アーモンド ダイエットで痩せないを解消!食べるタイミングは?


アーモンドってカロリーが高いイメージがあるかもしれませんが、実はダイエットに良い食べ物でもあるのです。しかもニキビができやすくなるなど美容にもちょっと・・・・と残念なイメージも上手にアーモンドをタイミングよく利用するとダイエット効果につながるのです。

スポンサードリンク
<

 

気になるアーモンドの成分って

アーモンドの成分にはダイエットするのに良い成分も含まれていますが、ただそれだけでも無いのです。そこでアーモンドの成分を少しばかり見てみるとわかることもあるのです。

 

アーモンドの美容効果

アーモンドにはダイエットにも関わってくる大切なな成分に、若返りのビタミンとも言われているビタミンEが豊富に含まれていることも大きな魅力もひとつです。

 

このビタミンEの働きには・・・・

 

  • 活性酵素から酸化を防ぐ
  • 血管をサラサラにする
  • 紫外線から肌を守る
  • 女性ホルモンの働きを正常にする
  • 血行を改善することで冷え症を解消する

 

といった効果があります。これらおんビタミンEの成分によって女性は嬉しい効果を発揮してくれるわけですが、アーモンドはビタミンE以外にも美容効果のある成分がまだあるのです。

それが、ビタミンB2という成分。このビタミンB2も美容ビタミンと同時に発育ビタミンとも呼ばれるビタミンで・・・

 

  • 老化防止
  • 髪の毛
  • 皮膚や粘膜
  • 爪の再生

 

といった肌の再生を促す効果もあることから美容にも良い成分なのです。また脂質の代謝にも関わるために美容・ダイエットには欠かせない成分なのです。特に女性にとって永遠の悩みにもなる老化予防に関わってくる要因に酸化や糖化があります。

アーモンドにはこの酸化と糖化の両方を補うことができるフラボノイド類が含まれていることも美容に強い特長です。ビタミンEとフラボノイドを一緒に取ることができるアーモンドの美容効果はダイエットや美容にも良いのもうなづけるはずです。

 

アーモンドは吹き出物ができるは間違い

ナッツ類を食べると、吹き出物ができやすくなるという噂を聞いたことがあるかもしれません。しかし、アーモンドには食物繊維が豊富に含まれています。そして悲しいことに1日デ必要な食物繊維を十分にとれていないことも大きな問題としてあります。

 

成人女性の場合に必要な1日の食物繊維量は18g以上が目安です。しかし、実際には食物繊維がとれていないだけでなく便秘の問題までもあるのが現実問題にあります。特に便秘の問題から肌荒れとしてニキビや吹き出物も増えることになります。

 

アーモンドを摂ることで不足している食物繊維量をおぎなうことができることで腸内環境を整えることができれば、肌荒れの改善にもあり美肌に近くことができるのです。

 

アーモンドの健康効果

アーモンドには、私たちが不足しがちな成分までも摂ることができます。それが・・・!!

 

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛など

 

カルシウムが不足していれば、精神的にも不安定になることもあります。またマグネシウムが不足していれば脂質の代謝にも関わってきます。特に鉄分の不足は女性にとては大きな問題でもあるはずです。

 

生活習慣病の予防に・・・

血液がドロドロの状態になっている!!なんてことから起こる得る問題が生活習慣病です。これは血液中のコレステロールが多くなることで血液がドロドロの状態になり血流が悪くなります。

そうすることで血液循環が悪くなると・・・

 

  • 脳梗塞
  • 下半身壊死
  • 心筋梗塞

 

血液の流れが悪くなることから生活習慣に関わってくる病気を起こしやすくなるのです。しかし、アーモンドに含まれている血液をさらさらにする働きにつなげてくれるビタミンEとオレイン酸によって血液の流れを変えてくれるのです。

 

老化を防止する

老化の原因は、いくつかありますが、その中でも活性酵素を防ぐことが老化の予防にもなります。また老化の原因の一つにあるのが老化を進める原因物質としてAGE(終末糖化産物)があります。

このAGEはタンパク質と糖が加熱されてできた物質のことで、強い毒性をもち老化を進める原因物質ともされています。このAGEは、老化の代表的な症状にあるシワやシミなどだけでなく、全身の健康にも影響するものです。

 

そして慶應義塾大学医学部教授の井上浩義によると、アーモンドには高糖化力があると考えているのだとか!!このことに実験を行い、アーモンドを5ヶ月、毎日25粒食べてもらうことでAGE値の変化を調べたところ、このAGE値が50%減という結果に。

 

つまり、カラダの中でAGEを作らせない働きをする事と、さらにAGEつくっつくことでカラダの外に排出する効果があることがわかっているのです。これは老化防止につながるアンチエイジング効果があるということです。

 

アーモンドが太ると言われているけど・・・実はすごいダイエット効果

代謝をあげる!血液がサラサラに!!

アーモンドは脂質が多いことも、女性にとっては気になるところだと思います。この理由には、アーモンドに含まれる脂質が約70%をしめていることにあります。しかし、アーモンドに含まれている脂質というのは、高カロリーで油脂分がたっぷりとイメージしてしまいますが、アーモンドに含まれているのは太る脂質とは違うのです。

 

不飽和脂肪酸という脂質がアーモンドには実に70%近く含んでいるのです。この脂質はオレイン酸やリノール酸といった太りにくい脂質が含まれているのです。そしてこの不飽和脂肪酸を利用したダイエットの研究結果には納得できる答えがあるのです。

 

それがハーバード大学による研究に、体重の減少するだけでなくリバウンドも少ないという報告です。この決め手になるダイエット効果には・・・・

 

  • 酸化しにくく悪玉コレステロールを抑える
  • 脂質の代謝を促すため脂肪燃焼につながる
  • 摂りすぎた糖質や脂質を便として排出する

 

といったことなのです。

 

便秘を解消する

そして食物繊維を含んでいることもダイエットに良い理由です。食物繊維は、腸内環境を整える働きがあります。しかし、ただ腸内環境を整えてくれるわけではなく便通を促すマグネシウムをアーモンドには含まれていることも大きなダイエット効果に繋がっています。

 

よくこんなことがありませんか?ダイエットを始めて便秘になった経験。これはダイエットをすることによって水分を摂る量が少なくなることに加えて、カラダが水分不足になり便から水分を吸収することで便そのものにも水分が不足し便秘を招くのです。

 

しかし、アーモンドに含まれる不溶性食物繊維によって水分を吸収し膨らむことで便のカサを増やし腸のぜん動運動を高めることで便秘を解消してくれるのです。

 

むくみを解消

カラダに必要のない老廃物や毒素が溜まることでカラダにはむくみが起こるようになります。パッと見た印象がなぜか太って見えてしまう・・・・。そんなことになっているとむくみによって太って見えていることが原因かもしれません。

 

便秘が解消されれば、もちろん血液の流れもよくなりデトックス効果によって解消されるようになります。

 

太るか心配になるアーモンドのカロリーは

アーモンドは美容効果はダイエット効果、そして健康効果と幅広くカラダによい働きをしてくれますが気になるのがやはりカロリーの高さです。アーモンドは100gで598Kcalがアーモンドのカロリーになります。

 

この数字だけ見てカロリーが高いのかどうかをご飯で比べてみるとわかることですが・・・

 

  • ご飯(100g)でカロリーは167Kcal
  • アーモンド(100g)でカロリーは598Kcal

 

となります。こうして見比べてみるとわかると思いますが、アーモンドの方がカロリーは明らかに高いことがわかりますただこれはあくまでもグラムでの話です。そもそも、アーモンドを100gも食べる人はいないはずです。

もう少し現実的に考えた場合、一粒あたりでみる方がよりわかりやすくなるはずです。そこでアーモンド一粒のカロリーを割り出すと・・・アーモンド1粒は約1.0〜1.2gで6Kcalほど。これを考えてダイエットをすればカロリーの摂りすぎの心配をなくすことができると思います。

 

スポンサードリンク

アーモンドダイエット!食べるタイミングや何粒が目安?

アーモンドを食べてダイエットだけでなく美容にも良い食べ方を知っているだけで、他の女性と大きな差をつけることができるようになります。そこでアーモンドをいつどのタイミンングで食べるのが効果的なのか?また何粒食べるのが良いのかを紹介します。

 

1日のアーモンド摂取量な何粒?

アーモンドを食べる上でもっとも大切なことは1日に食べる量の目安を知っておくことです。これまでにもあるようにアーモンドは決してカロリーが低い食べ物でもありません。

 

高カロリーであることを知っておくことで食べすぎる心配をなくすこと。そして1日に必要なアーモンドの量を知ることです。そこで1日に必要な食べても良い量は25粒までとなります。これ以上食べてしまうと逆効果になるので気をつけてください。

 

また1日で数回に分けて食べることも良いことなので上手にダイエットに役立ててください。

 

アーモンドはどれを選ぶべき?

アーモンドの種類も豊富なため、どのアーモンドを選ぶべきは知っておくことも必要です。そこでアーモンドを選ぶときのポイントが・・・

 

  • 皮付きを選ぶ
  • 素焼きのもの

 

たったこれだけです。アーモンドの皮には、ポリフェノールが含まれていることで血液をサラサラにしてくれます。あたアンチエイジング効果を考えるのであれば、皮つきのアーモンドを食べる方がよいでしょう。

またアーモンドは皮のほうが栄養が高いことも皮つきを選んで食べる理由にあるために皮つきアーモンドを選ぶようにしてください。またアーモンドも市販されているものを見ると種類も多いと思います。

 

ただそんな中でも皮つきだけを選ぶだけでなく素焼きのものを選ぶことも大切なことです。特に塩や砂糖を使用しているアーモンドはこれがらが加えられている分だけカロリーも増えるため注意してください。

 

アーモンドを食べるタイミングは

アーモンドを食べるタイミングとしては食事の前に摂ることがおすすめです。ただこの時に合わせてしておきたいこともあります。それが・・・

 

  • 食事の10分前にアーモンドを水と一緒に摂る

 

食事の前にアーモンドと水を一緒に摂ることでお腹に満足感だけでなく、満腹中枢を刺激させることができることで普段食べていた食事の量を抑えることができるようになるためにダイエット効果も高くなります。

またこの食事前の時間帯以外にもおすすめの食べ方があります。それが・・・

 

  • 間食として食べる

 

1日に食べてもよいアーモンドの数は25粒までです。間食にも摂り入れることで空腹を抑えることもできるのでダイエット効果になります。

 

アーモンドの食べ過ぎは注意!じつはこんなこともある

アーモンドで1日に食べても良い数が決められているのには、ちゃんとした理由があります。それは食べ過ぎることでのアーモンドへの副作用です。

 

アーモンドは食べ過ぎると太る

これは今までにもあったように、必ずしもアーモンドは低カロリーというわけでもありません。高カロリーなアーモンドを食べ過ぎれば太る心配も考えなければなりません。特に30粒以上食べている場合には注意が必要になります。

 

腹痛が起こる

アーモンドに含まれる便秘解消の働きにもなる食物繊維ですが、たくさん摂ることでお腹をこわすことも考えられますし、また腹痛を起こす可能性も考えられます。また体質を考えると食物繊維の摂り過ぎで便秘を招くケースもあります。

 

これはアーモンドを食べたからという事ではなく、アーモンドに限らず食物繊維を摂りすぎていることで便秘を招いたり、悪化するケースがあるということです。そしてアーモンドは脂質が多い食べ物でもあります。

 

特に脂質はカラダにとっては消化させるのに時間がかかることからも胃腸に負担がかかってしまいお腹をこわすというケースも考えられます。あくまでも食べ過ぎないことが大切です。

 

ヘルペスや病気を起こす可能性

口唇ヘルペスをこれまでに繰り返している場合には、その可能性も考えられることで、アーモンドに含まれているアルギニンがヘルペスウイルスを増殖させるという研究があります。

過剰な食べ方をしないことが大切です。そしてアーモンドに含まれているビタミンEは脂溶性ビタミンにあたるために尿としてカラダから排出することができません。特にビタミンEを摂りすぎてしまっていることで下痢や吐き気、肝機能障害などを起こす可能性も考えられます。

 

ビタミンEの摂取上限は650mgのため、よほど大量に摂らなければ起こることはありませんが摂りすぎないようにアーモンドの食べすぎはしないことです。

 

 

まとめ

アーモンドはスーパーフードとしても人気の食べ物です。ただ、どんなに良い食べ物であっても食べ過ぎてしまえばダイエットにも美容にも繋がりません。1日に摂ってよい量を守ることで効果を体感していくことができるようになるので試してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。