足の脂肪を落とす!筋トレ・マッサージ・食事のべストな方法


ダイエットに限らず大きな悩みにあるのが脚の太さです。とくに太く見えてしまう事に対しては、脂肪によって太く見えているのが悩みどころです。またスカートだけでなくパンツも脚のラインがわかるために脚が細くありたいと思うはずです。

そこで、気になる脚の脂肪を落とすためにはどうすればいいのかを紹介します。

スポンサードリンク

 

足についた脂肪は落ちにくいもの

私たちのカラダにつく脂肪には、2通りの脂肪があります。一つは、内臓についてくる内臓脂肪です。そしてもう一つは、皮膚の下につくことから皮下脂肪と呼ばれる、普段私たちが気になってつかむことができる脂肪のことです。

 

そして脚の脂肪が落ちにくいと言われているのには3つの理由があります。それが・・・・

 

  • むくみ
  • 脂肪
  • 筋肉

 

この3つが脚を太くさせている原因になります。むくみと脂肪と筋肉の関係性についてはこちらの記事を参考にしてください。

「膝上の肉の落とし方!即効でできる筋トレ・マッサージ・歩き方」

http://diet-marurun.com/hizaueniku-3395

 

脚の脂肪が落ちくいのは消費カロリーと摂取カロリーのバランス

脂肪太りの場合に、普段の食事に大きく関係しています。食事などから摂るカロリーと運動や普段の基礎代謝による消費エネルギーとのバランスが、どうしても摂取カロリーのほうが上回っていれば起こってきます。

 

つまり、食事では普段から油っこい食事や甘いものが好きで食べていることが多いなど、食事の生活習慣が乱れていると摂取カロリーも多くなりカロリーを摂りすぎてしまっていることになります。

また日常生活の中で、どの程度の運動ができているのかにもよります。カロリーを消費させエネルギーとして使うためには、運動も立派なカロリー消費できるものです。ここで消費できているかでも摂取カロリーをどの程度消費できるかかわってきます。

 

そして最後に基礎代謝が落ちた状態です。基礎代謝が低い状態になっていることで、わたしたちの普段の消費エネルギーも小さく少なくなってしまいます。という事から考えると食べ過ぎている事と運動不足が大きな原因だということになります。

 

つまりこの2つは脚の脂肪太りのい原因なのです。

 

足の脂肪がつきやすいのはなぜなの?

そもそも脚に限ったことではありませんが、特に脚はカラダ全体としても、上手に隠すことが難しい場所でもあります。この脚に脂肪がつきやすい原因には、脚の筋肉がしっかりと使えていないことが原因にあります。

上でも説明している運動不足もこれにあたるのです。普段私たちが運動をしないまでも歩くことは普段から必ずしていることだと思います。ではなぜ脂肪がつきやすいのか・・・。

 

普段使って歩く時に使われている筋肉と使っていない筋肉とがあるからです。例えば、歩く動作をすることで使われている筋肉は、力が入ることで筋肉が硬くなっているのがわかると思います。

この部分が筋肉が使われている場所です。

しかし、歩くにしろ座るにしろ脚を使う動作をしていること、ほとんど使っていない場所もあります。それが太ももでも内側の太ももや脚の付け根、おしりの後ろのほうの筋肉です。

 

力を入れて意識しても、それほど歩く時のような筋肉のハリはないはずです。こうした筋肉を使いずらい場所は筋肉も薄いことから脂肪もつきやすくなるのです。これをカラダ全体でイメージするとわかると思います。

普段あまりつかていないところに脂肪がつきやすいということが・・・・!!

 

ダイエットは脚を鍛えることにメリットが多い

普段から筋肉を使っていない人と日頃から使っている人との筋肉量には大きな差があります。特にわたしたちのカラダの筋肉のうちの約70%は下半身に集まっているともいわれています。

これは下半身に大きな筋肉が集まっている場所だからでもあります。つまり、下半身を鍛えるということは、ダイエットとしてみても大きな効果を期待できる場所だからです。

そして逆をいうと、脚の筋肉をあまり使えていないと下半身からやせ細っていきます。これは筋に着量が減ることで痩せるという意味です。ただ痩せたと思って喜ぶ人もいますが、これが太りやすくさせる原因にもなります。

 

いわゆる基礎代謝量を落とすことになるのです。特に下半身は、筋肉が集中している場所のために、上半身と比べても落ちる速さは3倍もかわります。たとえば、入院などによって脚を全く動かすことができなくなったとします。

 

そうすると、そこからリハビリなどで歩く訓練をするときに、今までのように歩きにくく感じるようになります。これは筋肉を全く使っていなかった生活をしていると1日に1%の割合で筋肉量が低下しているために、歩きにくいと感じるようになるのです。

 

足についた脂肪はマッサージも効果あるのか

脚の脂肪太りが気になった時に、脂肪を少しでも落とそうとマッサージをする人もいると思います。ただ、マッサージをすることで痩せるというのは少し意味が違ってきます。

正確には痩せるわけではないのです。マッサージをすることでリンパの流れを良くすることで、むくみを解消する効果はあるかもしれません。また血行が良くなることもありますが、あくまでも痩せやすくするための手段なのです。

 

むくみをとることに対しての方法のために、実際に脚についた脂肪まで落とすわけではないのです。もちろん、むくみを作りだしている生活習慣や冷え性による対策など見直すことは大切です。

しかし、根本的な原因は、筋肉量の低下が大きな原因にあるために、まずはここを見直すことも必要なのです。
スポンサードリンク

太ももの脂肪を解消したい!まずは3つを見直そう

脂肪太りによってできた脚の太さを解消していくためには3つが欠かせなくなります。

 

  • 食事のバランス
  • 運動をする
  • マッサージをする

 

この3つを順に説明していきます。

 

食事はバランスの良さを目安に

ダイエットだけでなく、普段から食事はバランスが摂れていることが大切になります。とはいっても栄養バランスを考えて食事をするということは、意外と難しいものでもあります。

特にどんなものをどれだけ摂ればいいのか考えることは難しいことでもあるため、一つの参考としては厚生労働省がだしている「食事のバランスガイド」を目安にするのもよいと思います。「食事のバランスガイド

 

1日にどのくらいの栄養を考えて食事をしなければならないかを食事のメニューとして考えるようになることで、自然とバランスを意識して食べるようになります。私たち成人の摂取カロリーを考えた時に1800Kcal~2200Kcalになります。

 

そして日によっては、1日に2000Kcalも摂取することもあると思います。しかし、成人女性の場合の基礎代謝を考えた時に1200Kcalになります。これに仕事やカラダを動かすような運動をすることで消費するカロリーが加わり1日の消費カロリーとなります。

 

そう考えた時に、摂取カロリーが総消費カロリーを上回っていれば太るのも当然なのです。脚についた脂肪を落とすためにも、まずは摂取カロリー<消費カロリーのバランスを考えることも大切です。

 

そして脂肪を増やさないためにも気をつけておきたい食べ物もあります。その中でも基本となるのが・・・・

 

  • 糖質をとり過ぎない
  • 野菜を食べる
  • 夜遅くに食べない

 

そして太ももの脂肪を増やさないようにもするためには・・・

  • アイスクリームは糖質と乳脂肪分の塊のため注意
  • アルコールの飲み過ぎには注意
  • スナック菓子など塩分の多い食事は注意
  • コンビニ食が多い人は注意
  • 外食が多い人は注意

 

脂肪燃焼効果のある運動をして足の脂肪を落とす

食事のバランスでもあったように消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えていくためにも、運動をとりいれることは消費カロリーを増やせるためにもおすすめです。特にエネルギーを消費させる目的でも必要なことが2つあります。

 

  • 有酸素運動をして脂肪を燃焼させる
  • 基礎代謝を高めるために筋肉を増やす

 

この2つが欠かせない運動の要素となってきます。そして有酸素運動をすることで大切なことは、合わせて20分以上の有酸素運動になるウォーキングやヨガなど会話ができる程度の負荷にすることです。

 

脂肪を燃焼するメカニズムには、有酸素運動によってエネルギーを使うようになると脂肪分解酵素が活性化することによって脂肪が分解されるようになります。このときにあまりにもカラダに負荷がかかるような状態になってしまうと効果が半減するために注意しなければなりません。

 

太ももの脂肪を落とす筋トレもよい

2つ目の効果としては筋トレになります。筋トレをする目的は基礎代謝を上げることにあります。基礎代謝というのは、生命を維持するために使われるエネルギーで、筋肉量を増やすことによって基礎代謝を高めることができます。

 

そして筋肉量を増やすということは、筋肉量を増やすことで筋肉に使われるエネルギーも多くなることで脂肪もより燃焼されるようになります。つまり、下半身を筋トレなどで鍛えることはダイエットになるのです。

その中でも特に脚の筋トレにおすすめなのがスクワットです。スクワットがダイエットのどのように働いてくれるのかはこちらの記事を参考にして下さい。

「スクワット効果がすごい!女性のお腹痩せのやり方!効果はいつから!?」

http://diet-marurun.com/sukuwatto-1439

 

足の脂肪を落とすマッサージ

脚の脂肪燃焼の前に気になるのが、太ももを含めて脚全体についた脂肪だと思います。中でも脂肪に老廃物が蓄積されたことによってできた脂肪の塊(セルライト)です。ただセルライトができてしまう原因をつくっていては、いくらマッサージをしたところで後から脂肪を貯め込んでしまうために、まずは原因となる部分を解消できるようにすることが大切になります。

 

そのためには、脂肪が蓄積されないような栄養のバランスを考えた食事をする事と適度な運度ができているかどうかで脂肪が蓄積されるか変わってきます。まずは、食事と運動をバランスよくするようにしましょう。

 

そして次にセルライトとしてできてしまった状態を解消させていくためのマッサージです。ここではセルライトができる原因にもなる老廃物をカラダの外に排出させることが必要になってきます。

体脂肪がたまらないようにマッサージをすることでリンパの流れを促進させることがセルライトの予防に欠かせません。

まとめ

脚の脂肪を落とすためには、むくみを解消させるためにリンパマッサージをする事と筋肉を脚につけていくために筋トレをし、有酸素運動によって脂肪を上手に燃焼させることによって脚を細くすることができるようになります。

 

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。