甘酒効果!酒粕と米麹の違いでわかる効能ダイエット


 

昔から親しまれ続けている甘酒ですが、ダイエットや美容。そして健康までと幅広く人気になっています。そこでなぜ甘酒がそこまで効果があるのか!また米麹や酒粕からできている違いからダイエットや美容に何がかわるのかを紹介します。

スポンサードリンク
<

 

甘酒のイメージ

古くから親しまれている甘酒は、今でこそ手軽に買うこともでき美容やダイエットによい飲み物だといわれています。この甘酒効果について飲んだことのある人からすると甘さやお酒が気になっている人もいます。

 

米麹の甘酒ってなに

米麹から作られている甘酒の特徴は、日本酒と同じように麹が発酵することによってできるものです。つまり、お米から作られるものが米麹の甘酒で、米に含まれているデンプンを麹菌によって糖分に変えることで作られているものです。

 

つまり米麹から作られている甘酒は、米と麹菌のみで作ることのできる甘酒なのです。

 

酒粕の甘酒ってなに

これに対して酒粕からできている甘酒の特徴は、まず酒粕を水で溶くことで、そこに砂糖を足すことで甘味を加えて作ったものが酒粕から作る甘酒です。そして米麹から作られる甘酒と大きく違うところは、酒粕にふくまれるアルコールが甘酒として残ることです。

 

つまり、アルコールを少し含んでいる甘酒のために、お酒が苦手な人やダイエットとして考えている場合に砂糖を加えることでカロリーが米麹よりも高くなることになります。こうしたことから考えるとダイエットや美容におすすめな甘酒は酒粕ではなく米麹から作られた甘酒ということになります。

 

アルコール成分を含まずに飲むこともできます。

 

米麹からつくられる甘酒の美容やダイエットによい働きとは

甘酒が別名「飲む点滴」や「飲む美容液」と呼ばれているのには理由があります。どうせダイエットをして痩せるならキレイに痩せたいし美容にも気を使いたいものです。

 

腸内環境を整えてくれる

腸内環境を整えてくれる働きを助けてくれるなかに、食物繊維とオリゴ糖が甘酒には豊富に含まれています。この食物繊維やオリゴ糖の働きによって腸内環境の改善に役立つ善玉菌を増やす働きをしてくれます。

 

また米麹菌は、死骸となっても善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えてくれる効果もあります。そうすることで腸内環境を整えるとともに便秘の予防にもなります。また腸内環境を整えるということは同時にカラダの免疫も高めることにもなります。

 

腸内に入ってきたものに対して免疫細胞が無害なのか有害なものなのかを認識することで細胞が攻撃し腸を守り続けてくれます。つまり、腸は人のカラダでは最大の免疫器官でもあるのです。

 

胃腸に優しい

甘酒が飲む点滴といわれる理由があります。それがそもそも古くは江戸時代。この頃から甘酒は親しまれていたわけですが、この時代では、夏バテを予防するために飲まれていました。

この理由には、甘酒に含まれている成分の米麹が一緒に摂った栄養の消化や吸収を助けてくれることから胃酸が出にくく胃腸に優しいからです。そしてカラダに効率よく吸収できるところも飲む点滴といわれる所以です。

 

また甘酒には、アミノ酸やビタミンB群、ミネラルと豊富に含まれている成分が点滴に含まれている成分に近いためにカラダに優しく胃腸に優しいのです。

 

ダイエットとして強い味方になる成分!

ダイエットをしていて必ずといっていいほど多くの女性に共通する悩みがあるはずです。それが・・・・

 

  • 空腹感がある
  • 食べ過ぎてしまう
  • イライラしやすくなる

 

言いだしたらきりがないほどダイエットと食べ物とは密接な関係があることがわかると思います。特に上にあげている3つはダイエット中に必ずと言っていいほど感じるところです。

しかし、甘酒に含まれる成分をみると、ブドウ糖はお腹が空いた時に甘酒を飲むことで血糖値を上昇させる効果があるために、少ない量でも空腹感を抑えてくれダイエットをサポートしてくれます。

 

また、お腹が空いてイライラしやすくなることに対しても甘酒に含まれるアミノ酸(GABA)によって食べ過ぎを予防してくれることでダイエットの手助けをしてくれます。ダイエット中に甘い食べ物が欲しくなることがあると思います。

 

そんな時にダイエットを忘れて食べてしまっては意味はありませんよね。甘酒であれば少ない量でも満足感を与えてくれますし、ダイエット中の空腹にたいしても和らげてくれます。

 

美肌に繋げる効果

ダイエットと同時に意識していることがキレイに痩せることのはずです。ただダイエットをしてもキレイに痩せなく肌がボロボロ・・・・・なんてことになれば嬉しくもありませんよね!!

 

そこで美容効果を高めるためには、血行を促進させることにあります。甘酒にはこの血行を促進させるためのビタミンB群が含まれていることでダイエットにも欠かせない血行を促進させると同時に代謝を上げることによってダイエット効果になります。

 

またさらに血行を促進させるということは、それぞれの細胞に必要な酸素や栄養を運ぶことで二酸化炭素や老廃物を出してしまうことになります。これが細胞を生まれ変わらせダメージを修復させることにもなり紫外線からのダメージや肌荒れなどを修復させることになります。

 

しかし、血行が悪くなっていれば、こうした肌の修復も遅くなり、さらには悪化なんてことになります。年齢ともにターンオーバーも乱れ、また年齢によって代謝も低下することも大きな理由です。

 

血行を甘酒によって促進させ美容とダイエットの両方からアプローチすることができるのです。

 

老化の原因にもよい

麹菌に含まれている酵素には、抗酸化作用もあります。老化の原因にはカラダが錆びることでの酸化もその原因の一つです。ダイエットにも関係することには酸化、糖化、ホルモン変化もありますが、老化にも大きく影響している酸化。

 

酸素を吸うことで活性酵素がカラダの中に入ることで酸化し細胞の働きを低下させてしまいます。しかも活性酵素はエネルギーを作ると必ず発生するもので避けることもできません。

ただ私たちのカラダにはこの活性酵素を毒性の低い物質に変えて消してくれる酵素ももっています。しかし年齢によって減っていくために少しでも抗酸化物質を摂り入れることが必要なのです。

甘酒に含まれる麹菌には活性抗を抑える働きをしてくれる成分が含まれていることで老化の原因にも働きかけてくれるのです。また生活習慣病や生理痛や生理前のイライラなど月経前症候群に対しても効果を期待することができるのです。

 

米麹だけでない!酒粕も立派なダイエット向きの甘酒!?

米麹がダイエットとして考えた場合はおすすめだと伝えてきました。しかし、酒粕がダイエットに全く向いていないというわけでもありません。確かに酒粕は砂糖を加えて作る分のカロリーが上乗せされます。

しかし、原材料のカロリーでみれば米麹のほうが100gあたり約40Kcalほど多くなります。ただ一般的にみれば米麹のほうがカロリーは少ないのは確かです。ですが、酒粕から作られる甘酒も自分で作ってしまえば砂糖の量を減らすこともできます。

 

しかも酒粕そのものにも糖質や脂質の代謝を促進する成分やコレステロールの低下を促す成分も含まれているために米麹と同じようなダイエットの効果は期待することができます。

 

甘酒ダイエットのやり方は

ダイエットの基本的な考え方は消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。当然、摂取カロリーが上回らなういようにする必要があります。これがカロリー制限をすることになりますが、カロリーを摂りすぎてしまうと脂肪として蓄積されるので気をつけてください。

 

そこで甘酒をどう使ってカロリーを摂り過ぎずにダイエットするのかを紹介します。

 

朝食と置き換える

甘酒を使ったダイエットの定番になるのが置き換えるダイエット法です。そもそも甘酒は満足感も高い飲み物のために朝食の時に甘酒をコップ1杯(200ml)と置き換えるだけでよいのです。

 

特に朝に甘酒を飲む理由には、朝のこの時間帯がカラダにある老廃物を排出する時間でもあるからです。甘酒の特徴にもある胃腸に優しい上に便秘を解消する期待ができることも考えれば朝に甘酒を飲むこと胃腸が活発になり老廃物を排出させてくれます。

 

間食と置き換えることもあり!!

ダイエット中に甘いものを食べたくなることは多いと思います。自分の欲求と闘いを強いられるなんてこともあるでしょう。こうした我慢をすることでストレスになったり間食がより止められなくなることもあります。
スポンサードリンク

 

そうなってしまわないためにも間食として甘酒を飲むこともおすすめの一つです。甘酒よりもお菓子など砂糖が入ったものを食べるよりは甘酒を飲む方が断然良いです。甘酒には甘味もあり、しかも砂糖も使っていない。

さらにダイエット効果や美容効果を持つ甘酒を飲むほうがよいはずです。そこで今まで食べていたお菓子類から甘酒に置き換えることをすることです。

 

甘酒の効果は手作りが一番良い!?レシピを紹介

甘酒はどこに言っても買うことができますが、甘酒の本当の効果を体感するには、甘酒本来の酵素の働きをそのまま摂ることが必要になります。これは市販されている甘酒のほとんどが味が変わらないように加熱殺菌していることで本来の酵素が摂れなくなっていることにあります。

 

甘酒に熱が加わるとビタミンも変性し微生物も死滅します。つまり甘酒本来の働きを摂ることができなくなってしまうのです。そこで自宅に居ながら簡単に作ることのできる甘酒レシピを紹介します。

 

準備するもの

  • 米 1カップ
  • 乾燥米麹 200g
  • 水 4カップ

 

作り方

  1. 洗ったお米1カップと水3カップを鍋に入れて30分~1時間浸してください
  2. 鍋に火を入れて強火にします
  3. 鍋の底に米がつかないように混ぜてください
  4. 沸騰したら弱火にして鍋に蓋をし、15分ほどお粥を炊きます
  5. 麹をほぐします
  6. お粥が炊き上がったら水1カップを追加し混ぜながら温度を60度前後にまで下げます
  7. 麹を追加しよく混ぜてください
  8. 火からはなしてタオルなどで鍋を包み温度を60度前後に保ちます
  9. 4~10時間おいて完成です

 

 

手作り甘酒の保存の方法は

冷蔵庫で保管
  • 粗熱をとりガラスやプラチックなどの保存容器にいれて保管
  • アルミ製の容器は酵素の働きによって穴があく可能性があるため使用しない
  • 発酵時にでるガスによって爆発する恐れがあるため1日1回蓋をあける
  • 保存期間は7日~10日程度
冷凍庫で保管
  • 冷凍用の保存袋に空気を抜いた状態で保管する
  • 時間が経過するにつれ酸味がでるため注意

 

甘酒の効果効能を高めてダイエットする方法

甘酒のダイエット効果をさらに組みわせることで美容や健康的にダイエットすることもできます。

 

豆乳甘酒にする

ダイエット中に不足してしまう栄養にタンパク質があります。特にダイエットによって制限をすることでタンパク質を不足させることが多いのも事実です。特にタンパク質を不足させるということはダイエットを失敗に繋げます。

 

それだけダイエットとタンパク質の関係性は深いということです。つまり女性にとっては大きな味方になってくれるのです。ただ体重を落とすだけのダイエットはダイエットとは言いません。

健康的にキレイに痩せるために、またリバウンドをしないためのダイエットを取り組むべきです。そこで補いたいのがタンパク質です。私たちの代謝を高めるためにはタンパク質をとる必要があります。

 

筋肉をつけるもとになるのが短タンパク質で、タンパク質不足は筋肉を作るもとを失くしてしまうことになります。筋肉を作るための必要なタンパク質を摂ることで代謝を上がりやすくさせ太りにくくします。

 

また美容に対しても、乱れたホルモンバランスを整えたり髪や爪、肌を作る元にもなるためにタンパク質が必要なのです。そこで豆乳です。豆乳には、植物性のタンパク質が豊富に含まれています。

 

しかも動物性のタンパク質よりも低カロリーで脂質を含みません。

 

  • 豆乳:甘酒=1:1

 

たったこれだけでダイエットに不足する栄養も摂れおすすめです。

 

夕食を玄米甘酒にする

甘酒には米麹からつくられるもの、酒粕からつくられるものとありますが、玄米から作られる甘酒もあります。この甘酒の特徴が玄米麹といわれる菌です。米麹と大きく違うところは玄米麹のほうが食物繊維が豊富であること。

 

またカラダを温めてくれる働きや代謝を上げてくれることで冷えにも予防することができます。しかも酒粕のようにアルコールを含まず、玄米と米麹から作るために麹が発酵する過程で作られる栄養成分ももちろん摂ることができます。

 

また食事から摂る必要のある9種類の必須アミノ酸も全て含んでいることも大きな特徴です。そして玄米甘酒は夕食と置き換えること。または夕食の量を減らすことです。特におすすめなのは夕食に玄米甘酒を置き換えることです。

 

甘酒効果はいつからでるの

甘酒の効果で一番はやく感じることは、やはり便秘の解消による効果です。この効果であれば2週間ほどで効果を体感することができると思います。またダイエットとしての効果を感じるのは、当然、消費カロリーが摂取カロリーを上回らないことが前提です。

 

この部分をおさえることができていれば本格的に痩せていくのは2~3カ月くらいが目安になります。リバウンドの原因にもなる速くから無理な置き換えをして2食置き換えるなどはしないことです。

リバウンドにつながります。決められた時間で置き換えることで現れる期間になるでしょう。

 

やってはいけない甘酒の飲み方

甘酒を飲む上でせっかくの甘酒の効果を台無しにしてしまう飲み方があります。それは、甘酒の本来の栄養を損なうわせる飲み方です。甘酒に含まれる一つに酵素があります。この酵素は熱に弱い性質をもっています。

 

つまり、60度以上加熱してしまうと菌が死滅してしまい、せっかくの酵素の働きを台無しにしてしまうのです。またもちろん飲み過ぎや摂りすぎは甘酒を飲む意味はなくなってしまいます。

ダイエットによい飲み方のタイミングをみてうまく利用することが必要なことなのです。

 

甘酒効果の口コミ

甘酒飲むようになって痩せたすごい

 

毎日朝甘酒飲も。東京で一人暮らししてた時にネットで大量購入して職場に持ってって飲んでたら一週間で4キロ痩せたの思い出した。甘酒甘酒〜

 

甘酒のパックが飲み終わるので
明日で甘酒ダイエット終わりです
1週間くらいやって
3キロくらい痩せたかな

 

わたしの感覚的な話で、医学的なことは知りませんが、朝と夕ご飯前に、豆乳と甘酒を半量ずつ割ってコップ1杯飲むと、痩せた。
内臓の脂肪が減ったのを感じる。CT撮ってないから医学的なry

 

てかな聞いてくれよ。
ここ2週間でめっちゃ痩せたからスカート緩いの!嬉しい!
しかもツイッターで回ってきた甘酒とトマトジュース混ぜるやつ飲んでるからお肌の調子めっちゃいい🙋💖💖💖幸せ💖💖💖💖

 

 

まとめ

甘酒の効果は、短期間で痩せるというよりは少し時間をかけていくことでダイエットに繋がります。短期間であれば、便秘の解消から体重が落ちるかもしれませんが、上手に甘酒を飲むことでダイエットと美容効果に繋がります。

本格的に痩せていくためには、やはり3カ月くらいは目安にするとよいですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。