもそも朝食を食べない習慣がある場合には、朝に食事を摂る習慣をつけることも大切なことです。

そしてもう一つは、空腹時間をつくることは、エネルギー不足になる時間を作ることを意味するために、エネルギー不足に陥ると筋肉からエネルギーをとりだそうと、筋肉を分解させることになります。

 

バナナとプロテイン

 

そして朝食のバナナとプロテインの組み合わせがよいのは、理想的な朝食に、3大栄養素が摂れるバランスがあるかどうかです。三大栄養というのは、タンパク質、脂質、炭水化物。そして加えてビタミンとミネラルです。

この事を考えると、朝食にごはんとみそ汁、納豆などの定番とも言える食事のイメージがまさに理想的な食事なのです。こうしたバランスを摂ることがバナナとプロテインで補うことができるために摂り方としてはおすすめなのです。

 

バナナと牛乳

牛乳とバナナの組み合わせは筋トレには相性がよいといえます。バナナに含まれている栄養に牛乳の栄養成分によるものがあるからです。牛乳には・・

 

  • 食欲をおさえる
  • カルシウム摂取量が増えることで脂肪が減少に繋がる
  • 電解質が含まれるため素早い水分補給につながる
  • 必要な栄養がとりやすい

 

ダイエット筋トレの場合は低脂肪を選ぶとよりカロリーを抑えることができ、必要な栄養もとることができます。

 

バナナとヨーグルト

ヨーグルトのイメージは便秘の解消目的に摂ることが多いかもしれませんが、ヨーグルトはタンパク質を多く摂ることができるために筋トレとの相性もよいですね。

 

まとめ

筋トレダイエットにバナナがよい理由にはこれだけのことがります。さらにダイエットとして筋トレをすることも十分に効果を発揮することができるために、普段の生活にとり入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。