甘酒ダイエット方法!寝る前と朝効果の違い!テレビで話題の米麹


甘酒がダイエットによいと話題に

なっていますが、その効果がテレビで

大きな話題を呼んでいます。

甘酒

その効果とはいったい・・・・

スポンサードリンク

 

甘酒って!?

甘酒1

甘酒といえばお正月に飲むイメージが

強い飲み物ですが、甘酒の起源には

古墳時代に遡るほど古い飲み物で

人気の飲み物です。

 

 

また甘酒そのものは江戸時代には

夏の風物詩として人気が高く

夏に飲むことで夏バテを防ぐ

目的もあったほどです。

 

 

そして最近では甘酒の商品も

増えてきており、スーパーや

コンビニで手軽に購入する

ことができるようになって

います。

 

 

 

甘酒の嬉しい5つの効果とは

美肌効果

 

甘酒2

甘酒に含まれる栄養にビタミンB2

が多く含まれています。

 

 

このビタミンB2が肌の機能を

活性化する効果があることから

肌を保湿する効果とハリや

弾力を取り戻してくれる

働きがあります。

 

 

また甘酒の原料である

麹にはシミの原因となる

メラニンの生成を抑えてくれる

効果があることから美肌になる

効果があります。

 

 

 

脂質の代謝促進

ウォーキング 姿勢

甘酒の中に含まれるブドウ糖には

血糖値を上げる働きがあることから

満腹感を得やすくする効果

あります。

 

 

また甘酒に含まれるビタミンB群

には脂質の代謝を促進する働きが

あることから、脂肪を燃焼させ

やすくする効果もあります。

 

 

そして特におすすめされる甘酒が

米麹の甘酒で、この甘酒は100g

に含まれるカロリー数はわずか

81キロカロリーと低カロリー

なのです。

 

 

 

 

便秘を改善

 

きなこ 便秘

甘酒にはお腹の調子を整える

オリゴ糖が含まれており、さらに

食物繊維が含まれていることから

腸内環境の改善する効果があります。

 

 

腸内環境が改善されることで

便秘が改善され、肌の荒れといった

ところも改善されていきます。

 

 

また、便秘でお腹が張っている

状態が改善されぽっこりお腹も

きれいにすっきりさせることが

できます。

 

 

 

美髪効果

 

きなこ 美肌

甘酒に含まれる成分にビオチンという

成分がありますが、このビオチンは

コラーゲンなどのたんぱく質を

作る働きがあります。

 

 

これがきれいな髪を作る効果

あるわけですが、甘酒に含まれる

コウジ酸にもきれいな髪を作る

効果があることから女性からは

重宝されています。

 

 

 

疲労回復

 

二の腕4

甘酒には疲労を回復させる効果が

あります。

 

 

毎日少量ずつ飲むことで身体の

疲れも残りにくくなると言われ

ています。

 

 

これは甘酒にたんぱく質を作る

アミノ酸の含有量が高いことから

点滴に匹敵するほどと言われて

います。

 

 

また江戸時代から親しまれている

夏のドリンクとしてもその理由に

ある甘酒です。

 

 

 

リラックス効果

 

一人暮らしダイエット

甘酒にはストレスを軽減させる

パントテン酸やGABAというアミノ酸

の一種が含まれており、日々の

ストレスや疲れを癒す効果が

あると言われています。

 

 

甘酒は古くから親しまれてきた

飲み物とあって疲れを癒し、

リラックスさせる効果には

大きなものがあります。

 

甘酒の栄養

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • アミノ酸
  • ブドウ糖

 

 

おすすめの甘酒は米麹から作られたもの

甘酒1

甘酒には酒粕から作られたものと

米麹から作られたものとあります。

 

 

酒粕から作られる甘酒には、

日本酒などのもろみを圧縮した

後に残る、白色の固形物を

お湯で溶き、加熱し砂糖を

加えて作ることからお酒の香りや

アルコールは少しばかり加わる

ために飲みにくい癖があります。

 

 

ですが米麹から作られる甘酒には

お粥状態にした米に米麹を入れて

作ります。
スポンサードリンク

 

そのため甘いの成分は砂糖ではなく

でんぷんからの甘みのため

自然な甘みのため、ダイエットに

いい甘酒は米麹から作られた

ものがおすすめです。

 

酒粕の甘酒はなぜだめなの?

甘酒にはもともと大きく分けると米麹から

作られるものと酒粕から作られるものと

分けることができますが、その内の酒粕から

作られる甘酒には、アルコールが含まれている

ことが一つの向かない原因です。

 

ただ甘酒といっても加熱することでアルコールの

ほとんどは飛んでしまい微量のアルコール分

のみ含まれています。

 

 

そしてもう一つのダイエットに向かない理由が

砂糖が含まれていることです。

砂糖を加えることで飲みやすくする一方で

太りやすくもなる可能性があるからです。

 

 

ダイエットに効く飲むタイミングと時間

甘酒3

甘酒をいつ飲めばダイエットに

効果的になるのか!!

 

 

これは飲む時間やタイミングで

その効果は変わってきます。

まずダイエットをするので

あれば、朝に飲む事が最も効果的と

いえます。

 

 

これは甘酒を飲むことで

エネルギーとなることから

朝に甘酒を飲むことで基礎代謝

を上げる事ができます。

 

 

さらに甘酒を温めて飲むことで

その効果は大きくアップします。

 

 

そして甘酒は一日にコップ1杯

を目安にするとよいです。

 

 

 

寝る前に飲む効果とは

水分

甘酒にある効果にはストレスを

軽減させる効果があるとお話し

しましたが、このストレスこそが

この寝る前に大きな効果を持って

います。

 

 

基本、夜の時間には副交感神経が

働くことでリラックス状態に

なります。

 

 

ですが、身体が興奮している

状態、つまり交感神経が

長く続いた状態にあると、この

リラックス効果を得る事が

できない状態にあります。

 

 

こういった場合に興奮を

沈めてリラックスを

させなければなりません。

 

 

ストレスが身体に与える影響は

それほど大きいと言うことです。

 

 

こういったストレスを鎮める

効果があるのが甘酒ということです。

 

 

甘酒には交感神経の興奮を

穏やかにしてくれる働きがある。

 

 

これこそが、寝る前に甘酒を飲む

ことでストレスを撃退させること

ができます。

 

 

そしてもう一つの大きな効果が

美肌効果、アンチエイジング効果

疲労効果といったところを考える

のであれば夜寝る前がおすすめです。

 

ダイエット効果を大きく高めるためにやるべきこと

酒粕で作られたものは選ばない

これまでにもあったように酒粕から作られる

甘酒には砂糖が使われています。

たったこれだけのことですが、太りやすくも

なります。

 

 

そのためにも、米麹から作られたものを選ぶ

ようにしましょう。

また米麹の甘酒ならブドウ糖が入っています。

 

 

この甘さの元になるブドウ糖の力で、エネルギー

として使われることですぐに代謝してくれます。

また脂肪として溜まることもないためダイエット

には米麹なのです。

 

甘酒にプラスする

甘酒が人によってはどうしても苦手という人

もいるかもしれません。

またさらに甘酒の効果を出したいと欲が

出てしまう人もいるでしょう。

 

 

そんな人には甘酒に効果のあるものをプラス

するだけで飲みやすく効果を高めることも

できるようになります。

 

 

1 豆乳をプラスする

豆乳には、もともと女性ホルモンを高める効果

があります。

つまり美容アップ効果やダイエット効果を

得ることができます。豆乳の効果については

こちらの記事を参考にしてください。

豆乳が生理前に痩せないのは嘘!効果の秘訣は

 

2 生姜をプラスする

生姜には身体を温める作用があります。つまり

甘酒と飲むことで血行も促進されやすくなり

発汗効果も高まります。

 

 

身体が温まってくるとカロリーの消費の仕方も

大きく変わってきます。

また飲みやすさでも甘酒の独特の臭いが

気になる人には生姜で解消することもできます。

また生姜にはリラックスする作用もあるので

ストレスで悩んでいる人にもホッとする

ひとときを感じることができます。

 

3 ココアをプラスする

ココアの香りをかいだことがある人にとって

はあのほのかな甘さが心地よいと感じること

だと思います。

 

このココアの香りで甘酒の匂いをうまく消し

飲みやすくしてくれます。

またココアにもダイエット効果や美容効果の

高い成分がしっかりと含まれてもいます。

 

 

食物繊維による便秘解消効果やココアに含ま

れるカカオの効果など!!

カカオの効果についてはこちらの記事を

参考にしてみてください。

チョコレート効果で美容ダイエットに!高カカオの決めては70%以上

 

生の甘酒を選ぼう

甘酒の効果を発揮させるポイントは生で

あるかどうかです。

これは、本来の生の甘酒には酵素を始め、

ビタミンや微生物が甘酒の中では活動して

います。

 

しかし、ここに熱が加わることで酵素の働きも

減り、ビタミンや微生物の働きも弱くなって

しまいます。

 

 

つまりここで大切なことは加熱処理がされて

いないことや甘味料を使用していない生の

甘酒を選ぶことです。

 

自宅で作ることもできる

生の甘酒を一度でも自宅で作ってみようと

考えている人には、おすすめかもしれません。

なんといっても、生の甘酒の効果を最大限に

身体に摂り入れることができるのですから・・

 

材料

 

  • 麹(生か乾燥したもの)

 

比率を考える

水と麹を混ぜ合わせていきます。乾燥麹の

場合は、水:乾燥麹=2:1の割合にします。

生の場合は、水:生麹=1:1にします。

 

温度と時間を考える

ここで発酵器をつかっていきます。発酵器の

温度を60℃に設定し、保温時間を4時間

セットします。

 

保管

ここまで出来上がったら、冷ましてください。

冷まし終わったら冷蔵庫で保存しましょう。

ただし一度作った生の甘酒は1週間以内に

使いきるようにしてください。

 

毎日続ける習慣を!

ダイエットで一番気をつけなければならない

ことは当然リバウンドになるでしょう。

せっかく順調にダイエットできていても、

ある日突然にバウンドをしてしまったら

何の意味もなくなってしまうかもしれません。

 

 

そうならないためにも毎日続けることが大切

なことです。この毎日続けることには

レプチンという物質が深く関わってくるから

です。

 

このレプチンは脂肪細胞に脂肪が吸収されると

分泌される物質ですが、ダイエット中に食事の

量を減らすとレプチンも減少します。

 

 

しかしダイエットを途中で止めたりするとこの

レプチンの量がダイエットする前の量に戻って

しまうのです。

 

つまり満腹感を食事で感じにくくなることで

食べ過ぎてしまうということです。

これがリバウンドをする原因なのです。

 

このレプチンの働きには、短い期間であると

増えもし減りもするため太りやすいのです。

そうならないためには、このレプチンの量を

安定させることが必要になってきます。

 

そのためには1カ月間は食事の量に気をつけ

ておかなければならないのです。

安定するまでに約1カ月はかかるので、

この期間は油断しないとうことです。

 

温めすぎないことも大切

ダイエットに欠かせない酵素やビタミン類!

ただこうした成分にも弱点はあります。

それが熱に弱いということです。

 

 

特に加熱しすぎたり、温めすぎると、酵素や

ビタミン類が失われる可能性が大きく

なります。

 

 

そのためにも気をつける温度は60℃まで

としておいてください。

 

まとめ

甘酒4

甘酒の効果にはダイエット効果

だけでなく女性にとって嬉しい

効果も多くあります。

 

 

甘酒は飲むことでそれぞれの

効果がありますが、甘酒を

肌に塗ることで保湿の効果も

あります。

 

 

甘酒は古くから親しまれる

だけあってその効果は絶大です。

甘酒の驚くべき美容効果と

ダイエット効果を同時に体感

できる優れた飲み物!

 

 

カロリーも低くコストパフォーマンス

もいいことから手軽に始めることが

できます。

 

 

日本書紀にも登場する甘酒を

ただの栄養ドリンクとしてでなく

ダイエット、アンチエイジング

効果として使うとすぐにわかるはず

です。

 

是非実践してみてください。

 

 

スポンサードリンク

3 Responses to “甘酒ダイエット方法!寝る前と朝効果の違い!テレビで話題の米麹”