苦手な人にも!甘酒の飲み方をアレンジ!時間と温度と量がポイント


甘酒が古くから親しまれている飲みものとして今でも人気の飲み物ですが、甘酒には美容や健康とカラダにいい魅力がたくさん詰まっています。ただどうしても苦手な人もいますが、少しアレンジするだけで克服することもできます。

おすすめの飲み方を紹介します。

スポンサードリンク
<

 

甘酒の魅力ってどこにあるの?

甘酒の歴史はかなり古くまで溯りますが、甘酒が親しまれていたのは江戸時代の頃から飲み続けられている飲み物です。そして甘酒はもともと夏の風物詩としても知られている飲み物で、栄養豊富な甘酒から夏バテを予防することにも利用されていました。

こうした夏の栄養ドリンクとして江戸時代では飲まれていた甘酒ですが現代においては、夏バテはもちろん、美容やダイエットとして甘酒の栄養豊富なところから幅広く効果を発揮してくれる飲み物となっています。

 

ビタミンB群

甘酒にはビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどのビタミンB群が含まれていますが、このビタミンB群には、代謝を助ける働きがあることから、肌の健康から、カラダの疲労回復などの健康までと幅広く働いてくれ、カラダに摂っては不可欠な栄養です。

特にビタミンB群は代謝にも関わっているために、ビタミンB群が不足することで、体力が消耗しやすく、疲れやすいカラダになったり、寝が腫れぼったくなったり、皮膚が厚くなったりもします。

特にストレスとの関わりは強く、ビタミンB群が不足することで、イライラしやすく、不安になってり、やる気がでないなどの不調をもたらします。またそれだけでなく、代謝にも関わっているためにビタミンB群が不足すれば太りやすくもなります。

肌などの美容・・・・健康面においてもビタミンB不足にならないようにしなければなりません。

 

コウジ酸

甘酒の原料になる麹にある成分で、コウジ酸は麹菌を培養して作られる美容成分で、メラニンの生成を抑える効果があるために、結果的に肌を白くキレイな美白した手へと変えてくれます。特に、お酒を作っている人の手がキレイなのは、コウジ酸による効果なのです。

このコウジ酸の働きには、肌が紫外線などでダメージを受けた時に生成されるメラニンを黒くさせているチロシナーぜの働きを抑えることから、メラニンによって黒くなるのを防いでくれるのです。

この黒くなったものがいわゆるシミですが、抑制する効果によって肌が白くなったり、シミそのものも薄くさせることができるのです。これが美肌に繋がりキレイな肌となるわけです。

 

ブドウ糖

ブドウ糖は私たちのカラダには欠かせないもので、脳を始め、筋肉などを正常に働かせるために欠かせない栄養です。カラダを動かすためのエネルギー源となるブドウ糖が、甘酒の中には豊富に含まれています。

普段私たちのカラダは常に万全な状態にあるわけでもありませんよね?その日によってカラダがだるいと感じたり、疲れてしまっている時など様々だと思います。特に疲れから食欲がなくなったりすることもあるでしょう。

こうした状態の時に食欲もなければ、栄養も十分に摂ることも難しくもなります。特にブドウ糖が不足することで、カラダは異常な空腹感や、脱力感など頭が働かないような状態にも陥ってしまいます。

こういった時にも、ただ体調がすぐれない時にも、ブドウ糖を甘酒から摂ることでエネルギーの供給として、また栄養補給としても甘酒は手軽に摂り入れやすいと言えます。

 

食物繊維

甘酒には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維と言えば、やはり便秘を解消してくれる頼もしい味方の一つだと思います。また、食物繊維によって、悪くなっている腸内を整えてくれる働きもしてくれるために、腸内環境を改善することもできます。

特に、腸内環境と女性の肌とは密接なつながりもあります。カラダが便秘の場合に、肌荒れになったという経験があると思います。これは腸内に溜まった便から毒素が発生することで、その毒素を腸が吸収しているのです。

これが血液の流れにのって全身にめぐらされていくことで、肌荒れが起こってきます。しかし、食物繊維を摂っていることで、腸内を掃除し不要なものをカラダの外に排出してくれるのです。またこの時に、糖や脂質といった余分なものもカラダの外に排出してくれるために必要でない栄養分も排出してくれます。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は食物繊維と同じように腸内環境を改善するためには欠かせない一つです。オリゴ糖には、腸内に住んでいるビフィズス菌や善玉菌といった菌に対して優位に働くようにオリゴ糖が餌となり、ビフィズス菌などの善玉菌を高めてくれる働きをします。

つまり、カラダに摂って悪い悪玉菌を現象させ、善玉菌の働きが優位な状態にするための手助けをしてくれるのがオリゴ糖にはあります。これが腸内環境を整えてくれることで便秘や肌荒れの改善へと繋がるのです。

 

フェルラ酸

フェルラ酸というのは、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用を持つことからも、脳機能を改善する働きや高血圧を改善する働きをもっています。また特に注目しているのが、美白効果があるということです。

これは、抗酸化作用にとって、~アdの細胞を活性化させることで、肌の新陳代謝を活発に促してくれるために、肌の改善へと繋がるのです。

 

消化酵素

消化酵素というのは、アミラーゼ、プロアテーゼ、リパーゼといった物質を指していますが、甘酒にはこの消化酵素の内のアミラーゼとプロアテーゼの2種類の酵素を含んでいます。これらの消化酵素にはでんぷんやタンパク質を分解する働きがあります。

そしエネルギーへ変える働きがあります。ただ残念なことに、こうした消化酵素は加齢によって減少していくということです。つまり、若い時に比べれば同じようなスムーズさで行えないようになってきているのです。

そこで甘酒を飲んではたらきを補うことができるのです。この事によって、脂肪やタンパク質といった栄養を分解して吸収する時に、効率よく吸収することができ、余分な脂肪の蓄積を防ぐのにも役立っているのです。

 

システイン

システインはアミノ酸の一種で、カラダにとって悪いものを外に出す働きをもっています。ここでいう悪いものと言うのは、肌にできてしまうシミです。このシミは、メラニン色素が皮膚で色素沈着することによってできるものです。

こういったシミがシステインによって美白へと変えることができる成分なのです。そして、システインには、メラニン色素が作られるのを抑える働きをしてくれます。そしてもう一つがシステインは髪や爪を作るための必須アミノ酸でもあります。

システインが不足すれば、枝毛やきれ毛、抜け毛を引き起こすこともあります。こうした髪に影響が出るのには、髪の毛の素となるのがシステインだからです。つまり、健康な髪を作り育てていくためにはシステインは欠かせない成分だということです。

 

ビオチン

ビオチンはビタミンの一種で肌や髪の健康に深く関わっているビタミンです。ビオチンは髪と頭皮を観光に保つためにコラーゲンを生成し、血行を促進させることで健康な髪を育てる働きがあります。

またビオチンには肌の再生からコラーゲンの生成までの様々な機能に関わっているために、ビオチンは肌のターンオーバーを正常に導きながら、保湿に必要なコラーゲンやセラミドの生成を助け、血流をよくする働きから肌をキレイにしてくれます。

 

甘酒の種類

甘酒には酒粕から作られた甘酒と米麹から作られた甘酒とあります。

 

米麹の甘酒の特徴は

米麹の甘酒の特徴は、アルコールを含まないということから、お酒の風味や味を感じることもなく飲みやすさのある甘酒です。

 

酒粕の甘酒の特徴は

酒粕から作られた甘酒は米麹と違い、アルコールが含まれているために、ほんのりお酒の臭いがするところです。そのため、わずかなアルコールが含まれています。その量はわずかながらも、8%~9%ほどの量を含んでいます。

そのために、アルコールが苦手な人は弱い人が飲んだ場合には酔う可能性も少なからずあるかもしれません。

 

甘酒の飲み方のポイントを紹介!!

甘酒をダイエットとして利用するのか、それとも美容として利用するのか、または健康目的で甘酒を摂り入れるのかは人それぞれですが、いずれにしても甘酒は飲み方をしっかりと知っておくことで、それぞれの効果を高めることができるということです。

まずはその飲み方~紹介します。

 

甘酒の飲み方のポイントはなに?

甘酒に飲み方というのは具体的には決まりはないものと思ってください。これは甘酒はいつ、どの時間帯で飲んでもよいということです。例えば、朝食の時に飲む。またはおやつがわりに甘酒を飲んでみる・・・・。

その飲み方の活用方法は幅広くあります。ただ飲む時間にバラつきがあると、本来どの目的で甘酒を飲むのかによって大きく変わってくるのも事実です。そこで一つ決めておきたいのが、甘酒をまずは毎日摂り入れるために習慣として生活に摂りこむことです。

そして次にダイエットとして甘酒を飲むのか、美容のために飲むのか、健康目的で飲むのかで、飲む時間帯というのが変わってきます。ここが一つ大きなポイントになってきます。

 

1日にコップ1杯程度を目安に飲む

甘酒は健康にも美容にもいい効果をもたらせてくれますが、気をつけなければならないのが、甘酒のカロリーは100gあたりで考えると81Kcalあるということです。つまり甘酒を飲み過ぎていると・・・・どうなるのか想像がつくと思います!!

一言でいえば、カロリーの摂り過ぎになってしまいますよね!?当然太ってしまうわけです。美容やダイエットにいいと思って飲み過ぎてしまえば、甘酒の糖分が必要以上にカラダに入ることになるために体重が増えてしまうことになります。

特に甘酒は吸収がよい飲み物のために飲み過ぎには注意し、1日にコップ1杯程度までを飲むようにしてください。

 

寝る前に飲む甘酒の効果は?

寝る前に飲む甘酒の効果にはいくつかあります。その一つとして寝る前に飲む事には、その日の一日の疲れや仕事などの人間関係でストレスがカラダに負担としてかかっていることだと思います。

寝る前に甘酒を飲むということは、こうしたカラダに与えたストレスを改善させるためがその目的にあります。というのも、甘酒にはパントテン酸、アミノ酸(GABA)が含まれています。このパントテン酸はGABAはストレスや疲れを解消してくれます。

特に自宅に戻ってからストレスでイライラしたりしていれば、寝付くこともままならないでしょう。活動的なカラダの状態からリラックスした状態へ導くことも大切なことです。こうした心地よい眠りにつくための成分が甘酒には含まれているために同時に入眠する効果もえられるわけです。

 

そしてさらには甘酒の効果からこういった事も得られます!!

  • 脂肪を燃焼してくれる
  • 美肌効果
  • 疲労を回復させる
  • 美髪効果

 

ダイエット目的であれば朝がいい!あさイチのおすすめ

甘酒を美容を目的とする場合には、それほど飲む時間帯にこだわる必要はありません。ただダイエット目的にする場合には、飲む時間はしっかりと決めた上でのダイエットをすることでより効果が期待できるというわけです。

そしてダイエットを目的とする甘酒の飲み方は、朝に飲むことです。朝の時間というのは、起きてから体温が低い状態にあります。この時に朝食を摂らずにその日を過ごした場合に、代謝には大きく影響をもたらしています。

つまり、代謝が上がりにくい一日で終えてしまうと言うことです。そうならないために朝食を摂ることで上がりやすい代謝作りができるわけですが、甘酒にも同じことが言えます。

スポンサードリンク

朝に甘酒を飲むことでエネルギー代謝を高めることができ、その日の代謝は一日上がり継続させることができます。つまり、代謝が高い状態ということは、それだけで消費するエネルギーも大きくなるために脂肪も燃焼されやすくなるということです。

 

美容や健康を目的にするなら米麹の甘酒がおすすめ

甘酒の種類には2つの種類があるとおり、酒粕を原料として作られた甘酒とお米を発酵させて作られた米麹の甘酒とありますが、その内、美容や健康を意識して変えていきたい場合には、米麹の甘酒を選ぶ事をおすすめします。

これは市販されている酒粕から作られている甘酒には、そもそも甘味がありません。そこで甘味を足し飲みやすくするために砂糖などを入れて甘酒として作られています。一方で、米麹から作られた甘酒には、わざわざ砂糖を入れる必要がないのです。

これは米麹が発酵する過程で甘味を出すために砂糖を使う必要もなく、米麹の甘酒には、甘みを感じることができるからです。また酒粕には少しのアルコール成分が含まれていることもあって、アルコールが苦手な人も米麹であれば心配することもありません。

 

甘酒はホット(温めて)いいの?ホットの考え方を知ろう!

甘酒は夏には冷たくおいしく飲むことができますが、寒い時期に冷たいままで飲むのはちょっと・・・・・と思っている人もいると思います。また特になにも考えなくただ甘酒を温めて飲んでいる人もいるでしょう。

 

ですが・・・・ちょっと待ってくださいね!!

 

本当に美容や健康、ダイエットとして甘酒を飲む場合に、ホットにすることで何も問題はないと思いますか?!というのも、実は甘酒には酵素がたくさん含まれています。この酵素は熱に弱いという性質を持っています。

つまり、むやみにホットにしてしまうと、せっかくの甘酒の効果が台無しになっている可能性があるかもしれないということです!!そこで一つ気をつけておきたいことを紹介します。

 

米麹の甘酒のホットの目安は

まず、米麹の甘酒の場合には温度に気をつけなければなりません。ただこれは、米麹から作った甘酒が手作りである場合に限ります。というのも市販されているほとんどは、加熱処理をしているものがほとんどです。

加熱処理がしているということはすでに温めようが、酵素の働きは止まっているために気にする必要がないということです。ただ手作り、つまり生の米麹から作られている甘酒の場合は、まだ酵素の働きもあるので、その温める温度は60℃までとしておいてください。

これ以上の温度になってしまうと、酵素の作用も止まってしまうために気をつけましょう。

 

酒粕の甘酒のホットの目安は

酒粕の場合の中で市販されている物に対しては、温度に対して特に気を使う必要はありません。これは米麹の市販している甘酒にも共通していることです。ただ手作りした酒粕の場合は違います。

米麹と大きく違うところは、温度の高さです。酒粕の場合には、酒粕に含まれている酵母は40℃で死滅してしまうのです。つまりこれ以上の温度でホット甘酒にしてしまえば、その効果も半減してしまう可能性が高くなります。

ただ米麹と決定的に違うところが、酒粕には、死滅しても、麹菌や酵母菌が作り出す有用菌が存在していることです。つまり、40℃以上のホットの温かさで作っても、壊れない成分もあるために全く意味がなくなってしまうわけではありません。

ですが、全ての効果を得るためには、温度管理も非常に大切なことでもあるのです。

 

甘酒の飲み方をアレンジするレシピとは

甘酒で美容やダイエット、健康にうまく摂り入れたいと思う反面、甘酒がどうしても苦手だと思うっている人も少なくないかもしれません。そこで飲みやすさを加えたアレンジをすることで、甘酒そのものが飲みやすく利用できる方法を紹介します。

 

豆乳+甘酒

豆乳と甘酒を1:1の割合で混ぜます。甘酒が飲みにくさをそれでも感じる時は、甘酒1:豆乳2の割合で混ぜるなどして飲んでみてください。そして甘酒の美容効果やダイエットの効果に加えて、豆乳には、イソフラボンやサポニンが含まれています。

こうした成分によって、美肌効果や便秘の解消、生理痛の緩和、バストアップ、更年期障害への対策にもなります。中でも更年期障害には辛い症状も多くあり、この大きな原因には、エストロゲンの減少が関わっています。

しかし豆乳に含まれるイソフラボンには、エストロゲンと似た働きをすることから、エストロゲンを補うことができるのです。

 

バナナ+甘酒

栄養が豊富で知られているバナナですが、これ以外にもバナナ1本あたりのカロリーもわずか86Kcalと少ないことでも知られています。バナナにはビタミンが豊富に含まれているために、肌の新陳代謝を上げる効果や肌荒れや肌の潤いを保つことまで幅広く美容に関して効果があります。

また、バナナにはカリウムも豊富に含まれているために、利尿作用によってむくみを解消させてくれます。。また脂質の燃焼も助けてくれ、コレステロールの抑制や便秘の予防にも役立ちます。

こうしたところからもダイエットとしても役立つのがバナナです。バナナ1本までを豆乳と合わせ、ミキサーで混ぜて飲んで見てください。

 

どうしても甘酒の味が苦手な人!そんな人へのアレンジレシピは

甘酒がどうしても癖のある飲み物だと思っている人ほど、甘酒を飲むことに抵抗を感じる人かもしれません。そんな甘酒のどこに低抗を感じているのかというと、甘酒の米麹の臭いが苦手だという人。

酒粕の味が苦手だという人。米麹の甘酒そのものが苦手な人と理由は人それぞれです。中には、甘酒を摂り入れうようと思った矢先に、どの甘酒も受け付けない!なんてことが起こる人もいるかもしれません。

 

甘酒の臭いが苦手!そんな人には

ショウガを使う

甘酒は米麹のものも、酒粕の甘酒にも臭いはついてきます。そこで臭いを少しでも軽減させるために、ショウガを使います。ショウガにも独特な香りがするために、ショウガを小さじ1/2杯ほどを甘酒にすりおろしたものを入れてください

ショウガの香りが甘酒の香りよるも引き立つために、甘酒そのものの臭いも軽減されると思います。またショウガには、カラダを温める効果もあり、ダイエット効果にも繋がるためおすすめです。

 

ピュアココアを使う

ピュアココアの場合、酒粕の甘酒よりも、米麹から作られる甘酒の方がおすすめだと思います。ピュアココアの入れる量は小さじ1//2~1杯ほど。もともとココアの香りは甘い香りが強いために、甘酒本来の独特な臭いは、ココアによって消されてしまいます

また、甘酒の甘味によって、ココアの味も普段飲んでいる時のような甘さが加わるために飲みやすいでしょう。そしてココアを入れることでの効果は、カカオポリフェノールによる美肌効果!!

またカカオの香り成分にあるテオプロミンは自律神経を整えてくれる働きをしてくれます。

 

きな粉を使う

きな粉の場合でしたら、酒粕の甘酒でも、米麹の甘酒でも、どちらの甘酒でも利用することができます。特に臭いに関しては、きな粉の香りが甘酒の臭いを上回るために、甘酒の香りがそれほど気にならなくなります。

きな粉は小さじ1杯を目安に入れて飲んで見てください。

そしてきな粉の効果には、大豆イソフラボンと大豆サポニンの効果で、年齢を重ねるにつれて起こってくるしわやシミ。次第に老化していく肌を始めカラダの衰え。こうした減少を抑えてくれるのが大豆サポニンにはあります。

また、大豆イソフラボンによって、女性ホルモンと似た働きをすることから美肌効果や更年期障害への症状の予防や改善へと繋げてくれます。

 

 

野菜や果物でスムージーにする!

甘酒に野菜や果物をいれることで、甘酒の臭いを消すことができます。特に果物の選び方次第では、甘酒の香りは完全に消えるでしょう。また、野菜や果物を入れることで普段摂れていない栄養をこれ一つで不足する栄養を補うこともできます。

 

ジュースを使う

酸味の強すぎないジュースであれば、どのジュースであっても、甘酒が飲みやすくなります。ジュースを入れる分量は好みの分量でいれてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?甘酒には様々な栄養が含まれているために、美容からダイエット、健康と幅広く効果を発揮することができますが、飲む時間帯によって、また飲む前の温度管理によっても大きく効果がかわってきます。

そのために少しでも甘酒の栄養を効率よく摂るためにも、温度にも気を配ることも大切です。また、甘酒には、ただ美容やダイエットだけでなく、集中力を高めたいと思う時にも甘酒を飲むことで集中力をアップすることもできます。

1日1杯までの限度を守りうまく甘酒を摂り入れて、それぞれの目的に活用してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。